機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
GIBSON LP-REISSUE(ex/Heritage Cherry Sunburst)の全体調整・ノイズ処理
今回はGIBSON Les Paul REISSUEの全体調整・ノイズ処理です。

このギターは元々はHeritage Cherry Sunburstだったみたいですが、オーナー自らがトップリフィニッシュを行われたそうです。
   IMG_4783.jpg
味のあるクラックが格好良い仕上がりです。

このギターの配線やコンデンサなど電装系はご自身で交換されているそうですが、フレット交換を行ったのを機に電装系もプロに仕上げてもらいたいという事で全体調整・ノイズ処理でお預かりさせていただきました。

セレクタースイッチへの配線はLENZ?の配線材に交換されているとの事ですが、ノンシールド線でキャビティ間をつないでいるためノイズはかなり目立つ状態でした。
   IMG_4782.jpg
元々は菱形のコントロールパネルとロングシャフトポットを使用したアッセンブリのようですが、プレートを撤去してヴォリュームにはスイッチ付きポットを使ってハムバッカーのコイルタップ機能を割り当ててありました。
   IMG_4781.jpg

バラしてみるとABR-1ブリッジの曲りが顕著でしたが、フレット交換時にサドル溝切り深さの調整でバランスを取ってありました。
   IMG_4784.jpg
今回は弦高に関してはひとまず大丈夫な状態でしたので(本来は交換した方が良いのでしょうが)交換は見送りとなりました。

導電塗料を塗布するために部品を全て外し、キャビティ内の塗装を落として下地作りを行います。
   IMG_4785.jpg
セレクタースイッチ~ピックアップキャビティ~コントロールキャビティをつなぐ溝の隅々まで導電塗料を塗る事は困難なので、配線はシールド線を使用しますが、それでもキャビティ内は可能な限り導電塗料を塗り込みます。
   IMG_4786.jpg

導電塗料が乾燥したら配線を行います。
   IMG_4807_1.jpg
セレクタースイッチはクリーニングして再利用ですが、配線材はBELDENの4芯シールドを使用してノイズをシャットアウトしています。
ヴォリュームポット、トーンポットはガリもあったのでこの機会に全て交換となりました。
スイッチ付きポットは回転トルクが軽い物が多いのですが、このCTSのスイッチポットは適度なトルクで良いですね。
配線すべき端子が近い場所にまとまっているため、楽器に搭載した状態でハンダ付けがし難いのが難点に感じますが。

ピックアップはSuhrのDoug Aldrichモデルが搭載されていますが、各ボリュームノブを引っ張る事でコイルタップではなくパラレル配線になるようにしています。
ハムノイズをキャンセルするためにコイルをふたつにしたのに、片側を使わないコイルタップはノイズも増えてしまいます。
パラレル接続する事でシングル系サウンドを得られつつハムキャンセル効果は得られるので、私はこのワイヤリングが好みです。
   IMG_4806_1.jpg
オーナー様のご希望に沿って、ヴォリュームにはスムーステーパー化も行いました。
この抵抗とコンデンサのチョイスは様々な組み合わせがありまして、各社独自の数値が個性となっております。
施工前よりも自然な音量可変が得られるようになったとの事でお喜びいただけました。

全体的にワックスをかけて磨きましたが、あまりギラギラにしても雰囲気が損なわれますので汚れ落としをメインに仕上げています。
   IMG_4808.jpg
今後はブリッジやテールピースの交換で様々なチョイスをされると思いますが、これからも沢山弾いてもらえると良いですね。

納品後にお喜びの感想をいただきましたのでご紹介させていただきます。
ノイズが驚くほど少なくなっていて、
ほぼゼロですね。
以前もブリッジに手を乗せればノイズは小さくなっていましたが、今は手を離した状態でほとんどノイズが無く、
手を触れるとゼロです。
ここまでノイズ処理が効果があるとは思いませんでした!
音は凄くクリアになりました。
ポットから配線材まで変更点が多いので何処の処理が効いたのかはわかりませんが、
以前はミドルが出すぎて太すぎる印象でしたが、各音域がすっきりまとまりバランスよく鳴っているように感じます。
あと、一番驚いたのはスムーステーパーボリュームでした。
ネットの情報等からコンデンサと抵抗を何種類か組み合わせて自分なりに試してみましたが、ハイパスにはなったけどボリュームの変化がスムースじゃなかったり、
「こんなもんかな?」というところで妥協していました。
なので、今回の仕上がりは本当にスムーズなボリューム変化、途中でこもったりせず使える音になりました。
演奏中にバンドとのバランスを考えて、
ちょこちょことボリュームを調整するのでこれは非常にありがたいです。


このようにお喜びいただけると頑張って良かったなと思えます。
またどうぞよろしくお願い致します。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
スポンサーサイト
ZEMAITIS CS24PF LITTLE WINGのヘッドにシェル貼り
ZEMAITIS CUSTOMSHOP製のCS24PF LITTLE WINGのヘッドにシェルシート貼りを行いました。
   035.jpg
ボディトップにはパテでシェルピースを貼り付けた後にアーチを形成してある、とても手の込んだ美しいギターです。
   004_20180504185411b72.jpg
見る角度で色合いが変わり、二つと同じギターが無いのが天然素材の素晴らしさですね。
   IMG_4756.jpg
このボディに合わせて、ヘッドにも貝を配置したいという事でご相談いただきました。
   IMG_4757.jpg
ボディと同じような厚さのシェルを貼ろうとするとバインディングの処理の関係上、ヘッドを彫り込んでシェルを落とし込みにするか、薄い素材で配置するかで提案させていただきまして、厚さ0.08mmという極薄のパールシェルシートをお持込みいただきました。
   IMG_4760.jpg

その薄さのため透け防止のためにシェルシートの裏側にホワイト塗装を吹いた後に、レーザーカッティングでアウトラインを切り出して準備完了。
   041.jpg

ヘッドに配置して貼っていく訳ですが、ピンセットでつまんだ際に割れたり欠けたりと、とにかく取り扱いが大変でした。
部分的に新たにカッティングし直したりして何とか貼り付け完了。
   025_20180504185412098.jpg
元々の黒色ヘッドにはホワイトとライトグレーを吹いて、パテのような色身を出してからシェルシートを貼っています。

全体的にウレタンクリアを重ね吹きして研いでを繰り返して仕上げます。
   IMG_4798.jpg
磨きすぎて光らせすぎないように気を付けつつ、各部品を取り付けて完成です。
   IMG_4801.jpg
このシェルシートの薄さゆえに取り扱い時にパリパリ割れたり欠けたりと、加工も施工も大変でとても気の抜けない作業の連続でしたが…
   033.jpg
貝自体の色身がひとつひとつ異なるので、ボディ側とヘッドでも色合いは若干異なりますが、全体の雰囲気としてはよりゴージャスになったと思います。
   IMG_4803.jpg
この仕様のギターは通常ラインナップにはありませんので、オーナー様の拘りが詰まったギターに仕上がったと思います。
ネックやフレットの仕上げがとても丁寧で、驚くほどのローアクションを実現出来るギターでしたから、飾っておくよりは沢山弾いてもらえると良いなぁと思います。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
JAMES TYLER Studio Elite(Jim Burst)にミッドブースター取り付け
JAMES TYLERは過去にも何本か作業をさせていただいておりますが、その記事を見てStudio Elite(Jim Burst)にミッドブースターを取り付けたい、とご依頼いただきました。
   IMG_4649.jpg
電装系の作業だけとの事でネックもブリッジも外された状態でお送りいただきましたが、このような状態でも動作チェックは可能ですので全然問題ありません。

スペックシートを見ると、元々の出荷時にはミッドブースターが付いていたようで、ピックガードを新調しつつミッドブースターは撤去されていました。
現オーナーは入手時にはこの状態だったとの事。
しかし元々の状態に戻したいとの希望でしたがミッドブースター基板は単体では販売されていませんので困っていたそうです。

ピックガードを開けてみると確かにキャビティ内に基板を固定していた両面テープの跡も残っていますね。
   IMG_4652.jpg
この導電塗料は金属粉末が沢山入っているように見えますが、黒い炭素系導電塗料と大して変わらない残留抵抗値でした。
それでもしっかり塗ってあるかどうかではノイズに大きな差が出ます。

ピックガード裏側には…JAMES TYLERのいつもの感じ。
   IMG_4651.jpg
ハンダ付けや配線取り回しなど、とても綺麗だとは思えないのですが出音のレスポンスは良い…不思議な感覚に陥ります。

一旦部品を全て外して、ブースター用のスイッチを取り付ける穴を開け…スイッチベースを貼り付けたりと一気に組み上げ。
   IMG_4653.jpg
収縮チューブで保護された回路がJAMES TYLERのミッドブースターと同じ定数であり、よりローノイズに作ったStudio GREAM Originalの基板です。
プッシュスイッチの土台はピックガード素材である硬質塩ビ板を複数枚重ねて接着して作成。
   IMG_4654.jpg

仕上がり状態のコントロール外観はこんな状態です。
   IMG_4656.jpg
トーンを撤去してブースターに変更しています。
ブースターのノブはオリジナルに近い黒のプラスチックタイプをチョイスしました。

プッシュスイッチキャップはどうにも黒しか入手できなくて困っていますが…
これはこれでノブと紐付け出来ている感じで良いような気もしますね。
   IMG_4657.jpg
↑これはスイッチキャップが飛び出しているのでブースターONになっている状態です。

その他に、端子が酸化していたバッテリーボックスも新品に交換しつつ動作チェックを行って作業完了しました。
   IMG_4655.jpg
あとはまたネックやブリッジを取り付けて組み立てたらバリバリと弾いていただける事でしょう。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
GIBSON Chet Atkins CEのノイズ処理
今やエレガットというジャンルは定番になりましたが、そのパイオニアはこのGIBSON Chet Atkins CEではなかったかと思います。
完全ソリッドボディなので、ハウリングの心配はほぼありませんが、つまりはアンプにつないで弾く事が前提の構造です。
   IMG_4611.jpg
今回は特有のブーンというハムノイズが目立って気になるとの事で、ノイズ処理でお預かりさせていただきました。

このギターのピックアップは各弦下にピエゾ素子がモールドされた6アウトプットの物で、配線にはシールドがされておらず、またリプレイスも見当たらないという状態。
現行のピエゾピックアップなどを使用しようにも、コンバートするアダプターやブリッジサドルなどを作らねばならず、コスト的にも大きくなってしまうので…
今回は純正のピックアップとプリアンプを使用して出来る範囲でノイズを減らす方向に作業を行います。

キャビティ内には炭素系導電塗料が塗られていますが、ろくにグラウンドにも落ちておらず塗り直しする事にします。
   IMG_4608.jpg
トーンコントロールとヴォリュームは低音弦ショルダー部にマウントされていますが、ここのキャビティはシールドされていません。
配線はシールド線を使用されていますが、今回はこの配線から変更します。
   IMG_4609.jpg
シールド線や金属プレートを使用しているのでキャビティ内をシールドしなくても殆ど差は無いように感じますが、やれる事は全てやるのがStudio GREAMです。
この部分も塗装をしっかりと落として、導電塗料を塗っていきます。
   IMG_4610.jpg

ポット類はクリーニングしつつ、配線も5芯シールド線を作って交換、キャビティ内も導電塗料をしっかりと塗り込みました。
   IMG_4612.jpg
メインキャビティの導電塗料を削り落して新たに塗り直しています。
詰め込まれていた配線も、綺麗に取り回しが出来たと思います。
   IMG_4613.jpg
アコースティックギターは弦アースが取られていない事が多いので、時にハムノイズが目立つ事がありますので、このようなアースプレートを作成して弦をグラウンドに接続すると(弦を触っている時には)ノイズが減るように出来ます。
   IMG_4614.jpg
真鍮板を切り出して加工した後にグラウンドワイヤを接続し、キャビティに導いています。

このギターに関してはブリッジの剥がれも起きており、これを修正しないことには広がっていくのですが…
ひとまず現状のノイズ低減量をご自身の機材セットで確認した上で改めてブリッジ補修を行うか、ギターを変えるかの検討をされるという事でここまでで納品となりました。




お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
FENDER JAPAN JM66Bの全体調整・ノイズ処理
今回はFENDER JAPAN JM66Bの全体調整・ノイズ処理です。
バインディング付きネックとブロックポジションマークが印象的なモデルです。
   IMG_4414.jpg
詳細にはカスタマイズされている内容は知らないままに、弾いてみて印象的なサウンドだったので購入をされたとの事。

スタンダードなGOTOH製SD91ペグが搭載されていましたが、このオーナー様の定番スペックであるロック式ペグへ交換をしていきます。
   IMG_4417.jpg
ナット溝には少し荒れが見受けられましたので、溝底面の研磨と外形も磨いて輝かせていきましょう。
   IMG_4418.jpg
フレットエッジや指板エッジはF/J定番仕様ですので、何度も出てきているエッジ面取りを行って柔らかい握り心地にしていきます。
   IMG_4416.jpg
ジャズマスター&ジャガーで問題になるスパイラルサドルブリッジですが、弦がサドルに乗って下向きに力がかかる角度が浅いという問題もあります。
今回はサドルを交換する事で弦ズレに対応していきます。
   IMG_4415.jpg
ピックガードを開けてみると…
導電塗料が塗られており、元々なのか前オーナーによるカスタマイズによるものなのか…しかし丁寧な仕事がされていて好印象でした。

   IMG_4419.jpg
部分的に塗り忘れがあったのですが、今回は全て落として塗り直す事になりました。

ピックガード側のアッセンブリは部品や配線が交換されていましたが、素晴らしい仕事がされていました。
   IMG_4420.jpg
しかし、ヴォリュームやトーンでサウンドキャラクターが変えにくいという不満点も伺っておりましたので、部品交換と可変カーブの変更で対応していきましょう。

ブリッジのアース線はこのようにテープで固定されていました。
   IMG_4421.jpg
個人的にはこのひと手間を惜しまない姿勢に共感します。

そんな訳で、炭素系導電塗料を落として、銅系導電塗料を塗り直しました。
   IMG_4422.jpg
ピックガードアッセンブリは部分的にグラウンド配線をやり直したりしましたが、概ね踏襲しています。
   IMG_4423.jpg
スムーステーパーとグレースバケットトーン回路の採用もStudio GREAMの定番です。
   IMG_4424.jpg

ペグはSD91からSDS510-MGに交換となりました。
   IMG_4428.jpg
精度が高く、滑らかなチューニングが可能な510グレードは一度使うと病みつきになります。
   IMG_4430.jpg
ナット溝の磨き上げと、外形も整えて、アーム使用時に弦がナットに引っかかる要素を極力排除しています。
   IMG_4429.jpg
フレットやバインディングのエッジも定番の面取りと磨き上げを行ってあります。
   IMG_4427.jpg
サドルはRETROTONEの溝入りブラスタイプに交換となりました。
   IMG_4426.jpg
オクターブ調整ネジはプラス頭だとドライバーの角度的にネジが回しにくいので、六角レンチで回せるステンレスネジにして、ボールポイントで回すとオクターブ調整も楽に出来ます。

ネック仕込みを調整したり、角度が付き過ぎているアームバーをちょうど良い角度に曲げ直したり、全体的にワックスをかけたり…その他に細かい事を色々やって、無事完成しました。
   IMG_4425.jpg
納品後に嬉しい感想をいただけまして、いつも一生懸命やって良かったなと感じます。

フレット交換時に指板Rを7.25から9.5ほどに出来るともう少し弦高も下げれてプレイアビリティも向上するかと思いますので、沢山弾いていってもらえると良いですね。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp