FC2ブログ
機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
ZOOM MS-50GのSCROLL SWITCHモディファイ
今回は安価なのにとてもよく出来ていて、プロミュージシャンにも利用者が多いZOOMのMS-50Gを改造します。
   IMG_5402.jpg
実売で1万円以下の価格でありながら、最大で6台のエフェクターを直列でつなぐ事が出来て、チューナーもアンプモデリングも入っているという、ひと昔前では考えられなかった多機能ペダルですね。

内部は複数の基板をリボンケーブルで接続するような組み立て性に優れた作りですし、昔のZOOMのようにプラスチック筺体ではなくしっかりとしたアルミダイキャスト筺体です。
   IMG_5404.jpg

とてもよく出来ているエフェクトなのですが、メインフットスイッチは表示されているエフェクトのON/OFF用となり、複数接続されているエフェクトのON/OFFのためにはメインスイッチの左右にあるミニスイッチを押して画面をスクロールしないとなりません。
演奏しながらこんな小さなスイッチは踏めないので「あと一歩!」という感じなのです。
上下のプリセット切り換えに関してはまだ曲間に押して切り替える余裕がある場合もあるとは思いますが。

そこで、この左右スクロールが出来るような外部フットスイッチを増設する改造を行います。
   IMG_5405.jpg
これがフットスイッチ部分の基板↑

左右とグラウンドのため2芯シールドあれば足りるので今回は3.5mmステレオミニジャックをアウトプットジャックの下側に設置しました。
   IMG_5407.jpg
「上下のプリセット切り換えスイッチも外部コントロールにしたい」等色々とご希望に沿う事は可能ですが、外部フットスイッチ自体が大きくなるのでそのサイズにしても必要かどうかを依頼者様に確認した上で仕様を決めていきます。
   IMG_5406.jpg
仕上がった状態ではノーマルと大きく変わりませんし、フットスイッチを接続しなければ全くのノーマル状態として使用可能です。
   IMG_5410.jpg
アウトプットジャックをひとつ潰して外部コントロールにする改造も他の工房などで行われていますが、私は極力機能を削らずにアップグレードしたかったのでジャックを増設する事にしました。
   IMG_5411.jpg

外部増設スイッチは左右スクロールのみの場合はこのような1590Aサイズ(ケース寸法:39×93×31mm)です。
   IMG_5412.jpg
この色付きケースはペダル本体のすぐ下に設置するという指定でしたので、外部スイッチから直接ケーブルが生えている仕様で作成しました。
   IMG_5413.jpg

通常のモディファイ依頼の場合は30cmのステレオミニケーブルを用意してボード内の任意の位置に設置出来るように作業を行います。
   024_20190630154440af7.jpg

ZOOMではマイナーチェンジでこのような外部増設スイッチを出してくれるともっと使い勝手が上がるのに惜しいなぁと思いますが…
これでとても実戦向きのエフェクターになりました。

新品のペダルを入手して改造したフットスイッチ付き商品が1台だけ販売用在庫でございますので、ご希望の方はお問い合わせ下さい。
送料別ですが、税込16500円で即納可能となっております。




お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
スポンサーサイト
Vesta Kozo DIG-420(SAMPLER/DERAY)のオーバーホール
今回はVesta KozoのDIG-420(SAMPLER/DERAY)というラックエフェクターのオーバーホールです。
VESTAXの別ブランドだと思われますが、巷ではVESTA小僧と呼ばれているとか。
リピートサウンドが徐々に劣化するような気持ち良いアナログ感がクセになりますし、強烈な発振もするのでついつい時間を忘れて弾いてしまいます。
   IMG_5355.jpg
ラックエフェクターは横長なのでなかなか1枚で収まるように写真が撮れず難儀します(笑)
   IMG_5357.jpg
HOLDボタンが破損しているのですが、他のボタンも軒並み接触不良になっていますし、ポットにもガリが見受けれました。
   IMG_5353.jpg
内部ではハンダ付けが割れているジャックもありましたので、この際ハンダ付け直しは勿論、経年劣化したコンデンサなども交換修理していきます。

基板上に3.6Vのニッカド電池が搭載されていますが、サンプリングしたメモリー保存に使われているようです。
測定の結果、1.2Vも無かったので今回は交換してしまいます。
しかし同じ部品は中国製のレプリカは見つかりましたが…
ちょっと個人的に品質が不安だったので今回は別の方法を採ります。
   IMG_5354.jpg

パネルからポット類が付いている基板を外すために問題のスイッチ類はハンダ付けから外さないとならない設計のため今回はスイッチは新品を探し出して全て交換しました。
   IMG_5358.jpg
古い部品も世界中から探せばまだまだ入手が出来る訳ですが、やはり価格はそれなりにしますね…
小さい部品だと送料の方が高かったりもしますし。
   IMG_5364.jpg

内部の電源関連にある電解コンデンサは全て交換しつつ、例のニッカド電池が担っていた電源は充電式のニッケル水素電池(1.2V×3本直列)で作成しました。
   IMG_5365.jpg
バッテリースナップとホルダーで設置していますので、取り外しや外部充電器での充電も可能です。

電源ケーブルが取り付けられているブッシュ部分は曲げ伸ばしで劣化し易い部分なので、一旦取り外して劣化部分を切って再接続。
ブッシュ部分に屈曲ストレスが少ない状態になりましたので、これからまた安心して使えますね。
   IMG_5366.jpg
全体的に出音のノイズも減って、動作も問題なく回復したのでまた活躍してくれるでしょう。
中古の同機材を買うよりは高額な修理代になってしまいましたが、中古もコンディションが様々なので…
気に入っているけど動作不調な機材は、買い替えも一つの手ではありますがオーバーホールする事でまた安心して使用出来るようになりますよ。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
SHURE SM58-Sの改造
今回はアイデア持ち込みで、全てお任せいただいた案件です。

ダイナミックマイクの大定番であるSHUREのSM58ですが、これにキルスイッチを取り付けたい、とのご希望でした。
マイクに仕込まれたスイッチを押している間だけ音が途切れるので、連打する事で独特のエフェクトを得られるという訳です。
しかし入力信号のON/OFFはPAさんによっては嫌う事も多いので「ご希望の内容で作成はするけど、ライブハウスなどで使用の際は必ずPAさんに使用許可を貰って下さいね。スイッチを絶対に使わないならば持ち込みのSM58として使用する事は可能です」と念入りに説明させていただきました。

そんなこんなでSM58にラインナップされているON/OFFスイッチ付きを用意して改造開始。
   IMG_5351.jpg
このスイッチを素早く上下にスライドさせても動作はするのでしょうが、押しボタン式で連打した方がより効果的なのでスイッチの交換を行います。

マイクのヘッド部分を取り外しつつ、本体の中にはトランスとリードスイッチがホットボンドで固定されています。
   IMG_5352.jpg
このトランスでバランス出力に変換している訳です。
そしてリードスイッチは磁力によってカプセル内の接点がつながる構造になっていまして、トランス1次側をショートさせるかどうかでON/OFFさせるようになっていました。
   IMG_5362.jpg

リードスイッチを取り外し、このスペースに収まるように基板を切り出してタクトスイッチと配線を取り付けます。
   IMG_5360.jpg
開口スペースはスポンジできつく埋める事で埃の侵入を極力防いでいますし、内部にはホットボンドを再充填する事で振動にも強い堅牢性を再度担保しています。

元々のスイッチはドライバーでストッパーを外して向きを入れ換えて取り付ける事で常時ONモードに変更する事が出来ますが、このストッパープレートの下にタクトスイッチを仕込みました。
   IMG_5361.jpg
プレートの先端部分下にスイッチがあり、ここを押している間だけ出力が途切れます。
   IMG_5363.jpg
マイクホルダーにも当然取り付け出来ますし、いかにも改造しています感が少ない仕上がりになりましたが…
使用した持ち込みマイクを会場に忘れてくるというのが一番怖いので、シールを貼るなど何かしら目印を付けた方が良いかもしれませんね。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
PALMER PDI-05のオーバーホール
今回はスピーカーシミュレーターとして多くのスタジオミュージシャンが愛用してきた、PALMER PDI-05のオーバーホールです。
昨今のマルチエフェクターにはスピーカーシミュレーターが大抵搭載されており、より細かく音作りが出来るようになりましたが、この機材にも良さがあります。
パワーアンプアウトからの信号をライン信号に変えれる(ダミーロードなり負荷は必要です)し、コンパクトエフェクターをつないだだけのサウンドをスピーカーシミュレートを行ったバランス信号としてミキサーへ送る事も出来ます。
   IMG_5283.jpg
現在はモデルチェンジしていますが、今回ご依頼いただいたのは初期型のモデルです。
   IMG_5284.jpg
元々グラウンド付きの3ピンプラグだったのですが、現場でピンを切り取って使う必要があったそうで、そのままになってしまっていたとの事。

3つあるノブにガリが多く見受けられ、シミュレートモードを切り替えるトグルスイッチにもガリが目立っていたので、この部分は新品交換しつつ、内部の電解コンデンサも経年劣化を考えて交換しておきます。
   IMG_5285.jpg
元々の可変抵抗器は湿度に弱く、ガリが出易い印象のポットでしたので、今回はALPHA製のポットへ交換しました。
抵抗値やカーブはオリジナルと同様です。
   IMG_5286.jpg
そんな高い部品を使っている訳ではなく、回路構成とトランスがサウンドのキモなんだなと思いますが、基板上の電解コンデンサは全てグレードアップした上で交換しました。
   IMG_5287.jpg

問題の電源ケーブルは、被覆が硬くなってきていた事もあり、芯線の太いケーブルへまるまる交換して対応しました。
   IMG_5288.jpg
プラグはホスピタルグレードの3ピンタイプですが、今度はグラウンドピンを切ったり引き抜いたりしなくて良いように2ピンへの変換アダプターも用意しました。
   IMG_5289.jpg
ポットを交換した際に元々のノブがシャフトサイズの違いで使えなくなってしまったので、FENDER TONEMASTERなどに使用されているノブを取り付けしてみました。
   IMG_5290.jpg
作業後はノイズも少なくなり、サウンドに明瞭さが出たと感じれるので、これからまた出番が増えてくれると嬉しいですね。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
DigiTech Whammy-Ⅱの修理
過去にWhammy-Ⅱの修理やモディファイは定期的に行っておりますが、今回は北海道からお問い合わせいただきました。
   IMG_5202.jpg
外観のコンディションは良いペダルですが、お預かり時にはガリやノイズが酷くてとても使えない不安定状態。

インプットヴォリュームのポットはガリや接触不良など不具合が出るメジャーなポイントですね。
   IMG_5197.jpg
内部に洗浄液を流し込んでみましたが接触不良が回復しなかったので、基板付けからパネル取り付け式に交換します。
   IMG_5198.jpg
その他、電解コンデンサ交換と共にインプットジャックとWETアウトジャックも接触不良によるガリが取れなかったので、こちらもパネル取り付け式に変更交換しました。
   IMG_5199.jpg
2つあるフットスイッチにはタクトスイッチという部品が使用されていますが、これも数回に1度ぐらい接触不良が見受けられたのでこの際に交換させていただきました。
   IMG_5200.jpg
生産効率を考えると基板直付けが便利なのでしょうが、固定方法を工夫しないとこじるような力が加わってハンダ割れにつながったりするので取り扱いには注意が必要ですね。
   IMG_5201.jpg
今回はよく使う部分はパネル取り付け部品を使用して強度アップを図ることで安心して使用出来るように修理しました。
メイン回路に不具合が起きていなくて良かったです。

納品後にお喜びのメールをいただき、身が引き締まります。


WHAMMY 2、本日無事に受け取りました。
早速の早速、音出ししてみました。
とにかくビックリです!!
このペダルを繋いでこんなクリーンなサウンドは本当に久しぶりで、ただただ感動しかありません!
なんだか音痩せも全くなくなった気がします!!
内部のテクニカルなことは正直分からないのですが、音質、操作性、つまり今回の仕上がりには大大大満足しております。
ユーザーとして、不安定だった両ジャックががっちりなったことや、gainノブの操作性向上など、嬉しいこと三昧です!!

この度は何とお礼を言ったらいいか分かりません。僕には感謝しかないです!
しかもこんな早く仕上がるとは!
実は来週ライブで日々リハが続いており、この迅速さはこの上なくありがたい次第です!!

僕は生粋のPHISHファンで、Treyには根っから陶酔してます。なんてったって黒ワーミーなんです!

田中様 本当にありがとうございました。
また、何かあった際は相談させて下さい!
何卒よろしくお願いいたします。
ありがとうございました。


新しいワーミーの方がレイテンシーや電源問題など使い易い事は否めませんが、黒ワーミーでしか出来ない事もあるでしょうし「これを使いたい!」というプレイヤーの気持ちにも応えていきたいので、お困りの際はお気軽にご相談下さいませ。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp