FC2ブログ
機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
MUSICMAN AXISの全体調整&ノイズ処理
今回はMUSICMAN AXISの全体調整&ノイズ処理作業です。

トップをびっしりと覆うフレイムメイプルが美しい1本ですね。
   IMG_5775.jpg
打ち合わせ時のマスキングテープを貼ったままの写真ですが、オーナーの手によってブリッジ&ナットはGOTOHのロック式ブリッジへ換装されていました。

コントロールキャビティ内にはポット穴用と思われるアースプレートが入っておりましたが、この位置にミニスイッチを増設してフロントピックアップのワイヤリングを変更できるようにしたいというご希望でした。
   IMG_5778.jpg
指板&フレットエッジは若干の面取りはされていましたが、もう少しフレットエッジを丸めた方が演奏しやすいと感じましたので、ここは手を入れていきましょう。
   IMG_5777.jpg
ブリッジはGOTOHに交換されていましたが、スタッドポストは純正のスクリュータイプのまま。
バスウッドボディは柔らかいので経年で段々とポストが前傾してくるリスクもありますので、ブリッジに同梱されていたアンカータイプへの交換も同時にご依頼いただきました。
   IMG_5776.jpg

そんなこんなで部品をすべて取り外して、コントロールキャビティ内にミニスイッチの穴あけと導電塗料を塗って、ブリッジアンカーを打ち込んだりと一気に行いました。
   IMG_5789.jpg
ピックアップはオリジナルはダイレクトマウントされて高さ調整が出来ない作りでしたが、ピックアップキャビティも2~3mm程度彫り込んだ上でネジ部にスプリングを入れる事で高さ調整が出来るようにしてあります。

元々はコントロールキャビティ内壁には黒い炭素系導電塗料がザっと塗られていましたが、しっかり剥がしてから塗り直してあります。
   IMG_5788.jpg
アッセンブリの部品は全てお持ち込みいただき組み込みを行いました。
増設したミニスイッチでフロントハムバッカーのワイヤリングをパラレル/タップシングル/シリーズと3モードで切り替えできるようになっています。
   IMG_5790.jpg
フレットエッジも全て手作業でヤスリをかけて丸めてあります。
   IMG_5794.jpg
GOTOHのブリッジアンカーに交換しましたので、スタッドポストが前傾してくる変化をこの先抑制できると思われます。
   IMG_5792.jpg
ノブはアンバーのスピードノブが良いとの事でしたので、回すときに指掛かりが良いノッチ付きタイプを提案させていただきました。
   IMG_5795.jpg
弦高やオクターブピッチなども全てしっかり合わせて完成です。
   IMG_5791.jpg
長崎県から熊本までお問い合わせありがとうございます。
お預かり時は車でご来店いただきましたが、納品は宅急便で送らせていただきました。
遠方からの作業依頼も対応できますので、今後ともよろしくお願いいたします。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
スポンサーサイト



MOON JJ-4のアッセンブリ交換
今回はバーガンディミストメタリックがとても奇麗なMOON JJ-4のアッセンブリ交換です。
   IMG_5743.jpg
お預かり時は全くのノーマルなパッシブジャズベースで、これはこれで良いバランスだったのですが、EMGピックアップとプリアンプを搭載したいという事で持ち込まれました。
   IMG_5744.jpg
コントロールポットは500KAが使われており、合成抵抗によるハイ落ち対策を行った事が伺えます。
(FENDERの3ノブジャズベースでは250KAが3つの組み合わせ)
確かに高音域もはっきり出た硬質なサウンドでしたが、それをトーンで絞るのもなかなか美味しいサウンドです。
   IMG_5747.jpg
元々のピックアップとEMGピックアップを比べてみると、EMGピックアップは高さがあって収まらなかったためピックアップキャビティを切削する事になりました。
   045.jpg
トリマーでザグリ加工を行うため、部品を一度すべて取り外します。
   IMG_5748.jpg
ピックアップキャビティには高さ調整用のスポンジが入れられていましたが、既に潰れて弾力性が無くなっていたので、組み込み時には新しいものへ交換します。
   IMG_5749.jpg
プリアンプとEMGピックアップとどちらも電源を必要とするので、ボディバックにもテンプレートを貼ってバッテリーボックスのザグリを入れていきます。
   IMG_5745.jpg

ザグリ加工が終わったらキャビティ内に導電塗料を塗っておきます。
元々は導電塗料が塗られていないように見えますが、実は先に塗ってから塗装されておりましたのでコントロールキャビティ内もシールドされているのです。
   046.jpg

導電塗料が乾いたら組み込みを行いましていきなり完成状態はこちらです。
   047.jpg
5ホールプレートを用いて、2ヴォリューム、2BAND-EQ、アウトプットジャックという狭小スペースに収めるスリリングなワイヤリングです。
   IMG_5750.jpg
プリアンプにはトレブルとベースをそれぞれブースト/カットコントロールが出来るアギュラーのOBP-2をチョイスしました。
   IMG_5751.jpg
コネクタ式とハンダ付けが同居すると結局ハンダ付けのみの方が楽だなと思う事がありますが…
今回も上手く同居させつつ配線できたと思います。
   IMG_5754.jpg
ピックアップにはEMGのJA-Xセットをチョイス。
ヘッドルームが広くパッシブに近いサウンドレスポンスが特徴で、いわゆるアクティブ臭さが少ないピックアップだと思います。
   IMG_5753.jpg
実はフロントピックガードもEMGピックアップに対してキツキツで収まりが悪かったため、ピックガード側もキャビティに合わせて切削加工を行っています。

GOTOHのバッテリーボックスはこの位置に設置しています。
   IMG_5755.jpg
GOTOHのこの手のバッテリーボックスは配線根元で断線が起き易い構造なので、Studio GREAMでは断線しにくいように補強を行った上で組み込んでいます。

完成後は元々のサウンドとは大きく異なるキャラクターとなりましたが、プリアンプのイコライジングで様々なサウンドが超ローノイズでコントロールできるようになり、演奏場面を選ばずに使えそうなベースに仕上がりました。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
GRECO ZEMAITIS GZ-2000のアッセンブリ変更
今回は中古で入手されたGRECO ZEMAITIS GZ-2000のアッセンブリ変更とフレットすり合わせを行いました。
   IMG_5706.jpg
最近はGZシリーズではなく、グレード分けの3ラインナップに変わっており、このモデルは生産終了モデルとなっていますね。
特徴的なメタルプレートや貝の装飾も無い、とてもシンプルなルックスとなっていますが、とても丁寧に作られている印象です。

オーナー様は中古で入手されたばかりとのことで、確認したところハイポジションに音詰まりが目立つ状態でした。
・リアボリュームポットのシャフト折れのため交換
・ピックアップワイヤリング切り替えスイッチ増設
・フレットすり合わせ

上記内容の希望を伺ってお預かり致しました。
   IMG_5707.jpg

コントロールキャビティには炭素系導電塗料がしっかりと塗られており、アルミ製コントロールプレートにはグラウンドワイヤーが触れるように配線されていてとても丁寧な仕事が見受けられます。
   IMG_5709.jpg
電装部品もスイッチクラフト、CTS、スプラグ オレンジドロップコンデンサなど定番の高品質部品がしっかりと採用されていました。
   IMG_5708.jpg
ピックアップはDimarzio DP-103(PAF 36th Anniversary)が搭載されていまして、4芯シールド線でしたのでシリーズ/スプリット/パラレルに切り替えできるスイッチを増設したいとの事でした。
   IMG_5710.jpg

ボディをザグッて穴あけも厭わないとの事でしたので、かなり緊張する作業になりましたが、切削部には導電塗料を補修塗布しておきました。
コントロールプレートにザグッた部分は当然隠れつつ、希望の位置にスイッチが設置できるように位置決めを何度も確認して作業しました。
   IMG_5711.jpg
セレクタースイッチもキャップレスのラージブッシュタイプの切り替え感が好ましいとの事で、このタイミングでスイッチも交換しています。
BELDENの4芯シールド線を用いて配線していますが配線を通すためにボディに開いている穴が小さくて、キツキツでした。
   IMG_5712.jpg
元々、300KΩのポットが使用されていましたが、トーンポットには全開時には回路から切り離すNo Load Tone Potを使用したいとの事で取り寄せ。
取り外したトーンポットをクリーニングしてヴォリュームへ持って行き、シャフトが折れたポットを取り外す玉突き作業となりまして…
ほぼアッセンブリは全て組み直し作業でした。
   IMG_5713.jpg
ON-ON-ONで2回路あるミニスイッチを用いて、フロント&リアのワイヤリングを同時に切り替えます。
スイッチがセンター位置の時にはそれぞれのハムバッカーのポールピース側(アウトサイド側)シングルコイルが生きるような配線にしています。
   IMG_5715.jpg
コントロールノブには目盛り付きの物が好ましいという事で、色々なデザインがある中でGIBSONのリフレクタープレート付きノブを提案させていただきました。
   IMG_5716.jpg
くすんでいた金属パーツやボディは丁寧に磨いて汚れを落としてありますが、黒の艶あり塗装は指紋が目立つのでこまめに拭き上げする事が好ましいですね。
   IMG_5714.jpg
作業途中写真を撮り忘れていますが、ネックの軽い捻じれも出ていたのでフレット頂点で直線を出すべくすり合わせを行っています。
将来的にはフレット交換時に指板研磨修正が出来ればより安心して使えますので、フレット交換が必要なぐらいにこれから沢山弾いていってもらいたいですね。

24フレット仕様のため、フロントピックアップがレスポールよりもブリッジ側に位置しており、弦振動を支える部分にジュラルミンパーツを採用している事も相まって、そのサウンドはウォームというよりはシャープな感じがありますが、とても抜けの良いキャラクターで個性的なサウンドだなと思います。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
sanpei STRATの全体調整・ノイズ処理
今回はストラトを大胆にぶった切って好みのボディシェイプにして、塗装も行った唯一無二のルックスを持つギターの全体調整&ノイズ処理です。
   IMG_5634.jpg
シングルコイル特有の「ブーン」というノイズが気になる、という事で持ち込まれましたがそのほかの部分も色々と気になるところがありましたので、可能な限り修正していきましょう。

ヘッドは片側6連ペグだったのを、3:3レイアウトに変更!
   IMG_5635.jpg
アジアン製造と思われるロックペグが取り付けられていましたが、とてもガタが大きいペグでしたので今後の交換も含めて提案させていただきました。
   IMG_5639.jpg
ナット溝は概ね高く、余分な肉もありましたので溝切と共に外形の整形も行います。
   IMG_5636.jpg
フレットエッジや指板エッジは角張っていたので面取りをしていきましょう。
   IMG_5637.jpg
トレモロブロックの後端木部もバッサリと切り落とした仕様で、大幅に軽量化されています。
   IMG_5640.jpg
コントロールキャビティは弁当箱と呼ばれる四角くくり抜かれた形状でしたが、シールドは何もされていなかったので確かにこれではノイズが気になると思います。
   IMG_5644.jpg
ピックガード側のシールドもアルミテープがちょっと貼ってある程度。
   IMG_5641.jpg
ハンダ付けも色々怪しいので、一旦全て取り外してクリーニングしてから組み直していきます。
   IMG_5642.jpg
ピックアップにはシングルコイルはSEYMOUR DUNCANのSSL-1、ハムバッカーは古いSH-1が搭載されていました。
   IMG_5643.jpg
シングルコイルに絶縁のアセテートテープを巻いて保護したら、銅箔テープをしっかりと貼り付けて、グラウンドへ接続。
   IMG_5645.jpg
この作業をシングルコイル2個とも行います。
   IMG_5646.jpg
ボディ側にはマスキングをしてから導電塗料を隅々まで塗っていきます。
   IMG_5647.jpg
塗料はほぼ削り落としてから塗っているのですが、僅かに残った元々の青い塗料が溶けて導電塗料の色に混ざっておりますが…
キャビティの端から端でも抵抗値は10Ω以下になるような低い抵抗値を確保しています。

ピックガード裏にはアルミシールドテープをしっかり貼って導通を確保。
ハンダ付けもしっかり行ってローノイズに仕上げます。
   IMG_5648.jpg

当初は1&2弦位置に取り付けされていたリテイナーですが、本来はナットからペグポストまで遠い弦に用いるべきです。
ナットへ下向きにかかる力が不足するのを補う意味がありますので、この場合は2~4弦辺りに用いるのがベストだと思います。
ひとまず3&4弦位置に変更してみましたが今後ペグ交換を行うとまた変わってくる可能性がありますね。
   IMG_5652.jpg
ナット溝や外形も整えて磨き、溝には弦の滑りが良くなるように薄くオイルも塗っています。
(ナット溝に鉛筆の芯を塗り込んで滑りを良くする方法が昔から知られていますが、今はもっと良い潤滑が得られるグリスやオイルがあるのでそれらを使うべきだと思いますね)
   IMG_5653.jpg
指板やフレットのエッジもすべて手作業で面取りを行い、柔らかい握り心地に仕上がりました。
   IMG_5651.jpg
ビフォーアフターでは殆ど見た目が変わらないのですが、ネックの仕込み角度を調整したり、ブリッジサドルの高さ調整などじっくり時間をかけて追い込んで作業しています。
   IMG_5650.jpg
納品後に嬉しい感想をいただけましたので、抜粋紹介させていただきます。

ノイズが全く気にならなくなって、弾き心地も格段に良くなって感動です。
今はこのギターばっかり使っているのですが、ますます他のギターの出番がなくなりました♪


こちらこそご依頼いただきありがとうございます。
これから多くのステージで活躍してくれることを願っております。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
MARSHALL BLUES BREAKER PEDALのモディファイ
今回はイギリスで製造されていた頃のMARSHALL BLUES BREAKER PEDALのモディファイです。
   IMG_5601.jpg
この外観では他にThe Guv'norとShred Masterが知られていますね。
3種類の中では一番歪みが大人しいのが今回のBLUES BREAKERになります。

今回は各部品の交換をしつつトゥルーバイパス化を行う事になりました。
   IMG_5602.jpg
DCジャックは基板固定型なので、これもパネル取り付け型に変更しないとなりませんね。

裏蓋を外してみると、ジャック類と電源部部品をまとめた基板と、メイン基板の2枚構成になっていました。
   IMG_5603.jpg
ジャック基板はIN/OUTジャックのナットでケースに固定。
2枚の基板をつなぐケーブルはINPUT、OUTPUT、DC9V+、バイアス(4.5V+)、グラウンドの5本が割り当てられています。
   IMG_5605.jpg
メイン基板はポット3つのナットと、フットスイッチナットの4か所でケースに固定されています。
   IMG_5604.jpg

今回は
・全てのポットやスイッチ、ジャックを保守交換する
・トゥルーバイパス化
・各部品を基板直付けではない接続方法に変更したい

このような希望でしたので、基板をどう固定するかが問題になってきます。
   IMG_5609.jpg
作業完了後写真をいきなり出しますが、パッと見た目には殆ど変わらないですね。
LEDが赤からクリアタイプに変更され、黒いネジ頭が見受けられる程度の違いでしょうか。

ジャック部分は見た目が変わっているのが判りやすい部分です。
ヴィンテージスタイルのメタルナットを持つCLIFF製ジャックとパネル固定型DCジャックに交換しました。
   IMG_5612.jpg
中身はこのような変貌を遂げていまして…
メイン基板は4か所の固定金具でネジ止め式に変更しています。
   IMG_5611.jpg
もう一方から見ると元々は無かったミニスイッチが増設されていますね。
   IMG_5608.jpg
この時期の3機種ではよく知られた"GAINポットの2-3番端子をショートさせる事でローゲイン時のこもりを解消するMOD"を出来るように増設したスイッチです。
オーナー様はオリジナルのサウンドを気に入られていましたので、抵抗やコンデンサを交換して回路定数を変える事は基本的に避けて、オリジナルのサウンドを保ったままスイッチで切り換え出来るスタイルにしました。
   IMG_5606.jpg
スイッチ切り換えのためには裏蓋を取り外すためにネジ4本を緩める必要がありますが、頻繁に切り替える部分でもない(どちらかの好きなサウンドが出るモードにほぼ固定される)ので納品後に音を聞きながら切り替えて選んでいただく事になるでしょう。

配線も邪魔にならないように取り回しつつ、部品交換の際も今後も楽に基板へアクセス出来るような配線長さを確保しています。
   IMG_5607.jpg

納品後に感想をいただきましたので、一部転載させていただきます。
エフェクターを試してみたのですが、MODモード最高でした。
これはMODモード以外使えないです。
そして、もはや別物といえる芸術的なハンドワイヤリングの内部に圧倒されました。
日曜日にスタジオにいたのですが、サックスとトランペットのメンバーが添付された写真を見てビックリしてました。
熊本スゲーって言ってました(笑)
無茶な注文だったにも関わらず、素晴らしい技術とセンスで応えていただき本当にありがとうございました。
また是非お願いしたいです。
失礼致します。


こちらこそチャレンジングなご依頼をいただき、楽しく頭を悩ませながら取り掛かれましたし、このように喜んでいただけると頑張って良かったなと思えます。
やはりMODモードの方を気に入っていただけたようで、心の中でガッツポーズでした。
またお気軽にご相談いただけると幸いですね。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp