FC2ブログ
機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
GIBSON MV-Ⅱの全体調整&ノイズ処理
今回は何とも珍しいGIBSON MV-Ⅱの全体調整&ノイズ処理です。
1981年~1984年の4年間だけ作られた知られざるギターで、GIBSONがテレキャスターやストラト(MV-Ⅴ)を作ったらこうだ!というようなギターですね。
   IMG_4248.jpg
2ハムバッカーですが、ミニスイッチでコイルタップする事でネック側コイルが生きる2シングルとなります。

Candy Apple Red MetallicもGIBSONでは珍しいカラーですね。
   IMG_4260.jpg
ヘッド形状は角度付きでノンリバースのファイヤーバードのようなスタイル。
   IMG_4251.jpg
ボディもネックも全てメイプルで作られているので、実は見た目以上に重量があります。
   IMG_4261.jpg
フレットとナットが交換されているとの事で入手されたそうですが、フレットエッジには引っかかりがあり、バリバリと引っかかる感じでしたので、これは面取り必須ですね。
   IMG_4250.jpg
国産のTOMブリッジに交換されていましたが、オリジナルは3ポイントトップアジャストTOMブリッジというタイプが使用されていました。
   IMG_4249.jpg
リアピックアップはポールピース自体がアルニコマグネットを用いてFENDERシングルスタイルの作りになっている新開発ハムバッカー。
フロントはヴェルベット・ブリックという名前のハムバッカーでしたが、なかなか情報が見つかりません。

ピックガードを開けてみると、3シングルのMV-Ⅴと共用のキャビティザグリが見受けられます。
   IMG_4252.jpg
塗装の下に炭素系導電塗料が塗り込まれていましたが、この個体に関してはグラウンドに接続されておらずラグ端子だけ残されていました…
   IMG_4253.jpg
ヴォリュームポットからジャックへつながるシールド線は、まさかの絶縁されておらずミニスイッチに絡みついています。
これではショートするのも必然なので、組み直し時にはしっかりと絶縁処理しましょう。
   IMG_4254.jpg
塗装の下にある炭素系導電塗料まで削り落してから、改めて導電塗料を塗っていきます。
   IMG_4255.jpg
アースラグ端子で確実にグラウンドへ接続します。

ピックガード裏側にはアルミシールドテープを貼って、アッセンブリを組み直し。
   IMG_4256.jpg
ハウリングが目立つとの事でピックアップを確認してみるとワックス含浸がなされていないようでしたので、この機会にワックスポッティングも行いました。

3WAYのピックアップセレクタースイッチは接点クリーニングを行い再利用を試みましたが、接触不良が出るので結果的にはこの後で交換となりました。
   IMG_4257.jpg
お持込みいただいたコンデンサの表示は0.01uFとなっていますが、実測0.023uFになっていましたのでひとまずこのまま使用する事にしました。

フレットエッジのバリも落として、面取りを行い、やっと柔らかい握り心地になりました。
   IMG_4259.jpg
全体的に手垢や汚れがこびりついていたので、コンパウンド入りワックスで汚れを落として綺麗にしています。
   IMG_4258.jpg
とても個性的なギターですが、いかんせん重い(笑)
サウンドはオールメイプルによるタイトでよく伸びる硬質なキャラクターですので存在感のあるサウンド、同社のRDなどにも近い雰囲気でした。





という作業を2017年春先に行ったのですが、その後また大幅改造という事で2020年冬に再び作業させていただきました。
今回はピックアップをP90に変更するために、ボディ加工&ピックガード新規作成という内容です。

P90ピックアップを収めるにあたり、ピックアップキャビティの干渉する部分を切削するために寸法出しを行います。
   IMG_6299.jpg
切削したら導電塗料が無くなる部分が出てきますので、改めて塗り直しておきます。
   IMG_6300.jpg
今回悩んだのは今までのハムバッカーはピックガードマウントに対し、P90はボディへのダイレクトマウント。
そのまま載せようにもザグリが深すぎて弦との間隔が適切に確保できません。
そのためキャビティ内にネジ止めするピックアップマウントスペーサーを作成してみました。
   008_202011172031242c4.jpg
フロントとリア用で厚みや形状を変えていますが、P90を固定するネジ穴とマウントスペーサーをボディに固定するネジ穴を持った削り出し部品です。
   009_20201117203125adb.jpg
センターラインを割り出して、ピックガードとの位置も確認しつつスペーサーを取り付けました。
各2本の皿ネジでボディへ固定しているので取り外すことも簡単です。
   IMG_6301.jpg
フロントは月桂樹材を使用。
   IMG_6302.jpg
リアには適切な厚みの材が手持ちに無くて月桂樹材を2枚貼り合わせて作っても良かったのですが、より硬質なパドゥーク材を使ってみました。
(硬くて削るのがかなり大変でしたし、粉塵は人体に害があるのでマスク必須)
   IMG_6303.jpg

オリジナルピックガードから外周形状とネジ穴位置をコピーし、ピックアップ位置はP90サイズで開口した型板を作成して挑みます。
   024_20201117203341683.jpg
コントロールはヴォリューム&トーンとなりますが、ノブ位置を変更したいとの事でここで一旦打ち合わせ。
コントロールキャビティラインを意識しつつ、演奏しやすい位置をオーナー様に確認してもらって開口位置を決めました。
   014_2020111720314538a.jpg
決めた開口位置にポット用の穴を開けたら、裏側にシールドテープを貼ったのちに配線。
ミニスイッチが無いだけで、なんかとってもスッキリしてしまいましたね。
   IMG_6304_1.jpg
元々の位置よりも少し離れた位置に設置した2つのノブ。
   IMG_6307.jpg
ピックアップセレクターを切り替える際にも指が当たりにくい位置を探して決めた、オーナー様用のオリジナル位置。

歴史上は存在しなかった仕様ですが、思いのほか綺麗に収まって格好良いのではないでしょうか。
    IMG_6306.jpg
サウンドもオールメイプル材よるものか、フロントも抜けの良いウォームなサウンドで「P90の方がハムバッカーよりも合うじゃない!」と感じたサウンドでした。

全体的にワックスをかけたり、ネック反りや弦高を合わせて完成。
   022_20201117203142f59.jpg
納品その日に早速スタジオ練習で試していただきました。

早速の感想をいただきましたのでご紹介させていただきますね。
受け取り後、逸る気持ちを抑えつつ早速バンド練習で試奏開始。

・・
・・・
・・・・もうね、最初からP-90の搭載することを基準に設計されたような、全く無駄のないサウンド!
フロントは懸念していたムームーする事は全く無く、むしろ'54のLes Paulを彷彿させるような芳醇な中音域に切れのある高音域。こちらのタッチを十分に余すことなく出音してくれます。
リアは太すぎることなく歪ませればハムバッカーのような音の分厚さで、クリーントーンはシングルコイル特有の繊細さを持ち合わせています。
'54のLes Paulのピックアップの位置を参考にしながらピックアップの位置を入念に決めたのが功を奏したのか、それともManaに元から付いていたP-90が大当たりだったのがわからないけれど、等価交換で手元を去ったBuckBurstよりも更に上を行くサウンドで、バンド練習中、もう内心小躍りしっぱなしで逆に演奏に集中できてませんでした(汗)

P-90搭載により、今回ピックガードから内部配線まで全て新規でのやり直しとノイズ処理も丁寧にされていることも合わさってか、大音量や普段の歪みでも全くハウる事はありませんでした。





お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
スポンサーサイト



ORVILLE LPS-56GTの全体調整&ノイズ処理
今回はORVILLEのLPS-56GTの全体調整&ノイズ処理です。
   IMG_6256.jpg
昨今のG社のゴールドトップはブラス粉ではなくゴールドメタリック塗装でもっと明るい色合いになってしまい、どうも安っぽく感じてしまうのですが…
この個体はしっかりとブラス粉を吹いたゴールドトップでした。
20代の頃は格好悪いなぁと思っていましたが、年齢を重ねると段々とこれが渋くて格好良いように思えてきて…
その中でもTOMブリッジとP90が2発のこの仕様が一番好みなので、依頼を受けた時は心の中で喜んでいました。

Epiphoneは特徴的な丸いヘッド形状ですが、OrvilleはGIBSONと同じヘッド形状なので今も中古市場で人気がありますね。
   IMG_6258.jpg
オーナー曰く、このトラスロッドカバーが格好悪いとの事でモントルーのロッドカバーを作業中にお持ち込みいただきました。
   IMG_6259.jpg
形状や白いラインが細くて格好悪いという事でした。

取り外して、手持ちのGIBSON純正ロッドカバーと並べてみるとネジ穴位置が異なります。
ネジ穴間ピッチが2mmほどGIBSON(モントルーのカバーも同サイズ)の方が広いのです。
   IMG_6260_1.jpg
そのため、ヘッドの取り付け穴埋め&開け直しとなりましたが、上側のネジ穴を修正する事で対応できました。
(モントルーのロッドカバーを取り付けた写真は後述します)

フレットは部分的なエッジ浮き、摩耗など気になる点が多くて擦り合わせまたは交換を要する所見でしたが、今回は磨きに留めて、春先にフレット交換を検討されるとの事でした。
   IMG_6257.jpg
そのため、フレット浮きの修正などを行って現状でストレスが少なくなるような作業を行います。

昔の国産ギターや昨今のアジア製ギターに多く使われている箱型のトグルスイッチ。
   IMG_6262.jpg
経験上、内部で接触不良が起きやすくてどうにも信用が出来ませんので、スイッチは交換させていただく事に。

コンデンサの足が剥き出しだったり、シールド線のグラウンド部分がホットラインに接触しそうだったりと、なかなかデンジャラスな配線でした。
   IMG_6261.jpg
全て取り外して木材だけになったら、導電塗料を塗るために内部の塗装も研磨除去していきます。
この部分の部品は全てグレードアップ交換してしまいます。

ピックアップキャビティは段差が付けられていて殆どピックアップの高さ調整が出来ないような形状ですが、ひとまず純正ピックアップのままで組みますので、キャビティ形状を崩さないように塗装を落としていきます。
   IMG_6263.jpg
キャビティ内塗料を剥がしてみると、トップのメイプル材にはなかなかなトラ杢が出ている材でした。
   026.jpg
使い込んで傷が付いて塗装が剥がれてきたら下からフレイムが出てくるって堪らないギターですね。

塗装を除去した各キャビティには導電塗料をしっかりと塗って組み込みを行っていきます。
セレクタースイッチはオープンタイプのトグルスイッチを使用し、BELDENの4芯シールド線でノイズ対策をしっかりと考えて配線を行います。
   IMG_6265.jpg
コントロールキャビティ内は定番パーツ。
CTSの抵抗値選別ポット、オレンジドロップコンデンサを使用しています。
   IMG_6264.jpg

弦を張って細かい調整を行います。

トラスロッドカバーはこのようなデザインに。
ヒストリックのレスポールなデザインですね。
   EmC8jWzU4AEq3pV.jpg
フレットエッジの面取りも行いましたが、年明けぐらいにはフレット交換になるのかな、という印象。
   IMG_6267.jpg
TOMブリッジの経年変化で現れるブリッジの曲がりが発生していましたので、今回はGOTOHのブリッジへ交換となりました。
サドルへ弦溝も適切に切って、正しい弦高が得られるようになりました。
   IMG_6268.jpg

ナット溝も部分的に高かったりとバランスが悪かったので、溝切り調整して完了です。
   IMG_6266.jpg
抜けの良いサウンドで良かったのですが、フレットレベルのバラツキによる部分的な音詰まりも少なからず感じる状態でしたので、あとはフレット周りの調整と、場合によってはピックアップ交換を行うと以後は安心して使用できるギターになりそうですね。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
Tylor GS miniへのピックアップ取り付け
今回はTylor GS miniへL.R.Baggs Element-VTCピックアップの取り付け作業です。

小ぶりなGSシェイプで取り回しがし易いサイズ。
トップはマホガニー単板、サイド&バックはサペリ合板ですが、低音もしっかりと出て良く出来たギターだと感じました。
   IMG_6269.jpg

このギターにアンダーサドルピエゾピックアップを取り付けたい、とお持ち込みいただきましたが、ひとつ問題が。

このストラップピン部分を外してエンドピンジャックを取り付ける訳ですが…
   IMG_6270.jpg
取り外すと当然このように木材が剥き出しなります。
機能優先ならこのまま取り付けることは可能ですが、それでは素人作業だしあまりに格好悪い…
   IMG_6271.jpg

そこでサペリ板は近所には流通していないので、木目の似ているマホガニーの板材からスペーサーを削り出します。
   IMG_6272.jpg
穴あけと外周成形、面取りを行って寸法確認。
   IMG_6273.jpg
元々のネジはナベ頭でしたが、エンドピンジャックのナットに当たって邪魔なので、皿ネジへ変更&落とし込み加工を追加。
   IMG_6274.jpg
サイド板とツラツラに仕上げたかったのですが薄い板厚だとネジ締めして割れる可能性が増すため、エッジをテーパーに落として調整してみました。
   036.jpg
ボディが小さい分、トップ板裏側のブレイシング間隔も小さくて、コントローラーを貼れるスペースはここだけでした。
   035_202011091915016fe.jpg
もっと内側に設置したい場合はブレイシングをかわすためにスペーサーを作成して対応する事になりますが、ひとまずこれで使用感を確認していただく事に。

サドル下にピエゾピックアップを敷き込んだので、その厚みで弦高が上がりますからサドルも削って高さを調整しました。
カタログでは(マーチンでも使用されていた)ミカルタ材と記述がありましたが、こんなに硬くて削れない材じゃなかったはずだぞ?というぐらい硬くて材質を疑いつつ何とか完了。
   034.jpg
アンダーサドルピエゾピックアップは、昔は硬くて奥行きの無いいわゆるエレアコサウンドと言われましたが、最近はプリアンプの改良も進んで結構いい感じのサウンドで出力してくれる印象です。
ボディヒットサウンドが欲しいプレイヤーには他のピックアップが良いでしょうが、いわゆるストロークやアルペジオなどスタンダードな奏法のみの場合はハウリングにも強くて選択肢の一つになり得るようになったと感じますね。
   IMG_6276.jpg
納品時に大変喜んでいただきまして、よくよく話を伺ってみると…
ご依頼いただいたお客様のお兄様がオーナーらしく、代理でお持ち込みいただいたとの事。
そして仕上がりギターをチェックしたら思いのほか良くて、自分用でも1本買っちゃおうかな(笑)と仰られていたので…
もしかしてエンドピンジャック部の蓋部品削り出しをもう一度行う事になるのかもしれませんね。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
ESP ARROW7のピックガード作成改造
今回はESP ARROW7のピックガードを作成しつつピックアップも交換する改造作業です。
写真の撮影方向を決めていなかったため、向きがグルグル回ってしまう内容になって見にくいとは思いますがご了承ください。

元々は黒一色の設定ですが、ラッピングフィルムを貼ってイメージチェンジされています。
   IMG_6189.jpg
EMGピックアップを搭載してありますが、ボリュームとセレクタースイッチの間にはキルスイッチが増設されています。
(記事にはしていませんが、以前に当店で増設作業を行いました)

今回はパッシブピックアップに交換しつつ、1VOL&1TONE、3wayレバースイッチにしたいという事でしたのでピックガード仕様をご提案させていただきました。
塗装コストをかけずにレバースイッチ搭載をする(トグルスイッチ穴を塞ぐ)のはなかなか大変です。
   IMG_6192.jpg
ピックガードデザインはいつもアナログなので(笑)マスキングテープにラインを引いたりしながら打ち合わせを行い、大体のイメージをオーナー様と共有します。
   042_20201013135152f8d.jpg
大体のイメージラインが出来たら、キャビティを貫通するように切削しました。
失敗は許されないので寸法を何度も確認した加工用のテンプレートを作成して切削しています。
(おそらく一度しか使わないテンプレートですね)
   IMG_6198.jpg

その後にMDF材でピックガードのデザイン型板を起こして、また打ち合わせ。
   047_20201013135148ded.jpg
「この下部分のラインをもう少しこう削って…」といったやり取りを重ねて、型板を微調整します。
   049.jpg
微調整後の型板をあてがってみると微妙にラインが変わっていることが判るかと思います。
   051.jpg

そしたらアクリルミラー素材からピックガードを削り出して作成。
実は作成途中の穴開け時に手がズレてピックガードを割ってしまい、作り直しになってしまった2枚目です。
アクリル材は塩ビ板と違って穴あけ時は割れないかと緊張しますね。
   059_20201013135150179.jpg
キルスイッチはフロントピックアップ付近へ移設し、各ポットにはスイッチ付きを使ってそれぞれのピックアップのシリーズ/パラレルが切り替えられるようになっています。
   IMG_6199.jpg

ピックアップも変更になっているので、見た目の印象がガラッと変わりますね。
悪そう!強そう!みたいな感じですが、ピッキングニュアンスもしっかりと反応する懐の深さは見た目と裏腹にコントロールしやすい印象でした。
   063.jpg
次のライブで大活躍してくれることを祈っています。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
MUSICMAN AXISの全体調整&ノイズ処理
今回はMUSICMAN AXISの全体調整&ノイズ処理作業です。

トップをびっしりと覆うフレイムメイプルが美しい1本ですね。
   IMG_5775.jpg
打ち合わせ時のマスキングテープを貼ったままの写真ですが、オーナーの手によってブリッジ&ナットはGOTOHのロック式ブリッジへ換装されていました。

コントロールキャビティ内にはポット穴用と思われるアースプレートが入っておりましたが、この位置にミニスイッチを増設してフロントピックアップのワイヤリングを変更できるようにしたいというご希望でした。
   IMG_5778.jpg
指板&フレットエッジは若干の面取りはされていましたが、もう少しフレットエッジを丸めた方が演奏しやすいと感じましたので、ここは手を入れていきましょう。
   IMG_5777.jpg
ブリッジはGOTOHに交換されていましたが、スタッドポストは純正のスクリュータイプのまま。
バスウッドボディは柔らかいので経年で段々とポストが前傾してくるリスクもありますので、ブリッジに同梱されていたアンカータイプへの交換も同時にご依頼いただきました。
   IMG_5776.jpg

そんなこんなで部品をすべて取り外して、コントロールキャビティ内にミニスイッチの穴あけと導電塗料を塗って、ブリッジアンカーを打ち込んだりと一気に行いました。
   IMG_5789.jpg
ピックアップはオリジナルはダイレクトマウントされて高さ調整が出来ない作りでしたが、ピックアップキャビティも2~3mm程度彫り込んだ上でネジ部にスプリングを入れる事で高さ調整が出来るようにしてあります。

元々はコントロールキャビティ内壁には黒い炭素系導電塗料がザっと塗られていましたが、しっかり剥がしてから塗り直してあります。
   IMG_5788.jpg
アッセンブリの部品は全てお持ち込みいただき組み込みを行いました。
増設したミニスイッチでフロントハムバッカーのワイヤリングをパラレル/タップシングル/シリーズと3モードで切り替えできるようになっています。
   IMG_5790.jpg
フレットエッジも全て手作業でヤスリをかけて丸めてあります。
   IMG_5794.jpg
GOTOHのブリッジアンカーに交換しましたので、スタッドポストが前傾してくる変化をこの先抑制できると思われます。
   IMG_5792.jpg
ノブはアンバーのスピードノブが良いとの事でしたので、回すときに指掛かりが良いノッチ付きタイプを提案させていただきました。
   IMG_5795.jpg
弦高やオクターブピッチなども全てしっかり合わせて完成です。
   IMG_5791.jpg
長崎県から熊本までお問い合わせありがとうございます。
お預かり時は車でご来店いただきましたが、納品は宅急便で送らせていただきました。
遠方からの作業依頼も対応できますので、今後ともよろしくお願いいたします。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp