機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
SCHECTER ST-TYPEの全体調整とフレットすり合わせ
今回はSCHECTERのストラトタイプギターのフレットすり合わせです。
   DSC09291.jpg
とても使いこまれてボディ塗装のクリアが大幅に剥がれています。
配線やスイッチなどはオーナー自身が交換や改造を重ねたメインギターだそうです。

旧ロゴの製品で、見事なまでのバーズアイメイプルネックです。
   DSC09292.jpg
ペグもクルーソンタイプからスパーゼル製のトリムロックペグに交換されています。

ネック裏のバーズアイも見事!
   DSC09293.jpg

メインギターゆえ使用頻度が高く、フレットは大幅に削れ、ビリ付きを回避するために弦高を上げてあったためにピッチや音の立ち上がりが悪くなってました。
   DSC09295.jpg
   DSC09296.jpg
フレットの頭が平らに削れてしまっていますね。

この凹みが無くなるまでサンディングブロックに紙やすりを貼りつけて、均等にすり合わせを行います。
   DSC09298.jpg
これはすり合わせ後にフレットの整形も行った状態です。

すり合わせた際のやすり傷を順に細かいやすりに変えて消していきます。
   DSC09299.jpg
最後にオレンジオイルで指板の保湿を兼ねつつ、汚れを浮かせて拭き上げます。

ローポジションのフレット減りが顕著でしたが、滑らかな形状に復活しました。
   DSC09301.jpg

ハイポジションは若干の跳ね上がりが見られたので少し多めに削っていますが、言われないと判らない程度ではありますね。
   DSC09302.jpg

フレットは最終的に貴金属磨きで奇麗に磨いて弦を張って調整しています。
   DSC09303.jpg
弦高も低く下げてもビリ付きも出ず、喜んでいただけました。

フレットすり合わせ 10000円でした。


フレットすり合わせは大幅に減る前に行うと、削る量も少なくて改善が見込めますので、フレットの頭が平らになってきたなぁ、と思われたらお気軽に一度ご相談下さいませ。



2012年9月に上記の擦り合わせ作業を行いましたが、その9ヶ月後に全体調整にて再度お預かりさせていただきました。
   IMG_0319.jpg
塗装が剥離していまして、前回よりもクリアの剥げ落ちが増えたような…

今回は全体調整・ノイズ処理作業に加えて、ナットの交換も行います。
   IMG_0320.jpg
以前に「弦の滑りが良いから」と勧められてGRAPHTECHのトレムナットに交換されたそうですが、サウンドの変化に違和感を覚えたまま使用されていたそうです。

今回は同社のTUSQという人工象牙素材で作成交換を行います。

コントロールレイアウトはマスターヴォリューム、マスタートーン、タップスイッチの順に並んでいますが、スイッチが真ん中になるように変更を行います。
   IMG_0321.jpg
ピックガードを外してみると…
   IMG_0322.jpg
オーナーが今までに色々と試行錯誤して試された跡がうかがえます。

ピックガードに開いている穴のサイズから、元々は一般的なストラトと同じコントロールだったと思われます。
   IMG_0323.jpg

ボディへの導電塗料も塗られていましたが、定着が悪かったのか、部分的に剥離も起きていました。
   IMG_0325.jpg

この導電塗料は一度剥がしてから、新たに塗り直します。
   IMG_0333.jpg

導電塗料の乾燥待ちの間に、ピックガードアッセンブリを組み直しました。
   IMG_0336.jpg
ヴォリュームポットには大幅な残留抵抗と共に、ガリも発生していたので、値を選別した新品に交換しました。
   IMG_0335.jpg
配線はBELDEN8503をメインに使用していますね。
   IMG_0342.jpg
コントロールはマスターヴォリューム、ピックアップのタップスイッチ、マスタートーンの順に変更しました。

そしてナットはTUSQを削り出して作成。
   IMG_0345.jpg
コンパウンドを使ってピカピカまでには磨き上げずに、2000番のペーパーで止めるぐらいの艶がしっとりとしていて個人的には好きです。

フレット擦り合わせ時には行わなかった、指板やフレットエッジの面取りも施して、よりコンポーネントストラトな雰囲気が出てきました。
   IMG_0338.jpg

ブリッジの取り付けや、ナットの溝切りでも大きくサウンドは変化しますが、全体のバランスがポイントでありノウハウなんですね。
なかなか上手く言葉では言い表せませんが、試した方は一様に違う楽器になったみたい!と仰っていただけます。
   IMG_0341.jpg
そのように、完成後は「このギターって、こんなに芯があって倍音豊かに鳴るギターだったっけ?」とありがたい驚きの感想をいただけました。

薄いリバーブがかかったような、いわゆる平面的では無い立体感のあるサウンド、芯の周りに倍音が包むようなトーンを引き出せるように心がけて調整しています。

全体調整・ノイズ処理 15000円
ナット交換 5000円
VOL.POT 1050円
スイッチクラフト MONOジャック 420円

合計21470円でした。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
スポンサーサイト
LINE6 VARIAX用SUPPLY BOXの作成
今回はちょっと特殊な依頼なのですが、LINE6社のVARIAXというモデリングギター&ベースがありまして。
   34229.jpg
今回はこのベースのオーナーからの依頼でした。

12種類の楽器をチョイスしつつ、更に細かい設定も行える便利なベースです。
   VBass1.jpg
それにはこの写真のような電源供給が出来るSUPPLY BOXが付属しています。
   DV019_Jpg_Regular_511671_switchbox_V.jpg
しかし、このボックスを手放してしまったそうで、動作させるには同社のPOD経由か、あっという間に消費する電池の2択だったそうです。

そこで「Studio GREAMでこのボックス的な物を作れないか?」とのご相談をいただきまして…

電源回路の保護などを色々盛り込みつつデザインし、部品を揃えて作成開始。
   IMG_0305.jpg
ルックスもお任せという事でしたので…
梅雨時期の鬱陶しい空気を払ってくれるような、爽やかなブルーに塗ってみました。
   IMG_0329.jpg

内部にはStudio GREAMオリジナルのパワーサプライを組み込みまして、9.8Vを安定して供給します。
   IMG_0330.jpg
インプットジャックからケーブルを抜くと、電源回路の遮断とアウトプットをミュートする機能も盛り込みました。
代わりにシンプルで小型化するために、オリジナルのボックスには用意されている出力レベル切り替えやDIアウトは省きました。

アダプターも小型です。
   IMG_0332.jpg
サイズ比較のために写したプラグで大きさのイメージが出来るかと思います。

この写真には写っておりませんが、専用のステレオケーブル(信号伝送と電源供給を1本で行うため)も作成しております。


SUPPLY BOX for VARIAX作成 15000円
ステレオケーブル作成(5m) 5000円



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
Tom Anderson Drop Top Classicの調整
コンポーネントギターとして、有名ミュージシャンの使用で有名になったハイエンドギターブランド Tom AndersonのDrop Top Classicの調整です。

Studio GREAMのユーザーであるRoddy氏が恋焦がれて先日入手したギターです。
オリジナル状態でも素晴らしい仕上がりですが、ノイズが気になるという事で更なるノイズ処理や調整を行いました。

   DSC05612.jpg

Deep Ocean Blueという深い青い海を写し取ったかのような美しいカラーです。

トップの杢目を見やすくする為に明るく撮影してあります。
   DSC05617.jpg

ボディバックはブックマッチで木取りされた軽量なアルダーです。
   DSC05632.jpg
一般的には見慣れない小さな長方形のパーツは後ほど記述します。

ヘッドもボディと同色で塗装された”マッチングヘッド”です。
   DSC05622.jpg
   DSC05638.jpg
このシリアルナンバーをオフィシャルHPで入力検索するとこのギターのデータが引き出せます。
serialSearch←Tomを所有している方はシリアルナンバーを入力してみて下さい。

この今回のギターの場合はこのように表示されます。
Results for Serial Number - 04-02-10P

If neck Back Shape field comes up blank it denotes the standard neck back shape for that particular model guitar, i.e. Even-Taper (T/A Standard), Happy Medium (Cobra & Atom Standard), Crowdster Standard, or Baritom Standard.

Model - Drop Top Classic
Body Finish - Deep Ocean Blue with Binding
Body Wood - Quilted Maple Top on Alder
Neck Wood - Hard Rock Maple, Rosewood Fretboard
Neck Finish - Matching Headstock, Satin Back
Nutwidth - 1 5/8 in
Frets - Heavy
Back Shape - Even Taper
Hardware - Chrome
Bridge - Sunken Floyd Rose
Pickguard - White Pearloid
Pickups - SF2R SF2 HN2+
Switching - Switcheroo
Strings - .009-.042 Elixir strings
Comments -

BFTS


Tom Andersonで秀逸なのはこのネックやボディなどのエッジ処理や全体の重量バランスなんだと思います。
   DSC05626.jpg
手作業で一つずつ仕上げられたフィンガーボードエッジはストレスの無い運指が出来ますね。
実はStudio GREAMでお預かりしたギターには(削る量はもう少し少ないですが)以前からこの処理を取り入れています。
ネックが実際よりも小さめに感じるようになります。

   DSC05635.jpg
そのネックをボディに2ボルトでジョイントするというオリジナルの方法ですが、ボディ側もネック側も素晴らしい加工精度で作られていますので横にずれたりする心配は無いですね。
ヒールも薄く、ハイポジションも演奏しやすいです。


このコントロール類が見慣れない方もいるかとは思いますが、これはSwitcherooというピックアップの選択スイッチです。
   DSC05628.jpg
   DSC05642.jpg

各ピックアップのSERIES/OFF/PARALLEL(SPRIT)を切り替えます。
このTom Andersonのピックアップはそれぞれに2個のコイルを組み合わせたハムキャンセル構造です。
シングルコイルに見えるピックアップも内部ではコイルが縦積みになっており、直列か並列かを選択することで幅広いトーンを獲得できます。
一般的な5wayレバースイッチでは出来ないような、フロント&リアや、フロント&センター&リアの全てを鳴らすという事も出来る訳です。
更に、ピックアップセレクトがどんな状態でも一発でリアのハムバッカーへ移行するソロスイッチも付いています。

ボディ側に目を移すとカーボンフィラーの導電塗料が塗られていました。
   DSC05643.jpg
隅々までしっかりと塗られており、F社やG社の適当な!?作業とは全く違います。

ピックガード側には銅のシートが貼られており、低周波ノイズにしっかりと対策が施されていました。
   DSC05640.jpg
貼った後にカッターで余分な部分を切り取った跡が残っていた点がハンドメイド感たっぷりでした。

コントロールにはスライドスイッチが見えますね。
   DSC05641.jpg
これを動かして各ピックアップごとにPARALLELとSPRITのどちらで鳴らすかを決めます。
その設定のための小窓を塞いでいたのがボディバックの小さな白いパネルなのです。

ボリュームポットはALPHA製の小型ですが、それより何よりハンダが山盛り使われていました。
   DSC05644.jpg
金属ノブと金属シャフトポットの使用時に起こる、カサカサノイズを無くすためにポットとノブを交換します。
このポットにはCTS製の選別品を更にStudio GREAMで抵抗値を測ってマッチングしたものを使用しています。
   DSC05647.jpg
コンデンサはオリジナルと数値は同じですがポリプロピレンの小型タイプを採用。
言ってしまえばオレンジドロップの耐圧が低いバージョンです。
より抜けの良いトーンを狙っています。

ハンダは最小限の使用に留めています。
   DSC05649.jpg

導電塗料を塗り直した状態です。
銅粉末に銀でコーティングしたフィラーを使っています。
カーボンフィラーに比べると遥かに高額ですが、ノイズの減り方は歴然ですよ。
   DSC05652.jpg

このピックアップキャビティが何かかの顔のように見えたので撮影してみました。
   DSC05653.jpg DSC05654.jpg
実際にはピックアップ下のネジの出っ張りをかわすための加工なのですが、そういう所まで拘って作っているのは感心しますね。


この他にもグラウンドの配線をやり直したり、ジャックをRoddy氏の定番であるステレオジャックに交換したりといった作業を行ったのですが、写真を撮影し忘れました。


今後、Roddy氏と末永く歩んでくれる事と思います。



調整&ノイズ処理 \12000
ポット交換 2ヶ \2100
ナイロンスリーブ付きメタルノブ 2ヶ \1050

合計\15150でした。






以前、上記のようにノイズ処理を施したギターでしたが、ピックアップがイマイチ納得がいかないとの事で、EMGを載せる事になりました。

しかしパッシブに戻したい事も出てくるかもしれない。
その度にスイッチやらピックアップやらを交換しているとお金も手間もかかるし気軽に試せません。

それでピックガードを新たに用意してEMG用にしよう!という事で話がまとまりました。

ピックガードは純正品を入手する事が出来なかったので、オリジナルピックガードから型を起こして作成。
   DSC07158.jpg
全く同じピックガード材が無かったため、若干の厚みの差はありますが、ほぼ同じルックスを保つ事は出来たと思います。

コントロールのアップ。
   DSC07146.jpg
クリアノブは高級感を狙って付けてみましたが、後々は交換する事になると思います。
トグルスイッチはピックアップセレクトがショートハンドル、リアハムダイレクトスイッチは瞬間の操作ミスを防ぐためノーマルハンドルになっています。

内側はこのような状態。
   DSC07152.jpg
EMG-Xシリーズはハンダ不要のピックアップなのですが、今回は特殊なセレクタースイッチ構造のため、いかにオリジナルを残しつつ限られたスペースに収めるかで苦労しました。
一般的な四角い9V電池すら入らなかったので、単5サイズで12V取れる特殊な小型電池で電源供給しています。

更に、プリアンプを駆動する電圧を2種類用意しました。
   DSC07129.jpg
この基板で9Vと23Vの2種類を作りだしています。

裏側の小さなプレートを外して見える白いスイッチを押す事で、電圧を9V/23Vと交互に切り替えが出来るようになっています。
   DSC07140.jpg

アクティブタイプとパッシブタイプの比較。
   DSC07149.jpg DSC07156.jpg
このそれぞれのピックガードにはロック付きコネクターが取り付けてあり、差し替えるだけで交換が出来るようになっています。
   DSC07148.jpg
弦を緩めたりピックガード取り付けネジを外す必要はありますが、ハンダ不要でサウンドを大幅に変えられるので便利だと思います。

EMGを載せた表情はこのように精悍な雰囲気です。
   DSC07142.jpg
圧倒的にローノイズになったDROPTOP CLASSICはこれからもRODDYを支えていってくれることでしょう。

ピックガード作成 12000円
EMG組み込み・昇圧回路作成 12000円
セレクタースイッチ、電池など部品一式 4200円

そのRODDY氏が参加しているVRAINのライブ映像が配線されました。

この頃はまだEMGを搭載前のパッシブピックアップです。





上記のような改造を2011年9月に施して使用していたRoddy氏ですが、この小型電池と2種類の電圧発生回路では消費が激しく、頻繁に電池交換が必要でした。
   IMG_0194.jpg
当時はボディ切削加工は極力行いたくないという意向だったため、掘らないで使用できる小型電池仕様にしておりましたが、今回は9Vバッテリーを最小限のボディ加工で搭載する事で話がまとまりました。

既に開いている開口部を電池とバッテリースナップが入るギリギリのサイズで拡大し、裏蓋を作成して落とし込み加工を施しました。
   IMG_0195.jpg
そして電源の昇圧回路も新設計で作り直して、より省電力になりました。
   画像 004
新品電池のおよそ9.7V程度の入力で18.2V程度をピックアップや回路に供給しつつ、電池の消費電流は4.7mAに抑えました。
(BOSSのオーバードライブSD-1程度の低消費電流です)

作成した裏蓋にバッテリーホルダーを強力両面テープで貼り付けて固定しました。
   画像 005
バッテリーホルダー部分だけアルミテープを切り取っています。

内部のベージュ色の収縮チューブで保護されているのが小型昇圧基板です。
   画像 006

裏蓋を取り付けて完成!
   画像 007
トレモロスプリング部分のパネルはオリジナルなので、経年で色焼けが発生していますが、約1年半前に作成したピックガードとは色合いが揃っています。

2013年7月にNEW ALBAMをリリースするVRAIN!
VAPTISM of MARSVAPTISM of MARS
(2013/07/17)
VRAIN

商品詳細を見る

Studio GREAMもSPECIAL THANKSとしてクレジットしていただいているとの事。
本当にありがとうございます。
発売日が待ち遠しいですね。



今後更なるRoddy氏の活躍を期待しています。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom GUITARS & EFFECTS,Repair
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
GIBSON 1970年製SG SPECIALのネック折れ修理・フレット交換
今回は1970年製のGIBSON SG SPECIALのネック折れ修理とフレット交換、なんですが…
写真が全くもって残っていなくて(撮れていなくて)改めて機会があったら加筆修正する事を前提で公開します。

さて問題のギターですが、ライブで盛り上がっちゃって、翌日にギターを見たら…やけに弦高が高いぞ?との事で…


「ネックの根本にヒビが入っている!」
と連絡を受け…すぐに弦は外してもらった上でお預かりしました。
   IMG_0050.jpg
投げた?倒した?色々と折れた原因を考えましたが…はっきりとは仰らなかったのです。

衝撃の行為は後ほどwww

さて、その破損箇所を確認していきます。
   IMG_0051.jpg
こう見ると大したことなさそうなヒビにも見えますが…

ジョイント部分はしっかりと割れて、押せば開く状態でした。
   IMG_0052.jpg
わざとテンションを掛けて傷口を開いてみました。
   IMG_0053.jpg
どちらにせよ接着剤を隅々まで充填するために、このように傷口を広げつつ注入するので、その確認も兼ねて、ですね。

破片やささくれも無い状態(破損の翌日に預かり)だったので、すぐにタイトボンドを注入し、クランプ!!
   IMG_0054.jpg
このまま丸2日待機しまして、クランプを外し、傷跡を滑らかに均しました。

元々の塗装にクラックがあったため、割れた跡が判りにくくなっていますね。
   画像 002
この写真の白っぽいラインが割れた跡です。
   画像 001
フラッシュの当たり方によっては見える程度です。

そして…なんとこのネック折れが発生した後日(修理預かり中)に別のギターでまた同様のプレイを敢行されたとの事で…
証拠動画を公開致します。

勿論、ご本人には公開許可をいただいておりますが…これを仕込み角度付きネックのギターでやったのならば…

確かに折れても仕方ないかな、と(笑)

そして無事に接着できた事を確認してから、すり減ったフレットやナットの交換を行いまして…
   1002786_391341890984471_2121674891_n.jpg
見事、更に丈夫になって復活しました!!
   943081_391341774317816_2137815094_n.jpg
一度折れてから修理した方が音が良いとか、そんな都市伝説を耳にしますが…
   999260_391342010984459_1888895242_n.jpg
それが正しいかどうかはさておき、仕上がったギターはこれまたとても良い音していたので…
テンション上がって再びやっちゃわないか心配と期待が入り混じります。

折れたら…きっとまた直します(笑)


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp

YAMAHA FG-450の調整とナット交換
オークションで中古で入手されて、汚れも酷く、メンテナンスを!という事でStudio GREAMに持ち込まれたYAMAHAのFG-450です。
   DSC02172.jpg
オリジナルピックガードを剥がして、DOVEのピックガードが貼られていました。

ペグボタンはひとつ紛失してしまっていましたので、一式交換する事になりました。
   DSC02174.jpg
全く同じペグは入手が難しいので、GOTOHの物で交換します。

全体的に汚れが堆積していましたので、これらは徹底的に磨いていこうと思います。
   DSC02173.jpg
指板の手垢や埃は…触るのも躊躇してしまいそうでしたので、ガシガシ磨きます!!
   DSC02175.jpg
ヘッド裏側はこのような感じですので、ペグ交換のために取り外してクリーニング。
   DSC02177.jpg

新しいGOTOHペグは、オリジナルペグとネジ穴位置が僅かに異なりますので、一度穴埋めをして開け直します。
   DSC02316.jpg
ペグを取り付けました。
よくよく見ると、ネジ穴を埋めた木材が見えますが、かなり目立たないように処置は出来たかと思います。
   DSC02317.jpg
マグナムロック付きのペグにしましたので、弦交換も簡単ですね。

そしてナット溝がすり減ってしまっていて、3&4弦の解放はビリついて音にならない状態…
   IMG_0220.jpg
一度はナット交換しない状態で納品したのですが、やはり演奏に支障があるとの事でナット交換で再入院となりまして…
   IMG_0224.jpg
ナットも交換し、しっかり使える状態になりました。

あとは、弦の張りっぱなしによるブリッジ部分の膨れが起きている状態でしたので、弦高を少し下げたい場合にはその部分の修正も必要になってくるでしょう。

しかし、合板ボディの廉価モデルではありますが、音が大きい!
古いヤマハは侮れないなと思わされたギターでした。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
GIBSON Les Paul SPECIALの全体調整
今回はGIBSON Les Paul SPECIALの全体調整です。
   IMG_0148.jpg
シングルカット、ソープバーピックアップ×2、TOMブリッジのレスポールスペシャルが欲しいなぁとずっと思っているので、スペック的にはまさにこれ!なギターでした。

ナット溝は大幅に高く、ローポジションではピッチが安定しません…
   IMG_0149.jpg
それにしても、何度確認しても溝が浅すぎる…

トグルスイッチのナットは使用に伴って緩んでしまい、スイッチが回転してしまっていました。
   IMG_0153.jpg
コントロールキャビティにも導電塗料は塗られていませんね。
   IMG_0151.jpg
ポット間をつなぐアース線がしっかりひかれていて、この部分は好印象です。

しかし、セレクタースイッチからジャックへとつながる線は絶縁無し!
   IMG_0154.jpg
もしもショートして音が出なくなったらと思うと青ざめます…

今回は定番のノイズ処理と全体調整なので、ひとまず部品を全て外して…
   IMG_0155.jpg
ワックス掛けと導電塗料を塗布しました。

乾燥したら組立ます。
   IMG_0157.jpg
配線材はBELDENで統一。
全体的に線の太さも増しています。

ピックアップのリード線も、しっかりとシールド線をほぐして引き出してあります。
   IMG_0156.jpg

ナット溝と外形の修正と行いましたので、素材の白っぽい色になっていますが、暫くすると色が焼けて黄色みがかってくるでしょう。
   IMG_0162.jpg
指板エッジ(のバインディング)もいつものように面取りを行っています。
   IMG_0161.jpg
ブリッジなどの金属パーツも磨いて汚れを落として組み直しています。
   IMG_0159.jpg
最後に再びワックス掛けを行って完成!!
   IMG_0160.jpg
元々、スタックハム構造のP-100ピックアップが使用されていたためノイズは若干少なめでしたが、今回の処理により、ほぼストレスを感じること無く演奏できるようになったと思います。

購入後から、いまいち音が気に入らなくてあまり手に取らなかったギターだそうですが、これを機に出番が増えると良いなと思います。


全体調整・ノイズ処理 15000円
ダダリオ 09-42弦 630円

合計15630円でした。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp