FC2ブログ
機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
Nplace NT-HB001(電動ドライバー)の改造
今回はamazonで購入した電動ドライバー Nplace NT-HB001を使い易いように改造しました。
   IMG_5458.jpg


購入した商品はこちらです。
   
USB電源で充電できるし、六角軸チャックが付いていてとても便利。
トルクが弱く感じるのでネックジョイントやトレモロスプリングハンガースクリューには非力だけど、ギターやエフェクターに使うようなその他のネジ類では殆ど困る事は無いです。

ただし、使用してみて不満点がありまして。
   
この動画のように回転スイッチから手を離すと少し強すぎる逆回転ブレーキがかかるため、て折角締めたネジが緩んでしまったりするのです。
理想は手を離した位置でビタッ!と止まってほしい。

そこで逆回転ブレーキを制御しているコンデンサの容量を変更する事で調整します。
作業手順紹介的な記事になりますが、メーカー保証は受けれなくなりますし、参考にして作業をされる場合はあくまで自己責任でお願いします。
(いかなる理由の不具合であってもStudio GREAMとしては一切の責任を有しません)

まず0番の+ドライバーでこの部分のネジを外します。
   IMG_5467.jpg
次に両サイドにあるモーターを固定しているネジのうち、USBソケットが無い側にあるネジを2mmの六角レンチで外します。
   IMG_5468.jpg
そうしたらプラスチックのヘラなどを隙間に差し込んでケースを開きます。
ツメで止まっているだけなので、無理やりに開いてツメを折らないように注意。
   IMG_5469.jpg
ケースが開いたらこのような状態になりますので、スイッチ部分のゴムを外して…
   IMG_5471.jpg
ショートなどに気を付けつつ基板を慎重に取り出します。
   IMG_5472.jpg
リチウムイオンバッテリーが接続されているので、安全のためにバッテリーと基板をつないでいる部分のハンダ付けを外して作業を行います。
モーターの辺りに絶縁のための紙が貼られているので、それを剥がした所に狙いのコンデンサがあります。
写真では赤丸で囲んだ1.6mm×0.8mmの極小コンデンサが逆回転ブレーキ量を決めていて、0.047uFの容量です。
   IMG_5473.jpg
このコンデンサの容量を下げるとブレーキ量が下がりますし、仮に撤去するとブレーキ無しになりますのでスイッチから手を離しても惰力で回っていきます。
ひとまずハンダ付けを外したあとのランドに新しくハンダを盛っておきます。
   IMG_5474.jpg
私はスイッチから手を離した瞬間に止まるぐらいが好ましいのでコンデンサは0.022uFをチョイスしました。
ちなみに写真で言うと下側のコンデンサが時計回り方向、上側は反時計回り方向のブレーキ量を決めていますので…
緩める方向は惰力で回りっぱなしでも構わない場合には上側はコンデンサ撤去だけで良いです。
   IMG_5475.jpg
1608サイズのチップコンデンサがあればハンダ付けするだけなので楽なのですが、わざわざ購入するのも手間だったので手持ちにある積層セラミックコンデンサを取り付け。
リード線には絶縁のためにシリコンチューブを取り付けておきます。

ここまで無事に作業が完了したら、バッテリーの極性を間違えないように再びハンダ付けをして、絶縁の紙も忘れずに貼ってケースを元通りに組み立てていきましょう。

作業完了後はブレーキ量が適正になり、ストレスがなくなり快調です。
   

このドライバー、気に入って自分用に2本購入し、更に自分の父親にもプレゼントするぐらいです。
改造を行ったのは自分用のだけですけどね。

とにかくチップ部品が小さいサイズなのでハンダ付けは大変だと思いますが、真似される方はくれぐれも自己責任でお願い致します。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
スポンサーサイト



FENDER Eric Johnson Signature Stratocaster Thinlineのアッセンブリワイヤリング変更
今回はFENDERのEric Johnson Signature Stratocaster Thinlineのアッセンブリワイヤリング変更です。
ストラトシェイプにセミホロー構造のボディ、カスタムヴォイシングされた専用ピックアップ、ノーマルのストラトと違い、フロントとリアPUにそれぞれトーンポットを配した配線が特徴です。
(本人仕様のは1プライのホワイトピックガードですが、こちらは交換されているのだと思いますが3プライになっていました)

今回はアッセンブリのワイヤリング変更作業なので、ネックや弦を外してボディ部分で送っていただきました。
   IMG_5391.jpg
このピックガードにミニスイッチを2つ増設する事になるので、キャビティスペースを確認するためにもボディをお預かりしたかったのです。
   IMG_5392.jpg
コントロールキャビティとアウトプットジャックキャビティはホロー構造のためつながっていますが、センターライン部分はソリッドなセミホロー構造になっています。
   IMG_5394.jpg

ピックガードアッセンブリはこのような状態です。
   IMG_5393.jpg
ハンダ量は相変わらず多めですが、ワイヤリングも変わるので一旦全て外してから配線し直します。

この参考ページにあるBMモードを使えるようにしつつ、微妙なブレンド具合ではなくノーマルかBMモードかの切り替えをミニスイッチで行う事になりました。
   3シングルギターにシリーズ/パラレル切り替えブレンダー回路追加事例ご紹介
   bm_dia.jpg

このモード切り換えに加えてセンターPUのフェイズを切り替えるミニスイッチも増設して、より多彩なサウンドを狙えるようにして、出来上がったのがこちらです。
   IMG_5397.jpg
ポット類など部品は全て再利用ですが、ミニスイッチを2個指定された位置に開口設置しました。
   IMG_5400.jpg
トーンコンデンサは再利用し、各ポットのグラウンドは配線で確実に接続します。
   IMG_5399.jpg
納品時にはマスキングテープにスイッチの割り振りを書きましたが、当然剥がして使用していただく事になります。
   IMG_5395.jpg
ヴォリュームとフロントトーン間にあるスイッチがセンターピックアップの位相切り替え用
フロントとリアのトーン間にあるスイッチがBMモードとノーマルとを切り替え用です。
   IMG_5396.jpg
このようにネックを外してお送りいただければ送料の圧縮も出来ますので、お気軽にご相談下さい。





お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
ZOOM MS-50GのSCROLL SWITCHモディファイ
今回は安価なのにとてもよく出来ていて、プロミュージシャンにも利用者が多いZOOMのMS-50Gを改造します。
   IMG_5402.jpg
実売で1万円以下の価格でありながら、最大で6台のエフェクターを直列でつなぐ事が出来て、チューナーもアンプモデリングも入っているという、ひと昔前では考えられなかった多機能ペダルですね。

内部は複数の基板をリボンケーブルで接続するような組み立て性に優れた作りですし、昔のZOOMのようにプラスチック筺体ではなくしっかりとしたアルミダイキャスト筺体です。
   IMG_5404.jpg

とてもよく出来ているエフェクトなのですが、メインフットスイッチは表示されているエフェクトのON/OFF用となり、複数接続されているエフェクトのON/OFFのためにはメインスイッチの左右にあるミニスイッチを押して画面をスクロールしないとなりません。
演奏しながらこんな小さなスイッチは踏めないので「あと一歩!」という感じなのです。
上下のプリセット切り換えに関してはまだ曲間に押して切り替える余裕がある場合もあるとは思いますが。

そこで、この左右スクロールが出来るような外部フットスイッチを増設する改造を行います。
   IMG_5405.jpg
これがフットスイッチ部分の基板↑

左右とグラウンドのため2芯シールドあれば足りるので今回は3.5mmステレオミニジャックをアウトプットジャックの下側に設置しました。
   IMG_5407.jpg
「上下のプリセット切り換えスイッチも外部コントロールにしたい」等色々とご希望に沿う事は可能ですが、外部フットスイッチ自体が大きくなるのでそのサイズにしても必要かどうかを依頼者様に確認した上で仕様を決めていきます。
   IMG_5406.jpg
仕上がった状態ではノーマルと大きく変わりませんし、フットスイッチを接続しなければ全くのノーマル状態として使用可能です。
   IMG_5410.jpg
アウトプットジャックをひとつ潰して外部コントロールにする改造も他の工房などで行われていますが、私は極力機能を削らずにアップグレードしたかったのでジャックを増設する事にしました。
   IMG_5411.jpg

外部増設スイッチは左右スクロールのみの場合はこのような1590Aサイズ(ケース寸法:39×93×31mm)です。
   IMG_5412.jpg
この色付きケースはペダル本体のすぐ下に設置するという指定でしたので、外部スイッチから直接ケーブルが生えている仕様で作成しました。
   IMG_5413.jpg

通常のモディファイ依頼の場合は30cmのステレオミニケーブルを用意してボード内の任意の位置に設置出来るように作業を行います。
   024_20190630154440af7.jpg

ZOOMではマイナーチェンジでこのような外部増設スイッチを出してくれるともっと使い勝手が上がるのに惜しいなぁと思いますが…
これでとても実戦向きのエフェクターになりました。

新品のペダルを入手して改造したフットスイッチ付き商品が1台だけ販売用在庫でございますので、ご希望の方はお問い合わせ下さい。
送料別ですが、税込16500円で即納可能となっております。




お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
Vesta Kozo DIG-420(SAMPLER/DERAY)のオーバーホール
今回はVesta KozoのDIG-420(SAMPLER/DERAY)というラックエフェクターのオーバーホールです。
VESTAXの別ブランドだと思われますが、巷ではVESTA小僧と呼ばれているとか。
リピートサウンドが徐々に劣化するような気持ち良いアナログ感がクセになりますし、強烈な発振もするのでついつい時間を忘れて弾いてしまいます。
   IMG_5355.jpg
ラックエフェクターは横長なのでなかなか1枚で収まるように写真が撮れず難儀します(笑)
   IMG_5357.jpg
HOLDボタンが破損しているのですが、他のボタンも軒並み接触不良になっていますし、ポットにもガリが見受けれました。
   IMG_5353.jpg
内部ではハンダ付けが割れているジャックもありましたので、この際ハンダ付け直しは勿論、経年劣化したコンデンサなども交換修理していきます。

基板上に3.6Vのニッカド電池が搭載されていますが、サンプリングしたメモリー保存に使われているようです。
測定の結果、1.2Vも無かったので今回は交換してしまいます。
しかし同じ部品は中国製のレプリカは見つかりましたが…
ちょっと個人的に品質が不安だったので今回は別の方法を採ります。
   IMG_5354.jpg

パネルからポット類が付いている基板を外すために問題のスイッチ類はハンダ付けから外さないとならない設計のため今回はスイッチは新品を探し出して全て交換しました。
   IMG_5358.jpg
古い部品も世界中から探せばまだまだ入手が出来る訳ですが、やはり価格はそれなりにしますね…
小さい部品だと送料の方が高かったりもしますし。
   IMG_5364.jpg

内部の電源関連にある電解コンデンサは全て交換しつつ、例のニッカド電池が担っていた電源は充電式のニッケル水素電池(1.2V×3本直列)で作成しました。
   IMG_5365.jpg
バッテリースナップとホルダーで設置していますので、取り外しや外部充電器での充電も可能です。

電源ケーブルが取り付けられているブッシュ部分は曲げ伸ばしで劣化し易い部分なので、一旦取り外して劣化部分を切って再接続。
ブッシュ部分に屈曲ストレスが少ない状態になりましたので、これからまた安心して使えますね。
   IMG_5366.jpg
全体的に出音のノイズも減って、動作も問題なく回復したのでまた活躍してくれるでしょう。
中古の同機材を買うよりは高額な修理代になってしまいましたが、中古もコンディションが様々なので…
気に入っているけど動作不調な機材は、買い替えも一つの手ではありますがオーバーホールする事でまた安心して使用出来るようになりますよ。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
FENDER AMERICAN SPECIAL STRATOCASTER/3TSの全体調整
今回はFENDER American Special Stratocasterの全体調整&ノイズ処理です。

今現在のアメリカ製フェンダーの中で、モダンな仕様を採用したモデルですね。
   IMG_5328.jpg
大体はスモールヘッドのところ、ダブルアクションロッドを持つラージヘッドというのもニクイ
   IMG_5333.jpg
ペグはFENDERのロトマチックタイプ。
裏側に回り止めのピンが出ている構造なので、ネジ止めはありません。
   IMG_5334.jpg
ナットの溝切りは全体的に甘かったので、ここは適正な深さや外形に整える必要がありますね。
   IMG_5332.jpg
フレットは高さのあるミディアムトールタイプで、モダンFENDERの標準って感じですね。
指板のエッジは丸めてありますが、フレットエッジの面取りは少なめなので追加していきましょう。
   IMG_5331.jpg

いつも使っている弦を張ったらブリッジ後端が大きく上がってしまったそうで、今回はバネの調整も含めて作業をしていきます。
   IMG_5330.jpg

ピックガードアッセンブリを見ていきましょう。
   IMG_5335.jpg
ピックアップにはテキサススペシャルが搭載されていましたが、今回はオーナー様の意向により交換していきます。

トーンコントロールには、絞った時の音量落ちを防ぐグレースバケットトーンサーキットが採用されていました。
   IMG_5336.jpg
トーンを絞り切ってもモコモコになりすぎず使えるサウンドが出る、とても良い回路だと思うのだけど…
なかなか採用例が増えないのは部品点数が多いからだろうか?

ボディ側のキャビティ内には導電塗料が塗られた上から塗装されている仕様でしたが、これがまた全然シールド効果が出ていなくて困る事があります。
そのため、今回はキャビティ内の塗装と導電塗料を一度全て削り落してから新たにしっかりと銅系導電塗料を塗り込んでいきます。
   IMG_5338.jpg
導電塗料を塗布後に加熱乾燥させると塗膜がより強固になりますので、塗装には影響が無いように気を付けながらヒートガンで温めます。
   IMG_5339.jpg

ピックアップはSEYMOUR DUNCANのSSL-1セットをチョイス。
   IMG_5340.jpg
ピックアップコイルには銅箔シールドも施して、シングルコイルながらローノイズになっています。
基本的なワイヤリングは変更していませんが、配線材や取り回しなどは変更しています。
   IMG_5341.jpg

ヘッド側ではペグを交換しました。
   IMG_5346.jpg
このオーナー様は所有ギターをロック式ペグに交換されているので、今回も無加工で交換が出来るFENDERのロック式ペグをチョイスして交換。
   IMG_5348.jpg
弦の太さに合うようにナット溝も調整し、外形も余分な質量を残さないように削り込みました。
   IMG_5347.jpg
ナットに弦が埋まっていたり、角張っていたりするとなんか野暮ったく見えるのでなるべく滑らかに削って磨いています。

指板エッジは面取りのバラツキを整える程度ですが、フレットエッジは1本1本手作業で丸めてあります。
   IMG_5345.jpg
ブリッジのフローティング量は普段使用される弦に合わせて調整してあり、滑らかなアーミングがプレイの幅を広げます。
   IMG_5344.jpg

全体的にワックス掛けを行って完成!
   IMG_5343.jpg
普段はハムバッカー搭載ギターを多く使用されていたので、シングルコイルのサウンドがパワーが足りないなどにならなければ良いが、と思っていたら…
とてもお喜びいただき、また新しいサウンドバリエーションが増えたとワクワクされていました。
一生懸命に取り組んだ結果に喜んでいただけると職人冥利に尽きますね。




お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp