FC2ブログ
機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
Fender Japan ST57-115の全体調整(大幅改造)
今回はFender Japan ST57-115の全体調整です。
ちょっとした事故によりネックが折れてしまったのでどうにかならないか?という問い合わせから話が始まりました。
怪我した人がいなかっただけ幸いだったと思うしかないですが…
壊れた実機を見て絶句。
   IMG_5092.jpg
GIBSONギターのネック折れは時々目にするので珍しくはないですが、FENDERのメイプルネックも折れるのねという感じ。
   IMG_5093.jpg
トラスロッドも曲ってしまい、このネックは残念ですが修復ではなく交換する事になりました。
(ボルトオンネックジョイントのメリットでもありますね、簡単に交換が出来るという点は)
   IMG_5094.jpg

ネックを外してボディ側に被害が無いかなど確認。
使い込んだ事による各部の消耗は当然ありますが、事故の被害はネックに集中していたようです。
   IMG_5097.jpg
ピックガードを開けてみると、過去にノイズ対策として炭素系導電塗料が塗られていましたが、ラッカー塗装に対してしっかり定着していないようでした。
グラウンドへの接続もピックガードのネジ1点で触れているだけでそのポイントまでの抵抗値も明らかに大きかったので、やり直します。
   IMG_5099.jpg
ラッカー塗装と反応して導電塗料が収縮してしまい、シールド効果が殆どない状態でした。
低音弦側のキャビティ側面には塗り忘れも見受けられます。
   IMG_5100.jpg
ピックガードアッセンブリを見ると、ノイズ対策のためにスタックシングルであるDIMARZIOのHS-3に換装されていましたが、オーナー様はノイズ対策でチョイスしたがそのサウンドに限界を感じていたようです。
   IMG_5105.jpg
ポットデイトは82年頭になっていますが、オーナー様は1983年に新品で購入されたJVシリアルのフェンジャパストラトです。
   IMG_5107.jpg

古い導電塗料を全て削り落し、ネックポケットの平面出しも行っておきます。
   IMG_5104.jpg
銅粉末フィラーの導電塗料を隅々まで塗布して、乾燥後はネジ止めだけに頼らないように配線材で確実にグラウンドへ接続していきます。
   IMG_5111.jpg

ピックガードアッセンブリは一度全て取り外して汚れを洗い落として脱脂をしたらアルミシールドテープを貼り込んでいきます。
   IMG_5112.jpg
ピックアップはノイズ処理を行ったFENDER CUSTOMSHOPのTEXAS SPECIALに交換し、電装部品はCTSポットの残留抵抗も多い昔ながらの部品だったので全て選別した新品で組み直しました。
(オリジナルアッセンブリは返却しています)
スムーステーパーヴォリューム、グレースバケットトーンサーキット、フロントorリアPUブレンドヴォリュームという特殊ワイヤリングになっています。
これはフロントを選択している時にこの3番目のノブを上げていくとリアピックアップを任意に混ぜる事が出来る(リアPUをチョイスしている時はフロントPUがポットに割り当てられる)ので、ノーマルのストラトでは出来ないフロント+リアというサウンドも出せます。
ハーフトーン時には3つのピックアップを全て鳴らすという事も出来るのです。
   IMG_5113.jpg

肝心のネックですが、以前からストックしておいた未使用のストラト用リプレイスネックをフィッティング。
   IMG_5119.jpg
ニトロセルロースラッカーのアンバー塗装で極薄サテン仕上げ。
6100番のニッケルシルバージャンボフレットを9.5Rの貼りメイプル指板に組み合わせています。

スパーゼルのロックペグを当初ご指定いただきましたが、ギアの精度や重量からGOTOH SG381ペグでトラディショナルなダイヤルロック式であるMG-Tと、ヘッド重量を軽減するためにアルミ削り出しボタンというチョイスでペグをオススメさせていただきました。
   IMG_5122.jpg
厚すぎず薄すぎないスタンダードなCシェイプネックグリップにサラッとした半艶仕上げなので手触りも握り心地もばっちりです。
裏側の茶色いスカンクストライプは見た目だけの仕様で、ロッド仕込みは指板側からになっています。
   IMG_5123.jpg
ナットは牛骨削り出しで作り、トラスロッドは順/逆両方の反りに対応出来る2WAY(4mm六角レンチ)になっています。
   IMG_5120.jpg
ジャンボフレットが打たれているので今までのヴィンテージサイズフレットとは大きく変わりますが、他のメインギターがジャンボフレットを使用されているので逆にこれで違和感は少ないかもしれませんね。
   IMG_5118.jpg
オリジナルは21フレットでしたが、このネックでツバ出しの22フレットになりました。
   IMG_5117.jpg
ブリッジを取り付けている6本のネジはナイフエッジと触れる部分に摩耗が目立ったので、新品ネジに交換させていただきました。
   IMG_5116.jpg
サドルは当初は純正のままでいこうと思ったのですが、弦が乗る部分に摩耗が目立ってピッチが安定しない状態でしたので交換しませんか?と相談をさせていただき…
   029.jpg
見た目の変化も含めてGOTOHのブロックサドルへ交換となりました。
サドルに弦溝が付いているので、弦の横ずれによるチューニングが狂うリスクを低減できます。
   IMG_5125.jpg
スチールサドルにスチールの純正イモネジだと錆びて固着するリスクがあるので、ステンレスのイモネジに交換してあります。

完成目前でサドルを取り寄せする必要が出来て、数日待機になり…
当初はノーデカールで納める予定でしたが「間に合うならStudio GREAMのロゴを貼ってくれて良いよ」と仰っていただいたので、デカールを貼りクリアラッカーで軽く押えて仕上げさせていただきました。
   IMG_5126.jpg
1&2弦のサウンドが軽く感じたのでストリングリテイナーも追加取り付けしました。

多くの部品が変わってしまったストラトですが…
コンディションが悪くて使えないギターは意味が無いので部品は交換が必要ならば遠慮なく変える!と仰られるオーナー様なのでこのような変化も躊躇なくGOを出していただきました。
納品後には「すぐにそのまま現場で使えそうだ」とご連絡をいただき身の引き締まる思いです。
   IMG_5124.jpg



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
スポンサーサイト
Studio GREAM AD900×2(MAXON) ノックダウン
今回はMAXONの製造終了になっているアナログディレイ AD900をノックダウンしました。
このディレイ、アナログ特有のディレイ音の程度なハイ落ちリピートが心地良く、特に初期型であるMN3005搭載機を好む人が多い印象です。
このディレイを2台お持込みいただき、ひとつのケースに納めました。
   IMG_5052.jpg
既に1台は過去にトゥルーバイパス化やDC9V駆動仕様に改造を施したペダルですが、それとは別に無改造の1台をご用意いただきました。
   IMG_5053.jpg

ただまとめるだけならスイッチャーを使って同時ONなど行えばペダルは無改造で済む訳ですが、今回は特殊機能も搭載するために散々悩んで回路を考えて取り掛かりました。
   IMG_5054.jpg
回路やワイヤリングを考え、必要部品を用意してからケースの穴開けに進みます。
既にブレッドボードなどで動作確認は済んでいますので、あとは形にするためにひたすら手を動かします。

今回、塗装はオーナー様が後から行うという事になり、ひとまず無塗装で組み立てましたが、改めて手直しなどあれば当店で塗装など行うかもしれません。
   IMG_5057.jpg
元々のコントロールノブに加えて、ノブが2つ、フットスイッチが1つ増えていますね。

これは2台のディレイを一般的な直列につなぐか、並列につなぐかを切り替えるスイッチと、並列時にはミキサー回路を通すためそのミキシングヴォリュームが追加されています。

フットスイッチはそれぞれのディレイのON/OFFと、完全にトゥルーバイパスにするメインON/OFFスイッチです。
   IMG_5058.jpg
AD900は元々はセンタープラスのDC12V駆動という専用アダプターが必要なペダルでしたが、当然ながら一般的なセンターマイナスDC9Vが使えるようにする電源回路も搭載しています。
という事は長くは動かないけど9V電池も使えるという仕様になっています。

基板はスタッドポストの長さを調整してケース内高さ方向に極力離して、信号の飛びを避けています。
ダメなようなら基板間に金属シールドプレートを挟もうと考えていましたが、その必要がなく一安心。
   IMG_5059.jpg
2台の直列/並列切り換えに多数のスイッチ回路が必要だったためロータリースイッチを使用しましたが、とにかく配線本数が多くて大変でした。

直列でディレイを掛けると先にかかったディレイ音にも後段のディレイがかかるため、深く奥行きのある(時にはぼやけた)複雑なサウンドが得られます。
並列にするとショートディレイでリピート多め、ロングディレイでリピート少なめ、などそれぞれのディレイ音がハッキリとかかり、それぞれの音量バランスや出力レベルも調整できるため、複雑なディレイサウンドが得られてとても面白いなと思いました。

このように「こんなのあったら良いな」のアイデアをお気軽にご相談いただけると、極力実現出来るような提案をさせていただいたおります。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
Fender USA American Vintage '72 Telecaster Thinlineの全体調整&ノイズ処理
今回はFender USA American Vintage '72 Telecaster Thinlineの全体調整&ノイズ処理です。
   IMG_4986.jpg
アッシュ材のセミホローボディと2ハムバッカー搭載という特徴的な仕様のThinlineですね。

ナット溝は甘くてもう少し切り足した方が良い状態でした。
   IMG_4988.jpg
外形も余分な肉がありますので、溝切り後に外形を削って磨きます。

今回のフレットエッジは面取りを少し行う程度に留めます。
   IMG_4987.jpg
これはお預かり時の状態。

今回は全体調整&ノイズ処理での作業なので、ピックガードアッセンブリの配線なども全てやり直しますがひとまずお預かり時の状態はこちら。
   IMG_4989.jpg
配線も無駄に長いし、アースも甘い感じでした。
   IMG_4991.jpg
全て外して、ピックガード裏にはシールドテープをしっかりと貼り直して組んでいきます。
   IMG_4990.jpg
いつものように導電塗料を塗っていきますので、キャビティ内の塗装を除去していきます。
   IMG_4993.jpg
塗装を除去したらマスキングして目止めと導電塗料を塗布していきます。
   IMG_4994.jpg
導電塗料が乾いたらアースワイヤーを接続しつつ、組み込み準備を進めていきます。
   IMG_4995.jpg
ピックガードアッセンブリを組み直す時に部品類も一部交換しました。
   IMG_4996.jpg
元々は250KAポットが使用されていましたが、TONEは500Kにしたいとの事でお持込み。
ヴォリュームポットは残留抵抗値が大きかったので、取り外したTONEポットを洗浄してヴォリューム用に再利用しました。
コンデンサはバンブルビーの0.022uFをお持ち込みでしたが実測は0.087uFほどにズレていました。
しかし説明の上でひとまずそのまま載せるという事でご希望を伺いました。
   IMG_4997.jpg
ピックアップはThe Creameryのclassic'71のセットをお持込みいただき搭載しました。
   IMG_4998.jpg

カバーの刻印もFENDERではなくなっていますね。
サウンドもケバケバシイところが無くなって、ピッキングニュアンスも出し易い印象でした。
しっかりとポッティングされていたので、ハイゲインなサウンドで鳴らしても不要なハウリングはしにくそうです。
   IMG_5000.jpg
ブリッジサドルはオーナー様によってRaw Vintageのプレスサドルへ交換されていました。

樹脂ナットが使用されているようですが、劣化で割れている事もありませんでしたので、溝切りしてしっかり磨きあげて完成。
   IMG_5002.jpg
フレットや指板エッジも塗装を落とさない程度に磨いて面取りを行っています。
   IMG_5001.jpg
全体的にワックス掛けして完成です。
お預かり時にはバラバラだったオクターブサドル位置もしっかりと合わせて高音域のコードサウンドも綺麗に響くようになったと思います。
   IMG_4999.jpg
これからガンガン弾いて、次はフレット周りの作業で担当させていただけると嬉しいですね。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
Gibson EB4 Bass 2017の全体調整とピックガード作成
今回はGibson EB4 Bass 2017の全体調整とピックガード作成作業です。

GIBSONのEBシリーズというと、マホガニーネック&ボディ、ショートスケールってイメージでしたが…
2017年にリリースされたこのEB4はスワンプアッシュボディにメイプルネックにレギュラースケールという別コンセプト。
   IMG_4958.jpg
24フレットまで手が入るような深いカットの入った左右非対称のボディ形状は、ストラップを使ってもヘッド落ちしにくい良好なバランスです。
角度付きヘッドなのは過去のEBシリーズを踏襲しているとは言えますが、全体的に見た目は全く別の楽器のようですが、むしろ使い易く進化した印象です。
   IMG_4962.jpg
ナットの外形が角張っているところや、指板サイドの面取りなど「もう少しこうだったらな…」と思う部分もあるので、今回の全体調整では修正していきます。
   IMG_4961.jpg
ブリッジにはBABICZが搭載され、弦高やオクターブなどしっかりと調整でき、ピッチに関わる部分はとてもかっちりしていて好印象です。
   IMG_4960.jpg
コントロールは2ヴォリュームとマスタートーンで、FENDERジャズベースと同じ仕様です。
オリジナルの2ハムバッカーはそれぞれのヴォリュームノブを引っ張る事でタップされてシングルコイルになるように配線されていました。
   IMG_4959.jpg
ハンダ付けは…まぁGIBSONだとこんな感じよね、と思う内容ですが…
オーナー様はそのノイズが気になるとの事で今回は導電塗料の塗布によるシールディングも行わせていただきます。
   IMG_4963.jpg

ひとまず部品を全て外して、導電塗料を塗る準備をする前に…
   IMG_4964.jpg

オリジナルピックガードを取り付けたいとの希望もございましたので、型紙を作ってイメージされているデザインを共有していきます。
エッジの尖り具合やカーブの深さなどですね。
パソコンの画面で行えると良いのかもしれませんが、その辺り疎いので超アナログな作業。
   002_201809111637258a9.jpg
線を引いてはカットし、切りすぎたらまた紙を貼って切り直して…
   003_201809111637266cb.jpg 004_2018091116372897e.jpg
デザインが決まったら、型紙を元にMDF板を用いてテンプレートを作成します。
   005.jpg
この精度が仕上がりに影響するので、楽器に当てがっては細かい部分の修正を行って…しっかりと作ります。

型板が完成したらピックガードを作成するのと同時進行で、ボディ側には導電塗料を塗ったり、アース配線をしたりと作業を進めます。
   IMG_4965.jpg
電装パーツでジャックは交換しましたが、ポットはハンダを除去して測定後に問題無しだったので再利用です。
   IMG_4966.jpg
グラウンドラインや各配線を丁寧にひいていきます。

ピックガードは黒白黒の3プライで作成しました。
コントロールノブはGIBSON純正のスピードノブをお持込みいただいて交換取り付け。
   IMG_4978.jpg
金属パーツとのマッチングや、全体的にエッジの立ったデザインはよく出来たのではないかと思います。

そして今回のピックガード作成のハイライトはこれ。
   IMG_4979.jpg
2mm厚のクリアアクリル板から削り出して、塩ビのピックガード上から追加できるサブピックガードです。
スラップのプル時に弦の下に指が入り込み過ぎないようにするためですが、用途に合わせて取り外しが出来るように作ってみました。
   IMG_4980.jpg
エッジの面取りは重ねてもラインがつながるように配慮してあります。

元々は黒の1プライだったバックパネルは茶べっ甲で作成してほしいとのご希望でしたので、純正パネルをテンプレートに切り出して作成しました。
   017.jpg


納品後にお喜びの感想をいただきました。
持ち帰って少し弾いてみましたが、第一印象は『音が太くなった!』というものでした。
太くなったというか、くっきりはっきりしたというか、
とにかく全体的にパワーアップしたような感じがします。

気になっていたノイズも抑えられていますし、中も外も大満足です。
こちらがメインのベースなので、これからもたくさん練習して上達できるよう励みます。
本当にありがとうございました。




お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
Studio GREAM A/B BOX&MULTI SWITCH
今回はStudio GREAM Originalのペダル作成です。

入力をAorBに分けるA/B BOXと、strymon MULTI SWITCHと同機能を持たせたラッチ式スイッチを内蔵した物を作ってほしい、という依頼でした。
   image4.jpeg
ケースサイズやジャック位置などの希望図をいただいて、実現可能かどうかの推敲を行いました。

諸々考えた結果、ケースの穴開け、塗装、ラベル貼りを行って乾燥待ち。
   041_20180911165402467.jpg
フットスイッチの穴は17mmで開けなきゃならなかったところを12mmで開けてしまっていて、この後で正しく再開口しました。
   042_2018091116540379d.jpg
MULTI SWITCHの内部構造はこのようになっているようです。
   image3.jpeg
抵抗値をどうやって得ようかと悩みましたが、誤差1%の金属皮膜抵抗の束から選別して任意の抵抗値が得られる物をチョイスしています。
複数台作るなら多回転の半固定抵抗を使うと思いますが、ワンオフなので固定抵抗を選別する事にしました。
   IMG_4954.jpg
電源はA/BのLEDを点灯させるためだけなので電源が無くても基本的な動作は可能ですが、電池も使用出来るようにしてみました。

色合いは黒の艶消しという指定でしたので、ウレタンクリアを吹いて乾燥後に磨く番手を途中で止めて仕上げました。
   IMG_4949.jpg
手前のフットスイッチにはStudio GREAM Originalのスイッチカバー(製造は今話題のHATAです)オレンジも取り付けています。
各ジャックはグラウンドループを避けるために絶縁ジャックを使用。
ギター入力ジャックのみがケースグラウンドに接続されるように配慮しています。
   IMG_4950.jpg

フットスイッチ周囲に配されたリングが光る事でOUT_Aで青色、OUT_Bで赤色に点灯するように作成。
   IMG_4951.jpg
どうしても青LEDの方が輝度が高いので、製作時に抵抗値をトライアンドエラーで割り出していますが、上手くいったと思います。
   IMG_4953.jpg


このように市場に無い物を作るという事が出来ますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp