機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
BOSS SD-1のモディファイ
前回、サイケペイントが施されたFERNANDES FGZギターの調整依頼をいただいたお客様より、今回はBOSS SD-1のモディファイ依頼をいただきました。

Made in Japan期の物で、使用感はありますがまだまだ現役です。
長い年月使用できるBOSS製品の頑丈さは素晴らしいと思います。
   DSC08906.jpg

オリジナルのままだとミッドは出ているが、ちょっとウォーム過ぎるので、もう少し抜けを良くしてメインドライブとして使えるようにしたい。

という希望でしたので、回路定数を変更しつつ、電源の昇圧化を行う事になりました。


中身は至って普通ですが、一部の電解コンデンサの容量抜けと、今にも切れそうな配線もあったので、改造の際にそれらも手直しを行います。
   DSC08908.jpg

回路図を見ながら交換する部品を取り外していきます。
   DSC08910.jpg
基板上は電子スイッチ回路とIN/OUTバッファ部分以外は撤去されています…
思いのほかかなりの量を取り外しておりました…

そして部品を実装。
   DSC08912.jpg
コンプレッションを少し減らしつつ、トーンフィルターを開けています。
これにより低音も高音も出るようになり、かけっぱなしのメインドライブにも、ブースターとしても使用できるペダルになりました。

ケース内部のスイッチ右側には昇圧基板を搭載。
   DSC08913.jpg
DC9Vの入力からDC18Vを生成して回路に送っています。
昇圧する事で音の芯が出てクリアで張りのあるサウンドになりますので、音の抜け具合に差が出ます。

取り外した部品だけでも結構な量ですね…
   DSC08915.jpg

Studio GREAMのステッカーを貼って完成!
   DSC08916.jpg

アダプターは昔の規格でしたので、内部回路を変更して現行のPSA規格にしてあります。
   DSC08917.jpg
念のためインスタントレタリングでPSAの文字を入れましたが…
保護塗装などは行っていないのでそのうち剥がれてしまうかも。

アダプターの使用は間違えないようにして下さい。

基板回路変更 5500円
昇圧基板作成&組み込み 4500円

合計10000円(税別)でした。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
スポンサーサイト
ForeST Fuzzの作成
普段、Studio GREAMのリハーサルスタジオを利用してくれている方からファズペダルのオーダー依頼をいただきました。

この方からは以前にもCurly Hairの赤いバージョンのご注文をいただいておりまして、大変お世話になっております。

「普段使用しているFuzzペダルは音は良いけど、使い勝手が良くないので、同じようなサウンドでありつつ、機能拡張したオリジナルモデルが欲しい!」との事でした。
   DSC08808.jpg
打ち合わせを重ね、ブレッドボードという回路実験機で弾いてもらいながら修正を行い、回路と基板レイアウトが出来ました。

そしてブレッドボードと実際の基板だと微妙にサウンドが変わるので、実際に基板を作成してからまた試奏してもらいました。
   DSC08846.jpg
直接お会いできる場合、このようなやり取りもスムーズに進みますね。

そして部品の数値が定まったら本番の基板を作成し、ケースに実装。
   DSC08900.jpg
回路的にはBig Muffの増幅段をFuzz Faceのようなダーリントン接続に変更しつつゲインは低めに設定、それを2段つなげて増幅し、低域フィルターを開けたMuff系トーン回路、アウトプットバッファでレベル補正という流れになっています。

緑色のベースに白を流し、「森」をイメージしたカラーに塗装しました。
   DSC08902.jpg
白と緑が反応して、黄色や黄緑のように見えるカラーも現れていますね。

コントロールは一般的な3ノブ(GAIN,TONE,Vol1)なのですが、フットスイッチでトーン回路のバイパスが行えるようになっています。
トーン回路をバイパスすると音量が大きく上がりますので、バイパス時に効くボリューム(Vol.2)も設けました。

そして歪みのトーンを調整する3MODEのクリッピングスイッチも付けました。

メタルトップノブがクラシカルな雰囲気で、合っていると思います。
   DSC08903.jpg

裏蓋は渦巻くグリーンが印象的。
   DSC08905.jpg
メタリックカラーにマーブルは深みのある塗装に仕上がるので、見る角度によって色合いが変わります。

シングルコイルのストラトとジャズコーラスでサンプルを撮ってみました。



オーダーメイドペダルでしたので30000円と高額なペダルになってしまいましたが、好評ならば、もう少しシェイプアップした3ノブのタイプでリリースも検討しています。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
TUBACCAをリニューアル!
旧社名の頃から人気を博し、結構な台数を作った
TUBACCAがこの度リニューアルしました!
リニューアルと言っても、変更点は内部の配線材を一部変更したのと、ラベルが新デザインに変わった程度です。
大幅なサウンドキャラクターの変更はありません。


このペダルのコンセプトとしては…
スターウォーズにいわゆるゴリラみたいなキャラクター(Chewbacca)がいますよね。
主役を支える、縁の下の力持ち的なキャラ。

このTUBACCAは真空管アンプ(主役)をより際立たせるというコンセプトでして、
その役割や響きもぴったりだったのでスペルを捩って命名しました。
(命名元は320designです)

GAIN0では歪まず、イコライザ付きクリーンブースターとして機能しますが、GAINを上げていくとピッキングの強弱に合わせて歪みがコントロール出来るナチュラルなオーバードライブトーンが少しずつ顔を出します。
GAINノブが2時を超えたあたりからはしっかりとした芯のあるドライブサウンドになりますが、手元でボリュームを絞るとクリーンなサウンドも出る素直なキャラクターです。


早速写真を紹介します。
一般的なドライブペダルにTrebleとLowの2バンドイコライザを加えたようなコントロールです。
   DSC07820.jpg
最近多いですね、こういう2バンドイコライザ搭載のドライブペダル。
XOTIC社のAC,RC,BBはベストセラーですね。

しかしこのTUBACCAのトーン回路はそれらの定番ペダルとは異なり、アンプのトーン回路のような効きをするように調整しています。
更に裏蓋を開けて見える基板上には「もっと歪ませてコンプレッションを増やしたい!」という要望に応えるスライドスイッチを設置してありますので、よりきめ細かくスムースなサウンドにも出来ます。

塗装は元になった映画のキャラクターをイメージしたブラウン&ゴールド系のマーブルカラー!
   DSC07821.jpg
1台1台表情が異なりますので、2台と同じ物はありません。

   DSC07822.jpg
この個体は若干ブラウンが濃い印象ですね。


こちらはStudio Ricのオーナーよりご注文いただいた1台です。
   DSC07826.jpg
   DSC07827.jpg
写真では伝わりにくいのですが、このモデルだけパールクリア塗装を施してあるのです。
見る角度によって茶色い縞が紫がかって見えます。

…が、この塗装の事は依頼者本人にも伝えておらず、今ここで初めて公開したので気付いてくれてないかもしれません(笑)

   DSC07829.jpg
ケース側面は垂れが起きやすいのですが、角度を変えながら微妙に垂らす事で複雑な表情を作っています。

内部パーツにはREY金属皮膜抵抗、メタライズドフィルムコンデンサ、シルバーマイカコンデンサ等を用いてクリアなトーンを目指しています。
配線材は銀メッキ線やベルデン、ビーメックスなど適材適所で使い分けています。

消費電流は6.94mA(DC9V)です。





このTUBACCAを東京で音楽講師も勤める某プロギタリストにも試して頂きましたところ、
「ショボいストラトとショボいJC-120がジミヘンストラトとツインリバーヴになったみたい!」
「プロユースすぎて腕がもろバレするエフェクターだから、アマチュアでは敬遠されるかもしれないね」

という有り難い感想を戴きましたが、
チューブアンプ向けに開発したペダルのはずがJC-120でも使える、という感想が新鮮でした。
実際、ちゃんと弾かないとそのまま出てきちゃってダメなので、これを作った本人も良い音で鳴らすのに必死でギターを弾きます。

販売価格は26000円です。




カラーオーダーと、スイッチ増設のCUSTOM TUBACCAの作成依頼をいただきました。
   DSC08894.jpg
「夏の空!」をイメージした爽やかなマーブルカラーで塗装して、通常は内部にあるスイッチを外から操作できるようにしたい。
という内容で作成作業を行いました。

下地として白を吹いた上に水色を塗装しました。
更にアクセントとして濃い目の青を粗い霧状で飛ばしてグラデーションをかけています。
乾燥後に白と濃い青のマーブルをかけてラベルを貼ったらこのような状態です。
   DSC08895.jpg

ウレタンクリアを吹いたら組み立て!
   DSC08897.jpg
ノブはシルバータイプをチョイスしました。

別の角度から。
   DSC08898.jpg
外部に出したミニスイッチはクリッピングの切り替えです。
Hはハイコンプレッション
Mは出荷時のデフォルト設定
Lはギラギラとした拡散するサウンドに調整しています。

裏蓋は粒の細かいマーブルになっていますが、ケース合わせ面の流れ方はとても自然な変化になっています。
   DSC08899.jpg

カラーオーダー 3000円追加
ミニスイッチ増設 3000円追加

納品後すぐにライブがあるとの事で、急ぎボードに組み込んでいただきました。
望みのサウンドが出てくれることを期待しています。
   TUBACCA board
殆どにGREAMロゴがありますね。
ご愛顧いただき感謝感謝です。



西新宿にあるStudio Ricと静岡県沼津市にあるMUSiC LA FESTAには試奏機も置かせていただいているので試してみたい方は是非それぞれのスタジオに直接お問い合わせ下さいませ。

勿論、Studio GREAMにも試奏機はご用意してありますよ♪



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
GIBSON Les Paul Juniorのフレットすり合わせ
今回はGIBSON Les Paul Juniorのフレットすり合わせと調整です。

長い事、メンテナンスをしていなかったとの事で、全体的に汚れとヤニが付着していました。
   DSC08534.jpg
きっと多くのステージで弾かれてきたのでしょう。

指板は手あかが固まり、汚れていました。
   DSC08535.jpg
フラッシュを焚かないで撮影すると、その固まった汚れの盛り上がりがより判ると思います。
   DSC08538.jpg

そして問題はこの擦り減ったフレット。
   DSC08537.jpg
ピッチは不安定で、部分的にビリつきも出てしまっていて、交換かすり合わせをオススメしましたが、今回はすり合わせで対処する事になりました。

ピックガードは収縮し、反ってしまっていましたし、ネジ類はサビサビです。
   DSC08540.jpg

フレットすり合わせの際に傷を付けてしまいそうな部品は外し、全体的なクリーニングも行いました。
   DSC08543.jpg
ネックジョイント部は、昨今の物と比べてしっかり接続されていたのが印象的でした。

ヘッドフェイスも煤けてぼやけてしまっていましたので…
   DSC08541.jpg

クリーニング後!
   DSC08544.jpg
細かい傷を消そうとするとシルク印刷も消えてしまうので、表面の汚れだけ落としています。

そして問題のフレットすり合わせ。
   DSC08542.jpg
削っても削っても凹みが消えませんでした…
よってこの大量の研削粉(銀色の粉はフレットを削った粉)という状態です。

平らになったフレットのエッジを専用のやすりや紙やすりなどを駆使して落として、滑らかな放物線形状に仕上げます。
   DSC08546.jpg
指板の固着した汚れもこの時に掃除して落としています。

弦を張ってネックの反りや弦高を調整します。
   DSC08560.jpg

見違えるほど奇麗になって完成です!
   DSC08559.jpg
各弦の音量バランスもピックアップのポールピースを調整する事で合わせてあります。
器用ではないけど、とってもストレートなサウンドです。

フレットすり合わせ 10000円でした。

次に減ってきたらフレット交換が必要になりますが、それほどフレットが減るまでまた弾いてもらえればリペアマン冥利に尽きますね。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
ENELOOP用POWER SUPPLYの作成
最近は充電できるパワーサプライとしてENELOOPが人気ですね。
使ってみましたが確かに便利です。
音質云々を言うにはもう少し改良が必要との声があるのも事実ですが、あの手軽さはもの凄いアドバンテージだと思います。

さて、そのENELOOPですが当然DC9Vのみしか取り出せません。
しかし昨今のエフェクターは9V以外に12Vや15V、18Vなど多彩に入り乱れています。

そこでこのENELOOPを使ってそれらの電源を生成する物は作れないか?との依頼がありました。

・電源にはENELOOPを使用する。
・DC9V以外にDC12VとDC18Vが必要。
・DC12VとDC18Vは供給電流が15mAもあれば良し。

このような希望を伺った上でレイアウトや仕様を煮詰めていきました。

取りあえず穴あけして仮組みしてみました。
   DSC06763.jpg
ケース上面はDC9Vアウトを8口用意しました。
単純にENELOOPから分岐するだけでも作れますが、ノイズ低減回路や、他の9Vアダプターを使用する事も考えて保護回路も入れました。

こちらがサプライ基板。
   DSC06764.jpg
省スペースのためにインプットジャックは基板に直付けし、更に表面実装部品も一部使用しています。

塗装後に組み込んだのがこちら。
   DSC06767.jpg
アウトプットジャックには部分的にバイパスコンデンサを取り付けました。
まぁ一種のおまじないですが、発振防止にはとっても効くのです。

左側は18Vを生成する昇圧回路部分。
   DSC06768.jpg
右側も昇圧して12Vを生成するのですが、安定化回路を入れてます。
これは使用するICの仕様のためですが詳しくは秘密。

色はピンク系で、というオーダーでしたが、これを製作していた梅雨時期は風も雨も湿度もあってなかなか上手く塗装出来ませんでした。
   DSC06769.jpg
ベタ塗りのようで、実はパール塗料を入れてあったりと、見る角度で印象が変わるフィニッシュにしてみました。

ENELOOPはこのジャックに接続します。
   DSC06771.jpg

今回はENELOOPを使用して指定の電圧を生成するパワーサプライということで、お値段は20000円でした。
ENELOOP以外でも安定化されたセンターマイナスDC9Vアダプターでも使用可能な作りになっています。





新たにENELOOP用のサプライ作成依頼をいただきました。

小型サイズで、DC18VとDC15Vが欲しいとの事で、中身は上記のサプライと全く違う新規構成になっています。

写真をやり取りして打ち合わせを行い、大体の部品配置が決まりました。
   画像 008

穴あけを行いました。
   DSC08710.jpg
ホールソーを持っていないので、8φの穴はドリルで順に開ける事になり、意外に大変です。

「渋白」塗装をご希望でしたので、メタリックゴールドやブラウンなどを塗り重ねた上から白をベタ塗り。
   DSC08713.jpg

乾燥後に180~240番のペーパーで研ぎ出しを行います。
   画像 009

ラベルをデザインして貼り込みまして、この後でウレタンクリアを吹きます。
   画像 011

組み立てて完成!
   DSC08735.jpg
ジャックの極性は全てセンターマイナスになっています。

渋白塗装は研ぎ出した後に離れた所から薄く白を吹きつけるのですが、併せてゴールドも薄く吹いてみました。
   DSC08736.jpg
光の反射でメタリックが際立つ深みのある塗装になりました。

裏蓋は…マジックテープなどを貼られてしまうとしても、手抜きなしです!
   DSC08737.jpg

今回は18V、15Vは取りだす電流が大きくなると電圧降下を起こすデメリットもあるので、アナログ歪み系などMAX50mA程度までの使用に留めた方が無難です。
しかし電圧を変える事によるサウンド変化を手軽に確認できるので便利ですね。
(過電圧供給による接続機器の破損には責任を持てませんので、あくまで自己責任での使用をお願い致します。)

この仕様で15000円ですが、今回は渋白塗装の追加3000円がありましたので18000円での作成となりました。







お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
塗装と価格について
ブログを見てのエフェクターをご注文いただく方が少しずつ増え、ありがたい限りです。
殆ど受注生産ですので、ご注文からお届けまではお時間を頂戴してしまいますが、ご了承戴けますようお願い申し上げます。

そしてその注文や問い合わせ時に「塗装無しならいくらになるの?」と聞かれることも実際増えてまいりました。

私の考えとして、店舗試奏用などの限られた用途を除き、無塗装の製品は作成しないようにしております。
外観も含めての完成品と考えておりますし、値引きのための塗装工程を省く事は不完全品な気がしてなりません。

アルミケース剥き出しの風合いが好き、という指定であれば無塗装バージョンも作成致しますが、それによるお値引きはありません。

そのほか、外観や仕様に関してはご要望を承っておりますので、お気軽にご相談下さい。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
Curly Hair (Big Muff Ram's Headベースのファズディストーション)
ずいぶん前に一度プロトタイプを作ったきりでお蔵入りしていたペダルがやっと生まれ変わってご紹介出来ます!

Big MuffのRam's Headを元に開発したファズディストーションで、Curly Hairという名前です。

いつもの如く完全コピーは作らない主義ですので、スタートはマフでも、シグナルフローから定数に至るまで尽く変更しています。

基本カラーは紫にホワイトのマーブルを考えているのですが、その写真が見当たらないので後半のサンプル動画でご確認ください。

コントロールはBig Muff定番の3ノブに、MIDコントロールを追加した4ノブ仕様。
MIDは12時位置付近でRam's Head系サウンド、そこから左でミッドカットになり、右に回すとモダンなミッドブーストトーンに変化していきます。

上部のミニトグルスイッチは3種類のサウンドキャラクターを切り替える事ができ、右がオリジナルBig Muff系サウンド、センターはパワフルに拡散するバスブーストのファズサウンド、左でガッツのある荒々しいパワードライブサウンドと変化します。


こちらはカラーオーダーで作成した1台。
   DSC08610.jpg
使用ギターがダコタレッドカラーなので、それを基本としてホワイトのマーブルを流す、という希望でした。

ホワイト下地の上に赤を塗って、マーブルをかけています。
   DSC08612.jpg
部分的に赤と白が混ざってピンクっぽい色合いも現れています。

全周に渡って奇麗なマーブルが流れたと思います。
   DSC08614.jpg

大雨の降る梅雨時期に塗装を行っているので、コーナー部分に若干の白濁が出てしまったのが悔しいところです。
   DSC08615.jpg
よーく見ないと判らないぐらいですけどね。

こちらは阿蘇市一の宮町にある美容室Hair Leafのオーナーからのオーダーで作成したCurly Hair Leafです。
   DSC08250.jpg
緑と黄色を基調としたカラーリングで!という事で複雑なマーブルになっています。
   DSC08254.jpg

コントロールが美容室に馴染みのある名前になっています。
   DSC08253.jpg
遊び心満載のモデルですが、サウンドは極悪ですwww

裏蓋は研ぎ出しを行った上からマーブルをかける手の込んだ塗装になっています。
   DSC08255.jpg

このペダルの感想はHair Leafブログにて公開していただきましたので、こちらも併せてチェックしてみて下さいね。
美容室のブログにエフェクターが登場しちゃう素敵なお店です。


そして、渋白のオーダーカラーで作成した個体でサウンドサンプルを撮影しましたのでぜひご覧ください。

コメントはしておりませんが、色々な設定で弾きまくっています。
こんな音が出るぞ、的な感じで。
ギターはSSHピックアップ配列のストラト、アンプはJC-120(イコライザは全て12時)です。


このCurly Hairの販売価格は21000円です。
モードスイッチ無し(どれか好きなモードに内部固定)の場合18000円で作成可能です。
また、カラーやデザイン変更も3000円~承っております。

暴れたブーミーなファズサウンドから、ハイゲインなメタリックディストーション、クランチブースターと一台で多彩な使い方が出来るマフ系ペダルに仕上がっています。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
FENDER JAPAN PB62-70US/VWHの調整
今回は当ブログを見て、「自分のベースもばっちり調整をしたい!」ということで遠方よりご依頼いただいたFENDER JAPAN製PB62-70US/VWHの全体調整です。

シリアルナンバーから、
Crafted in Japan P0+5桁の数字なので 1999-2002年製のモデル。

お預かり時。
   DSC08644.jpg
傷や使用感も少なく格好も良いベースですね。

細かいところを見ていくと、ブリッジサドルは2弦だけ妙に飛び出しており、実際に2弦のオクターブピッチはかなり高かったです。
   DSC08645.jpg

チェックしてみて一番に違和感を感じたのはこの指板のエッジです。
   DSC08646.jpg
エラが張ったかのように尖っており、指への当たりが痛い状態でした。

弦を外して触ってみるとよりはっきりと張りが判ります。
   DSC08653.jpg

ナット溝も(外形自体も)少し高く、1フレットでは全弦でシャープしてしまっていたので、これも調整が必要です。
   DSC08652.jpg

ピックガードを外してみると、予想通りノイズ処理は無しです。
   DSC08650.jpg

配線が少ないのでとてもシンプルですね。
   DSC08648.jpg

ハンダ付けはしっかり導通しているし、「うわっ!なんじゃこりゃ!!」という状態では全然ありません。
   DSC08655.jpg
初心者向け的な扱いのギターも、これぐらいのハンダ付けはしてもらいたいです。

このアッセンブリはFENDER USAに準じたメーカー部品を用いつつ、Studio GREAMで選別した物を使用して組み立てます。

いつものように、ワックスがけと導電塗料の塗布を行います。
   DSC08657.jpg

導電塗料の乾燥後にマスキングを剥がした状態です。
   DSC08679.jpg

ピックアップの下には高さ調整が出来るようにハイトアジャスターを仕込みます。
   DSC08680.jpg
変な共振ノイズも出ないし、高さ調整も楽々出来るので個人的にはプレジションベース、ジャズベースには毎回搭載したいぐらい気に入っている部品です。

ピックガード裏にはアルミテープを貼り込み、ノイズをシャットアウトします。
   DSC08683.jpg
ポットはCTS、コンデンサはオレンジドロップ、ジャックはスイッチクラフト、配線材はBELDEN8503…どれも定番ですがハンダ付けの技術でサウンドが如実に変わるから面白い。

続いて、手に痛かった指板エッジをやすりで丸めていきます。
   DSC08663.jpg

仕上げのスチールウールまでかけたら、オレンジオイルで汚れを落とします。
   DSC08665.jpg

フレットは貴金属磨きで更に磨いてから弦を張ります。
   DSC08691.jpg
とっても握りが柔らかくなりました。

ナットの成型と溝切り加工も行います。
   DSC08685.jpg
完成までもうすぐです。

ブリッジはそんなに錆びなど浮いてはいなかったのですが、バラして磨きます。
   DSC08661.jpg

ポリッシュで磨いて組み立てて搭載しました。
   DSC08688.jpg
オクターブもこう揃っていると見た目にも違和感が無く安心です。

拭き上げて完成です。
   DSC08686.jpg
とってもパワフルでノイズレスな一本に仕上がりました。
…プレベ、いいなぁ…


・基本調整・ノイズ処理(ベース) 13000円

・ヴォリュームポット(CTS製の選別品) 1050円
・トーンポット(CTS製の選別品) 1050円
・トーンコンデンサ 840円
・スイッチクラフトMONOジャック 420円
・ピックアップハイトアジャスター 750円
・バレルノブセット(クローム) 1300円

合計18410円でした。


ネックのコンディションも良く、これから長く使っていけそうなベースになりました。
また使い込んでフレット交換等で再び作業が出来れば幸いですね。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp