FC2ブログ
機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
YAMAHA MOTION BASS MB-Ⅲの全体調整&ノイズ処理
今回は前回に引き続き、同じオーナー様からの依頼でYAMAHA MOTION BASS MB-Ⅲの全体調整&ノイズ処理です。
   IMG_6144.jpg
こちらはPJレイアウトでピックアップバランサー仕様ですね。
ブリッジなども色々と仕様が異なります。

フィンガーレストはご自身で作成して両面テープで貼り付けてあるそうです。
ノイズ処理作業の際に邪魔になるので、一旦取り外して最終的にまた貼り付けます。
   IMG_6145.jpg
ブリッジのサドル高さ調整ネジが入れ替えられてバラバラでしたので、正しい位置に変更していきます。
   IMG_6146.jpg

コントロールキャビティ内にはグチャっと詰め込まれた配線。
バランサーポットとはいえ、5:5の時に抵抗を通って音量が下がるという部品でしたが、今回はご予算の事もありバランサーポットは再利用しますが、ボリュームなどガリが目立った物は交換していきます。
   IMG_6149_1.jpg
ピックアップもカバーが接着されていましたが、経年劣化で接着剤が剥がれていたので取り外しし易かったです。
   IMG_6150.jpg
この後は銅箔テープでコイルシールディングを行ってから、ピックアップカバーをまたボンドで接着します。

ピックアップ&コントロールキャビティ内の塗装を削り落としてから、いつもの銅系フィラーの導電塗料を塗っていきます。
   IMG_6151.jpg
導電塗料は塗るだけではノイズを拾うアンテナになってしまう事もありますので、塗布後は確実にグラウンドラインへ接続する事が大切です。
   IMG_6152_1.jpg
ピックアップの配線も撚り合わせて奇麗に取り回しを行うと、とってもすっきり収まりますね。
   IMG_6154.jpg
キャビティ蓋の裏側にもアルミシールドテープを貼って、グラウンドへつながるように配慮してあります。
それによって音声信号ラインをグラウンドレベルの箱で包んでしまう事で外来ノイズを低減させる事に意義があります。

全開のMB2でも感じた特徴的なヘッドレイアウト、木材の歩留まりがどんな風になっているのか気になっていました。
   IMG_6148.jpg
今回はナチュラルカラーなので木材を貼り合わせてある部分がよく判りますね。
写真のコントラストを上げて材色差が判りやすいようにしていますが、厚さ方向で貼り合わせてあることが判ります。
   IMG_6155.jpg
ヘッド裏のV字形状が始まる辺りで継いであることが判りますね。
   IMG_6156.jpg
これだとネック製材時の歩留まりも悪くないと思いますが、どちらにしても加工は大変ですね。

指板のエッジは作業前後で並べてみました。
   IMG_6147.jpg
   ビフォー↑ アフター↓
   IMG_6159.jpg
最終的にワックスをかけてしっかりと調整を行って完成。
   IMG_6157.jpg
ネックに経年による捻じれやフレットの摩耗も見受けられ、ローアクションにするにはフレット交換しつつ指板研磨修正が必要になる状態でしたので、今後また担当させていただけると幸いですね。

ミディアムスケールの取り回しの良いベースで使い易そうでした。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
スポンサーサイト



YAMAHA MOTION BASS MB-Ⅱの全体調整&ノイズ処理
今回はYAMAHA MOTION BASS MB-Ⅱの全体調整&ノイズ処理です。

お持ち込み時には目立つノイズとハイ落ちが気になるという事で各部を見ていきます。
   IMG_6124.jpg
コンパクトなボディにミディアムスケールのネックを組み合わせた仕様です。
このヘッド形状はとても特徴的ですね。
左右にオフセットしていますが、フラットフェイスにしない事でヘッド面の強度を上げる役目もありそうです。
   IMG_6128.jpg
お預かり時はロングスケール用の弦を張ってあったため、ペグポスト部は弦が重なってごちゃごちゃしています。
   IMG_6130.jpg
製造時の切削加工や塗装など作業が複雑になるでしょうが、このヘッドデザインを採用したYAMAHAはさすがだなと思います。
長く定着しなかったのが残念なのですが。
   IMG_6131.jpg
指板やフレットエッジに目立ったバリはありませんでしたが、面取りをすることでより手になじむグリップになりそうです。
   IMG_6127.jpg

特徴的なピックアップとブリッジですね。
このピックアップの中にはアルニコマグネットを使用したJタイプのシングルコイルが2個並んで直列接続されている構造でした。
   IMG_6125.jpg
このピックアップは単体コイルでも9.5KΩほどの直流抵抗値があり、それが直列なので19KΩほど…
そりゃあパワフルだけど結構ウォームだよなぁと思う仕様。

ロック式でもないのにファインチューナー搭載で、各弦の弦高やオクターブなどが微調整できるオリジナリティあふれるブリッジ。
   IMG_6126.jpg
一般的な規格ネジかと思いきや、オクターブ調整のネジは特殊サイズなので交換の際には難儀しそうです。
この辺りがYAMAHA純正部品の持つ悩まされる部分ですね。

コントロールキャビティ内では妙に太い配線が余分な長さで押し込まれていました。
グラウンドのハンダ付けはしっかり付いていない部分もあり、過去に一部ハンダ付けの手を入れられたのではないかと推測されます。
   IMG_6132.jpg
コントロールはジャズベースのような2ヴォリューム&マスタートーン仕様。
トーンノブを引っ張ると各ピックアップがタップされて2シングルのジャズベース的なサウンドになります。
こちらの方が実際のところ使い易いとは思うけどピックアップの特性なのか低音成分が少なくちょっと硬めのキャラクターに感じます。
   IMG_6134.jpg
ピックアップを取り外すとこのような感じ。
フロントとリアで逆巻き逆位相になるようにワイヤリングされているし、タップした時にもF&Rでハムキャンセル効果が得られるように配慮されていましたので、ピックアップ交換しようとするとバランスを取るのが大変そうですね。
   IMG_6135.jpg
プラスチックカバーを外して、コイル全体を銅箔テープでシールディングしてしっかりとグラウンドへ接続します。
併せて取り回しが悪いピックアップワイヤーも交換してしまいました。
   IMG_6136.jpg
コントロールキャビティやピックアップキャビティには全て導電塗料を塗ってグラウンドへラグ端子を用いて確実なワイヤリング。
   IMG_6137.jpg
オリジナルのポットを取り外す際に熱によるものか、金属疲労か端子が折れたのでヴォリュームポットは新品交換しました。
ハイ落ち対策としてポットの抵抗値を500KΩにする事で、2ヴォリュームの並列合成抵抗が250KΩになるようにしています。

ナット溝の調整と外形を整えて、弦もダダリオのミディアムスケール用を張って適切な巻き具合になりました。
   IMG_6142.jpg
指板エッジも面取りをしてフレットも磨き、ボディも磨いてワックスをかけたりと奇麗になりました。
   IMG_6141.jpg
サビのためネジ頭が崩れてしまっていたブリッジのネジ類はステンレスネジに交換。
昔はゴールドパーツにシルバーのネジ?と思ったでしょうが、近年のPRSに見られるハイブリッドカラーを見慣れたせいかあまり違和感はない印象。
   IMG_6139.jpg

年数の割にはネックに捻じれや波打ちなどの不具合が無くて、低めの弦高でセットできたのでこれからガンガン弾いていけると思います。
   IMG_6138.jpg
懸念のノイズもシールディングによりほぼ聞こえないぐらいに減少しましたので、ご満足いただけると良いですね。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
FENDER USA HIGHWAY ONE PBの調整&ピックアップ増設
今回はFENDER USA HIGHWAY ONE Precision Bassの調整&ピックアップ増設作業です。
   IMG_6008.jpg
ブラックパール柄のピックガードに交換されておりました。
塗装が薄く、すぐに擦り切れて使い込んだ味が出そうな感触は好印象な人も多いはず。

ブリッジは同社のバダススタイルの物に交換されてすぐに当店へ入ってきたようです。
   IMG_6009.jpg
プレベなので、コントロールはスタンダードなヴォリューム&トーンの仕様ですが…
   IMG_6010.jpg

今回は全体調整作業と共に、このSEYMOUR DUNCAN SMB-4Aというミュージックマンスタイルのピックアップを増設搭載する事になりました。
   IMG_6011.jpg

部品を全て取り外し、ザグリを入れる位置決めをして、テンプレートを使いサクッと掘りました。
   IMG_6012.jpg

2ピックアップになるのでコントロールは変更になります。
   IMG_6014.jpg
スタックポットでボリューム&トーンをまとめ、元々のトーンがあった位置へピックアップバランサーを導入しました。
MMタイプピックアップコイルのワイヤリングをシリーズ/タップシングル/パラレルと切り替えできるようにバランサーとジャックの間へミニスイッチを増設しています。
   IMG_6031.jpg
ブリッジのボリュームがあるのでかなり近接しているように見えますが、リアに寄せ過ぎないような位置になっています。
   IMG_6029.jpg
弦を張ってネック反りやオクターブ調整など行い、全体的にワックスをかけて完成です。
   IMG_6028.jpg
バランサーをはじめ、コントロールレイアウトが変更になっているので暫くは慣れが必要だと思いますが…
多彩なサウンドバリエーションを確保したベースに仕上がったので、レコーディングやライブなど様々な場面で活躍してくれると良いですね。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
G&L L-2500の修理&調整
今回はG&Lの中でもレアモデルであるL-2500の修理&調整です。

L-2000は結構な本数が出回っていますし、生産もされているのですが、5弦仕様のL-2500に至っては私は今まで2~3本ぐらいしか見た事がありません。
   IMG_5717.jpg
お預かり時はナット溝が摩耗して2~4弦の解放音は音詰まりしており、要交換でした。
それ以外にネックに問題が多く、ロッドを締めても強い順ぞりが解消しない、フレットレベルのバラツキ(指板歪みのため)、ハイポジションの跳ね、と場合によってはネック交換も視野に入るコンディション。
リプレイスネックがそうそう出回っている訳も無いので、フレット交換と共に指板研磨修正が最善策とは思います。
   IMG_5720.jpg
フレット自体はまだまだ残っていたのですが、とにかくトラスロッドの効きが悪いし結構な順ぞり状態でした。
   IMG_5719.jpg
この時代のネックはトラスロッドを仕込んでセンターラインを避けた中央付近で接着する2ピース構造という、今となっては珍しい作り方で作られています。
この接着ラインから割れてくる事例がL-2000でも見受けられますが、このベースにも発生しておりトラスロッドを締めてもこの割れが広がって力が逃げるのでネックの反りが殆ど変わらないという状態でした。
   IMG_5724.jpg

コントロールは既に改造がなされていてJiraudのプリアンプが組み込まれていましたが、今回はこれも取り外してパッシブ化し、ピックアップワイヤリングでサウンドバリエーションを得たいというご希望でした。
   IMG_5718.jpg
パワフルなサウンドだと思いますが、コントロールのサウンド変化が少なくいまいち使いにくいなぁと感じました。
   IMG_5722.jpg
ピックアップは純正は4芯でシリーズとパラレル接続を切り替えられる仕様のはずですが、プリアンプを入れ替える時に行われたのでしょう、シリーズのみの配線に変更されていました。
   IMG_5725.jpg
今回はそれぞれのピックアップ毎に独立でシリーズ/スプリット/パラレルの切り替えが出来る3モードにするため、ピックアップの配線を4芯シールド線に戻す必要があります。
   IMG_5726.jpg
4芯シールド線に交換し、それぞれのピックアップをシングルコイルモードでミックスした時にもハムキャンセルが得られるようなジャズベースをイメージしたサウンドが得られるように位相を考えて配線を行っています。
   IMG_5727.jpg

導電塗料を塗って順に組み込みを進めます。
   IMG_5730.jpg

ナット作成(オイル漬け牛骨から削り出し)や指板面のひび割れ接着修理が完了した後の写真ですが、ここに至るまでにネックの順ぞりを緩和する方向にアイロンで矯正も行って結構時間がかかっています。
   IMG_5737.jpg
ハイポジションには起き上がりも出ているネックでしたので、今回はハイポジションのすり合わせも軽く行っています。
(根本的な改善には指板研磨とフレット交換が必要なのですが、コストを考えて今回は見送りになったため)
   IMG_5735.jpg
組み込みが完了したら見た目には当初と殆ど変わらないのですが。
   IMG_5734.jpg

コントロールはマスターボリューム、ピックアップバランサー、ハイカットトーン
トグルスイッチはブースト、フロントPUワイヤリング、同リアのワイヤリングとなっています。
   IMG_5733.jpg
パッシブ希望なのにブースター?と思われるでしょうが…
当店で人気のBBBというクリーンブースターをリデザインしてトゥルーバイパス配線で組み込んであるのです。
ブーストレベルはキャビティ内の青い半固定抵抗を回すことで調整し、ブーストオフ時にはパッシブとなります。
   IMG_5731.jpg
ほんの少し音量が上がる程度で納品させていただきましたが、かけっぱなしでローインピーダンス化も出来ますし、そこをどう使うかはオーナー様の希望で微調整をしてもらえればと思っています。
トゥルーバイパス配線なので、電池切れ時にもブーストOFFにしたら演奏が続けられますし。
   IMG_5732.jpg
ひとまずお預かり時よりは大きく改善したネックコンディションですがベストな状態とは言えないので、この仕様でより蘇らせたい
となった場合にはフレット交換などもご検討いただければとご説明して納品となりました。

ピックアップのワイヤリング切り替えで例えば「フロントはシングル、リアはシリーズにしてバランサーでブレンドする」みたいに多彩なサウンドバリエーションが手元操作で得られる状態になりましたので、これから沢山弾いてもらえると嬉しいですね。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
MOON JJ-4のアッセンブリ交換
今回はバーガンディミストメタリックがとても奇麗なMOON JJ-4のアッセンブリ交換です。
   IMG_5743.jpg
お預かり時は全くのノーマルなパッシブジャズベースで、これはこれで良いバランスだったのですが、EMGピックアップとプリアンプを搭載したいという事で持ち込まれました。
   IMG_5744.jpg
コントロールポットは500KAが使われており、合成抵抗によるハイ落ち対策を行った事が伺えます。
(FENDERの3ノブジャズベースでは250KAが3つの組み合わせ)
確かに高音域もはっきり出た硬質なサウンドでしたが、それをトーンで絞るのもなかなか美味しいサウンドです。
   IMG_5747.jpg
元々のピックアップとEMGピックアップを比べてみると、EMGピックアップは高さがあって収まらなかったためピックアップキャビティを切削する事になりました。
   045.jpg
トリマーでザグリ加工を行うため、部品を一度すべて取り外します。
   IMG_5748.jpg
ピックアップキャビティには高さ調整用のスポンジが入れられていましたが、既に潰れて弾力性が無くなっていたので、組み込み時には新しいものへ交換します。
   IMG_5749.jpg
プリアンプとEMGピックアップとどちらも電源を必要とするので、ボディバックにもテンプレートを貼ってバッテリーボックスのザグリを入れていきます。
   IMG_5745.jpg

ザグリ加工が終わったらキャビティ内に導電塗料を塗っておきます。
元々は導電塗料が塗られていないように見えますが、実は先に塗ってから塗装されておりましたのでコントロールキャビティ内もシールドされているのです。
   046.jpg

導電塗料が乾いたら組み込みを行いましていきなり完成状態はこちらです。
   047.jpg
5ホールプレートを用いて、2ヴォリューム、2BAND-EQ、アウトプットジャックという狭小スペースに収めるスリリングなワイヤリングです。
   IMG_5750.jpg
プリアンプにはトレブルとベースをそれぞれブースト/カットコントロールが出来るアギュラーのOBP-2をチョイスしました。
   IMG_5751.jpg
コネクタ式とハンダ付けが同居すると結局ハンダ付けのみの方が楽だなと思う事がありますが…
今回も上手く同居させつつ配線できたと思います。
   IMG_5754.jpg
ピックアップにはEMGのJA-Xセットをチョイス。
ヘッドルームが広くパッシブに近いサウンドレスポンスが特徴で、いわゆるアクティブ臭さが少ないピックアップだと思います。
   IMG_5753.jpg
実はフロントピックガードもEMGピックアップに対してキツキツで収まりが悪かったため、ピックガード側もキャビティに合わせて切削加工を行っています。

GOTOHのバッテリーボックスはこの位置に設置しています。
   IMG_5755.jpg
GOTOHのこの手のバッテリーボックスは配線根元で断線が起き易い構造なので、Studio GREAMでは断線しにくいように補強を行った上で組み込んでいます。

完成後は元々のサウンドとは大きく異なるキャラクターとなりましたが、プリアンプのイコライジングで様々なサウンドが超ローノイズでコントロールできるようになり、演奏場面を選ばずに使えそうなベースに仕上がりました。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp