機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
RS GUITAR WORKS OLD FRIEND CONTOUR HOTRODの全体調整・ノイズ処理
今回はその高い工作精度と存在感のあるサウンドで一躍有名ブランドのひとつとなったRS GUITAR WORKSのOLD FRIEND CONTOUR HOTRODというモデルのノイズ処理と調整を行いました。
   IMG_2203.jpg
HOTRODというだけあって、最初からリアハムバッカーが搭載されたSSHストラト仕様です。

ナットはオーナーご自身でTUSQに交換を試みられたそうですが、どうにも上手く作れずという事で今回は交換となりました。
   IMG_2205.jpg
4&5弦の溝が深すぎて、溝埋め補修がされています。

中古で入手されたとの事で、前オーナーによってフレットは多少すり減っていましたので、今回はナット交換と共にフレット擦り合わせも行います。
   IMG_2206.jpg
オリジナルのブリッジは11.2mmピッチでしたが、10.8mmピッチのブリッジにしたいとの事で、GOTOHのブリッジをお持込みいただきました。
2本のネジで仮止めされて届きましたが、オリジナルブリッジも同時にお預かりして確認しています。
   IMG_2204.jpg
トレモロアームを差し込む受け部分がボディと干渉する状態だったため、当たる部分だけほんの少しボディを削ってフィッティングします。
   IMG_2207.jpg
ボディ裏側までしっかりと使い込んだような処理がされていますが、まだまだ新しい個体なのです。
サンバーストカラーの上からブラックを塗ったマルチレイヤーという一時期の仕様まで踏襲しています。

今回はノイズ処理も行いますが…案の定ストック状態では何も処理がされていません。
   IMG_2199.jpg
アッセンブリも少々手が加えられているようです。
   IMG_2200.jpg
ピックアップにはリンディフレーリンのカスタムワウンドが搭載されていました。

RSのコンデンサに、オレンジドロップがパラレルで接続されていました。
   IMG_2201.jpg
しかもハンダ付けが上手くなく、明らかに後付けされた感じです。

そしてこれ!
ヴォリュームポットの背中からピックガードへ向けて線がハンダ付けされていますが…ピックガード側シールドはアルミ素材のため当然ハンダが付いていません。
   IMG_2202.jpg
ピックガード裏のシールドプレートをグラウンドに落としたかったのだと思いますが、ポットのナットをしっかり締めたら自動的にグラウンドに落ちるので、これは謎な作業でした。

全部ばらして配線し直しました。
   IMG_2208.jpg
コントロールはマスターヴォリューム、シングルコイル用トーン、ハムバッカー用トーン(ハムバッカーのシリーズ/パラレル切り替えスイッチ)となっています。
配線材にはATLASのヴィンテージワイヤーを使っていますが、ソリッドなトーンに倍音がしっかりと乗る使い易いサウンドだと思います。
   IMG_2209.jpg
ボディ側は導電塗料を塗り込んでしっかりとアースラグをネジ止めでグラウンドへ接続します。
   IMG_2210.jpg

そうこうしているうちにフレット擦り合わせとナット交換も終わらせています。
   IMG_2214.jpg
同じTUSQ素材なのでパッと見は違いが判りにくいですが…新しく作っています。

フレット擦り合わせと同時に指板の汚れも落として磨いてありますので、しっとりとした艶が出ていますね。
   IMG_2215.jpg
元々から指板のエッジは面取りされていましたので、全体的にバランスを取るぐらいの感じで面取り作業を施しておきました。
   IMG_2213.jpg
ブリッジはしっかりとネジ止めしつつ、アーミングでも滑らかな可変が得られるように調整します。
   IMG_2212.jpg
6本のネジの締め具合は、ただただ締めている訳ではなく、何度もブリッジの動きを確認して微調整します。

LAW VINTAGEのトレモロスプリングが使用されていたので、そのまま再利用しました。
スプリングまで特殊な液体に浸けて錆させる手の込みようです。
   IMG_2216.jpg
トレモロアームの受け側が当たるボディ部分は切削した後で目止めのタッチアップを行ってあります。

光り過ぎないように気を付けながら全体的にワックス掛けを行って完成です。
   IMG_2211.jpg
ブリッジだけがほぼ新品だったため、光り輝いていますが…11.2mmピッチのオリジナルブリッジよりも弾き易くなったと好評でした。
ピックガードのハムバッカー部分の切削はかなり粗い仕上げだったので、また改めてピックガードを作る日が来るかもしれませんね。

RSのギターはどれも完成度が高く、その値段も頷けるサウンドです。
個人的には新品当初より使い込んだような処理をするのは好みませんが、その仕上げや風格は納得の出来栄えです。
なかなか流通している本数が少ないですが、見かけたら是非弾いてみられると良いと思いますよ。

全体調整・ノイズ処理 15000円
フレット擦り合わせ 10000円
ナット交換 5000円
ブリッジ干渉部切削・タッチアップ 3000円

合計33000円(税別)でした。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
スポンサーサイト
TOP GUITARS サンプルOPBベースを展示中!
暫く前にTOP GUITARS サンプルストラトを展示中!という記事を公開し、Studio GREAM店頭にて多くの方にご試奏いただきました。
そのストラトはレンタル期間が過ぎたので返却しましたが、代わりにベースをお借りしました。

エレキベースの本当のオリジナルである、FENDERで言うところのOPBスタイルです。
   IMG_2246.jpg
一般的に知られているプレベやジャズベで作るともっとユーザーにイメージが伝わり易いと思うのに、一番基本の骨太サウンドのベースを作って、それから自分の好みをイメージさせるという、作り手の性格が見えるようなドSなベースですね(笑)
   IMG_2249.jpg
サンプルとして暫く使用されたりしているため細かい傷は付いていますが、楽器としての安定性やコンディションは良いです。

ボディはアッシュなのですが、ここにも得意のハイブリッドアッシュを採用してあります。
   IMG_2251.jpg
よく見ると、アッシュの木目が厚み方向で上側1/3辺りから異なっています。
薄い方が硬質で重厚なホワイトアッシュ、ボディバック側は軽量なスワンプアッシュです。

ネックは貼りメイプル仕様の板屋楓で、これまたとてもよく目の詰まった材です。
   IMG_2248.jpg
ネックエンドのアジャストホイールを回すことで、ネックを外さずにトラスロッドの調整が可能です。

ブリッジはジュラルミン削り出しのプレートに、WILKINSONのアジャストブリッジの組み合わせ。
   IMG_2247.jpg
OPBに習い、弦は裏通しとなっています。

ネックジョイントプレートもジュラルミン削り出し。これも定番ですね。
   IMG_2250.jpg
ネックポケットの加工やネジ穴位置などに工夫が見られるのですが、そのボディとネックとの一体感のある鳴りは弾いてみるのが一番伝わると思います。

シンプルなコントロールですが、ここもしっかりとインディヴィジュアライズドキャビティーで加工されています。
   画像 006
そのサウンドは骨太で棍棒で殴られたような、押し出し感のあるトーンです。

オーダーをご検討されている方の、あくまで始発点として弾いてみてもらって、それから好みの方向性に打ち合わせしていく流れとなります。
オーダーの場合、そのサンプルのサウンドを作る訳ではない事が殆どなので、「これからどう変化させたいのか」をユーザー側も考えていただく必要がありますし、それが出来ないと失敗した!という事になってしまいます。
自分の理想のサウンドや演奏性のためにオーダーするのだから、両者のサウンドイメージと打ち合わせがとにかく大事ですね。

そして…なんとこのサンプルベースのサウンドが気に入った場合は、現品の販売も可能だそうです。
オーダーの2/3ぐらいのお値段だそうですので、ベーシストの方は参考までに一度Studio GREAMで弾いてみて下さい。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
YAMAHA SFX-1の調整
以前にYAMAHA SFX-1の大幅改造という記事を書きましたが、そのオーナーが所有されている同モデルを同じようにアップデートしたいとの事で、またお持込みいただきました。

今回はワインレッドサンバーストのモデルです。
   IMG_2021.jpg
製造時期によりジャック位置が異なるそうですが、この個体はサイドジャック仕様の後期型との事です。

ペグの精度も良く、年数を経ている割にはガタつきも感じません。
   IMG_2025.jpg
コントロールはヴォリューム、トーンに加えて、ピックアップのタップスイッチと、内蔵ブースターのON/OFFスイッチとなっています。
   IMG_2024.jpg
ピックアップエスカッションは元々ゴールドメッキされていたのですが、経年で汚く剥がれてしまっていまして…
   IMG_2022.jpg
今回の作業よりも暫く前に、エスカッションのメッキを剥がして下地のクリーム色になるように修正をしていました。
ゴールドメッキは色褪せて剥がれてしまうので、年数が経った金属パーツはマットな銀色になってしまう事が殆どです。
   IMG_2023.jpg
こちらのギターもキャビティ内にはアルミテープによるシールドが施されていましたが、あちこち剥がれてしまっていたので、今回はテープを剥がして導電塗料でのノイズ処理を行います。
   IMG_2026.jpg
内部は切削されたスペースの割にシンプルですね。
   IMG_2027.jpg
セレクタースイッチは過去に交換されており、劣化も少なかったのでクリーニングして再利用します。
   IMG_2029.jpg
トレモロブリッジはGOTOHの1996Tをこのギターにも搭載するため、ボディのザグリを行います。
   IMG_2030.jpg
既にザグッて導電塗料や目止めを塗った状態で、組み込み始めています。
   IMG_2031.jpg
ポットやスイッチ類も全て交換してあります。
   IMG_2032.jpg
シグナルラインはグラウンドラインとツイストペアで引き回す事により、よりローノイズなサウンドを狙っています。

キャビティ間をつなぐ穴の内側に隅々まで導電塗料を塗る事は難しいので、その区間は編組シールドを用いてノイズをシャットアウトしています。
   IMG_2033.jpg
ピックアップはお持込みいただきましたSEYMOUR DUNCANのSH-2nとSH-4の組み合わせに変更しつつ、エスカッションもクリームカラーの新品を用意しています。
   IMG_2041.jpg
フレットとバインディングのエッジには面取りを施して、柔らかいグリップ感になるように配慮しました。
   IMG_2043.jpg
ブリッジのフローティングにより、過激なアーミングも自由自在!
   IMG_2042.jpg
チューニングは安定しつつ、驚異的なロングサスティーンが特徴のギターです。

コントロールはマスターヴォリューム、マスタートーンと、ふたつあるミニスイッチは各ハムバッカーのシリーズ/スプリット/パラレルの配線切り替えとなっています。
   IMG_2044.jpg
ゴールドパーツに合わせてスイッチもゴールドカラーをチョイスしましたが、このスイッチは結構高いんですよね…

最終的に全体的にワックスを掛けて完成です!
   IMG_2040.jpg
二本とも大手術なので、結構コストがかかってしまいましたが、仕上がりは自信を持って使っていただける状態になったと思います。
希少なギターをこれからもガンガン使っていっていただきたいですね。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp