機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
PROVISION RG-TYPEの調整
今回は山口県にあるギター工房PROVISION GUITARで作られたRG-TYPEの調整です。

FADED BLUE JEANとでも言うべきカラーが極上のキルトメイプルを引き立てています。
   IMG_1297.jpg
メイプルトップ/マホガニーバックという構成です。
   IMG_1300.jpg
ナットはSTRINGSAVERが使用されていましたが、TUSQナットに交換します。
   IMG_1303.jpg
ネックはメイプルとウォルナットの5ピース構造で、ネックポケットの精度も素晴らしく、加工精度の高さには感心しました。
   IMG_1302.jpg

今回はピックアップがボディにダイレクトにマウントされた構造のため、ピックアップの高さ調整が出来ない状態でした。
スプリングやスポンジを入れて高さを上げる事は出来るのですが、むしろピックアップが弦に近過ぎる状態だったのでもう少し下げたかったのです。
   IMG_1307.jpg
フロントは2.5mmとリアは5.5mm、それぞれキャビティを深く掘り増します。
   IMG_1308.jpg
トリマーで掘り下げたら、マスキングして目止めと黒を塗装します。
   IMG_1309.jpg
スプレーではなく、筆塗りで処理しました。
   IMG_1310.jpg
切削作業後、希望深さになっているのを確認。ばっちりです。
   IMG_1311.jpg
ピックアップ取り付けネジにはスプリングを入れつつ、余計な振動はハウリングの元になるので隙間を潰すようにスポンジも入れてあります。
   IMG_1313.jpg
次にコントロールキャビティを見ていきましょう。
   IMG_1304.jpg
導電塗料によるノイズ処理はされていませんでしたが、ハンダ付けは結構奇麗に行われていますね。

このスイッチ付きヴォリュームポットは回転トルクが軽すぎてすぐに回ってしまうとの事で、もう少しトルクの重い物に交換する事になりました。
   IMG_1312.jpg

そして一番の頭を悩ませた部分がチューニングの安定です。

当初、フローティング状態になっているブリッジにアーミングアジャスターを取り付けてみたのですが、アームを使うと一発でチューニングが狂う…
ブリッジのナイフエッジを研いだり、ナット溝の底面を鏡面まで磨いたりしてもしっかりとした改善は見られない…
   IMG_1314.jpg
悩んであれこれやってみた揚句…トレモロを殺すという対策しか取れなかった事が悔やまれます。
   IMG_1535.jpg
アジャスターの調整でアームアップ側を固定し、ダウン側はメイプルブロックを入れて固定する事にしました。

ナットは溝の切り方から徹底的に拘って削り出したTUSQナット。
   IMG_1536.jpg
サウンドは確かに倍音豊かなサウンドになりましたが、トレモロを殺す事で対応したチューニング問題は正解とは思えず…
ロックナットにすると大分違うような気はしますが、弦交換も面倒だし元には戻せないしで暫く対策を考える事になりそうです。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
スポンサーサイト
エフェクター3台のモディファイ
今回は同時に3台のエフェクターモディファイでご依頼をいただきましたので、まとめて紹介させていただきます。
作業内容は基本的に同じで、LED付きトゥルーバイパス化とDCジャックの取り付けです。

1台目はMXR PHASE90です。
   IMG_1728.jpg
大切に保管していたそうで30年以上経っているのにとても奇麗なコンディションです。
内部のスポンジはボロボロになっちゃうのですけどね。
   IMG_1727.jpg
サッと寸法を割り出して、LEDとDCジャックの穴を開口します。
   IMG_1739.jpg
バイパス音も考慮して、ジャック⇔スイッチ間の配線材は変更しています。
   IMG_1740.jpg
写真にはありませんが、内部の劣化したスポンジを除去した代わりに保護シートで基板を包んで、ケース内に納めてあります。
DCジャックは昨今主流のセンターマイナス2.1Φタイプです。
   IMG_1749.jpg
右足でフットスイッチを操作されるとの事で、LEDは左側に設置しました。
   IMG_1748.jpg
勿論、打ち合わせの上でケース上部やセンターに取り付ける事も可能です。

2台目はJEN MR.CRYBABYです。
   IMG_1732.jpg
ワウOFFの時はヴォリュームペダルになるのですが、ケースの構造上ポットをロックtoロックで回せないので完全なヴォリュームオフや全開に出来ず、今となっては使えない機能だと思いますので、潔くワウ機能のみに変更します。
   IMG_1729.jpg
ポットには軽くガリも出ていましたので、この際にサウンドキャラクターも考慮した上で合う物に交換してしまいます。
   IMG_1731.jpg
内部の配線は奇麗に取りまとめられ、丁寧に縛ってあります。
   IMG_1730.jpg
製造当時は手作業で行われていたのでしょうから、とても手間はかかっていると思います。

抜き出した回路は配線を全て外し、基板上の部品も一部交換して新たに組み直します。
   IMG_1741.jpg
こちらは配線作業が完了した状態です。
   IMG_1742.jpg
DCジャックとLEDの取り付けや、バッテリースナップも端子が丈夫な物に交換しました。
   IMG_1743.jpg
例の如く右足で踏まれるので、LEDはケース左側に設置しました。
   IMG_1744.jpg
その他に、ペダルのストロークをほんの僅かに拡大したり、各摺動部のグリスアップを行ってあります。

3台目はMAESTRO FUZZです。
   IMG_1733.jpg
オペアンプで組んだファズフェイスみたいな音がしますが、何よりこの見た目のインパクトが凄いですね!

左右に配置される巨大なノブ!
   IMG_1734.jpg
ケース全体を踏んで、裏蓋によって内部のスイッチを押す仕組みです。
   IMG_1735.jpg
LEDを取り付けるために、サッとエッチングして基板を作成しました。
   IMG_1736.jpg
暗くて確認しにくいですが、奥にはケース穴あけを行ってDCジャックも設置してあります。
   IMG_1737.jpg
フットスイッチは機械式9ピンスイッチに交換してトゥルーバイパス化してありますが、スイッチの高さが足りなかったため、ゴム足貼り付けによる高さの調整を行っています。
   IMG_1738.jpg
スペース的にDCジャックはこの位置になりました。
   IMG_1745.jpg
エフェクトOFF時にはこの状態でトゥルーバイパスです。
   IMG_1747.jpg
エフェクトONすると!
   IMG_1746.jpg
なんとノブが光ります!!
このエフェクターを見た時に閃いたんですよね。
クリアノブを見るとつい光らせたくなるのです(笑)

LED付きトゥルーバイパス 6500~7000円程度
DCジャック増設/交換 2000円
バッテリースナップ交換 525円

その他、内部パーツの回路定数変更なども承ております。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
Gibson Custom Shop Historic Collection Les Paul Standardの全体調整
今回は正確な型番が解らなかったGibson Custom Shop Historic Collection Les Paul Standardの全体調整です。

VOS仕様のフィニッシュ、そしてこのエボニーカラーのスタンダードは珍しいです。
   IMG_1537.jpg
近年のヒスコレではロッドカバーとナットの間に隙間があるのですが、このギターには無いし、ペグも2コブのタイプではないので、57~59スタイルだと思うのですが、ネックシェイプだけ見ると59っぽい。
   IMG_1540.jpg
なのに、シリアルは伏せますが「0 XXXX」と60年仕様を示すような内容なのです。
詳しい方いらっしゃったら教えて下さいませ。

殆ど使用されていない新品と見間違えるぐらいのグッドコンディションだったので、今回はノイズ処理と配線変更、各部の仕上げがメインになりますね。
   IMG_1539.jpg

ボディトップのメイプルに浮き上がるこの木目、剥がしたら凄そうですがそれを敢えてブラックで塗り潰すという仕様が更に謎を呼びます。
   IMG_1538.jpg
バックパネルを開けると、見慣れたGIBSONの配線ですね。
   IMG_1541.jpg
一度外して、全ての配線材も交換します。

導電塗料を塗るために部品を全て外して塗装を削ります。
   IMG_1543.jpg
導電塗料を塗ったら早速ワイヤリング。
   IMG_1587.jpg
ピックアップにはBURST BUCKER1&2が搭載されていました。

ポットやジャックなど電装部品はまだ新しいため、多めに盛られたハンダを除去して再利用します。
   IMG_1588.jpg

ピックアップのリード線は外側に網線がありますが、これをそのままハンダ付けするのはどうも好きになれず…手間はかかりますがこのように一度ほぐしてまとめた後にハンダ付けを行っています。
   IMG_1589.jpg
角張っていたデルリンナットも滑らかな形状に整形しました。
   IMG_1592.jpg
指板エッジのバインディングも少し角を落として柔らかな握り心地になっています。
   IMG_1591.jpg
全体的なワックス掛けを行って完成!
   IMG_1590.jpg

謎なギターでしたが、サウンドは素晴らしかったので、素性は私には解らなくともギターとしてはとても太くレスポンスの速いトーンを持った良いギターだと思いました。

部品の交換が無かったので、全体調整・ノイズ処理 15000円でした。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
Gibson Custom Shop Historic Collection 1963 ES-335 Faded Cherryの全体調整
今回は満を持してGibson Custom Shopからリリースされた、Historic Collection 1963 ES-335 Faded Cherryの全体調整です。
   IMG_1544.jpg
ノーマル状態でも凄く良い雰囲気とサウンドを持っていたギターですが、「もう少しノイズ減らせないか?」との事で持ち込まれました。

59スタイルのミッキーマウス型のミミではなく、この当時は蟹のハサミのような尖った形状が特徴です。
   IMG_1545.jpg
デルリンナットのエッジは角張っていたので、ここはいつものように面取りをしておきましょう。
   IMG_1547.jpg
テールピースのエッジ形状や、ナイロンサドルの採用などより当時のスペックを再現しています。
   IMG_1546.jpg
ナイロンサドルは弦のテンションで潰れて変形するので、弦高調整が上手くいかない事も多く、個人的にはあまり好きではありません。
(簡単に交換できる部品ではあります)

ES-335はデビュー時期はセンターブロックがしっかりと通ったソリッドボディに近い形状でしたが、年数が進むにつれてピックアップ下のブロックが大きく削り取られ、ホローボディに近い構造になっていきます。
   IMG_1548.jpg
電装部品の出し入れをこの開口部分から行うので作業性は良いのですが、そのサウンドはアコースティック的な響きの強まったサウンドで、59年スタイルとはまた違ったキャラクターになりますね。

作業後の写真を撮り忘れてしまった失態をしたのですが、このピックアップキャビティにもしっかりと導電塗料を塗って、アースラグでグラウンドへ接続しています。
   IMG_1549.jpg
カバードハムバッカーなので、元々ノイズシールド効果は高いのですが、配線も含めて念には念をのノイズ処理です。

こちらは抜き出した純正のアッセンブリ。
   IMG_1550.jpg
特盛りに盛られたハンダは全て取り除いて、シールド効果の高い配線材でワイヤリングをやり直します。
   IMG_1551.jpg
ワイヤリングを終えたアッセンブリ。
   IMG_1552.jpg
配線材はBELDENのアルミラップシールド線を使用し、ほぼ100%に近い外来ノイズからのシールド効果を発揮します。
コンデンサのワイヤリングはオリジナルとは変更していますが、59ワイヤリングと呼ばれる方式になっています。

いつものごとく、組み込み時は超集中の戦場なので、写真は完成後のみになります。
この組み込み作業中にご来店されたお客様は、私が鬼の形相で取りかかっている姿を目にするでしょう(笑)
   IMG_1553.jpg
バラしてみて、細部までしっかりと作られた良いギターだなぁという印象を受けました。
更にノイズが減って、ピッチも安定したこのギターで新たなプレイをしていただける事を切に願っております。

全体調整・ノイズ処理 15000円
セミアコ・フルアコ(Fホール付き)アップチャージ 5000円
エリクサー弦 (10-46) 1470円

合計21470円でした。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp