機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
MUSICMAN STINGRAYの全体調整&プリアンプ交換
今回は凄まじいルックスのMUSICMAN STINGRAYの全体調整&プリアンプ交換です。
   IMG_4490
お預かり時にコントロールプレートはネジ止めされていたのですが、見積り作業を行う時に開けてしまったのでマスキングテープで仮止めした状態になっています。

ヘッドにはタバコを挟んでワザと焦がしたような跡がありました。
   IMG_4494.jpg
ネックポケットの形状がガタガタになっていて、ブリッジサドルを一番下げてもこレぐらい高い弦高でした。
   IMG_4493.jpg
ブリッジもサビやくすみが目立つため、全てバラして磨いて組み直します。
   IMG_4492.jpg
ボディは元々は茶色がかった赤系シースルーカラーだったと思われますが、オーナーご自身でホワイト塗装と傷付け&焼き加工とを施して凄まじい唯一無二のルックスになっています。
   IMG_4491.jpg
バッテリーボックスの蓋を留めているネジは、打たれていたアンカーは抜ける状態だし、ネジは合わない物を無理やり入れてあって補修に難儀しそうです。
   IMG_4495.jpg
ボディに塗装をした際にネックポケットをマスキングせずに塗装されており、ネックは簡易的に接着されたような状態でした。
   IMG_4497.jpg
平面も出ていないので、この部分の余分な塗装をしっかりと落として、平面を出し直します。

コントロールは1ボリュームと2BAND EQというオールドスタイルですが、現行のモデルは3BAND EQとサイドジャックというレイアウトになっていますね。
   IMG_4496.jpg
今回はプリアンプも含めて電装系は全て交換するため、部品を取り外していきます。

ネックポケットの平面出しや、コントロールキャビティの拡張ザグリ、ピックアップキャビティ内の塗料除去を行いました。
   IMG_4498.jpg
キャビティ内には深さ方向も調整しつつ、部分的に段付き加工も行っています。
   IMG_4499.jpg

キャビティ内には導電塗料を塗って、アッセンブリを組み合わせました。
ピックアップはVillexのMMタイプを搭載しましたが、特有のパッシブミッドカットコントロールは今回は搭載を見送りました。
   IMG_4501.jpg
ESPのcinnamonプリアンプを搭載したいとの事で、このケースを納めるためにはキャビティ内をザグるしかなかったのです。
コントロールはヴォリュームと2BAND EQは同じなのですが、ジャックの近く(内側)に設置したミッドコントロールポット、ベースポットの背中に設置されたプリアンプのゲインコントロールを用いて、キャラクターのプリセットを詰める事が可能です。
ミッドをいじれるようにしたい場合はサイドジャック化する事も出来ますし、電池ボックス部にトリマーで移植する事も出来るので、ひとまずこの仕様で使ってもらって今後変更するか考えましょうという事になりました。

ブリッジにはサビが激しかったので、全てバラしてネジ類は浸透潤滑剤に浸けたり、ブルーマジックで磨いたり…
いつもの作業を行って組み上げました。
   IMG_4503.jpg
ミュートの板バネは使っていないのでしっかりと締め込んでありますが、外してしまっても良さそうな…
サドルを一番下まで下げても高かった弦高でしたが、ネックポケットの加工を行った事で適正なサドル高さを確保出来るようになりました。
   IMG_4505.jpg

ダンロップのロックピンを取り付けたい、と持ち込みいただきましたがネジはありませんでした。
   IMG_4500.jpg
一般的なネジだと頭が大きすぎて入らないので、グラインダーでネジ頭の外形を削ってピンに収まるように加工して使用します。

ボディ側のネジ山もグズグズになっていたので一度大きく穴を開けて、ハードロックメイプルのプラグを埋め込んでからストラップピンを取り付けしました。
   IMG_4507.jpg
2か所とも同様の作業をしておりますが、取り付けた状態では埋め木が見えないように配慮して作業しています。

フレットや指板のエッジもいつものように面取りを行い、フレットもシリコンコーティングでピカピカになっています。
   IMG_4506.jpg

ワックスがけしても殆ど艶は出ませんが(笑)
   IMG_4504.jpg
全体的に綺麗になっていますし、演奏性も良くなったので、これからガンガンと使っていただけると嬉しいですね。




お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
スポンサーサイト
FENDER JAPAN PB62-90の全体調整&ノイズ処理
今回はFENDER JAPAN PB62-90の全体調整&ノイズ処理です。

このベースは1990年製と思いますが、私が高校生の時に既に母校の吹奏楽部の備品として有りました。
もう23年ほど前の話(1994年頃)ですが、それから今までにおそらく1度メンテナンスに出されただけだと思われる状態。
今回そんなベースのメンテナンス依頼をいただき、震えながらも懐かしい思いで取り掛かりました。
   IMG_4479.jpg
数多くのベース担当者の使用によって堆積した汚れは層となり、塗装は艶が無くなっておりました。
   IMG_4482.jpg
ネックは激しく順反りで弦高は驚くほど高い状態。
しかしコントラバスから持ち換えると、これでも違和感少なく演奏出来てしまうのかも…

弦はサビが出ていましたが、巻き方もダンゴになっていましたのでこの際に交換させていただく事になりました。
   IMG_4481.jpg
ブラスバンドのポップスナンバーで使う用途が殆どのため、1年間で見るとそんなに酷使はされないのです。
使用ポジションも1~7フレットぐらいで済んでしまうのか、ハイポジションのフレットは減りもほぼ無く、頑固なサビが浮いていました。
   IMG_4480.jpg
対してローポジションのフレットは激しく凹むほどに摩耗しており、フレット擦り合わせを推奨したい状態でした。
   IMG_4484.jpg
堆積した手垢が歴史を物語りますね。

「ピックガードを押すとノイズが出る」という話から始まりましたが、確認してみるとグラウンドの導通不良とジャックのガリが主な原因だったと思われます。
   IMG_4483.jpg
よく見るとポットデイトは98年とあったので、過去に98~99年頃?に一度アッセンブリの交換がされているようです。

ハンダ付けがイマイチな感じでしたので、ポットはクリーニングした上で配線材も交換しつつ全てやり直しています。
   IMG_4485.jpg

写真を撮り忘れているのですが…純正のプラスチックナットは経年劣化か、お預かりして弦を外した瞬間に欠けてしまいました。
(取り外したら結局4分割されるような粉々状態でした)

そのためオイル漬けの無漂白牛骨で削り出してナットの作成交換を行いました。
   IMG_4489.jpg
ナットを交換するという事は、この際にフレット擦り合わせも済ませた方が二度手間にならないで済むと判断し、フレット擦り合わせも行いました。
指板上に堆積した手垢は歴史かもしれませんが、今回は綺麗に落としてオイルを塗ってあります。
   IMG_4488.jpg
フレット磨き上げはシリコンコーティングで仕上げているので、あまり弾かれないハイポジションにもくすみが出にくくなっているかと。

ボディに堆積した汚れはコンパウンドとスポンジバフを使って一皮剥くように落としてから、つや出しワックスを丁寧にかけて磨きましたので、ピカピカになりました。
最終的なワックス磨き上げは経理のGさんが黙々と手伝ってくれました。
   IMG_4487.jpg
楽器のメンテナンスは華やかな部分は殆どなくて、大半はチマチマと磨き作業が多いのですが、結果がちゃんと伴うので手が抜けません。
   IMG_4486.jpg
その他、ノブを回した時のカサカサ音が出ないようにノイズキラーワッシャーを入れたり、サビまくっていたピックガード止めネジをステンレス製に交換したり、トラスロッドが調整し易いように六角穴ナットに変更したりと今後のトラブル減少とメンテナンスがし易いように対策を行っています。
これから向こう10年、20年と長く活躍してくれると良いなと思いますし、本番前の微調整など含めて状態を見ていければなと思います。

当初の予想よりもコストがかかってしまったとは思いますが、やれる事はこの際全てやった自負がありますので、あとはしっかり弾き倒してもらえると嬉しいですね。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
BACCHUS Woodline4/Ashの全体調整&改造
今回はBACCHUS Woodline4/Ashの全体調整&改造です。

オークションで入手したそうですが、受領してすぐに当店へ調整と改造依頼をいただきました。
   IMG_4192.jpg
届いてチェックして、何よりも驚いたのが材料の質や加工精度の高さ!
「これは当たりですよ、私が自分用に欲しいぐらい!!」とオーナーと盛り上がってしまいました。

指板表面には沢山弾いた塗装擦れがある割にはフレット減りが少なくて、柔らかいタッチで弾かれていたのかな、と思う状態でした。
   IMG_4195.jpg
フレットやバインディングエッジは軽く面取りしたらOKなぐらい、細かいところまで丁寧に作られていて…
   IMG_4194.jpg
ネックのトラスロッドもバッチリ効いて、本当に素晴らしいコンディション!と感心しながらの作業でした。

ピックアップやコントロールも全然悪くは無いのですが、今回はプリアンプ搭載と共にパッシブでもノイズレスで使用出来るようにピックアップとプリアンプを交換します。
   IMG_4193.jpg
見た目の変化も兼ねてピックガードも新規作成する事になったので、結構大がかりな変化がある事になりますね。

コントロールキャビティには導電塗料が塗られて、アースラグでグラウンドに接続されていて、いつ見てもバッカスの仕事は綺麗です。
   IMG_4196.jpg
トーンノブを引っ張ると前後のピックアップが直列のハムバッキング接続になるワイヤリングが行われていました。
   IMG_4197.jpg
しかしヴォリュームポットに取り付けられている抵抗とコンデンサは、2ヴォリュームのジャズベースには要らないと思っています。
(1ヴォリューム&バランサーならば効果あると思いますが)

そしてこのネックポケットのネジ穴面取りが行われている事に感心します。
   IMG_4198.jpg
木ネジは締めると外側に盛り上がるので、平面で合わせていてもそれを広げる力が加わるのですが、面取りで逃がしてあるとボディとネックがタイトに組み付けられます。

ピックアップはaguilarのAG 4J-HCという、ハムキャンセル構造を持つピックアップをチョイス。
   003_20170408205216da3.jpg
内部はこのように2個のコイルが直列になった構造で、単体で鳴らしても不快なハムノイズが乗らないようになっています。
   IMG_4212.jpg
サウンドはヴィンテージテイストを持ちながらも、音作りがし易いトーンでニュアンスも表現する良質なピックアップだと思います。

アッセンブリもaguilarのOBP-3を搭載するために、コントロールプレートを5穴に変更して組み込みを行います。
   008_201704082052179c7.jpg
マスターヴォリューム(プリアンプスルー)、ピックアップバランサー、ミドル(フリケンシー切り換え400or800Hz)、トレブル&ベースという構成になっています。
   009.jpg
配線本数が多くて大変ですが、やっていると楽しくなっちゃうので意外にも好きな作業です。

ジャックがボディ側面にあればもう少しスペースに余裕が生まれるのですが、これでも何とかなりますね。
   IMG_4213.jpg
あら、作成したピックガードがちらっと見えてしまいました(笑)

プリアンプを搭載するという事は電池を入れないとならない訳ですが、キャビティ内にはとてもスペースが無いのでバッテリーボックスを増設する事になります。
   IMG_4199.jpg
電池ひとつの9Vか、2個使っての18Vかを相談した上で9V仕様になりました。
テンプレートを当てて、トリマーで切削して目止め塗装を行います。
   IMG_4201.jpg
バッテリーボックスはESPのステンレスタイプをチョイスしました。
   IMG_4216.jpg
GOTOHの電池ボックスが省スペースで良いのだけど、壊れたり接触が悪くなったりでトラブルが多いので…
設置スペースが確保できる時はESP製やkeystoneのボックスを使うようにしています。
   IMG_4217.jpg

そしてペグですが、どういう使い方をしたらあんなに摩耗するの?と思うぐらいにギアが削れてしまっていまして、同モデル新品に交換しました。
   IMG_4215.jpg
明らかに違う滑らかな動きで、これが本来か!という安心感。

指板やバインディングエッジも面取りして、指板上の擦れ跡も研磨して消していますので、全体的に柔らかい握り心地に仕上がっています。
   IMG_4214.jpg
そしてピックガードですが、元々のクリアアクリルから赤べっ甲の4プライで作り直しました。
   IMG_4211.jpg
アッシュボディのナチュラルカラーに赤べっ甲ガードは鉄板に格好良いですね。
クリアよりも引き締まった印象に感じます。

肝心のサウンドはミドルが芳醇でありながら、全体的なレンジも広くてジャンルを問わず使えるオールマイティーな1本に仕上がったと思います。
多くの部品交換が発生しているので、なかなかな価格になってしまいましたが、これから安心してバリバリとセッションやバンド活動で使ってもらえると良いですね。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
FENDER JAPAN PB62-90の全体調整・ノイズ処理
今回はいつも鳥取県よりご依頼いただいているお客様より、新しく入手されたFENDER JAPAN PB62-90の全体調整・ノイズ処理でご依頼をいただきました。
   IMG_3648.jpg
コンディションを確認した上で、やっておいた方が良い作業をお見積りと共にご提案し、予算と併せてチョイスしていただいております。
フレットの端が部分的に浮いている箇所があり、手に引っかかるし高さは揃っていないしでしたのでフレットエッジの補修作業は必要ですね。
   IMG_3650.jpg
コントロールノブは再使用可能でしたが、ドーム状のメタルノブが良いとの事で今回は交換を行う事になりました。
   IMG_3649.jpg
内部パーツも交換されていましたが、とにかくハンダ付けが汚い!
ピックアップからのリード線も継ぎ足したりでおかしな事になっていましたので、配線自体を交換して修理していきましょう。
   IMG_3651.jpg
作業途中写真が一切無くて…撮り忘れましたが導電塗料を塗ってアッセンブリを組み直した状態です。
   IMG_3654.jpg
ポット、ジャック、コンデンサは交換。
18AWGのOFC線でグラウンドラインをがっちり接続し、ホットの配線は80年代のクロスワイヤを使用して組みました。
ピックアップの配線は柔軟性や取り回しを考慮してBELDENの8503に交換をしてあります。
   IMG_3655.jpg
ナット溝は摩耗が目立ち、解放音だけビリ付く症状が出ていまして、本来ならフレット交換とナット交換推奨なのですが今回はナット溝を埋めて嵩上げする事での対応になりました。
   IMG_3659.jpg
フレット浮き部分は圧着補修した後で軽くすり合わせを行う事でレベルが揃いました。
しかし全体的なフレット摩耗が目立つので、早めに交換を検討いただけると良いですね。
   IMG_3658.jpg
ドーム状のメタルノブに交換しました。
元々はアルミノブだったため、白っぽい粉がふいたような状態になっていましたが、真鍮ノブになったため操作の重厚感も増した感じです。
   IMG_3657.jpg
頻繁にノブを操作する方には手触りなどは大切ですね。

全体的にワックスをかけて、調整完了です。
   IMG_3656.jpg
過去にも何本もギターやベースの調整依頼をいただいておりますが、パンチのあるサウンドに仕上がったので、またこのベースも活躍してくれると良いなと思います。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
P-PROJECT PUM-4の全体調整・リフィニッシュ
今回は時間が空いてしまいましたが、同じお客様より2本のPUM-4の作業依頼をいただきましたので、まとめて記事にさせていただきます。

一本目はメタリックシルバーの個体。
   IMG_2109.jpg
ヘッドもマッチングヘッドですが、赤やオレンジなどのカラーがお好みとの事で、リフィニッシュする事になりました。
   IMG_2113.jpg
指板とフレットエッジは標準状態ではやや角張っていますので、面取り作業も行います。
   IMG_2112.jpg
JJマウントされたバルトリーニピックアップは今回はお持込みいただいた他のメーカーに交換します。
   IMG_2111.jpg
純正のコントロールは各PUのヴォリュームが2段積みで、トレブルとベースの2段積み、ミドル、プリアンプのON/OFFスイッチという構成でした。
   IMG_2110.jpg
塗装を剥いだ状態はこのようにアッシュの木目がハッキリした物でしたので、希望に従ってシースルーレッドへ変更する事になりました。
   DSC01798.jpg
ネック側もエンド部分とヘッドフェイス部分はボディとマッチングカラーにするために塗装準備を進めます。
   DSC01800.jpg
塗装完了後に組み込んだ状態がこちら。
   IMG_2234.jpg
当店の環境では赤色が綺麗に撮影できないようで、写真ではボディとヘッドの色合いが異なる感じですが、綺麗に色合わせされています。
   IMG_2237.jpg
GOTOHの軽量なRESO-LIGHTシリーズペグにオーナーが交換されていました。

指板やフレットエッジも面取りを行い柔らかいグリップに仕上がっています。
   IMG_2235.jpg
ピックアップはEMG-Xシリーズを搭載。
   IMG_2236.jpg
ナチュラルなサウンドでアクティブ臭さが少ないピックアップだと感じました。

コントロールキャビティには、元々炭素系導電塗料が塗られていましたが、より高いノイズシールド効果を狙って銅フィラーの導電塗料に塗り直しています。
   IMG_2231.jpg
EMGのローパスフィルターポットや2段積みヴォリュームなど、インピーダンス変更に伴って部品交換しています。
プリアンプやイコライザは再利用し、プリアンプのON/OFFスイッチも配線はやり直しましたが、機能はそのまま踏襲しています。




続いてこちらは鮮やかなオレンジ色が目を惹く一本です。
   IMG_3571.jpg
ピックアップ交換をしようとしたところ、ネジを折ってしまい、除去出来なくなってしまったとの事。
ピックアップ交換を行うためにも、このネジを抜いてまたネジが打てるように直さないとなりません。
   IMG_3572.jpg
ポットとスイッチの穴も取り付けたい部品の径よりも一部は大きく拡大されていましたので、一度埋めて再開口する事にしました。
   IMG_3573.jpg
今回はノイズ処理と共に、アギュラーのOBP-3プリアンプへの換装も行います。
電装系は殆ど全て交換という感じですね。
   IMG_3574.jpg
電池ボックスはオリジナルは9V用ですが、OBP-3は18V駆動も対応するので…
なるべくコストアップしない範囲で電池2個入れられるように手を考えます。
   IMG_3575.jpg
ピックアップキャビティの折れたネジを除去して、ボディと同じマホガニー材で作ったプラグを埋めて、トリマーで表面を整えました。
   IMG_3576.jpg
同時にキャビティ内の塗料を削り落して導電塗料を塗ります。
   IMG_3578.jpg
ネックジョイント部のネジ穴を面取りしたり、全体的にワックスをかけたりして組み込みに備えます。
   IMG_3577.jpg

電池を縦置きではなく、横向きに2個重ねる事でギリギリ収まる事を発見し、バッテリーキャビティの蓋に隠れる範囲で切削して搭載。
   IMG_3579.jpg
電池ボックスを増設しない分、切削コストだけで済みました。

コントロールはOBP-3の定番に従って、マスターヴォリューム(プリアンプON/OFF)、ピックアップバランサー、ミッド(ミッドフリケンシー切り換え)、トレブル/ベースのスタックポットという内容です。
   IMG_3583.jpg
フレットや指板エッジは毎度の事なのですが、滑らかに面取りしているのでこの個体も同様に施工しておきます。
   IMG_3586.jpg
ピックアップは日本国内ではラインナップの無いSeymour Duncanのジャズベース用モデルですが、本国サイトを見ると日本に入っていないモデルがこんなにあるのか!と驚く品揃えです。
   IMG_3585.jpg
ヴィンテージテイストとは異なるモダンなサウンドだと感じましたが、ノイズも少ないしとても使いやすいサウンドでした。

全体的にワックスがけしたり、弦高調整など基本的な調整もしっかり行って完成です。
   IMG_3584.jpg
同じモデルを数本所有されるぐらい好きなようですが、使い分け出来る状態にキャラクター分けされていてとても面白いなと思います。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp