機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
BACCHUS BJB-HLの全体調整・ノイズ処理
BACCHUSのエントリークラスであるUNIVERSEシリーズで、カタログにも載らずに生産が終了したと噂のBJB-HL(正確な形番は不明)の全体調整・ノイズ処理です。
   IMG_0893.jpg
アッシュ材を用いたセミホローボディはかなり軽いのですが、対してヘッド重量が重くなってしまい、ストラップを掛けた時のヘッド落ちが顕著でした。

指板エッジは流石にこのクラスになると面取りはされておらず、角張った印象。
   IMG_0895.jpg
ブリッジサドルのオクターブ位置は明らかにズレていましたが…どうしてこんな位置になってしまったのかが気になりますね。
   IMG_0894.jpg
ヘッド落ちする原因はペグにありました。
   IMG_0896.jpg
ボディ重量は軽くなったのに、一般的な重量のマシンヘッドだと当然そうなりますよね。
   IMG_0897.jpg
そこで軽量ペグとして有名なHIPSHOTのULTRALIGHTというペグを手配しまして交換。
   IMG_0914.jpg
元々のネジ穴も目立ちにくいように埋めましたが、ウレタンの塗装がとにかく厚い!
塗装がひび割れてきてしまうので、あまり引っ掻いたりしない方が良いですね。

ネック裏にはやすり掛けを行って、グロスフィニッシュから半艶のサテン仕上げにしました。
   IMG_0915.jpg
ナット裏辺りから滑らかにサテンに変わっています。

次にコントロールキャビティですが、開けた状態での写真撮影を忘れておりまして…アッセンブリを取り外した状態です。
   IMG_0901.jpg
導電塗料は初めから塗られていましたが、シングルコイルピックアップ特有のジーッ!というノイズは出ていまして、それも改善したいとご希望でした。

こちらは取り外したアッセンブリ。
   IMG_0900.jpg
配線のやり直しは行いますが、ガリが出ていたジャック以外の部品は再利用です。

そして導電塗料を塗って、アースラグを用いて確実にグラウンドへ接続する準備を行います。
   IMG_0909.jpg
ピックアップからのリード線は撚っておきまして、キャビティには導電塗料を塗った上で、ピックアップ下には真鍮板によるアースプレートも設置してあります。

アッセンブリを組み込んだらこのようになりました。
   IMG_0910.jpg
指板エッジもいつものように丁寧に面取りを行ってあります。
   IMG_0913.jpg
ネックの仕込み角度も0.5mm厚のシムを入れて調整し、弦高やオクターブもしっかり合わせる事が出来ました。
   IMG_0912.jpg
最終的にワックス掛けを行って完成です。
   IMG_0911.jpg
僅か200g程度ヘッドが軽くなったのですが、効果は絶大でした。
ストラップをかけてもヘッド落ちしませんし、チューニング精度も上がっています。

フレットレベルにバラツキが見受けられるので、次は擦り合わせ作業を行うと、ベストコンディションに持って行けると思います。

全体調整・ノイズ処理(BASS) 16000円
ペグ交換(ネジ穴埋め&開け直し含む) 4500円
HIPSHOT ULTRA LIGHTペグ @4200 4個 16800円
SWITCHCRAFT ステレオジャック 630円
WARWICK 045-105ステンレス弦 1575円

合計39505円でした。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
スポンサーサイト
Bill Lawrence TRIGGER2のピックアップ交換
今回は1980~90年代に安価ながら音が作りが良いという事で人気を博したBill LawrenceブランドのTRIGGER2という、テレキャスタータイプのピックアップ交換を行いました。

ピックガードは取り外され、シンプルなルックスになっていました。
   IMG_0916.jpg
特徴的なヘッド形状。
ペグはBill Lawrence刻印のあるクルーソンタイプ。
   IMG_0918.jpg
50年代初期のスタイルを意識した仕様の中に、L字のブリッジプレート&6連ブラスサドルなど本家には無かった仕様で作られています。
   IMG_0917.jpg
コントロールプレートのネジは、紛失したのかオーバーサイズのネジに交換されており、ちょっと不格好でしたので、穴埋めして本来のサイズで取り付け直します。
   IMG_0919.jpg
電装部品はいわゆる国産ミリ規格品。
   IMG_0921.jpg
これが後々大きな落とし穴に…

交換のために持ち込まれたピックアップはEMGのテレキャスターセット。
   IMG_0922.jpg
必要な部品は揃っているが、狭いテレキャスターのキャビティでは電池も入らず、コネクター式の配線は短く切る訳にもいかず…いつも大変です。
素直にハンダ付けする方が私は好き。

コントロールプレートの取り付けネジ穴を埋め木して開け直しました。
   IMG_0924.jpg

電池が収まらないならバッテリーボックスを掘るしか無い!との事で…
   IMG_0925.jpg
テンプレートを貼り付けてサクッと加工。

ピックアップの背が高くなるため、キャビティ内に収まらず…
   IMG_0926.jpg
ピックアップキャビティも少し(フロント7mm、リア3mm)深く掘り足しました。

木材剥き出しでは湿度の出入りもあるので、マスキングして目止めとラッカーブラックで塗装。
   IMG_0927.jpg
バッテリーボックスはこの位置に設置しました。
   IMG_0930.jpg

テレキャスターのブリッジピックアップは、裏側に貼られた金属プレートとネジを介して弦をアースに落としている構造の物もあるのですが、このギターもそうでした。
   IMG_0928.jpg
EMGピックアップには金属板が無かったので、そのまま搭載したら弦アースが取れない事になりますので、アースラグを用意して、スプリングでプレートに押し付けるように取り付けました。

アッセンブリをプレートに搭載!
とは簡単にはいかず、EMGキットの部品は全てインチサイズで、プレートに開いている元々の穴よりも全て大きかったのです…
   IMG_0929.jpg
加工が必要なネジ穴は、ドリルで拡大して取り付けを行いました。

無事に取り付け完了で弦を張って弦高などを軽く調整。
   IMG_0932.jpg
勿論、元々の汚れた状態では仕上げません。
しっかりとワックス掛けも行って輝きを取り戻しました。
   IMG_0931.jpg
流石、ローインピーダンスピックアップ!ノイズ処理が一切されていないギターでも殆ど気になるようなノイズが出ない…
しかしサウンドはEMG特有のとても整った使い易いキャラクターで、いわゆるテレキャスターのTwangieなサウンドでは無かったですが、使い道が沢山ありそうですね。


ピックアップ交換(アクティブタイプ) @3500 2個 7000円
バッテリーボックス増設 7000円
ピックアップキャビティザグリ 5000円
コントロールプレートネジ穴補修・開け直し 525円
DURACELL 9Vバッテリー 525円

合計20050円でした。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
BACCHUS BSA-800の全体調整・ノイズ処理
今回は日本が誇る大手ハンドメイドブランドBACCHUSのBSA-800の全体調整とノイズ処理を行います。
   IMG_0866.jpg
一見、ES-335のようにも見えますが、Fホール無しのセミホロー構造です。

指板のエッジは少し角張っており、いつものごとく面取りを行っていきましょう。
   IMG_0868.jpg
お預かり時に3&4弦が妙にビリつくなぁと思い、ブリッジの曲がりを疑ってみました。
   IMG_0867.jpg
スケールを当ててみると…こんなに湾曲してしまっています。
   IMG_0865.jpg
硬い金属なので曲がらないと思いきや、実はTOMブリッジで多いトラブルです。

コントロールアッセンブリは全てリアピックアップキャビティから出し入れを行うので、パズルのようです。
   IMG_0870.jpg
GIBSONのES-335ではトップのメイプルとセンターブロックの間にはスノコ状に切られたスプルース材が入れられていますが、このギターではそれがありませんでした。
   IMG_0871.jpg
アッセンブリにはガリなども盛大に出ており、今回は全て高品質部品への交換で組み直しを行う事になりました。
   IMG_0872.jpg
上記写真にもあるように、ブリッジやテールピースのアンカーも抜けてきていたので、穴埋めと開け直しを行います。
   IMG_0874.jpg
効果は僅かではありますが、ピックアップキャビティ内には導電塗料を塗って、グラウンドへ接続。

アッセンブリは先に組み立てておきます。
内部に導電塗料が塗れないため、OFCを用いたシールド線で全ての配線をひいています。
   IMG_0875.jpg
モッコモコなサウンドにはならないように、トーンポットは50'sワイヤリングで組み、コンデンサはお客様のお持込みいただいたオレンジドロップを搭載しました。

このアッセンブリを既定の位置に配置するのがとにかく大変!
   画像
シリコンチューブとタコ糸を駆使して、部品を入れる順番を考えながら納めていきます。
(文章で書くと一瞬ですが、数時間ぐらいは格闘しております)

曲がりが見られたブリッジはGOTOH製のTOMブリッジを取り寄せて交換しました。
   IMG_0905.jpg
スタッドアンカーの穴サイズも合わなかったので、一度埋めて開け直して交換しています。

指板エッジやフレットの面取りも完了して柔らかな握り心地になりました。
   IMG_0908.jpg
全体的にワックス掛けを行って完成です。
   IMG_0906.jpg
GIBSONのES-335と構造も異なりますので単純比較はできませんが、ホローボディの柔らかいサウンドが基本で、ソリッドのハウリングのし難さが加わったような雰囲気でした。

納品後に以下のような感想を頂けましたのでご紹介させていただきます。
ギター受取りました。
音の抜けが半端じゃないですね。
演奏もしやすくなっています。
センターポジションも良い感じです。
ツマミをいじりまくっています。
ありがとうございました。
またよろしくお願いします。


お喜びいただき幸いです。

全体調整・ノイズ処理 15000円
セミアコ・フルアコ アップチャージ 5000円
ラージアンカーTOMブリッジ(ゴールド) 4725円
Vol. POT @1050 2個 2100円
TONE POT @1050 2個 2100円
スピードノブ(インチ・ブラック) @420 4個 1680円
MONOロングジャック 630円
スイッチクラフト3wayトグルスイッチ 2940円
ダダリオ10-46弦 630円
トーンコンデンサは持込み
合計34805円でした。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
Shin's Music GCB-95 Special Mod.のDCジャック交換・他
定番ワウであるJIM DUNLOPのGCB-95を、あのShin's Musicでモディファイされたモデル!
今回はこのワウの奥まったDCジャックの交換とノイズフィルタの追加作業を行います。
   IMG_0887.jpg
外観はつま先部分にLEDが増設され、Shin's Musicのステッカーが貼られた程度の、ノーマル然としたルックス。

DCジャックは奥まっており、L形のプラグが使えない形状になっています。
   IMG_0889.jpg
今回はこのジャックを交換し、L形のプラグが使えるように改造していきます。

中身を見ていきましょう。
   IMG_0891.jpg
ワウのインプットバッファの撤去、トゥルーバイパス化、オリジナルよりも可変ピークの重心を少し下げたような回路定数の変更になっていました。

外からナット留めするジャックが使用出来るように、ケース内側を削って傾斜角度を合わせます。
   IMG_0892.jpg

純正のジャックを取り外し、新たなジャックに配線を行います。
   IMG_0898.jpg
併せて、電源部分にノイズフィルタを追加搭載しました。
ドライブペダルと併用した時のサーっというノイズが、若干ですが低減されています。

DCジャック交換(ケース加工含む) 2500円
ノイズ低減フィルター追加 1500円

合計4000円でした。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
FENDER 1979STRATOCASTERの全体調整
今回は1979年製FENDER STRATOCASTERの全体調整です。
   IMG_0786.jpg
奇麗に焼けて、かつ傷も少ないコンディションの物を探されていたそうで…やっと入手されたとの事。

ナットはTUSQに交換されていましたが、溝の幅がブカブカで、3弦は特に立ちあがってこないサウンドでした。
   IMG_0789.jpg
指板エッジは若干は面取りがされているようでしたが、今回は更に追加を行います。
   IMG_0788.jpg
ブリッジはアームアップすると3弦12フレットで1音半上がる状態にセットされています。
   IMG_0787.jpg
ネジ類は少しサビが目立ちますね。
ピックガードを外してみましょう。
   IMG_0790.jpg
ノイズ処理はされていません、と思いきや…
   IMG_0791.jpg
コントロールキャビティ内とジャックキャビティ内にグラウンドへ配線されているラグがネジ止めされています。
   IMG_0792.jpg
塗装の下に炭素系導電塗料を先に塗ってあり、それをグラウンドに落とすようにしつつ、上から塗装されているのでした。
しかし抵抗値がありすぎます。
試しに測定してみるとフロントピックアップ下位置からこのアースラグまでの抵抗値はおよそ250KΩ…グラウンドレベルが揃っていない訳です。
アッセンブリではピックガード、ピックアップカバーは交換されていましたが、ヴォリュームポットやピックアップなどはオリジナルでした。
   IMG_0793.jpg
今回はピックガードアッセンブリを作り直して総入れ替えする事になりましたので、オリジナルはそのまま外して保管。
   IMG_0794.jpg

こちらがピックガードから新たに組み直したアッセンブリ↓
   IMG_0808.jpg
御持込みいただいたリンディ・フレーリンのREAL54ピックアップセットを組んでいます。
ヴォリュームカーブの変更と、グレースバケットトーンサーキット、リアピックアップにもトーンが効くように、オーナー様の定番スペックです。

キャビティ内の塗装、塗装下の導電塗料まで削り落して、新たに銅系導電塗料を塗り直しました。
   IMG_0809.jpg
アースラグポイントは再利用しましたが、フロントピックアップ下位置からの抵抗値は僅か5Ω程度まで下がりました。
   IMG_0810.jpg
ナット溝切り調整後に、外形を整えていきます。
   IMG_0811.jpg
高さやRを整えて磨きました。
   IMG_0812.jpg
溝の深さが相対的に浅くなったように見えますが、ナット自体の高さが削りによって下がっているためです。
ナットの溝に沿って木材にまで溝を切られていますが、これはお預かり時からです。
ナット交換時に角度を付け過ぎたのでしょう。

ネック裏はウレタンの艶有り仕上げでしたが、ナット裏を境にサテン仕上げに変更しています。
   IMG_0817.jpg
サラッとした手触りは、汗をかいても快適な演奏性です。

指板のエッジも面取りを行いました。
   IMG_0815.jpg
この写真では写っていませんが、ネックポケット寸法が広すぎてすぐにセンターズレをしてしまう状態でしたので、ポケット内壁にスペーサーを貼り付けてセンターがずれないように微調整しています。

ブリッジは全バラシの上で磨いて組み直しました。
   IMG_0814.jpg
サドルと弦の接する部分はハンドリューターバフを使って磨き上げしてあります。

全体的にワックス掛けを行って完成です。
   IMG_0813.jpg
ピックガードはオーナー自身がコーヒー浸けして着色した物をお持込みいただきましたが、その後にStudio GREAMで細かい傷や汚れ、焼けを追加して古びた感じに仕上げています。

全体調整・ノイズ処理 15000円
ピックガード取り付け穴位置修正 2000円
VOL. POT 1050円
TONE POT @1050 2個 2100円
5wayセレクタースイッチ 2100円
弦・ジャック・ピックガード・ピックアップはお持込みいただきましたので、合計22250円でした。


このギター、実は私と同い年です。
今のうちに私も全体調整というか診断というか、受けておきたい気分になりました(笑)


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
BENJI ST-TYPEの全体調整
熊本にある某ギタークラフトショップで作られたストラトタイプの調整が再び入ってきました。
以前手がけた作業もオーダーメイドSTRATOCASTERタイプの調整として記事をご紹介しております。

   IMG_0830.jpg
ラッカー塗装なのですが、塗装が定着していない状態で納品したのか、塗装が滑ってしまっています。
   IMG_0831.jpg
木材は相変わらず良い物を使用していますね。
   IMG_0839.jpg
ナットは牛骨ですが、少しエラが張ったような形状でしたので、整形をしないといけないです。
   IMG_0833.jpg
指板のエッジはかなり角張っていて、普段、柔らかい握りのネックを触っている私としては面取りが必須な状態でした。
   IMG_0832.jpg
トレモロの動きが渋い、高音弦がシタールみたいにビレて元気が無い音を改善したい、との事で持ち込まれたギターなのですが…
   IMG_0834.jpg
トレモロとピックガードの一部が接触して引っ掛かっていました。
勿論、引っ掛からないようにピックガード側を少し削ってクリアランスを確保しておきました。

ブリッジを外してみると…
   IMG_0840.jpg
トレモロマウントスクリューのネジ穴が揃っていない…4弦は目視で判りますが、実は3弦の穴もズレていました。

ボディ側には導電塗料が塗られていましたが、塗装と反応して収縮が起こっており、定着していません。
   IMG_0835.jpg
また、グラウンドには全く接続されていない塗り方でしたので、ノイズシールド効果は全く見込めない状態でした。

ピックガード側にもシールドテープは部分的にしか貼られていません。
   IMG_0836.jpg
実際、ノイズが多いので何とかしたい!という希望もありましたので、定番のノイズ処理を行っていきます。

配線やハンダ付けも少々残念な仕上がり…
   IMG_0837.jpg
TONEポットにBカーブをチョイスしているのはなぜでしょうか…トーンノブを絞っていって最後に急激に高音域が落ちる、とても使いにくい可変をするのですが…
今回はコストの関係でAカーブポットには交換せず再利用です。

先に塗られていた導電塗料を削り落し、新たに隅々まで塗って乾燥後にアースラグを接続。
   IMG_0844.jpg

こちらは部品は再利用で配線などはやり直したアッセンブリ。
   IMG_0841.jpg
トーンコンデンサの値も(お預かり時は)ハムバッカー向けの数値が載っていたので、1弦の輪郭がはっきりするような共振周波数になるように交換しています。
   IMG_0842.jpg
ヴォリュームポットの可変カーブは、より滑らかにトーンと音量の変化が得られるように変更しました。

ナット溝の切り増しと外形を整えて、ローポジションでネックを握り込むような弾き方でも、ナットが手に当たって痛くないような仕上げになっています。
   IMG_0850.jpg
指板エッジは定番の面取り加工済みです。
   IMG_0848.jpg

ブリッジサドルの両端や弦との接触面をペーパーで奇麗に磨いて修正を行いました。
   IMG_0845.jpg
コストの関係でネジ穴の修正は行いませんでしたが、マウントスクリューの軸にノッチを切り込んでスムーズなトレモロ動作が得られるようにして対応しました。

その他、ヘッドに開いているペグ穴のセンターが合っていなくてペグブッシュが浮いてきていたり…
色々と修正をしたい個所はあったギターですが、ひとまず出来る範囲では作業を行いました。
今後、部分的に修正を重ねながら改善していく事になると思います。

ワックス掛けを行って完成。
   IMG_0847.jpg
お預かり時よりも下がった弦高でもビリ付きも無くなり、「同じギターとは思えない!これで使える!!」との感想をいただけました。

全体調整・ノイズ処理 15000円
ダダリオ EXL-110(10-46弦) 630円

合計15630円でした。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
Studio GREAM Original Durandal TWINの作成
Studio GREAMにはPEAVEY 5150アンプのサウンドをRoland JC-120で再現するというコンセプトで作ったDurandalというペダルがありますが、今回はそれを2台まとめたペダルをカスタムオーダーで作成しました。

Durandal TWINと名付けました。
カラーリングに強い指定がありましたので、実現すべく試行錯誤を繰り返しました。
   画像 004
基本的には紫と緑を半々にしつつ、黒を挿し色で入れるイメージだったのですが、研ぎ出してみたらちょっとハードな印象だったので…
   画像 001
この上から更にメタリックグリーンとパープルを半々で塗りまして…
   画像 007
再度、研ぎ出しを行いました。
   画像 008
ラベルを作成して貼り込んだら…
   画像 013
ウレタンクリアを吹いて、十分に乾燥時間を取りました。

間が暫く空いてしまったのですが、2台分の回路を入れつつ、若干の手直しも行いまして…
   画像 014
結局殆ど新規作成になってしまったレイアウト。
   画像 015
基板を作成したら部品を実装してケースに組み込みました。
   IMG_0829.jpg
激しいルックス(笑)
   IMG_0827.jpg
内部は完全に独立した2台が納められていますが、微妙に定数を調整してキャラクター差を作ってあります。
   IMG_0826.jpg
チャンネルを示したりするLEDが見当たりませんが、これは見た目のアクセントでもあります。

電源ONで各チャンネルのどちらを選択しているかが判るようにクリアノブがうっすら光ります。
   画像 017
これはグリーンのチャンネルを選択中↑
対してこちらはパープル↓
   画像 016

そしてエフェクトONになると更に明るくなります。
   画像 018
グリーンとパープルそれぞれが明るくなります。
   画像 019
写真ではパープルが明るく見えますが、実際は同じぐらいか、グリーンの方が明るいぐらいです。

内部回路は部品定数を一部隠しておりますが、こんな感じです。
   画像 021

サウンドに関しては動画を撮ってみましたが…
マイクのセッティングが悪かったのか、音圧感が少ないとのご指摘を受けました。
まぁしかしキャラクターの雰囲気は伝わるかな、といった程度でどうぞ。


さて、ここまで見てきてこのカラーリングの元ネタが解った方もいらっしゃるかもしれませんが…
   8d135da949cea0d746b222e25b7d8768.jpg
実はこの「事務所に推され隊」のイメージでした(笑)


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp

FERNANDES FV-80Kの全体調整・他
今回はFERNANDES FV-80Kの全体調整です。
黒夢というバンドのギタリスト”鈴木新”氏のシグネチャーモデルですね。
   IMG_0538.jpg
元はホワイトなのですが、経年による日焼けでクリーム色になっていました。

ブリッジサドルはひとつ紛失したのか、他の物が取り付けられていましたが、これからもオーナーの愛着が伺えます。
   IMG_0541.jpg
ノブはブラックのスピードノブが標準だったかと思いますが、これは交換されていました。
   IMG_0540.jpg
ジャックには目立つガリが出ていたので、この際に交換する事にします。
   IMG_0539.jpg
ペグのゴールドメッキも使用により剥がれて薄くなっています。
   IMG_0543.jpg
指板のエッジは標準的ですが、当然のことながら面取りを行っていきます。
   IMG_0542.jpg
使用に伴い、フレットの減りが目立ちましたし、ハイポジションのはね上がりも起きていましたので、フレット擦り合わせも行います。
   IMG_0546.jpg
金属パーツを全てブラックカラーに変更しつつ、ブリッジはFLOYD ROSEに載せ換えるため、ナットの取り付けネジ穴も一度埋めてから開け直します。
   IMG_0574.jpg
削りまくって擦り合わせ完了。
   IMG_0575.jpg
かなり低くなってしまったので、次回はフレット交換となります。

次にコントロールキャビティを見ていきましょう。
   IMG_0544.jpg
FGIテクノロジーピックアップが搭載され、トレブリーなサウンドキャラクターでした。
ノイズ処理関係は一切行われていません。

部品を外し、元々のヴォリューム位置にはミニトグルスイッチを、そして新規にヴォリュームをセレクターに近付けた位置に穴あけを行いました。
   画像
するとバッテリーがあったスペースが邪魔になりましたので、ここを削っていきます。
ボリュームの穴(8mm)とミニスイッチの穴(6.5mm)の径が異なるため、この穴も一度埋めてから開け直しています。
   IMG_0548.jpg
ヴォリュームは重めの回転トルクがご希望でしたので、TOCOSのポットをチョイスしました。

導電塗料を塗ったら配線を行います。
   IMG_0721.jpg
ピックアップもフロント/リア共にDIMARZIO製を御持込みいただき、位相を確認しながらミニスイッチに配線。

リアピックアップのエスカッションも黒に変更するため、ネジ穴位置が微妙に合いませんでした。
   IMG_0597.jpg
奇麗に取り付けるために、穴埋めして開け直します。

ブリッジはスタッドアンカーのサイズが異なるので径の拡大作業を行い、アンカーを打ちこみました。
   IMG_0724.jpg
ミニスイッチは各ピックアップのシリーズ/スプリット/パラレルを切り替える事が出来ます。

ジャックプレートもブラックに交換!
   IMG_0725.jpg
やるならネジまでしっかり揃えないと仕上がりの統一感が中途半端になってしまいますね。

最後に弦高やオクターブをしっかり合わせて完成です。
   IMG_0723.jpg
見た目がゴージャスからクールな感じに変わりました。
チューニングも以前より安定しています。
また弾きまくってもらって、次回はフレット交換でお預かり出来たら良いですね。

全体調整・ノイズ処理 15000円
フレット擦り合わせ 10000円
キャビティ切削・穴埋め加工 5000円
ブリッジ交換調整(スタッド開け直し加工) 8000円
舟形ジャックプレート(ブラッククローム) 840円
フラットエスカッション(ブラック) 525円
GOTOH SG301ペグ(ブラック) 6300円
TOCOS ヴォリュームポット 1050円
3wayセレクタースイッチ 2100円
スイッチクラフト MONOジャック 420円
ブラスドームノブ(ブラック) 630円
ネジ類(ブラック) 630円
3wayミニトグルスイッチ 2100円

合計52595円でした。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp