FC2ブログ
機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
Fender USA American Vintage '72 Telecaster Thinlineの全体調整&ノイズ処理
今回はFender USA American Vintage '72 Telecaster Thinlineの全体調整&ノイズ処理です。
   IMG_4986.jpg
アッシュ材のセミホローボディと2ハムバッカー搭載という特徴的な仕様のThinlineですね。

ナット溝は甘くてもう少し切り足した方が良い状態でした。
   IMG_4988.jpg
外形も余分な肉がありますので、溝切り後に外形を削って磨きます。

今回のフレットエッジは面取りを少し行う程度に留めます。
   IMG_4987.jpg
これはお預かり時の状態。

今回は全体調整&ノイズ処理での作業なので、ピックガードアッセンブリの配線なども全てやり直しますがひとまずお預かり時の状態はこちら。
   IMG_4989.jpg
配線も無駄に長いし、アースも甘い感じでした。
   IMG_4991.jpg
全て外して、ピックガード裏にはシールドテープをしっかりと貼り直して組んでいきます。
   IMG_4990.jpg
いつものように導電塗料を塗っていきますので、キャビティ内の塗装を除去していきます。
   IMG_4993.jpg
塗装を除去したらマスキングして目止めと導電塗料を塗布していきます。
   IMG_4994.jpg
導電塗料が乾いたらアースワイヤーを接続しつつ、組み込み準備を進めていきます。
   IMG_4995.jpg
ピックガードアッセンブリを組み直す時に部品類も一部交換しました。
   IMG_4996.jpg
元々は250KAポットが使用されていましたが、TONEは500Kにしたいとの事でお持込み。
ヴォリュームポットは残留抵抗値が大きかったので、取り外したTONEポットを洗浄してヴォリューム用に再利用しました。
コンデンサはバンブルビーの0.022uFをお持ち込みでしたが実測は0.087uFほどにズレていました。
しかし説明の上でひとまずそのまま載せるという事でご希望を伺いました。
   IMG_4997.jpg
ピックアップはThe Creameryのclassic'71のセットをお持込みいただき搭載しました。
   IMG_4998.jpg

カバーの刻印もFENDERではなくなっていますね。
サウンドもケバケバシイところが無くなって、ピッキングニュアンスも出し易い印象でした。
しっかりとポッティングされていたので、ハイゲインなサウンドで鳴らしても不要なハウリングはしにくそうです。
   IMG_5000.jpg
ブリッジサドルはオーナー様によってRaw Vintageのプレスサドルへ交換されていました。

樹脂ナットが使用されているようですが、劣化で割れている事もありませんでしたので、溝切りしてしっかり磨きあげて完成。
   IMG_5002.jpg
フレットや指板エッジも塗装を落とさない程度に磨いて面取りを行っています。
   IMG_5001.jpg
全体的にワックス掛けして完成です。
お預かり時にはバラバラだったオクターブサドル位置もしっかりと合わせて高音域のコードサウンドも綺麗に響くようになったと思います。
   IMG_4999.jpg
これからガンガン弾いて、次はフレット周りの作業で担当させていただけると嬉しいですね。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
スポンサーサイト
BLADE LEVINSON R-4/SSHの全体調整
今回はBLADE LEVINSON R-4/SSHの全体調整です。

このBLADE LEVINSONというギター、最近は目にする事が少なくなりましたが1990年代には沢山流通していまして「コスパに優れた良いギターだなぁ」と思っていました。
それもそのはず、BACCHUSなどを手掛けるディバイザーや、MOONやVANZANDTを手掛けるPGMが製造委託を受けて作っていたのです。
このR-4は元々は3シングルだったようですが、ピックガードを交換して、リアピックアップ部分はハムバッカー用にザグリを追加してSSHレイアウト(S-S-SSとも言える)に改造されていました。
   IMG_4873.jpg
長年の使用に伴って音に張りが無い、電装系のコントロールで違和感がある、アームがもっと使えるようにしたい、等様々なご希望を伺いつつ作業内容を決めていきました。

ジャンボフレットは摩耗によって頂点が擦り減ってしまいピッチが揺れるようになってしまっていたので、この際にステンレスフレットへの交換になりました。
   IMG_4875.jpg
ブリッジにはファルコントレモロという2つのナイフエッジを持つ珍しい物が搭載されており、マウントネジピッチも弦間ピッチも10.8mmというリプレイスの選択肢がほぼ無い特殊規格なのでオーバーホールを行う事にしました。
   IMG_4874.jpg
ボディ裏側には黒いパネルがありますが、ここにはオリジナルでは電池とブースター基板が収まっていました。
しかしこのギターはそれらが撤去されてパッシブとなっています。
   IMG_4876.jpg
トレモロスプリングが斜めがけにされていますが、このファルコントレモロブリッジでは斜めがけすると弦交換がとてもし難くなってしまうので平行3本に変更しつつ、バランスを取りたいと思います。
   IMG_4877.jpg

ピックガードを開けてみると、レースセンサーGOLDが4つ搭載され、VILLEXのパッシブミッドブースターもミニスイッチでON/OFF出来るようになっていました。
   IMG_4878.jpg
もうひとつのミニスイッチはリアのシングルコイル2個を直列にしたり、片側キャンセルしたりを切り替える用途との事ですが…
配線が間違っていて上手く機能していませんでした。
   IMG_4879.jpg
更なるサウンドヴァリエーションが欲しいという事でしたので部品交換も含めてご提案させていただきましたが、詳しくは後述します。

ブリッジをボディにマウントしている6本のネジにはサビの発生もあり、埃も堆積していましたので…
   IMG_4881.jpg
ナイフエッジが当たる部分は念入りに研いで、シリコンコーティングをかけてあります。
磨いたためゴールドメッキが薄くなってしまうのですが、実用性を優先しました。
   IMG_4887.jpg
ブリッジもネジ1本に至るまでバラして洗浄して磨いて組み直し。
   IMG_4882.jpg
アームアップとアームダウンで異なるブロックが動く構造を持ったトレモロで、ブリッジベースプレートとブロックの接触面は今回のオーバーホール時にしっかり磨いて平面出しをして取り付けしてあります。
   IMG_4883.jpg
全体的に磨いた後にシリコンコーティングをかけていますので、ここもメッキの色が薄くなっています。
   IMG_4888.jpg
ネジ類は手汗によるサビに耐えるように全てステンレスに交換しましたので、PRSのようなハイブリッドカラーになっていますね。

ボディにはザグリを入れた際に導電塗料を塗られたみたいですが、アースへの接続が雑だったのでノイズは目立ちました。
   IMG_4884.jpg
いつもの銅系導電塗料で塗り直しつつしっかりとグラウンドへ接続します。
   IMG_4889.jpg

ヴォリュームポット、トーンポット、ミニスイッチを交換して、ワイヤリングも変更しました。
   IMG_4895.jpg
トーンポットはプッシュロックスイッチ付きに交換しまして、このスイッチをリアのピックアップを2つ直列にするのか、ひとつだけ使うのかを切り換えするようにしました。
   IMG_4894.jpg
パッシブミッドブースターはそのまま搭載していますが、ON/OFFスイッチの動作はオーナー様と相談の上でお預かり時と逆向きに変更しました。
   IMG_4896.jpg
交換したミニスイッチはON-ONの2ポジションから、ON-ON-ONの3ポジションスイッチに変更して、サウンドヴァリエーションを増やしました。
操作で出来る限り混乱しないように考えてご提案させていただきました。

ヘッドにはスパーゼルのロックペグが使用されています。
   IMG_4902.jpg
元々はGraphtechのStringsaverナットが使用されていましたが、フレット交換に伴って無漂白牛骨に変更。
(ローミッドは出るが、高音域は少し丸くなる印象なので…今回の目指す方向性にはバランスが悪いなと思い牛骨をチョイス)
   IMG_4904.jpg
フレットはJESCARの#58118SSというステンレスジャンボフレットに交換。
   IMG_4900.jpg
したものの、ステンレス特有のブライトなトーンが扱いにくいという事で同じサイズのニッケルシルバーフレットに再度交換となりました。

ステンレスもニッケルシルバーも、JESCARのフレットは表面が滑らかで硬く強いので、とても良いですね。

組み上げたブリッジも梨地のような風合いで落ち着いたルックスになりました。
   IMG_4899.jpg
コントロールは若干複雑。
オーナー様に手書きメモのピックアップワイヤリングバリエーションをお送りして確認いただきました。
   bladeワイヤリング案1
通常のSSH以外にSSSとしても使えますし、全てのピックアップを鳴らしたりフロントとリアを鳴らしたり、直列も出来たり…
   IMG_4901.jpg
レコーディング現場で1本で対応出来るような懐の広いギターに仕上げられたと思います。

実際に使ってみて、不具合や変更点があればまた追ってバージョンアップしていく事になるかもしれませんが、ひとまず今出来る考えられる事は全てやった、という状態になりました。
   IMG_4898.jpg
ここからまた多くの演奏が生み出されていくと喜びもひとしおですね。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
GIBSON LP-REISSUE(ex/Heritage Cherry Sunburst)の全体調整・ノイズ処理
今回はGIBSON Les Paul REISSUEの全体調整・ノイズ処理です。

このギターは元々はHeritage Cherry Sunburstだったみたいですが、オーナー自らがトップリフィニッシュを行われたそうです。
   IMG_4783.jpg
味のあるクラックが格好良い仕上がりです。

このギターの配線やコンデンサなど電装系はご自身で交換されているそうですが、フレット交換を行ったのを機に電装系もプロに仕上げてもらいたいという事で全体調整・ノイズ処理でお預かりさせていただきました。

セレクタースイッチへの配線はLENZ?の配線材に交換されているとの事ですが、ノンシールド線でキャビティ間をつないでいるためノイズはかなり目立つ状態でした。
   IMG_4782.jpg
元々は菱形のコントロールパネルとロングシャフトポットを使用したアッセンブリのようですが、プレートを撤去してヴォリュームにはスイッチ付きポットを使ってハムバッカーのコイルタップ機能を割り当ててありました。
   IMG_4781.jpg

バラしてみるとABR-1ブリッジの曲りが顕著でしたが、フレット交換時にサドル溝切り深さの調整でバランスを取ってありました。
   IMG_4784.jpg
今回は弦高に関してはひとまず大丈夫な状態でしたので(本来は交換した方が良いのでしょうが)交換は見送りとなりました。

導電塗料を塗布するために部品を全て外し、キャビティ内の塗装を落として下地作りを行います。
   IMG_4785.jpg
セレクタースイッチ~ピックアップキャビティ~コントロールキャビティをつなぐ溝の隅々まで導電塗料を塗る事は困難なので、配線はシールド線を使用しますが、それでもキャビティ内は可能な限り導電塗料を塗り込みます。
   IMG_4786.jpg

導電塗料が乾燥したら配線を行います。
   IMG_4807_1.jpg
セレクタースイッチはクリーニングして再利用ですが、配線材はBELDENの4芯シールドを使用してノイズをシャットアウトしています。
ヴォリュームポット、トーンポットはガリもあったのでこの機会に全て交換となりました。
スイッチ付きポットは回転トルクが軽い物が多いのですが、このCTSのスイッチポットは適度なトルクで良いですね。
配線すべき端子が近い場所にまとまっているため、楽器に搭載した状態でハンダ付けがし難いのが難点に感じますが。

ピックアップはSuhrのDoug Aldrichモデルが搭載されていますが、各ボリュームノブを引っ張る事でコイルタップではなくパラレル配線になるようにしています。
ハムノイズをキャンセルするためにコイルをふたつにしたのに、片側を使わないコイルタップはノイズも増えてしまいます。
パラレル接続する事でシングル系サウンドを得られつつハムキャンセル効果は得られるので、私はこのワイヤリングが好みです。
   IMG_4806_1.jpg
オーナー様のご希望に沿って、ヴォリュームにはスムーステーパー化も行いました。
この抵抗とコンデンサのチョイスは様々な組み合わせがありまして、各社独自の数値が個性となっております。
施工前よりも自然な音量可変が得られるようになったとの事でお喜びいただけました。

全体的にワックスをかけて磨きましたが、あまりギラギラにしても雰囲気が損なわれますので汚れ落としをメインに仕上げています。
   IMG_4808.jpg
今後はブリッジやテールピースの交換で様々なチョイスをされると思いますが、これからも沢山弾いてもらえると良いですね。

納品後にお喜びの感想をいただきましたのでご紹介させていただきます。
ノイズが驚くほど少なくなっていて、
ほぼゼロですね。
以前もブリッジに手を乗せればノイズは小さくなっていましたが、今は手を離した状態でほとんどノイズが無く、
手を触れるとゼロです。
ここまでノイズ処理が効果があるとは思いませんでした!
音は凄くクリアになりました。
ポットから配線材まで変更点が多いので何処の処理が効いたのかはわかりませんが、
以前はミドルが出すぎて太すぎる印象でしたが、各音域がすっきりまとまりバランスよく鳴っているように感じます。
あと、一番驚いたのはスムーステーパーボリュームでした。
ネットの情報等からコンデンサと抵抗を何種類か組み合わせて自分なりに試してみましたが、ハイパスにはなったけどボリュームの変化がスムースじゃなかったり、
「こんなもんかな?」というところで妥協していました。
なので、今回の仕上がりは本当にスムーズなボリューム変化、途中でこもったりせず使える音になりました。
演奏中にバンドとのバランスを考えて、
ちょこちょことボリュームを調整するのでこれは非常にありがたいです。


このようにお喜びいただけると頑張って良かったなと思えます。
またどうぞよろしくお願い致します。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
ZEMAITIS CS24PF LITTLE WINGのヘッドにシェル貼り
ZEMAITIS CUSTOMSHOP製のCS24PF LITTLE WINGのヘッドにシェルシート貼りを行いました。
   035.jpg
ボディトップにはパテでシェルピースを貼り付けた後にアーチを形成してある、とても手の込んだ美しいギターです。
   004_20180504185411b72.jpg
見る角度で色合いが変わり、二つと同じギターが無いのが天然素材の素晴らしさですね。
   IMG_4756.jpg
このボディに合わせて、ヘッドにも貝を配置したいという事でご相談いただきました。
   IMG_4757.jpg
ボディと同じような厚さのシェルを貼ろうとするとバインディングの処理の関係上、ヘッドを彫り込んでシェルを落とし込みにするか、薄い素材で配置するかで提案させていただきまして、厚さ0.08mmという極薄のパールシェルシートをお持込みいただきました。
   IMG_4760.jpg

その薄さのため透け防止のためにシェルシートの裏側にホワイト塗装を吹いた後に、レーザーカッティングでアウトラインを切り出して準備完了。
   041.jpg

ヘッドに配置して貼っていく訳ですが、ピンセットでつまんだ際に割れたり欠けたりと、とにかく取り扱いが大変でした。
部分的に新たにカッティングし直したりして何とか貼り付け完了。
   025_20180504185412098.jpg
元々の黒色ヘッドにはホワイトとライトグレーを吹いて、パテのような色身を出してからシェルシートを貼っています。

全体的にウレタンクリアを重ね吹きして研いでを繰り返して仕上げます。
   IMG_4798.jpg
磨きすぎて光らせすぎないように気を付けつつ、各部品を取り付けて完成です。
   IMG_4801.jpg
このシェルシートの薄さゆえに取り扱い時にパリパリ割れたり欠けたりと、加工も施工も大変でとても気の抜けない作業の連続でしたが…
   033.jpg
貝自体の色身がひとつひとつ異なるので、ボディ側とヘッドでも色合いは若干異なりますが、全体の雰囲気としてはよりゴージャスになったと思います。
   IMG_4803.jpg
この仕様のギターは通常ラインナップにはありませんので、オーナー様の拘りが詰まったギターに仕上がったと思います。
ネックやフレットの仕上げがとても丁寧で、驚くほどのローアクションを実現出来るギターでしたから、飾っておくよりは沢山弾いてもらえると良いなぁと思います。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
JAMES TYLER Studio Elite(Jim Burst)にミッドブースター取り付け
JAMES TYLERは過去にも何本か作業をさせていただいておりますが、その記事を見てStudio Elite(Jim Burst)にミッドブースターを取り付けたい、とご依頼いただきました。
   IMG_4649.jpg
電装系の作業だけとの事でネックもブリッジも外された状態でお送りいただきましたが、このような状態でも動作チェックは可能ですので全然問題ありません。

スペックシートを見ると、元々の出荷時にはミッドブースターが付いていたようで、ピックガードを新調しつつミッドブースターは撤去されていました。
現オーナーは入手時にはこの状態だったとの事。
しかし元々の状態に戻したいとの希望でしたがミッドブースター基板は単体では販売されていませんので困っていたそうです。

ピックガードを開けてみると確かにキャビティ内に基板を固定していた両面テープの跡も残っていますね。
   IMG_4652.jpg
この導電塗料は金属粉末が沢山入っているように見えますが、黒い炭素系導電塗料と大して変わらない残留抵抗値でした。
それでもしっかり塗ってあるかどうかではノイズに大きな差が出ます。

ピックガード裏側には…JAMES TYLERのいつもの感じ。
   IMG_4651.jpg
ハンダ付けや配線取り回しなど、とても綺麗だとは思えないのですが出音のレスポンスは良い…不思議な感覚に陥ります。

一旦部品を全て外して、ブースター用のスイッチを取り付ける穴を開け…スイッチベースを貼り付けたりと一気に組み上げ。
   IMG_4653.jpg
収縮チューブで保護された回路がJAMES TYLERのミッドブースターと同じ定数であり、よりローノイズに作ったStudio GREAM Originalの基板です。
プッシュスイッチの土台はピックガード素材である硬質塩ビ板を複数枚重ねて接着して作成。
   IMG_4654.jpg

仕上がり状態のコントロール外観はこんな状態です。
   IMG_4656.jpg
トーンを撤去してブースターに変更しています。
ブースターのノブはオリジナルに近い黒のプラスチックタイプをチョイスしました。

プッシュスイッチキャップはどうにも黒しか入手できなくて困っていますが…
これはこれでノブと紐付け出来ている感じで良いような気もしますね。
   IMG_4657.jpg
↑これはスイッチキャップが飛び出しているのでブースターONになっている状態です。

その他に、端子が酸化していたバッテリーボックスも新品に交換しつつ動作チェックを行って作業完了しました。
   IMG_4655.jpg
あとはまたネックやブリッジを取り付けて組み立てたらバリバリと弾いていただける事でしょう。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp