機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
CUSTOM MADE JUNCTION BOXの作成
今回はカスタムメイドのJUNCTION BOXの作成です。
   IMG_2136.jpg
エフェクターボードを御持込みいただき、実際にケースを入れられるスペースを確認して部品レイアウトの打ち合わせを行いました。

センドリターンやMIDIの端子も存在する仕様のため、グラウンドループが発生しないように絶縁ジャックを使用し、ギターインプットジャックにケースグラウンドを接続しています。

打ち合わせ後に図面を引いて寸法を出し穴あけと組み付け。
   IMG_2137.jpg
ちりめんのような縮み塗装のケースを使用したので普段使用しているラベルが貼れません。
なので、ガレージメーカー感の漂うDAIMOテープでラベリングしました。
   IMG_2138.jpg
MIDIコネクターはMIDIスルーになっています。

DCジャックはLED点灯用に用意してありますが、内部で分岐してあり、このジャンクションボックスから他のエフェクターへの電源供給も出来るようにデザインしてあります。
   IMG_2139.jpg
手前の両サイドにあるインプットA/Bのジャックのどちらをボード内に出力するかを選択するために、ミニトグルスイッチとLEDを用意しました。
   IMG_2142.jpg
インプットAはメインで使用するワイヤレスからの配線を行います。
インプットBはボードの外からケーブルを接続し、半音下げにセットしたギターを使用する際に使うとの事。
   IMG_2141.jpg
LEDには拡散レンズを取り付けて、斜め上方からでも視認性が良いように配慮しました。

内部はシンプルですが、端子に配線材を絡げてハンダ付けしたポイントtoポイントです。
   IMG_2143.jpg
このようにご自身のボードに合わせたジャックの並びや仕様で、カスタムメイドのジャンクションボックスを作成する事も可能です。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
スポンサーサイト
HISTORY GH-LC(型番不明)の全体調整
納品してから結構な時間が経過してしまったのですが、今回はHISTORY GH-LC(型番不明)の全体調整です。
   IMG_1938.jpg
コントロールレイアウトが変更されていたり、傷が多かったりしてハードオフで格安で入手されたそうですが、楽器としての基本的な部分は問題も無く、掘り出し物だと思います。
値段聞いて、「私が欲しい!」と言ったぐらい安かったです。

グローバーペグが搭載され、材は一時期話題となったタイムレスティンバー材(湖の底から引き揚げた古材)が使用されているそうです。
   IMG_1941.jpg
コントロールは一般的な2V,2Tなのですが、トーンをひとつ撤去してピックアップセレクトスイッチにされていました。
   IMG_1942.jpg
穴を広げる際にリーマーで適当にグリグリやったのでしょう。
穴が丸ではなくガタガタです。
   IMG_1943.jpg
これは一度ドリルで奇麗に丸穴にした後に埋めて、新たに開口し直します。

全体調整なので定番の導電塗料塗布や乾燥も終えて既に組み込み始めていますね。
   IMG_1946.jpg
ピックアップにはSEYMOUR DUNCAN版のローインピーダンスピックアップであるBLACK OUTが搭載されていました。

コントロールキャビティ内にもしっかりと導電塗料を塗って配線。
ポット類はクリーニングしつつ、抵抗値を測定して適切な位置に配置をし直しています。
   IMG_1947.jpg
電池ボックスを新たにボディには掘りたくないけど、電池交換は簡単にしたい、という希望により、裏蓋にバッテリーボックスを取り付けました。
これならパネルの交換は出来ますし、木材の切削は必要ありません。
   IMG_1945.jpg
パネルへはボルトとナットで取り付けています。

元々ピックガード付きのギターなのですが、入手した時にはピックガードが無かったとの事で、部品を取り寄せてフィッティングを行っています。
   IMG_2016.jpg
牛骨が使われたナットは野暮ったい形状で、溝の深さも浅すぎたので調整しつつ整形します。
   IMG_1944.jpg
整形後に磨き上げて滑らかな艶を出しました。
   IMG_2018.jpg
判りにくいのですが、指板のエッジにあるバインディングの角を丸く面取りして柔らかいグリップに仕上げています。
   IMG_2017.jpg
ひたすらワックスを掛けて磨き上げました。
   IMG_2015.jpg
楽器本体の購入金額と、調整にかかったコストが殆ど変らない状態になってしまいましたが、仕上がりにはお喜びいただけました。
大牟田市からわざわざ熊本まで調整のためにご依頼いただけるのはありがたいことです。
これから沢山弾いていただけると良いですね。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
FERNANDES HT-240の大幅改造
今回はFERNANDES HT-240の大幅改造です。

熊本で吉川晃司のカバーバンドEROSのギタリストとして活動するYucky様よりご依頼いただきました。

   IMG_1860.jpg
ボディとネックと別々に探していて、この度両方が揃ったので作業に取り掛かかる事にされたという事です。

元々はノントレモロでシングルPU×2のギターボディです。
サスティナーも無し。
   IMG_1861.jpg
コントロールキャビティもシンプルなものです。
   IMG_1865.jpg
トレモロも無しなので定番のローラーナットも搭載されていません。
   IMG_1866.jpg
このギターに、WILKINSON VS-401を搭載します。
   IMG_1868.jpg
このブリッジは既に製造中止になっているのですが、直線となる部分が存在せず、メーカーのGOTOHも加工寸法図を公開していないので取り付けがし難く…製造中止になった理由が解らなくもない…

今回はあまり情報が出てこないのですが、布袋さん本人が同スペックのギターを使用されていて、それと同じ感じのギターに仕上げたい!との希望でした。
   IMG_2036.jpg
18Vサスティナー搭載とSH-4ハムバッカー仕様の定番スペックにすべくザクザクと木工切削。
   IMG_2035.jpg
実際はこの後も切削を加えて現物合わせの微調整を行っています。

木材が露出した部分には目止めと導電塗料などを塗り分けて、部品を組み込みました。
   IMG_2059.jpg
ナットはLSR ローラーナットを搭載。
   IMG_2039.jpg
FERNANDESのモデルに使用されているローラーナットよりも明らかに滑りが良く、チューニングの安定性には貢献しています。

ハムバッカーはロゴが反対になるようにマウントするのが布袋流。
   IMG_2069.jpg
個人的にはどちらでもサウンドに変化ないように思いますが本人がこの仕様なので、ここはルックス的にも一択なのです!!

元々開いていた穴を埋めて、必要な穴を新たに開け直していますが、しっかり何事もなかったかのように仕上げるにはトップのリフィニッシュになりますが…この独特のパターンが曲者ですね。
   IMG_2071.jpg
お預かり時点でヘッドにはロック付きペグが搭載されており、ローラーナットと共にトレモロ使用時のチューニング安定には効果大です。
   IMG_2073.jpg
フレットエッジや指板のエッジ(バインディングのエッジ)も面取りを行って柔らかい握り心地に仕上がっています。
   IMG_2072.jpg
バッテリーボックスをもう少し外側に開ければ良かったのでしょうが、ぶつけたときに木材が割れそうな危険性もありましたので、トレモロスプリングカバーの方を少しだけ削って逃げました。
   IMG_2075.jpg
弦を張って弦高やオクターブの調整を行い…重要なサスティナーの調整も行って完成です。
   IMG_2068.jpg
9Vとは圧倒的に異なるフィードバック反応の速さと力強さは生産終了が勿体ないサウンドですね。
FERNANDESが新型サスティナーとして、9V入力から内部駆動は18Vなどに昇圧してこのサウンドが得られつつ小型化したような物を作ってくれると売れると思うのですが…
今後に期待ですね。

今回は大幅なコストがかかって仕上がったギターですが、このスタイルのギターで問題になりがちなチューニング面で安心して使えるようになった点は凄いメリットだと思います。
これからのステージで登場してくれる事を期待しましょう!


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
今年もやります 【梅雨限定 個人練習¥500♪】
6月に入った途端の梅雨入り宣言・・・・

しとしと鬱陶しい日には、
スタジオで思いっきり弾いて叩いて歌って
気分転換しませんか(^^)ノ~♪

ということで、毎年恒例になりつつあります
【雨の日は個人練習\500始めました♪】


   雨の日


通常¥600~¥800の個人練習利用料​を、
ワンコイン ¥500  にてサービスさせていただきま​す♪

 ※1時間あたり1人分の料金です。
   個人練習の受付は、前日と当日になります。
   人数は、見学者も含めて2名までとなります。

梅雨明け宣言の日まで。
ご利用は 11:00~23:00 の営業時間内となります。
ご予約は 096-233-3711 までご連絡下さい。

この機会にぜひStudio GREAMへ・・・ヽ(・∀・ )ノ≡3≡3≡3



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp