機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
JIM DUNLOP GCB-95ワウのモディファイ
過去にも様々なモディファイを行ってきましたJIM DUNLOPの定番ワウであるGCB-95を今回も改造しました。
   IMG_2855.jpg
内容はトゥルーバイパスとLEDの設置ですね。
これだけ書くと何の変哲もない感じですが(笑)

お預かり時の中身はこのような状態。
   IMG_2856.jpg
2000年前後のモデルでしょうか、私が初めて買ったワウもこんな中身だったような…

LEDなのですが、つま先のスイッチ付近に設置してあるモデルは多いですが、踏み面の陰になって意外に見にくいと感じます。

「踏み面の可能な限り右上位置に設置したい!」との希望をいただきましたので、部品が収まるスペースを確認してゴムシートと併せて開口しました。
    IMG_2860.jpg
こちらはトゥルーバイパス配線も完了した状態ですね。
   IMG_2861.jpg

踏み面にLEDを設置した消灯状態ではこのような感じです。
   IMG_2862.jpg
LEDの飛び出し量を調整して、ゴムシートよりも少しだけ下げているので、体重を掛けて踏んでもLEDには荷重が加わりにくいように配慮しました。

点灯すると青白く光ります。
   IMG_2863.jpg
足の置き具合次第では、つま先にLEDが隠れてしまう事もあるとは思いますが、下のケースに付いているよりは格段に見易いと思います。

スイッチ交換・LED増設のトゥルーバイパスモディファイ 6500円
上蓋にLEDを仕込む場合は、ケースをバラす必要があるため、1000円追加で承っています。
(上記価格は税抜きです)

お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
スポンサーサイト
ATELIER-Z X-40のプリアンプ交換
今回はATELIER-Z X-40のプリアンプ交換作業です。
聖鬼魔Ⅱのベーシストであるゼノン石川さんのシグネチャーモデルですね。
   IMG_2801.jpg
以前からStudio GREAMで様々なベースのメンテナンスをご依頼いただいているお客様ですが、今回はオークションでこのベースを入手されたとの事。

オリジナルのプリアンプが搭載されていて、コントロールは写真左側からマスターヴォリューム、ピックアップバランサー、トレブル、ベースという並びになっています。
   IMG_2802.jpg

入手されてすぐの時には音は出たそうですが、不運にも数日で音が出なくなり…
Studio GREAMに持ちこまれ確認しましたところ、プリアンプが故障してしまっていました。
   IMG_2803.jpg
モールドされているので開けて修理する事も出来ず、ATELIER-Zに送って同様のプリアンプに交換してもらうことも出来たのでしょうが、今回はAguilarのOBP-2に換装する事になりました。

注文していたプリアンプや部品類が届いたので早速交換しました。
   IMG_2804.jpg
電池を2個直列で使用する18V駆動にして、広いヘッドルームを確保。
マスターヴォリュームはスイッチポットに交換して、プリアンプバイパスが出来るようにしました。
(万が一の電池切れでも演奏を続けられますし、意識的にパッシブサウンドのジャズベース的にも使えます)

配線は電圧やインピーダンスが異なる信号ライン同士に干渉が少ないような取り回しを心掛けています。
   IMG_2805.jpg

元々のプリアンプのサウンドを私が聞けていないので比較はできませんが、癖が少なくオールラウンドに使えるベースに仕上がったと思います。
これから沢山活躍してくれると良いですね。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
Morley MAVERICKワウのモディファイ
今回は当ブログを見られて千葉県よりMORLEYのMAVERICKというワウのモディファイ依頼をいただきました。
   DSC00195.jpg
踏み込むと自動でON、ペダルから足を離すとOFFになる光学式スイッチにより、快適な操作性がポイントのモデルですね。

・ワウがONになると音量が上がってしまい使いにくい。
・現状でも著しく劣化する訳ではないが、バイパス音をもう少し改善したい。
・ワウの掛かりをもう少しマイルドに滑らかにしたい。

上記の希望に対して作業を行っていく事になりました。

中を確認してみると…
   DSC00197.jpg
以前のタイプはケース内部に余裕のある設計でしたが、小型化のため可変抵抗器を設置できそうな空きスペースがありません…



…と言っていても進まないので、基板の中でベタグラウンドになっている左下部分をカットしてスペースを作りました。
   DSC00204.jpg
また、基板上の定数を変更してサウンドキャラクターを調整しています。

ワウのボリュームは、このように小型基板を作ってポットと一体化させて取り付けました。
   DSC00205.jpg

ケースに収めたらこのような感じですね。
   DSC00206.jpg

サウンド変化の一つとして、内部にトリマーも用意してみました。
   DSC00207.jpg
これを回す事で、ワウ回路への入力レベルの調整ができるので、サウンド変化も伴った音量調整が行えます。

最後にステッカーを貼って完成!
   DSC00210.jpg

サウンドの方向性としては、ソウルやファンク系に使えるようにというご希望でしたので、ノーマルよりもピーク周波数をほんの少し下にシフトさせたりしています。
また、バイパス音の硬質な感じを減らして低音域のふくよかさも出したアレンジとなっていますね。


ワウ回路ヴォリューム追加加工 5000円
バイパス&エフェクトトーン調整 7000円

合計12000円(税別)でした。




当ブログ記事を見て同様の改造を!とご依頼を頂いておりまして、時間はだいぶ経ってしまいましたが加筆修正の上でご紹介させていただきます。

作業内容は基本的には変わりません。
   DSC01504.jpg
内部にトリマーを設置しても、裏蓋を開けるのが結構面倒だったりしますので、外側から調整できるように仕様変更を行った、という内容です。
こちらは作業前の内部基板。
   DSC01505.jpg
ケース上部以外に側面にも新たな穴を開口しています。
   DSC01506.jpg
作成したボリュームアッセンブリ基板はこちら。
   DSC01507.jpg
メイン基板は前回と同様、ベタグラウンド部分を切除してスペースを作りました。
   DSC01508.jpg
しっかりと収めるとこのような状態になります。
   DSC01509.jpg
ノブが付いているコントロールはワウのアウトプットヴォリュームで、側面の穴はインプットヴォリュームの調整です。
細いドライバーで回して調整する方式ですね。
   DSC01510.jpg
このワウはLEDも青色の物に交換してあります。
   DSC01512.jpg




そして更に推し進めたモディファイがこちら。
   IMG_2858.jpg
そもそものコントロールを表から操作できるようにノブを2個並べちゃおう、という仕様です。
   IMG_2857.jpg
内部スペースはギリギリ。本当は小型ポットを使用する方が寸法的にも精神的にも余裕がありますが、何とか完成。
0.5mmずれると入らないので、穴あけはとてもシビアでした。

今回の作業はINPUT&OUTPUT VOLUME追加加工で12000円(税抜き)です。
同様の作業をご依頼いただける場合、写真とは可変抵抗器の形状が異なるものを使用する場合がありますが、動作に違いはありません。

お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp

PETERSON P-200Gのオーバーホール
今回は生産終了や国内の取り扱い代理店も無くなった今でも根強い人気を誇るPETERSON P-200Gのオーバーホール依頼をモズライトUSカスタムショップ様よりいただきました。
なんでもパール楽器経由で日本国内に正規輸入されたのはわずか22台しかないとか。
ハリのあるファットなクリーン~クランチが大音量で得られる素晴らしいトランジスタアンプだと思います。

ハードユースにも耐えるようにツアーハードケース入りでお送りいただきました。
   IMG_2735.jpg
PETERSONのこのシリーズ(P-100GやP-200G)に共通して多いのが、ポット類のガリ・出音のパワーダウンです。

今回のアンプには激しいガリは無かったのでポット類はクリーニングで済ませましたが、出力ダウンの症状が出ていたためオーバーホールということになりました。
   IMG_2736.jpg
単板材を釘やボルトを使わずに丁寧に組んだ、堅牢で重厚なキャビネットはもはやアンティーク家具のような風格さえありますね。

殆どハンドメイドにて作られていたようで、製造時期によって細かい仕様変更が行われていまして、このアンプは知っているだけでもVer.3の仕様でした。
   IMG_2737.jpg
Ver.1は内部の電源回路もシンプルで、後部のヒートシンクが巨大ではありますが、発熱のため抵抗が焼損するトラブルが多かったようです。
そこでVer.2では内部の電源生成回路にも専用のトランスを搭載し、発熱問題に対策を施してあります。
ただし内部のパワーリレーを駆動する抵抗は発熱問題を抱えたままでした。

Ver.1ではクーリングファンがアンプキャビネット側に設置されていましたが、Ver.2からはシャーシ側にファンが固定されており、キャビネットには排熱口が用意されています。
   IMG_2738.jpg
シャーシを取り外してみると、クーリングファンが取り付けられているのが見えると思います。
   IMG_2739.jpg
この手前に見える青い大きな電解コンデンサと、黒い四本足の部品(ブリッジダイオード)に不具合が起きることが多いようです。
(スピーカーケーブルはオリジナルは基板からスピーカーへ直接つながっていますが、メンテナンス性向上のためこのアンプではコネクタ式に変更されていましたが、素晴らしいアイデアだと思います)
   IMG_2740.jpg
問題の多い電源部分のセメント抵抗。
Ver.1では写真の3.3KΩの右側にまだ2本設置されているのですが、大音量で使うと抵抗が熱に耐えきれず焼け焦げるため、このアンプではその部分の変更が行われています。

電源部分の電解コンデンサはほぼ全てを新品に交換します。
   IMG_2742.jpg
同じ容量なのに技術の進歩のため小型高性能パッケージになっています。
   IMG_2745.jpg
こちらが作業完了状態。
各パーツを測定の上でバラつきが出ている物は交換しますので作業内容は個体毎に異なってきますが…
基本的には電解コンデンサは殆ど交換します。
   IMG_2754.jpg
ブリッジダイオードも容量的に心許ないので、オリジナルと殆ど同じサイズで10A流せる物にグレードアップしています。
(メインFUSEが5Aなのでオーバースペックではありますが、発熱対策も兼ねて余裕を見てのチョイスです)

発熱によりすぐ脇のヒューズケースが溶けるというトラブルも出るセメント抵抗は、ワッテージをアップさせつつ放熱効果の高い物に交換しました。
暫く大音量で弾いた後にこの抵抗の温度を確認するとそれでもアチアチになってしまったので…
基板の裏側に取り付け直してファンの風を直接当てるように配置したら「ほんのり温かいぐらい」の温度で安定動作するようになりました。
   IMG_2755.jpg

そしてオーバーホールとは別の作業になりますが、このP-200Gや、スピーカー1発のP-100Gは専用のフットスイッチを接続しないとチャンネル切り替えとリバーブONが出来ない作りになっています。
殆どクリーンチャンネルのみで使用される事が多いようで、リバーブを効かせたいがためにフットスイッチを持ち歩くのは面倒と感じている方もいらっしゃるようです。
そこで、フットスイッチコネクタに差し込むとリバーブ回路がONになるようなプラグを作成してみました。
   IMG_2756.jpg
プラグを差し込むとリバーブ回路がONになりますのでノブを回せばリバーブが効くようになります。
リバーブスイッチのLEDは緑色でしたので、このプラグでも接続すると緑色のLEDが光るようにしてみました。
   IMG_2758.jpg

アンプのオーバーホールは交換部品数によって値段が変わるので25000円~といった内容で現物を見てからの判断となります。
リバーブプラグは2000円ほどで作成しますので、ご希望の場合はお気軽にお問い合わせください。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp