機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
GIBSON CUSTOMSHOP HC58 Les Paul Standardの全体調整
今回はGIBSON CUSTOMSHOP製HC58 Les Paul Standardの全体調整です。
   IMG_0673.jpg
58モデルには杢目の少ないプレーントップが多いのですが、これは鮮やかなフレイムが浮き出た極上の1本です。

2013年のモデルからボディバックのチェリーレッドにはアニリン・ダイというフィラーが使用されましたが、このモデルはそれよりも以前の製造のため、異なる色見です。
   IMG_0671.jpg
中古購入との事ですが、新品と殆ど変らないような素晴らしいコンディションです。
きっと前オーナーも大事に扱われていたのでしょうね。

ナット素材は牛骨ですが、溝はイマイチだし形状も野暮ったいので…今回は交換する事になりました。
   IMG_0676.jpg
バインディング厚さも現行よりは若干厚く、ヒストリックコレクションは様々なところで年々少しずつ変えてきているのだなぁと実感します。
   IMG_0674.jpg
バインディングエッジには面取りを施しておきます。

コントロールキャビティ内はこのような感じ。
   IMG_0670.jpg
山盛りのハンダや、セラミックコンデンサ…部品類は私に全てお任せで「良い状態にしてくれ」との事で全交換させていただく事になりました。

部品類を全て取り外し、導電塗料を塗る準備をしていきます。
   IMG_0677.jpg
これだけ隙間なくしっかりとネックジョイント部分を組まれていると安心しますね。

トップのメイプル材はかなりの厚みの無垢材です。
   IMG_0678.jpg
導電塗料を塗り込んでマスキングを剥がしたら、組み込みを始めます。
   IMG_0681.jpg
セレクタースイッチは問題が無かったので、クリーニングして再利用です。
   IMG_0684.jpg
配線材にはBELDENの4芯シールド線を使用して引き直しています。

ポット類は選別したCTS製に全交換。コンデンサもロシア軍用オイルコンデンサを使用しました。
   IMG_0685.jpg

ナットを慎重に取り外したら溝のクリーニングを行います。
   IMG_0686.jpg
TUSQ素材を削り出し磨き上げて、ナット交換完了。
   IMG_0693.jpg
丸みを帯びたシェイプが好みです。

指板のバインディングエッジも面取りを行って、柔らかい握り心地になっています。
   IMG_0691.jpg
ほんのちょっとの事で、演奏性は大きく変わります。

そして一番問題だったのはブリッジの変形でした。
   IMG_0689.jpg
T.O.Mブリッジは実は使用に伴い経年変化で曲がって、中央部分が下がります。
このギターもその症状が出ており、3&4弦がビリ付かない弦高にすると1&6弦が高い状態になっていまして、弦高バランスが悪かったのです。

そこでGIBSON純正のブリッジを御持込みいただき、サドルの溝切りを行ってブリッジの交換をしました。
   IMG_1937.jpg

ワックス掛けを行って完成です。
   IMG_0692.jpg
レスポールに限らず、楽器には個体差がありますが…このギターは完成後に個人的に欲しい!という気持ちになるほど速く芯のあるサウンドで素晴らしかったです。

手放す時には声をかけてもらえるようにオーナーに話をしておこうかと思います(笑)




お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
スポンサーサイト
FENDER JAGUARの全体調整・ノイズ処理
今回は熊本まで遠く北海道からいただいた作業依頼で、FENDER JAGUARの全体調整・ノイズ処理です。

青空教室という北海道で活動する3ピースバンドのギタリスト様よりご依頼いただきました。
全体的に使用感と言うか、歴戦の傷跡が見受けられるギターでした。
   IMG_1750.jpg
コンター部分には塗装の変色も起きていました。
   IMG_1753.jpg
指板エッジはやや角張って痛い印象でしたので、ここは面取りをしておきましょう。
   IMG_1752.jpg
ブリッジはJAGUAR/JAZZMASTERには最近定番のマスタリーブリッジへ換装されていました。
   IMG_1751.jpg
今回、このプリセットスイッチはキルスイッチに変更し、プリセット回路は撤去する事になりました。
   IMG_1755.jpg
盛大なノイズが出る!との事で持ち込まれましたが、この写真に原因の一つが写っています。
   IMG_1754.jpg
ジャックの黒い線はグラウンド、緑の線は出力なのですが…ジャック端子上で逆に配線されていました。
これではノイズ以外の音は出ない!

ピックアップセレクターのスライドスイッチは、テレキャスター用4wayスイッチへと換装して、素早い切り替えができるように変更します。
   IMG_1756.jpg
スライドスイッチはひとつ交換された跡があったのですが、キャビティ内部にスイッチの部品が残っていました。
   IMG_1757.jpg
誤って動いてショートしたりする可能性もあるので、取り除いておきましたが…スイッチ交換作業をされた方はもう少し気を付けた方が良いかと。

ジャガーのスイッチキャビティにCRLのセレクタースイッチを入れようとすると、スイッチの台座部分が木部に当たるため、若干の切削作業が必要になります。
   IMG_1726.jpg
今回は併せてSEYMOUR DUNCANのピックアップを御持込みいただき、交換する事になりました。
   IMG_1758.jpg
ピックアップカバーとヨークはオリジナルのピックアップから取り外して移植します。

必要な切削作業も行って、導電塗料を塗りこみました。
   IMG_1766.jpg
今回はスイッチ類の変更もあるためピックガード自体を作り直す事で当初から話がまとまっており、まずは型板を作成します。
   IMG_1759.jpg
途中経過写真はありませんが、ピックガード作成が完了しました。
   IMG_1767.jpg
内部配線はこのような感じで整然とまとめています。
   IMG_1770.jpg
配線は何でもかんでも撚り合わせれば良い訳では無く、基本的には信号ラインとグラウンドラインをペアにして撚り合わせます。

指板やフレットのエッジも面取りを行って、柔らかいグリップに仕上げました。
   IMG_1778.jpg

全体的にワックスを掛けて完成!
   IMG_1775.jpg
4wayレバースイッチに変更したことで、
1:フロント+リアの直列ハムバッカー
2:フロント
3:フロント/リアの並列ハーフトーン
4:リア
となり、多彩なサウンドヴァリエーションが得られるようになりました。


全体調整15000円
ピックガード作成 12000円
ピックガード型板作成 3500円
4wayレバースイッチ 2200円
ピックアップカバー&ヨーク移植 @500 2個 1000円
モノラルジャック 420円

合計34120円でした。

これからのライブや新しい音源で活躍してくれると良いですね。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪

Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
消費増税に伴う価格変更について
いつも、このブログをご覧いただき、
多大なるご愛顧をいただき誠にありがとうございます。


さて、来る2014年4月1日より、消費税率が5%から8%へと増税されます。

今までStudio GREAMでは、部品代のみ消費税をお預かりし、
作業料は消費税分を頂かずに営業を致してまいりました。

しかしこの度の税率UPに伴い、誠に申し訳ございませんが
4月1日から作業料と部品代共に
消費税8%を加算した額でのご請求とさせていただきます。


例えば・・・
ストラトキャスターで全体調整・ノイズ処理と電装部品全交換を行った場合、
以下の様に価格改定をさせていただきます。

価格



作業の都合上、受付と納品までの間にタイムラグが生じますので、
3月中に受け付けた作業依頼に関しましては納品が4月以降になりましても、
改定前の価格で対応させていただきます。

場合によっては駆け込みの依頼も増えるかもしれませんので、
作業依頼をご検討いただいている場合は、
若干長めの納期をご検討いただけますと幸いです。


尚、スタジオ利用料に関しましては、
4月以降も価格据え置きとさせていただきます。

どうぞこれからもStudio GREAMをよろしくお願い致します。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
WARWICK Thumb Bassの全体調整・ノイズ処理
今回はかなり初期の、手作り感が満載の頃のWARWICK Thumb Bassの全体調整・ノイズ処理です。
   IMG_1686.jpg
材がとにかく良い!ネックは全然反りも捩れも出ず、強靭なコンディションを30年以上に渡って保っています。
   IMG_1690.jpg
ヘッドのペグナットは緩むので定期的に締める部分なのですが、一般的な工具は入りません…
工場ではどうやって締めていたのでしょう…
   IMG_1691.jpg
ウェンジ指板は若干の減りが見受けられましたが派手な木目も良いですし、その硬度は指板材に適した素材だと思います。
   IMG_1689.jpg
コントロールはマスターVOL.、ピックアップバランサー、トレブル/ベースのイコライザーです。
   IMG_1688.jpg
このポットはガリも出るし、ノブもなかなか無いしなので、メンテナンスと同時に部品交換を行います。
細く頼りない配線材でワイヤリングされていましたので、少し線の太さを上げて組み直していきます。
   IMG_1692.jpg
キャビティ内を手作業で削られてネジが打たれていましたが…
   IMG_1693.jpg
この配線はバッテリーなどの+ラインでした。
周囲は導電塗料でグラウンドに接続されている訳ですかし、この付け方はちょっと無しだと思います。

いつものようにマスキングを施して、導電塗料を塗り込みます。
  IMG_1694.jpg
コントロールキャビティ内にもしっかり塗り込んでノイズに対するシールドを施します。
   IMG_1695.jpg
バッテリースナップは丈夫な物に交換しつつ、赤黒の線は撚り合わせておきます。
   IMG_1696.jpg
アッセンブリの組み込みが完了した状態。
   IMG_1697.jpg
ポット、ジャックなど消耗部品は保険も兼ねて全て交換しつつ、新たに配線を奇麗に取り回しました。
キャビティ内の導電塗料や裏蓋の銅箔シールドが確実にグラウンドへ接続される事でノイズシールド効果が得られるので、このようにしっかりとした接続は欠かせません。
   IMG_1698.jpg
真鍮製の、溝高さ調整が可能なナットは座りが悪いようにも見えますが、確認してみたら意外にもしっかりと取り付けされていました。
   IMG_1704.jpg
しっかり磨いてくすみを落とし、金色を復活させました。

指板エッジやフレットエッジは使用に伴って自然に面取りがされた状態だったので、各ポジションで面取り差が無いようなバランス取り程度にしています。
   IMG_1703.jpg
ブリッジもバラして磨いて、可動部にはべた付かないようにグリスアップして組み直しました、
   IMG_1700.jpg
もう2mmほどブリッジを落とし込み出来るとベッタベタの弦高まで下がるのですが、切削の必要があるので今回は見送りました。

コントロールノブは二段積みだけ新品で用意しましたが、残りふたつは再利用です。
   IMG_1701.jpg
オイルフィニッシュなので、全体的にまんべんなくオイルを擦り込んでは磨きを繰り返して完成です。
   IMG_1699.jpg
EMG臭さと揶揄される感じは無く、はっきりとした硬質なサウンドも、バンドを下からどっしりと支える主張しないサウンドまで幅広いキャラクターだったのは驚きでした。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
CASIO PG-380のピックアップ交換とカスタマイズ
今回は凄まじいギターの改造でお預かりしました。

CASIO PG-380という、シンセサイザー内蔵エレキギターのピックアップ交換とカスタマイズです。
   IMG_1657.jpg
アルダーボディ、メイプルネック/エボニー指板という材構成です。
聞くところによるとフジゲンで製造されたとか。
1980年代当時で23万円程度もする高級ギターだったようです。

コントロールはマグネットピックアップVOL.&TONE、シンセVOL.という内容です。
   IMG_1658.jpg
マグネットピックアップはローインピーダンスタイプのように見えますが、中身はパッシブタイプです。

アウトプットジャック部分は込み入っており、シンセ用電源スイッチやアダプタージャックまで用意されています。
   IMG_1656.jpg
ボディ裏側は凄まじい蓋ふたフタ…
   IMG_1655.jpg
木材で作る必要性があったのかと疑問にも感じますが、ギターとしての作りは良く、セミホロー構造のような木部と重量物である内部基板回路により独特の鳴りを聞かせます。

今回はそもそもこの仕様のギターにしたいとの事でお問い合わせをいただいたのが発端です。
   PG-380.jpg
ピックアップはEMGに換装しつつ、コントロールはマグネットピックアップVOL.&EMG SPC、シンセVOL.という内容にします。
この記事ではグラファイトネックになっていますが、今回はネックはオリジナルのままで、電装系の変更作業を行っていきます。

ピックガードを開けてみると…配線がグジャッと詰め込まれていてあまり奇麗な仕上がりでは無い印象でした。
   IMG_1660.jpg
実際に使用するのはシンセヴォリュームのみなので、他は全て取り外してしまいます。
   IMG_1661.jpg
キャビティ内には導電塗料が塗られ、ピックガード裏にもアルミテープが貼られ、ノイズ対策はしっかりと行われていて好印象でした。
   IMG_1662.jpg
EMGピックアップ用に電源を確保しないといけないので、出力ボードから配線を追いかけて電源を引き出します。
   IMG_1663.jpg
結局は殆どの基板やらを一度取り外す必要があった大手術でしたが、この時はまだその大変さを知らず。

こちらが持ち込まれたEMGピックアップ用のアッセンブリ。
   IMG_1665.jpg
配線が入り乱れていて、全て取り外すのが一苦労でしたが、まずは使う部品だけ取り出します。

ピックアップセレクターを5wayレバースイッチからミニトグルスイッチ×3に変更するためピックガードの新規作成も行いました。
   IMG_1706.jpg
左がオリジナル、右が…作業中にこの細い部分が欠けてしまい、泣く泣く作り直し。

こちらはテンプレートとなる型板と、改めて製作したピックガード。
   IMG_1707.jpg
マットブラック素材ですが、表面には保護フィルムが貼られたままなので色艶が異なります。

ピックガード裏にアルミテープを貼って、アッセンブリの組み込み。
   IMG_1708.jpg
自分で行った作業を後から見ても「奇麗だな」と思える仕事を続けていきたいものです。

銀色のトグルスイッチはリアピックアップであるEMG89のハムバッカー/シングルモードの切り替えスイッチです。
   IMG_1710.jpg
アーミングによるチューニングの不安定解消は、ブリッジのナイフエッジ摩耗の修正と共に、アーミングアジャスターを取り付けて対策を行いました。
   IMG_1721.jpg
この写真ではまだネジを取り付けていませんが、イナーシャブロックからスプリングが脱落しないように皿ネジを取り付けて固定します。

ハイポジション部分にネック反りが発生していて弦高が下げられない状態でしたので、ハイポジション部分だけ擦り合わせてフレットレベルを整えています。
   IMG_1722.jpg

一度ここで納品したのですが、EMGピックアップの電源をシンセの電源スイッチと共用にしていたため、シンセを立ち上げないとギター単体としても使えないという事になりまして…
基本的に常に電源を入れて使用するものだと私の勘違いもあり
「ギターアウトプットジャックにシールドを挿すとEMGピックアップは電源ONでシンセはOFFのまま。シンセ電源スイッチをONすると無条件にEMG電源もONになるように変更しましょう!」
という事で、出力ボードだけ外して送っていただきました。
   IMG_1771.jpg
微調整作業を行っているので、完成形はこれとは若干異なってしまうのですが…大体こんな感じにジャックと配線を変更。
スイッチ付きジャックを使用するため、オリジナル基板のジャック部分をカットして、切れたパターンは配線でつないでいます。
   IMG_1774.jpg
この鉄板に元々開いていたジャック穴は大きくて、新しいジャックのナットやワッシャーが落ち着かない状態でしたので、ピックガード素材の端材から小型プレートを削り出して取り付けました。
   IMG_1773.jpg
最終的にカメラを持っている私が写り込むぐらいにワックス掛けしつつ磨いて完成です!
   IMG_1723.jpg
今回はシンセ回路があるため、単純にピックアップ交換だけとはいかず結構頭を悩ませる内容でしたが、オーナーが思い描いていた形に仕上げるお手伝いができた事に喜びを感じました。


ピックアップ交換(アクティブ) 3個 8500円
サーキットワイヤリング変更 7500円
ピックガード新規作成 12000円
ピックガード型板作成 3500円
フレット部分擦り合わせ 6000円
アーミングアジャスター取り付け・調整 7500円
ジャック交換・基板加工 4500円

合計49500円でした。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
FENDER JAPAN ST62xxの全体調整とフレット擦り合わせ
今回はモデルが謎なストラトですので、FENDER JAPAN ST62xxと表記しておきます。
   IMG_1666.jpg
ウレタン塗装の、FENDER JAPAN製ST62USと思われるギターです。

指板エッジの仕上がり具合は確かにJAPANっぽい。
   IMG_1668.jpg
オーナーは中古で入手したばかりとの事ですが、フレットの減りが若干見受けられるため、今回は全体調整と共にフレット擦り合わせも行う事になりました。
   IMG_1671.jpg
謎の1つであるこのシリアル表記。
   IMG_1670.jpg
Msde In JapanやCrafted In Japan表記ではなく、単なるJAPAN表記でアルファベットと6ケタの数字。
仮にMade in JapanでN+6桁の数字ならば1993-1994年製なのですが…謎です。
まぁ楽器としてしっかり使えれば問題は無いのですが、FENDER JAPANの約20年前の物と言って売っていたとしたらちょっとどうかなと思います。

ブリッジサドルのイモネジは錆のためネジ頭が潰れていた物もあったので、サドルネジとオクターブ調整ネジは全て交換します。
   IMG_1672.jpg
ノイズ処理を行うために全ての部品を外していきましょう。
   IMG_1673.jpg
ネックポケットにはカラー表記のみで、モデル名や作業者サインも何も記載されていません。。
   IMG_1674.jpg
ピックガードアッセンブリの作りはFENDER JAPANのようでもあり…

何はともあれ、ピックアップコイルにシールド処理を進めていきましょう。
   IMG_1677.jpg
アッセンブリ組み直し後です。
   IMG_1679.jpg
ポットやセレクタースイッチも交換しました。
ヴォリュームはスムーステーパー、トーンにはグレースバケットを採用しています。
配線材はヴィンテージATLASとBELDENの組み合わせ。
これは元々のサウンドキャラクターを踏まえてのチョイスです。
   IMG_1680.jpg
導電塗料を塗って、いつものようにアースラグで確実にグラウンドへ接続。
   IMG_1681.jpg
フレット擦り合わせと磨き上げを済ませて立ち上がりの早いサウンドになりました。
   IMG_1682.jpg
フレットと指板のエッジも丸く面取り加工をして柔らかいグリップになっています。
   IMG_1685.jpg
写真は撮っていませんが、ネックジョイント部分の平面出しとネジ穴の面取り作業も行っています。

サドルと弦が触れる部分に付いた弦溝も磨き上げて消しつつ、ネジ類も新調しました。
   IMG_1684.jpg
全体的にワックス掛けを行って完成です。
   IMG_1683.jpg
正確にFENDER JAPANのギターなのか?ボディとネックは違う組み合わせなんじゃなかろうか?と憶測もありましたが、仕上がってみたらそんな問題はどうでも良いぐらい張りのある鋭いトーンで、ちゃんとギターしてたのでチェックのはずが暫くの間弾いてしまいました。

全体調整・ノイズ処理 15000円
フレット擦り合わせ 10000円
VOL.&TONE POT @1050 3個 3150円
モノラルジャック 420円
コンデンサーセット 840円
ステンレスネジセット 1050円
アーニーボール 09-42弦 630円

合計31090円でした。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp