機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
BACCHUS Woodline4/Ashの全体調整&改造
今回はBACCHUS Woodline4/Ashの全体調整&改造です。

オークションで入手したそうですが、受領してすぐに当店へ調整と改造依頼をいただきました。
   IMG_4192.jpg
届いてチェックして、何よりも驚いたのが材料の質や加工精度の高さ!
「これは当たりですよ、私が自分用に欲しいぐらい!!」とオーナーと盛り上がってしまいました。

指板表面には沢山弾いた塗装擦れがある割にはフレット減りが少なくて、柔らかいタッチで弾かれていたのかな、と思う状態でした。
   IMG_4195.jpg
フレットやバインディングエッジは軽く面取りしたらOKなぐらい、細かいところまで丁寧に作られていて…
   IMG_4194.jpg
ネックのトラスロッドもバッチリ効いて、本当に素晴らしいコンディション!と感心しながらの作業でした。

ピックアップやコントロールも全然悪くは無いのですが、今回はプリアンプ搭載と共にパッシブでもノイズレスで使用出来るようにピックアップとプリアンプを交換します。
   IMG_4193.jpg
見た目の変化も兼ねてピックガードも新規作成する事になったので、結構大がかりな変化がある事になりますね。

コントロールキャビティには導電塗料が塗られて、アースラグでグラウンドに接続されていて、いつ見てもバッカスの仕事は綺麗です。
   IMG_4196.jpg
トーンノブを引っ張ると前後のピックアップが直列のハムバッキング接続になるワイヤリングが行われていました。
   IMG_4197.jpg
しかしヴォリュームポットに取り付けられている抵抗とコンデンサは、2ヴォリュームのジャズベースには要らないと思っています。
(1ヴォリューム&バランサーならば効果あると思いますが)

そしてこのネックポケットのネジ穴面取りが行われている事に感心します。
   IMG_4198.jpg
木ネジは締めると外側に盛り上がるので、平面で合わせていてもそれを広げる力が加わるのですが、面取りで逃がしてあるとボディとネックがタイトに組み付けられます。

ピックアップはaguilarのAG 4J-HCという、ハムキャンセル構造を持つピックアップをチョイス。
   003_20170408205216da3.jpg
内部はこのように2個のコイルが直列になった構造で、単体で鳴らしても不快なハムノイズが乗らないようになっています。
   IMG_4212.jpg
サウンドはヴィンテージテイストを持ちながらも、音作りがし易いトーンでニュアンスも表現する良質なピックアップだと思います。

アッセンブリもaguilarのOBP-3を搭載するために、コントロールプレートを5穴に変更して組み込みを行います。
   008_201704082052179c7.jpg
マスターヴォリューム(プリアンプスルー)、ピックアップバランサー、ミドル(フリケンシー切り換え400or800Hz)、トレブル&ベースという構成になっています。
   009.jpg
配線本数が多くて大変ですが、やっていると楽しくなっちゃうので意外にも好きな作業です。

ジャックがボディ側面にあればもう少しスペースに余裕が生まれるのですが、これでも何とかなりますね。
   IMG_4213.jpg
あら、作成したピックガードがちらっと見えてしまいました(笑)

プリアンプを搭載するという事は電池を入れないとならない訳ですが、キャビティ内にはとてもスペースが無いのでバッテリーボックスを増設する事になります。
   IMG_4199.jpg
電池ひとつの9Vか、2個使っての18Vかを相談した上で9V仕様になりました。
テンプレートを当てて、トリマーで切削して目止め塗装を行います。
   IMG_4201.jpg
バッテリーボックスはESPのステンレスタイプをチョイスしました。
   IMG_4216.jpg
GOTOHの電池ボックスが省スペースで良いのだけど、壊れたり接触が悪くなったりでトラブルが多いので…
設置スペースが確保できる時はESP製やkeystoneのボックスを使うようにしています。
   IMG_4217.jpg

そしてペグですが、どういう使い方をしたらあんなに摩耗するの?と思うぐらいにギアが削れてしまっていまして、同モデル新品に交換しました。
   IMG_4215.jpg
明らかに違う滑らかな動きで、これが本来か!という安心感。

指板やバインディングエッジも面取りして、指板上の擦れ跡も研磨して消していますので、全体的に柔らかい握り心地に仕上がっています。
   IMG_4214.jpg
そしてピックガードですが、元々のクリアアクリルから赤べっ甲の4プライで作り直しました。
   IMG_4211.jpg
アッシュボディのナチュラルカラーに赤べっ甲ガードは鉄板に格好良いですね。
クリアよりも引き締まった印象に感じます。

肝心のサウンドはミドルが芳醇でありながら、全体的なレンジも広くてジャンルを問わず使えるオールマイティーな1本に仕上がったと思います。
多くの部品交換が発生しているので、なかなかな価格になってしまいましたが、これから安心してバリバリとセッションやバンド活動で使ってもらえると良いですね。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
スポンサーサイト
FENDER JAPAN PB62-90の全体調整・ノイズ処理
今回はいつも鳥取県よりご依頼いただいているお客様より、新しく入手されたFENDER JAPAN PB62-90の全体調整・ノイズ処理でご依頼をいただきました。
   IMG_3648.jpg
コンディションを確認した上で、やっておいた方が良い作業をお見積りと共にご提案し、予算と併せてチョイスしていただいております。
フレットの端が部分的に浮いている箇所があり、手に引っかかるし高さは揃っていないしでしたのでフレットエッジの補修作業は必要ですね。
   IMG_3650.jpg
コントロールノブは再使用可能でしたが、ドーム状のメタルノブが良いとの事で今回は交換を行う事になりました。
   IMG_3649.jpg
内部パーツも交換されていましたが、とにかくハンダ付けが汚い!
ピックアップからのリード線も継ぎ足したりでおかしな事になっていましたので、配線自体を交換して修理していきましょう。
   IMG_3651.jpg
作業途中写真が一切無くて…撮り忘れましたが導電塗料を塗ってアッセンブリを組み直した状態です。
   IMG_3654.jpg
ポット、ジャック、コンデンサは交換。
18AWGのOFC線でグラウンドラインをがっちり接続し、ホットの配線は80年代のクロスワイヤを使用して組みました。
ピックアップの配線は柔軟性や取り回しを考慮してBELDENの8503に交換をしてあります。
   IMG_3655.jpg
ナット溝は摩耗が目立ち、解放音だけビリ付く症状が出ていまして、本来ならフレット交換とナット交換推奨なのですが今回はナット溝を埋めて嵩上げする事での対応になりました。
   IMG_3659.jpg
フレット浮き部分は圧着補修した後で軽くすり合わせを行う事でレベルが揃いました。
しかし全体的なフレット摩耗が目立つので、早めに交換を検討いただけると良いですね。
   IMG_3658.jpg
ドーム状のメタルノブに交換しました。
元々はアルミノブだったため、白っぽい粉がふいたような状態になっていましたが、真鍮ノブになったため操作の重厚感も増した感じです。
   IMG_3657.jpg
頻繁にノブを操作する方には手触りなどは大切ですね。

全体的にワックスをかけて、調整完了です。
   IMG_3656.jpg
過去にも何本もギターやベースの調整依頼をいただいておりますが、パンチのあるサウンドに仕上がったので、またこのベースも活躍してくれると良いなと思います。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
P-PROJECT PUM-4の全体調整・リフィニッシュ
今回は時間が空いてしまいましたが、同じお客様より2本のPUM-4の作業依頼をいただきましたので、まとめて記事にさせていただきます。

一本目はメタリックシルバーの個体。
   IMG_2109.jpg
ヘッドもマッチングヘッドですが、赤やオレンジなどのカラーがお好みとの事で、リフィニッシュする事になりました。
   IMG_2113.jpg
指板とフレットエッジは標準状態ではやや角張っていますので、面取り作業も行います。
   IMG_2112.jpg
JJマウントされたバルトリーニピックアップは今回はお持込みいただいた他のメーカーに交換します。
   IMG_2111.jpg
純正のコントロールは各PUのヴォリュームが2段積みで、トレブルとベースの2段積み、ミドル、プリアンプのON/OFFスイッチという構成でした。
   IMG_2110.jpg
塗装を剥いだ状態はこのようにアッシュの木目がハッキリした物でしたので、希望に従ってシースルーレッドへ変更する事になりました。
   DSC01798.jpg
ネック側もエンド部分とヘッドフェイス部分はボディとマッチングカラーにするために塗装準備を進めます。
   DSC01800.jpg
塗装完了後に組み込んだ状態がこちら。
   IMG_2234.jpg
当店の環境では赤色が綺麗に撮影できないようで、写真ではボディとヘッドの色合いが異なる感じですが、綺麗に色合わせされています。
   IMG_2237.jpg
GOTOHの軽量なRESO-LIGHTシリーズペグにオーナーが交換されていました。

指板やフレットエッジも面取りを行い柔らかいグリップに仕上がっています。
   IMG_2235.jpg
ピックアップはEMG-Xシリーズを搭載。
   IMG_2236.jpg
ナチュラルなサウンドでアクティブ臭さが少ないピックアップだと感じました。

コントロールキャビティには、元々炭素系導電塗料が塗られていましたが、より高いノイズシールド効果を狙って銅フィラーの導電塗料に塗り直しています。
   IMG_2231.jpg
EMGのローパスフィルターポットや2段積みヴォリュームなど、インピーダンス変更に伴って部品交換しています。
プリアンプやイコライザは再利用し、プリアンプのON/OFFスイッチも配線はやり直しましたが、機能はそのまま踏襲しています。




続いてこちらは鮮やかなオレンジ色が目を惹く一本です。
   IMG_3571.jpg
ピックアップ交換をしようとしたところ、ネジを折ってしまい、除去出来なくなってしまったとの事。
ピックアップ交換を行うためにも、このネジを抜いてまたネジが打てるように直さないとなりません。
   IMG_3572.jpg
ポットとスイッチの穴も取り付けたい部品の径よりも一部は大きく拡大されていましたので、一度埋めて再開口する事にしました。
   IMG_3573.jpg
今回はノイズ処理と共に、アギュラーのOBP-3プリアンプへの換装も行います。
電装系は殆ど全て交換という感じですね。
   IMG_3574.jpg
電池ボックスはオリジナルは9V用ですが、OBP-3は18V駆動も対応するので…
なるべくコストアップしない範囲で電池2個入れられるように手を考えます。
   IMG_3575.jpg
ピックアップキャビティの折れたネジを除去して、ボディと同じマホガニー材で作ったプラグを埋めて、トリマーで表面を整えました。
   IMG_3576.jpg
同時にキャビティ内の塗料を削り落して導電塗料を塗ります。
   IMG_3578.jpg
ネックジョイント部のネジ穴を面取りしたり、全体的にワックスをかけたりして組み込みに備えます。
   IMG_3577.jpg

電池を縦置きではなく、横向きに2個重ねる事でギリギリ収まる事を発見し、バッテリーキャビティの蓋に隠れる範囲で切削して搭載。
   IMG_3579.jpg
電池ボックスを増設しない分、切削コストだけで済みました。

コントロールはOBP-3の定番に従って、マスターヴォリューム(プリアンプON/OFF)、ピックアップバランサー、ミッド(ミッドフリケンシー切り換え)、トレブル/ベースのスタックポットという内容です。
   IMG_3583.jpg
フレットや指板エッジは毎度の事なのですが、滑らかに面取りしているのでこの個体も同様に施工しておきます。
   IMG_3586.jpg
ピックアップは日本国内ではラインナップの無いSeymour Duncanのジャズベース用モデルですが、本国サイトを見ると日本に入っていないモデルがこんなにあるのか!と驚く品揃えです。
   IMG_3585.jpg
ヴィンテージテイストとは異なるモダンなサウンドだと感じましたが、ノイズも少ないしとても使いやすいサウンドでした。

全体的にワックスがけしたり、弦高調整など基本的な調整もしっかり行って完成です。
   IMG_3584.jpg
同じモデルを数本所有されるぐらい好きなようですが、使い分け出来る状態にキャラクター分けされていてとても面白いなと思います。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
FENDER 1974Precision Bass Conversionの大幅調整
今回はネックとボディが組み合わされたプレシジョンベースの全体調整です。
   IMG_3563.jpg
全体的に使い込んだような見た目になっておりますが、使用に伴って付いた傷以外にも意図的に傷や打痕を付けてありました。
ボディ側は1974年製のFENDERのようですが、ネックはもっと新しい年代のマッチングヘッド仕様の他メーカー物でした。

指板の波打ちやフレット減りも見受けられ、フレットレベルがバラついていたため今回は指板修正とフレット交換を行う事になりました。
   IMG_3565.jpg
ブリッジは以前にメンテナンスに出した際に、その工房の勧めでスパイラルサドルタイプに変更されたそうですが、お話を伺っていると純正のバレルタイプの方が良いと判断しまして、ここはオリジナルに戻す事にします。
   IMG_3564.jpg

ノイズ処理のために部品を全て取り外して、キャビティ内の塗料を除去し導電塗料を塗ります。
   IMG_3567.jpg
導電塗料とアース線を取り付けた状態はこうなります。
   IMG_3568.jpg
ブリッジもオリジナルのバレルタイプを一度全てバラして磨いて組み直してあります。
ピックガードアッセンブリもアルミシールドテープを貼ってノイズ対策を行った上で組み直してあります。
   IMG_3570.jpg
ジャックと配線は交換しましたが、ポットは問題なかったためクリーニングして再利用です。
   IMG_3569.jpg
フレット交換と共にナットも無漂白牛骨へ交換。
磨くとしっとりとした艶が出てくるので、ついつい頑張って磨いてしまいます。
   IMG_3617.jpg
フレットはダンロップ6105相当のステンレスフレットに交換し、指板のエッジも面取りしてあります。
   IMG_3618.jpg
ステンレスフレットは磨かずにいつもギラギラと輝いていて、音の立ち上がりも良いし耐久性も高いので交換時に人気のあるチョイスですね。
   IMG_3616.jpg
外観は使い込んだような迫力のあるルックスですが、徹底的に行ったノイズ処理や調整で、ライブにレコーディングに大活躍できる一本に仕上がったと思います。
   IMG_3619.jpg
納品の数日後には以下のような感想をいただけました。

まだアンプシュミレーターのようなものが入っているMTRでしか音出ししていませんが、音圧、サスティーン、ノイズなど総合的にかなりパワーアップしていて大変喜んでおります。
特に普段アンプ直の指弾きメインで曲によってピック弾きに変えているのですが、硬めの音色のため、同一の設定だとピック弾きで線が細くなるのが気になって、もうエフェクターかますしかないなと思っていたところ、ピック弾きの出音を聞いて、ピック弾きに転向しようかと思うほど気に入っています。
ただ、ピック弾き指弾きともにニュアンスがしっかり出るようになって、失敗がわかりやすくなったので、弾き手として成長しないとまずいなと思いました(笑)

今回のリペアのために以前住んでいた関西を中心に全国中のショップを色々調べて、田中さんのブログに行き着きました。
楽器が返ってきて、音を聞いて田中さんに頼んで本当に良かったなと思っています。
元々思い入れのある楽器ではありますが、震災で大変な中でも綺麗にしていただいて、この楽器を今後よりいっそう大事にしていこうと思いました。
ベースもギターも弾くので、今後なにかありましたら、またお願いします。

長文になりましたが、本当にありがとうございました。明日のライブはいい演奏します。


早速翌日にはライブに使っていただけたとの事で、嬉しく思います。
これから手放せない相棒になってくれると良いですね。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
FENDER USA American Deluxe Precision Bassの全体調整と改造
今回はFENDER USA American Deluxe Precision Bassの全体調整と改造です。
   IMG_3284.jpg
プレベのピックアップ以外に、ブリッジ側にジャズベースピックアップをふたつ並べたようなハムバッキングピックアップを搭載しています。
   IMG_3285.jpg
コントロールは手前よりマスターVol.、ピックアップバランサー、ミッドEQ、トレブル&ベースの2段積みとなっています。
   IMG_3287.jpg
つまりプリアンプが搭載されたベースということになりますね。
   IMG_3288.jpg
配線は無駄に長く詰め込まれていましたし、グラウンドの処理も甘いのですが…
今回はオーナーのご希望の沿い、このプリアンプを撤去してパッシブのプレベに仕上げます。
   IMG_3289.jpg
ひとまず全ての部品を外し、キャビティ内の塗装も削り落してノイズ処理の準備を進めます。
   IMG_3290.jpg
マスキングして導電塗料を塗ったら乾燥待ちです。
(写真ではあらかた乾いたのでマスキングテープは剥がした後ですね)
   IMG_3291.jpg
プリアンプ関連のアッセンブリを全て取り払って、パッシブのコントロールに組み直しました。
開いたままの穴はメクラ蓋で2か所塞いでいます。
   IMG_3292.jpg

フレットの減りも見受けられ、音詰まりする部分が目立っていたので、この際にフレットすり合わせも行います。
   IMG_3293.jpg
大幅に削るほどの減り具合ではないので、フレット高さに「低くなった!」という違和感は感じないぐらいの仕上がりになるでしょう。
同時に指板やフレットエッジも面取りを行います。
   IMG_3295.jpg
諸々の作業を行って、弦を張って微調整を進めます。
元々から無駄に高かったナットも、適正な高さに溝と外形を調整しています。
   IMG_3300.jpg
指板エッジも丸く柔らかな握り心地になりました。
  IMG_3299.jpg

リアピックアップは配線しないにしても載せておく方が、穴は目立たないとは思うのですが「取り外しちゃって!」というご希望によりこのような状態。
このキャビティを隠せるようにフィンガーランプなどを作成して取り付けると見栄えは良いと思うので、今後作る事になるかもしれませんね。
   IMG_3297.jpg

その他に、ペグの紛失したネジを取り付けたり、錆びて使えなくなったネジ類を部分的に交換しつつ…
全体的にワックスがけを行って納品となりました。
   IMG_3296.jpg
機能を絞って割り切った仕様に変更した事で、やはり音の素直さというか、ミッドの押し出し感のあるサウンドはさすがプレベだという感じに仕上がったと思います。
ネックの調整がとても素直に効くのでコンディションを今後も保ちやすそうだなという印象を持ったベースでした。

・全体調整&ノイズ処理 19000円
・フレットすり合わせ 10000円
・Vol,&Tone pot @1000 2個 2000円
・Tone Cap. 800円
・Mono Jack 400円
・各部ネジセット 800円

合計33000円(税抜き)でした。

お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp