機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
Soma Snufkin's TELECASTERの調整
熊本をはじめ、大分や福岡など県外へも行って精力的に活動する「大人のBAND」Red BoogieのSoma Snufkin氏(バンド内ではSEXY担当らしいです)のテレキャスター調整依頼をいただきました。

高校生の頃にどうしてもギターが欲しくて必死にバイトして買った、思い入れのある一本だそうです。
   DSC09193.jpg
ピックガードは以前に割れてしまい、取り外したままとの事です。

使いこまれて、傷だらけのルックスから漂う雰囲気は説得力が違いますね。
   DSC09198.jpg
なんとワンピースアッシュボディです。

ブリッジサドルはグラフテック製のストリングセイバーサドルが搭載されていました。
   DSC09194.jpg
弦間ピッチに対してサドル幅が狭い(隙間が開く)ように見えますが、横にズレる事も無く使用出来ています。

指板には擦り込まれた汚れと、表面に堆積した汚れとが入り混じって壮絶なルックスに!
   DSC09196.jpg
普段ならこの表面に堆積した汚れは磨いて落とすのですが、今回はオーナーの希望によりマスキングをして極力残して仕上げる事になりました。


次にコントロールプレートを見ていきます。
   DSC09201.jpg
ポットには1MAが使用されていますが、それ以外はテレキャスターの定番の配線になっていました。

今回は若干のガリや劣化も見受けられたので、セレクタースイッチやボリュームポットも交換する事になりました。

そして使用してきた中のどこかで導電塗料を塗ったりのメンテナンスが行われたのだと思いますが、塗装に対して全く定着しておらず、触るとすぐに剥がれてしまう状態でした。
   DSC09204.jpg
剥がれて落ちた塗料片がキャビティ内に散乱しており、これがノイズやガリの原因にもなる可能性があります。
   DSC09205.jpg
ブリッジピックアップキャビティ内には弦へのアース線が導かれていますが、その配線は付けたまま塗られた事が解りますね。
   DSC09208.jpg

この状態ではシールド効果は望めませんので、一度全て削り落して塗り直します。
   DSC09210.jpg
ワイヤーブラシビットと掃除機を駆使してバンバン削ります。

ワイヤーブラシであらかた削ったら、キャビティ側面などを紙やすりで磨いて足付けを行います。
   DSC09214.jpg

その後はワックスがけとマスキングを行ってから導電塗料を塗っていきます。
   DSC09215.jpg

導電塗料の乾燥待ち時間に金属パーツを磨いて組み直しておきます。
   DSC09218.jpg
元はゴールドメッキなのですが、長年の使用によりメッキは剥がれて鈍い銀色になっています。

導電塗料が乾いたらアースラグで各キャビティを接続して確実にグラウンドへ落とします。
   DSC09219.jpg

アースラグでの接続部分をアップにするとこんな感じです。
時々動かす可能性がある部分(コントロールプレートへつながる線)は曲げ伸ばしに強い撚り線を使い、キャビティ間の接続にはすずメッキ単線を使用しました。
   DSC09220.jpg

そして組み直したコントロール部分。
   DSC09221.jpg
CRLスイッチ、CTSの選別ポット、スムーステーパー化にグレースバケットトーン、BELDEN8503配線材…GREAMの定番ですね。
グラウンドの接続には18AWGという太さのOFC単線を使用しています。

そして汚れが特徴的だったネックはマスキングをしながらエッジを若干丸めたり、フレットを磨いたりしてワックスがけ。
   DSC09259.jpg
べたつく感じがサラッとした手触りになりました。


今回はこの全体調整の他に、動きが渋かったり軽かったりするペグを交換したいという事でGOTOHのマグナムロックペグをお勧め致しました。
(私も自分のギターにはマグナムロックペグを愛用しています)
   DSC09260.jpg
一番定番のSD91-05Mというものですね。

これはお預かり時のノーマルペグ。
   DSC09197.jpg

新品部品なので色艶が明るくなってしまうのですが、暫くするとニッケルメッキがくすんで馴染んできます。
   DSC09261.jpg
ブッシュも内径が僅かに広かったので交換しました。

ペグ交換後の状態
   DSC09262.jpg

弦を張って、弦高やオクターブなどを合わせて完成。
   DSC09263.jpg

お受け取り時にも「凄く奇麗になって、生まれ変わったみたい!」と喜んでいただけました。

次のライブから、ノイズが激減したこのギターで、より熱い演奏をしてもらえれば何よりの喜びです。

最近のペースで使用されているとこの先1年ぐらいでフレットのすり合わせか交換か、のタイミングが来ると思われますので、その際はまたご相談いただけましたら幸いですね。


全体調整・ノイズ処理 12000円
ラッカー塗装アップチャージ 1000円
GOTOH SD91-05M 7140円
CRL 3Way Lever Switch 2100円
CTSボリュームポット(選別品) 1050円
CTSトーンポット(選別品) 1050円
トーンコンデンサー類 840円
ダダリオ EXL-115 630円

合計25810円でした。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
スポンサーサイト
MOON JJ4の全体調整
今回は国産コンポーネントブランドとして有名なMOONのJJ4の調整です。

メタリックオレンジのような、ゴールドのような深みのあるカラーです。
   DSC09065.jpg
元々はピックガードレスですが、オーナーがジャズベース用のピックガードを加工して取り付けたとの事。
フロントピックアップは斜めに取り付けされているため、ピックガードを削って対処してありました。
さらに、フィンガーレストの取り付け穴が指に引っ掛かるとの事で、ピックガードの上にプラ板が貼られたルックスとなっています。

最近、音抜けが悪くなったとの事でメンテナンスに持ち込まれましたが…
   DSC09069.jpg
EZ-Qというワウのようなミッドブーストが得られるプリアンプでしょうか?が搭載されていましたが、ポットは固着して回らないような状態でした。
配線も奇麗とは言いにくい状態です…

プリアンプを取り外してみると、(ショートはしていませんでしたが)リアピックアップのリード線被覆に溶けがありました。
ハンダゴテをうっかり当ててしまったのでしょうね。
   DSC09070.jpg
クッションスポンジもボロボロになっていました。

バッテリーのON/OFFのためにステレオジャックが使用されていますが、ネジを外してちょっと引き出したら配線が切れてしまいました…
   DSC09072.jpg

新たにプリアンプを搭載するお話もあったのですが、今回はプリアンプ撤去でパッシブベースとしてしっかり使えるようにする!事になりました。
今後、プリアンプの搭載も可能なように配慮しながら作業を行います。


電装系は固着やガリが見受けられたため、全て交換する事になりました。
   DSC09075.jpg
取り外したプリアンプアッセンブリ↑

そして部品を取り外してワックスがけ。
   DSC09077.jpg

ノイズ処理は一切行われていなかったので、このピックアップキャビティにも導電塗料を塗っていきます。
   DSC09078.jpg

下地研磨後の導電塗料塗布。
   DSC09083.jpg DSC09084.jpg

各キャビティは導電塗料でつながるように塗ってはあるのですが、アースラグを用いて確実にグラウンドへ接続します。
   DSC09086.jpg

音抜けが悪くなった原因ですが(電装系の問題もあるのでしょうが)ブリッジピックアップが断線していました。
ピックアップに関しては後々交換も出来ますから、今回は中古のピックアップを用意して搭載する事になりました。

一般的なジャズベース用ピックアップ(FENDER JAPAN製)ですので、銅箔テープを巻いてノイズ対策も行いました。
   DSC09087.jpg

フロントはBALTRINI、リアはFENDER JAPANという組み合わせですが、サウンドキャラクターの差がミックス時に意外にも新しいトーンで面白いです。
   DSC09107.jpg

コントロールキャビティは一杯ですが、プリアンプと電池が入るような余裕は残した上で作業を行いました。
   DSC09089.jpg
一番右側のポットは配線はしていない、ダミーとして取り付けしています。

お預かり当初にあった「キーーン!」という高い周波数で発振しているようなノイズが消えてゴキゲンなサウンドです!


次にネックを見ていきましょう。
   DSC09091.jpg
ペグは外してガタつきなどを確認・調整してクリーニングします。

ペグ本体には問題は無かったのですが、表側のブッシュが浮きあがってきていました。
   DSC09093.jpg
1&2弦のブッシュ浮きが顕著ですね。

このブッシュの取り付け面を整えた上で再度圧入し、組み立てました。
   DSC09096.jpg

お預かり時のフレットは若干ですがエッジが立っていたので丸めていきます。
   DSC09067.jpg

長年使用すると指板のエッジは自然に丸まっていくので、今回のベースに関しては大幅に削る事は無く、修正程度で充分な柔らかい握りが得られました。
   DSC09097.jpg

ブラス(真鍮)のナットは酸化してくすんでいきますが、メンテナンスの際にはフレットと共にしっかり磨いてピカピカにします。
   DSC09101.jpg


次に…ピックガードです。
   DSC09102.jpg
これがオーナー自ら加工して取り付けたジャズベース用ピックガード。
ピックアップ穴の形やプラ板を貼っているのがどうにも格好悪く感じてしまいました。


ので…


ジャーン!!
   DSC09103.jpg
おおっ!新品のようだ!!

裏返すと種明かし。
   DSC09105.jpg

実は元々のピックガードの表に1mm厚の塩ビ板を専用接着剤で張り付けた後にネジ穴や外周を加工したのです。
   DSC09104.jpg
断面を見ると白/白/黒/白の変則4プライになっているのです。
余計なネジ穴は開けなかったので指に引っ掛かる事もないでしょう。

そして組み立ててネックやブリッジの調整を行い、完成しました!
   DSC09109.jpg

今回の作業によりパッシブベースとなりましたが、素材の良さが良く出た素直で太いサウンドです!

今後プリアンプを乗せる際もご相談いただけましたら幸いですね。


全体調整(ベース) 13000円
ラッカー塗装アップチャージ 1000円
ヴォリュームポット(選別品) 1050円
トーンポット(選別品) 1050円
バランサーポット 1575円
コンデンサー類セット 840円
FENDER JAPAN ブリッジ用中古ピックアップ 2100円

合計20615円でした。


その他、今回のようなピックガードの補修は5000円~で承っております。




お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
EDWARDS E-EX-125Eの全体調整&フレットすり合わせ
今回は同じ熊本県に住むK様より、愛用のエクスプローラーであるEDWARDS E-EX-125Eの全体調整依頼をいただきました。
   DSC09130.jpg
ED05~のシリアルなので、2005年製のようですね。

細かい傷や打痕が点在し、とてもよく使われている事が解ります。


ノイズと音詰まりが気になるという事で持ち込まれましたので、ネック周りを見ていきます。
   DSC09131.jpg
摩耗によりフレットレベルがバラバラになってしまい、部分的な音詰まりが発生していました。

指板のエッジも立っていますので、握ると少し痛い印象です。
   DSC09132.jpg

電装系は…導電塗料などは一切塗られていませんでした。
   DSC09133.jpg
工場出荷時にはEMGピックアップ仕様だったので、導電塗料を塗らなくてもノイズは少ないという考えなのかもしれませんね。
しかし、オーナー自身がパッシブピックアップに交換していますので、ノイズは気になると思います。

ピックアップキャビティにも導電塗料は当然塗られていません。
   DSC09134.jpg
ピックアップはSYMOUR DUNCANのSH-2nとSH-4という王道の組み合わせになっています。


今回は現状を踏まえた結果、フレットのすり合わせと全体調整・ノイズ処理を行う事になりました。


早速、部品を取り外してマスキングを行います。
   DSC09135.jpg

まずはフレットをすり合わせて、フレットの整形を行っています。
   DSC09136.jpg
フレットの頭が平らになっていますね。

そしてフレット整形後。
   DSC09137.jpg
この時点ではフレットエッジや指板のエッジはまだ丸めていません。

こちらはそれらのエッジを丸めた後の状態。
   DSC09142.jpg
フラッシュを焚いているので削った部分が平らに見えますが、実際は滑らかに丸くなっています。

完成後の写真ですが、元々あったフレットの凹みが消えていますね。
   DSC09149.jpg
3&4弦の17フレット以降が(製造時の仕上げでしょうが)目立って低かったので、その部分のレベルも合わせています。


フレットすり合わせ後は導電塗料を塗っていきます。
   DSC09140.jpg
コントロールキャビティにもしっかり塗ります。
   DSC09141.jpg
ヒートガンを使って強制乾燥させながら塗るので、シンナーの揮発する臭いでクラクラします。

導電塗料はメーカー製品でも塗ってあるだけという事がとても多いです。
   DSC09145.jpg
ノイズを減らすためには導電塗料を確実にグラウンドに接続してコントロール関係をシールドする事が重要ですから、このようなラグ端子を用いて確実な配線を行います。

こちらはコントロール系。
   DSC09146.jpg
ポットやスイッチなどの部品は全てクリーニングして再利用です。
BELDEN 8503を使用し、万が一ナットが緩んで配線が引っ張られた時にもストレスがかかりにくいように少しの余裕を持たせて配線しています。
配線は何でもかんでも撚れば良い訳ではありませんが、信号ラインとグラウンドラインは撚り合わせて取りまわす事でノイズ対策にもなります。

ナットの溝も切り直しての完成後。
   DSC09147.jpg
部品交換は行っていないので見た目には変化無しですね。
ワックスがけを行っていますが、艶消し仕上げのため目立たず。


お預かり時には気になるレベルだった、ジーーー!というノイズは殆ど気にならないレベルまで静かになりましたし、音詰まりも解消されました。
欲を言えばナットを作り直したいところですので、今後また入ってくるかもしれませんね。


全体調整・ノイズ処理 12000円
セットネックギターUP 1000円
フレットすり合わせ 10000円

合計23000円でした。

これからまた激しいステージを共にしてもらいたいですね。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
YAMAHA FG-250Sの調整
以前にもSQUIER JUGMASTERの調整でお世話になりましたお客様より、YAMAHA FG-250Sの調整依頼をいただきました。

思い入れのあるギターだそうです。
   DSC09111.jpg
長年の使用によって色焼けの発生や汚れの堆積もあり、渋いルックスになっています。

ボディバックには以前に貼ったステッカーが…
   DSC09115.jpg
さすがに剥がしたい、との事でしたので慎重に剥がしました。
   DSC09122.jpg
日焼け後は残ってしまいますが、奇麗に取れたと思います。


今回の調整は弦高を下げたい!との事でStudio GREAMに持ち込まれました。
コンディションを確認してみると、ネック起きと呼ばれる症状が発生しておりました。
弦のテンションでネックが引っ張られて、14フレットのネックジョイント部分から折れ曲がるようにネックが起きてくる状態です。

本来はネックを外してジョイント角度の修正、指板修正、ナットとサドルの再作成、フレットすり合わせ…
10万円を超えてくるような内容です。

今回はその作業を行わず、対処療法ではありますが、ブリッジサドルやハイポジションの研磨などで可能な範囲で弦高を下げる事になりました。

まずはお預かり時の状態。
   DSC09113.jpg
サドル高さには余裕があるので結構削って下げれそうです。

取り外してみました。
   DSC09116.jpg

このサドルを各種やすりを用いて削り、高さが決まった時点で最終的にオクターブを合わせるべくサドルの山を整形していきます。
   DSC09117.jpg
右側が1弦側ですが、2~3弦部分の山がずれているのが判りますでしょうか。

サドルを取り付けて弦を張った状態です。
   DSC09119.jpg
この状態に辿り着くまでに削っては合わせて、また削り…を繰り返します。
お預かり時に比べるとサドルの飛び出し量が少なくなっていますね。

そして14フレット以上を薄くすり合わせてビリ付きの回避を行います。
   DSC09114.jpg
お預かり時↑

作業後↓
   DSC09120.jpg
目に見えて多く削っている訳ではないので写真では伝わらないかもしれませんね…
汚れていたフレットが奇麗になったのは伝わるかと。


ナット溝やサドルの削り加工(ハイポジションすり合わせ込み) 8000円でした。

ギターの状態により大幅に弦高が下がらない場合もありますが、弦高に悩まれている場合はお気軽にお問い合わせ下さい。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
GIBSON Les Paul BFGのネック折れ修理・配線修正
前回、SCHECTER PA-LS_TKのリフィニッシュのご依頼いただきましたが、その方の紹介でレスポールのネック折れ修理依頼をいただきました。

GIBSON社がまるで爬虫類の鱗のような、独特のフィニッシュで展開するBFGシリーズ。
その中でも王道のLes PaulシェイプをBFGフィニッシュで仕上げた一本です。
   DSC08960.jpg
荒削りのトップに、ゴールドを吹いて、更に削り…何とも凄まじいルックスになっています。
ボディ内部は大胆にくり抜かれたチェンバー構造となっており、独特のエアー感と取り回しの良い重量が特徴ですね。

この個体はピックアップセレクターとキルスイッチの位置関係を入れ替える改造が施されていました。
一般的な位置にピックアップセレクターが配され、キルスイッチはフロントトーンがある位置に動かされています。

ヘッドフェイスは釣鐘型のトラスロッドカバーすら省略されたルックスです。
   DSC08962.jpg
さて、そんなギターですが、破損原因としてもとても多い、ネック折れが起きてしまっていました。

バックリいってます。
   DSC08963.jpg
良く見るとヘッドフェイスの写真には(1&6弦ペグの右側に)突き板が折れ曲がった白いラインが見えると思います。

まずは割れ口がしっかり合うのかを確認していきます。
   DSC08964.jpg
グイッと押し戻して合わせてみます。

この6弦側の合わせ面にささくれが出ていましたので、修正した上での接着で何とかなりそうな状態だと判断しました。
   DSC08965.jpg
明らかな木材の欠片が無くて幸いでした。

合わせ面を整えた後で、隅々までタイトボンドを塗り伸ばして合わせ面をクランプで圧着。
   DSC08966.jpg
合わせ面がしっかり密着するようにクランプをかける位置や強さを調整しています。

このままの状態で乾燥のために2日ほど放置しまして、恐る恐るクランプを外しました。
   DSC08970.jpg
ちゃんとくっついているか、祈りながら外しましたが、大丈夫のようです。

はみ出て固まったタイトボンドは、硬く絞った濡れタオルで拭き取ってから、紙やすりで表面を均します。
とてもしっかりくっついていたので、指で触っても殆ど段差はありませんでした。

接着後。
   DSC08978.jpg DSC08979.jpg
今回は予算の関係で塗装は無しとなりましたが、ボディのルックスからすると、(割れた跡は見えますが)引っ掛かりもありませんからそのままでも変では無いように感じます。

しかし、割れの補修跡が気になるようでしたら、後日塗装する事になるでしょう。

そして、ネック折れの際の衝撃で起きたのか、以前の配線変更の際に起きたのかは不明ですが、フロントピックアップから音が出なくなっておりました。
   DSC08980.jpg
原因を探してみると、フロントボリュームの2番端子からセレクターへつながっている赤い配線が、グラウンド線とショートして音が出ない状態になっていました。

この変更された配線の編粗シールドは目が粗い物でしたので、BELDENのシールド線に変更しました。
   DSC09040.jpg
明らかに編粗シールドの密度が違います。

このケーブルはレスポールの内部配線を変更する際にStudio GREAMで愛用している配線材です。
   DSC09042.jpg
ハンダの耐熱性は強くない被覆なので素早いハンダ付けが要求されますが、ノイズが少なくしなやかでクリアなサウンドが気に入っています。

そして、この配線交換を行う際に、フロントピックアップを固定するアンカーナットが簡単に抜けてしまいました。
   DSC09064.jpg
抜けてしまうぐらい緩いままだと、ピックアップの高さ調整が出来なくなりますので、接着剤を少量塗布して再度組み付けておきました。

しかし、ピックアップキャビティの加工も粗いなぁ…
普段見えない所だからこそ、しっかりやってもらいたいものです。


そして弦を張って弦高やオクターブ調整、ナット溝の切り直しを行い、完成です。
   DSC09062.jpg
(当然ですが)チューニングしても割れ口から再度開く事も無く、強度的にも問題なく修理出来ました。
もう少し破損が酷いと木材を足しての補強加工が必要になってしまうので、今回は不幸中の幸いでしたね。


ネック折れ修理(基本調整含む) 27000円
配線修正(ポット&接点クリーニング含む) 3000円
ERNIEBALL 2221 Regular Slinky 630円

合計30630円でした。


今度はうっかり倒したりしないように気を付けつつ、ガンガン使って下さいね!!



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
SCHECTER PA-LS_TKのリフィニッシュと調整
今回はSCHECTERのPA-LS_TKという”凛として時雨”TKモデルのリフィニッシュと調整です。
詳しいスペックはSCHECTER製品ページをご覧ください。

お預かり時。
シースルーホワイトにべっ甲柄のピックガードが落ち着いた雰囲気ですが、サウンドはとってもモダン!
   DSC08796.jpg
細かい傷や使用感はありましたが、全体的に奇麗なコンディション。
   DSC08797.jpg
ウエストコンターカットが施されていたり、ボディ裏にストラップピンが付いていたりと独創的なスペックです。

ネックジョイント部分に塗装のヒビが見られましたが、木材までは達していませんでした。
   DSC08799.jpg

電装系の配線はイモハンダではありませんでしたが、端子に差し込んでハンダで固定という状態だったので最終的に修正します。
   DSC08801.jpg
トーンのコンデンサがTK製でした(笑)

今回はこの塗装の厚いボディをリフィニッシュしたいという希望でしたので、部品を外していきます。
   DSC08803.jpg

(カーボンフィラーのため抵抗値は出ますが)しっかりと導電塗料が塗られており、細部まで手抜きの無い作りです。
   DSC08806.jpg

リフィニッシュによりボディ裏側の塗装剥がれも無くなりますね。
   DSC08807.jpg

そしてひとまず塗装剥離後。
   P1000479.jpg
アッシュ材の2ピースですが、左右で木目が大きく異なります。
   P1000480.jpg

このアッシュ材の導管に黒系フィラーを擦り込み、極薄のニトロセルロースラッカー塗装でオイルフィニッシュのような質感へと仕上げる事になりました。

ウッドシーラー塗装後、薄く着色した後、ブラウンの着色後と数度にわたり色味を確認していただきOKが出たので仕上げに進みます。

塗装完了後。
   DSC09032.jpg
オイルフィニッシュのような、木材の質感を残したままで微妙なムラも出したフィニッシュはまるで高級家具のようです!
   DSC09033.jpg
写真で撮ると若干明るく写ってしまっていますが、実際はもう少し暗めの落ち着いた色です。

取りあえず部品を乗せて全体の雰囲気を見てみます。
   DSC09038.jpg
純正カラーよりもべっ甲ガードがよく似合うようになったと感じます。

そしてイメージを確認後に組み立てます。
   DSC09043.jpg
導電塗料も一部塗り直してシールド効果を高めました。
ハンダ付けもやり直してあります。

完成後の全体像。
   DSC09056.jpg
かなり薄い塗装になったので、ボディ鳴りは明らかに良くなりましたが、使用に伴い傷は付き易くなるでしょう。
しかしそれがまた味になっていくような気がします。

フレットが若干減ってきていますので、今度はフレットすり合わせが必要になってくると思いますので、その際はまたご相談下さいませ。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp

CARL MARTIN/Hot Drivin Boost MK-IIのモディファイ
今回はキメの細かいハイゲインディストーションに、ブースト機能が付いた、CARL MARTIN社のHot Drivin Boost MK-IIをモディファイしました。
   DSC08983.jpg
デンマークで作られている高品質ペダルで、あのLUNA SEAのSUGIZOさんも使用していた時期があるモデルです。

裏蓋を開けてみましょう。
   DSC08984.jpg
大きな青い部品は電源トランスです。
家庭用のAC100Vから±15Vを生成して回路に供給する事で、一般的な9V駆動のペダルとは異なるダイナミックレンジの広さを特徴としています。

部品は全て手作業でハンダ付けされています。
   DSC08985.jpg
経験上、このシリーズのペダルはジャックのハンダ付けが割れて接触不良が起こる個体が多いように思います。
この個体もインプットジャックのハンダが割れかけていましたので補修しておきました。


このペダルのブースト機能を単体で切り離して使用できないか?
というお問い合わせでしたので、回路を採取したのですが…
ブースト回路部分には常に信号が通っていて、切り離すと位相がずれる問題もあり、クリーンブースターを新たに作成して内蔵し、この電源を有効に使いましょう!という事になりました。

新たにクリーンブースター回路用のインプットジャックを取り付けますので、寸法を測って穴あけを行います。
   DSC08988.jpg

そしてクリーンブースター回路を考えて、作成して搭載という流れを踏むのですが…

(自分で言うのもおこがましいですが)この日の私は神がかっていました!

あっという間に回路を閃いて、レイアウトが決まり、基板作成までほんの数時間でした。
   DSC08991.jpg

そしてクリーンブースターを搭載しました。
   DSC08994.jpg
せっかくのワイドレンジを得られる電源は使わないと!という事で艶々なブースターになりました。

ひとつの筐体にディストーションとクリーンブースターが完全に独立で入っている2in1ペダルに生まれ変わりました。
   DSC08997.jpg
パッチケーブルでそれぞれのIN/OUTをつなぐ事により、ディストーションの前でゲインブーストにもなりますし、後ろにクリーンブースターを接続すれば音量を上げるレベルブースターとしても使用できます。
勿論、他のエフェクターと組み合わせてもOK!

あったら良いな、のアイデアはお気軽にご相談下さい。

クリーンブースター搭載 12000円
ノブ交換(シャフト加工作業込み) 1500円

合計13500円でした。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
クーポン情報【暑い夏は、スタジオで熱くなろう!!】
 毎日、暑いですね~(;´Д`A
 カキ氷が日常食になっている経理担当:Gでございます。

 暑い暑い熊本の夏、真っ只中です。家にいても暑いだけ。
 どうせ暑いのならいつもより長く、
 涼しいスタジオで熱くなりませんか・・・v(^^;)

  ・・・・・と、いう事であらたなお得情報です♪


 3時間以上のご利用で、

   3時間目以降の

スタジオ利用料が半額に♪


atuidesune~


 【提示条件】 特にありません。

 【利用条件】 バンド練習でのスタジオ利用
        (個人練習は対象外とさせていただきます。)
       ・3時間以上のご利用で3時間目以降の
        スタジオ利用料を半額に致します。

 例えば・・・平日にRoom:A(1h \1800) ご利用の場合
         2時間→¥3600(\1800×2h)
         3時間→通常\5400が\4500 (\900 OFF)
         4時間→通常\7200が\5400 (\1800 OFF)

      週末にRoom:B(1h \2400) ご利用の場合
         2時間→¥4800(\2400×2h)
         3時間→通常\7200が\6000 (\1200 OFF)
         4時間→通常\9600が\7200 (\2400 OFF)

       ※他のサービスとの併用はできません。

 【有効期限】 2012年9月30日のスタジオ利用まで






お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
SQUIER Deluxe Jazz Bass® Active V (5-Strings)の改造
今回はSQUIERのDeluxe Jazz Bass Active Vという5弦ベースの改造です。
   DSC08931.jpg
バスウッドボディにメイプルネック、エボノール指板という材構成。

お値段はリーズナブルなのに、結構良い作りとサウンドです。
ネックポケットの加工精度とか素晴らしいの一言!

柔らかいバスウッドボディということもあって、ネジ類がしっかり食い付きにくい難点もありまして…
   DSC08934.jpg
ストラップピンのネジがすぐに緩むので、がっちり固定したいという希望でした。

まずは穴の拡大と面取りを行って…
   DSC08948.jpg

鬼目ナットと呼ばれる金属の受けをねじ込みます。
   DSC08949.jpg
念には念をで、接着剤を鬼目ナットの周囲に塗って入れてあります。

ステンレス製の皿ネジを使用しています。
使用するストラップピンによってはこの皿の頭が大きくて入らない場合もあり、写真左のネジのように周囲を削って現物合わせ加工も行います。
   DSC08945.jpg

ストラップピンをネジ止めして完成。
   DSC08952.jpg
軽くネジロック剤も塗って取り付けしていますので、そうそう緩んでくる事は無いでしょう。

ブリッジ側も同様の作業を行いました。

次にナット部分ですが、弦溝に対して不格好な状態でしたし、溝もしっかりフィットはしていませんでした。
   DSC08938.jpg

高さを整え、溝を切り直しました。
   DSC08956.jpg
エッジ部分のRが丸くなっているので、手への当たりも柔らかくなっています。


そして、今回の一番の作業として、5弦のテンション感が緩いので裏通し出来るように加工したい、という希望がありました。

これはオリジナルの状態。
   DSC08937.jpg
大きく気になるほどでは無いですが、確かに柔らかめには感じますね。

という事で寸法を測って、ボディとブリッジプレートに穴あけを行いました。
   DSC08941.jpg
穴径は4.5mmで開けています。

プレートのエッジ部分は弦が触れる部分でもありますので余計な引っ掛かりはチューニングに悪影響を与えます。
穴の面取りを行った上で、油目やすりを用いて滑らかに磨いています。
   DSC08943.jpg

ボディ裏側には弦止めブッシュを取り付けるために段付き加工を行います。
   DSC08940.jpg
ブッシュ挿入時に塗装が割れないように、穴の周囲は面取りを行っています。

そしてブッシュの圧入!
   DSC08959.jpg

5弦部分は今後太めの弦を張った場合、裏通しではテンション感が硬くなりすぎる事もあるでしょうから、ブリッジ後ろからの取り付けも可能な2WAYスタイルになりました。
   DSC08958.jpg

弦を張ったらネックやブリッジの調整を行い、完成です。
緩めだった5弦のテンション感も良好なバランスになり、ボディ鳴りも向上したように感じます。

指板のエッジは少し丸めてあげれば、もう少しプレイアビリティが向上するんじゃないかなと感じましたので、またの機会にでもよろしくお願い致します!

ストラップピン穴補修(鬼目ナット使用) 2000円(1ヶ所1000円)
弦のボディ裏通し加工 5000円(以降1ヶ所追加につき1000円アップ)
ナット成型・溝切り修正 2000円
合計9000円でした。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
JAMES TYLER Studio Eliteの調整・他
今回はスタジオミュージシャン御用達のハイエンドブランド、JAMES TYLERのStudio Eliteの調整です。
東京を中心に活動しつつも、他県への遠征も精力的にこなすVRAINのギタリストRODDY氏のニューギターです。

以前も氏のTom Andersonを調整させていただいておりますね。

まずは全体像。
   DSC08812.jpg
結構初期の製造のようで、使用感はありますが、圧倒的に太く早いサウンドは驚愕でした。

コントロールはこれまたスイッチがいっぱいです。
   DSC08815.jpg
各ピックアップの配線切り替えスイッチ(パラレル/タップ/シリーズ)
リアハムバッカー ダイレクトスイッチ
ブースターON/OFFスイッチ
ブーストボリューム

…これらを演奏中に切り替える事で、1本で様々なサウンドが飛び出します。

ネックはフレットや指板のエッジも的確に丸められており、さすがの一言です!
   DSC08816.jpg
フレット減りが若干ですが見受けられましたので、すり合わせを行う事にしました。

ネックの木材はとても目の詰まったメイプル材でため息ものでした。
   DSC08840.jpg
それはネックがビンビンと鳴るよなぁと納得。


ミッドブースターを駆動させるための電池は裏側に搭載。
   DSC08817.jpg
裏蓋がないのは現場ですぐに電池交換が出来るように、でしょうか…

ピックガードを開けてみました。
   DSC08822.jpg
フロントとセンターピックアップの間に挟まれた、ノイズキャンセル用のピックアップが目をひきますね。

個人的には残念なところなのですが、ハンダや配線の処理は決して奇麗とは言いにくい状態ではありました…
   DSC08823.jpg
ボリュームポット裏側↑
ブーストボリューム裏側↓
   DSC08824.jpg
端子穴に差し込んでハンダで固定されたジャック…
   DSC08821.jpg
被覆はハンダゴテのを当ててしまったのか、一部溶けてます。

配線はグチャッとしていて、干渉も起きそうです。
   DSC08829.jpg

ボリュームポットの端子はイモハンダ…
   DSC08831.jpg
ノイズも多かったので、基本的に全て外してやり直します。

続いてボディ側を見てみましょう。
   DSC08825.jpg
導電塗料がちゃんと塗り込まれています。
側面などは若干の塗りムラがありましたので、ここは後ほど補修します。

ロック式ブリッジを取り外してみると…
   DSC08828.jpg
6点止めシンクロトレモロ?的な跡が目に付きますが、最初からロック式ブリッジとして出荷されているようですし、謎ですね…

導電塗料を塗り直しました。
   DSC08834.jpg

導電塗料の乾燥待ちの間に配線図をトレースしたり、ミッドブースター回路の採取を行っておきました。
   DSC08835.jpg

ブースター基板はサイズも大きく、配線は今にも切れそうな感じでしたので、ノイズフィルターを追加して小型にデザインし直しました。
   DSC08838.jpg
ブーストレベルや周波数などはオリジナル回路を尊重して変更していません。

そして次にこれは何か判りますでしょうか?
   DSC08837.jpg
ロック式ブリッジで弦を締め付けるインサートブロックという物なのですが、以前のオーナーでしょうか?
締めすぎて全て割れてしまっていましたので新品を取り寄せて交換します。

こちらはフレットすり合わせ後なのですが、大幅な削り量ではありませんでしたので殆ど見た目は変わらないですね…
   DSC08839.jpg
しかし音の立ち上がりの速さや、弦高セッティングの余裕は向上しています。


先のピックガード裏側の配線の混雑した状態により、ピックガードが配線材に押し上げられて湾曲してしまっていました。
ボディとの隙間は開くし、見栄えも良くないのでこの際、新規で作成する事にしました。

まずはパール/白/黒/白の4プライ塩ビ板を必要なサイズにざっくりとカットします。
   DSC08880.jpg

裏側には水色の保護フィルムが付いていますが、剥がすと白色です。
   DSC08881.jpg

裏返すとこんな感じです。
   DSC08882.jpg
オリジナルピックガードは反ってしまっているので、押さえ付けてから貼っています。

そしていつものように削り粉まみれのため写真撮影は省力していますが、ピックガードの外周やネジ穴開けなどの加工まで行いました。
   DSC08883.jpg

裏側にはアルミテープを貼り込みつつノイズ対策。
ピックガード加工の際に出る端材を貼り合わせてブーストスイッチの取り付けベースを作成。
   DSC08884.jpg
位置が決まったら周辺に接着剤が付着しないようにマスキングをして貼り付け。
   DSC08885.jpg
クランプをかけて暫くは乾燥硬化待ちです。

そして配線を全てやり直しました。
   DSC08887.jpg
ボリュームポット、ブーストボリュームポットは新品に交換しました。
当初よりは奇麗にまとめられたと思います。

組み立てて、弦高やオクターブ、ピックアップ高さなどを調整して完成!
   DSC08892.jpg
見た目では新しいピックガードになっただけですが、ガラッと印象が変わって引き締まりますね。

このギターを手に、どんどんと全国ツアーを行うようなバンドになっていってほしい!と応援しています。

全体調整・ノイズ処理 12000円
フレットすり合わせ 10000円
ピックガード作成(パール4プライ) 12000円
ブースター基板作成 12000円
ボリュームポット 1050円
ブーストボリュームポット 630円
Floyd Rose インサートブロックセット 1890円

合計49570円でした。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp