機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
EPIPHONE RIVIERA-Ⅱの全体調整・ノイズ処理
今回はEPIPHONEの限定モデルであるRIVIERA-Ⅱの全体調整・ノイズ処理です。

RIVIERAってブランコテールピースとミニハムバッカーを搭載したES-335みたいな構造が特徴だったのに、RIVIERA-Ⅱでは一般的なハムバッカーとTOMブリッジ&テールピース…
つまりよりES-335に近付いた構造で、あり違いはピックアップセレクターの位置ぐらいというのがざっくりとした特徴ですね。
   IMG_3109.jpg
写真では既にスイッチの固定ナットを外してしまっていますが、この位置にピックアップセレクターが用意されています。
   IMG_3110.jpg
激しいステージング時にピックアップセレクターが切り替えられてしまう事があり、一般的なES-335と同じ位置にセレクターを移設したいという希望でした。
これでまさにES-335と同構造!!
違いはこの特徴的なメタリックブルーのカラーでしょうか。
   IMG_3111.jpg
このFホール脇にセレクタースイッチ用の穴を開口して移設します。

今回は電装系部品はピックアップも含めて全て交換してグレードアップする事になりましたので、まずはオリジナルのアッセンブリを抜き出します。
   IMG_3115.jpg
リアピックアップの脇には部品が通せるサイズの穴が開いておらず、全ての部品はFホールからの流し込みなので思った以上に大変な作業でした。

全体調整とノイズ処理作業なので、まずはただ塗られただけでグラウンドに接続されていない炭素系の導電塗料を削り落していきます。
   IMG_3116.jpg

導電塗料を塗って、グラウンドへ接続するアースラグを弦アース線と共にネジ留め。
   IMG_3121.jpg
スイッチ穴位置はES-335から写し取った位置で開口しました。
また、ヴォリュームポットの穴もミリサイズからCTSのインチサイズへ変更になるため、拡大開口作業を行っています。
   IMG_3122.jpg

アッセンブリを組み立てて、楽器へ搭載する準備をしていきます。
   IMG_3117.jpg
コンデンサには定番のオレンジドロップをチョイスし、いわゆる59ワイヤリングという結線方法で配線しています。

ピックアップにはGIBSONのBURSTBACKER2を前後セットで搭載。
   IMG_3120.jpg
元々と同じニッケルカバードなので、見た目は殆ど差はありませんがサウンドはしっかり前へ出てくれる!と好評でした。

先のアッセンブリをFホールからパズルのように流し込み、組み付け。
   IMG_3126.jpg
セレクタースイッチもこの位置にやってきました。

作業が前後しますがチューニングが安定しないと言われていた原因はこのナットにもありまして、溝が弦に対して引っかかる状態だったのです。
   IMG_3114.jpg
角部分も張り出していて手に当たって痛い状態です。
指板とフレットエッジも同様にですが、バリは無い状態だったのでエッジの研磨で対応できそうです。
   IMG_3112.jpg

こちらがナット溝を調整して外形も整形したアフター状態。
ロッドカバーは本来の状態で取り付けしてしまったものの、お預かり時はわざと裏返して黒にされていたんですね…
写真を見て気付く(笑)
   IMG_3124.jpg
ナットでの弦の引っかかりが解消されており、以前よりはチューニングが狂いにくくなっています。
ペグ交換をすると更にチューニングの安定度は向上するでしょうが、必要があれば改めて交換作業を行う事になるかもしれません。

指板エッジを面取りした状態。
   IMG_3127.jpg
実は今までに数本の楽器をStudio GREAMにて施工させていただいておりまして「このネックグリップの面取り処理は必ず施したい!」というぐらいにとても気に入っていただいております。

ワックスをかけて完成です。
元々のセレクタースイッチの穴はメクラキャップで蓋をしてあります。
   IMG_3125.jpg

ピックアップの部品代もあって、元々のギター本体価格よりも高い作業になってしまいましたが、仕上がりには気に入っていただきけたようで「30万円のGIBSONギターを買うか悩んでいたけど、このギターがあればその必要がなさそうです」と感想をいただけました。
これからのリハーサル、ライブ、レコーディング等々で活躍してくれると嬉しいですね。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
スポンサーサイト
GIBSON LesPaul Classicの全体調整・ノイズ処理
今回は納品から時間が経ってしまいましたが、GIBSON LesPaul Classicの全体調整・ノイズ処理です。
   IMG_2936.jpg
このボディに貼られたステッカーで、持ち主が特定できちゃう可能性もありますね(笑)
以前に必死にバイトして貯めたお金で買った、思い出の一本との事。

リアピックアップはGIBSON 500Tから、お持込みいただいた同社の57classicへ交換する事になりました。
   IMG_2937.jpg

内部配線だけは以前に交換しているのですが、今回は全体調整のため全部ばらして改めて組み直します。
   IMG_2938.jpg

木材だけになったらマスキングをして導電塗料を塗っていきましょう。
   IMG_2939.jpg
導電塗料を塗りつつ、指板エッジの面取りなども併せて行っておきます。
   IMG_2940.jpg
作業後のネックは、(手に当たる指板エッジが)柔らかい握り心地になっています。
   IMG_2941.jpg

導電塗料を塗ったら、電装部品を組み込んでいきます。
   IMG_2942.jpg
リアピックアップ側にはトーン回路を組みつけ、フロントはトーン無しという、独特なワイヤリングになっておりますが、これはオーナーが音作りで色々と試行錯誤中のためであり、また今後も変更があるかもしれませんね。
   IMG_2943.jpg

プラスチックのジャックプレートは割れが目立ってきていたので、このタイミングで金属の丈夫なプレートに交換!
   IMG_2945.jpg
いわゆるヴィンテージルックとは異なるけど、実用性はこちらの方が良いと思います。

磨きすぎない程度にワックスをかけて完成!
   IMG_2944.jpg
ピックアップカバーが付くだけで、見た目がガラッと変わりますね。

複数のバンドを掛け持ちする忙しいギタリストなので、今後のバンド活動やライブでこのレスポールの出番が来る事を期待しています!



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
PRS SE CUSTOM24の全体調整・ノイズ処理
今回はPRS社の廉価グレードであるSEシリーズの中でも定番モデルCUSTOM24の全体調整・ノイズ処理です。
   IMG_2988.jpg
凄いトラ目が目を惹きます。

サイドを見るとトップに薄くスライスしたメイプル材を貼り合わせてある構造。
しかしメイプル材としての厚さはしっかりとあります。
   IMG_2991.jpg
ゆえに、本家のような彫りの深いアーチトップには出来ず、大人しい見た目です。
しかし加工精度はとても高いと感じました。

問題は…アジア圏のギターに多い気がする、ナットや電装系のいい加減さ。
   IMG_2994.jpg
このギターも無駄に高いナット溝や手に当たって痛いぐらい角張った形状で、オーナーもこの部分を何とかしたいと仰られていました。
フレットと指板エッジも同様に角張っているので、この部分はStudio GREAM定番の面取りを行います。
   IMG_2992.jpg

そして…ひとまずこのネック周りの作業のビフォーアフターです。

ナットは当初交換も検討されていましたが、余計な部分は削って磨いてしましたので、とても柔らかな手当たりとピッチの安定が得られるようになりました。
   IMG_3018.jpg
反対側の角度からもう1枚。
   IMG_3019.jpg
指板エッジもしっかり面取りしてから磨いてあります。
   IMG_3017.jpg

次に、作業時系列は前後しますが電装系を見ていきましょう。
   IMG_2995.jpg
耐久性には疑問が残る使用部品ではありますが特に不可もなくな配線作業。
壁面の導電塗料?は薄かったりムラがあったりで…やってないよりはマシって状態でした。

それよりもピックアップキャビティの導電塗料の塗り方はこの手抜き!
   IMG_2996.jpg
擦り付けただけで、グラウンドにも接続されていない…まさに塗っただけ。

削り落して、改めて導電塗料を塗り直しました。
   IMG_3006.jpg
配線穴の中も極力塗って、導電塗料は全てグラウンドにつながるように接続してあります。

コントロールキャビティ内も導電塗料を塗り直し、ポット、セレクタースイッチ、コンデンサ、ジャックと電装系部品は全て耐久性と音質を重視した部品に交換しました。
   IMG_3010.jpg
配線は定番のBELDEN 8503を使い、信号ラインとグラウンドラインとを撚り合わせて配線しています。

全体調整時にピックアップ交換をすると交換工賃のアップチャージがかからないのです。
そこで今回はSEYMOUR DUNCANのSH−11(custom custom)とSH−2(jazz)をお持込みいただきました。
   IMG_3016.jpg
トーンノブを引き上げると、クリーム色のコイルがそれぞれ生きるタップシングルの配線になっています。

全体的にワックスがけを行って納品となりました。
   IMG_3015.jpg
細かい部分ではコストダウンの努力が見られますが、作り自体は良いと思います。
これから沢山弾いてもらえると良いですね。

・全体調整&ノイズ処理 19000円
・Vol. POT(500KA選別品) 1000円
・SW付きTone POT 2100円
・3wayセレクタースイッチ 2000円
・MONOジャック 400円
・オレンジドロップ含むコンデンサセット 800円

合計25300円(税抜き)でした。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
FERNANDES JG-85S EVのブリッジ&ナット交換
以前にもFERNANDES JG-85の全体調整という記事を書いておりますが、今回はネックとボディが異なるニコイチ状態で持ち込まれたJG-85Sのブリッジとナット交換作業です。
   IMG_2966.jpg
純正のローラーサドル付きブリッジは既に取り外された状態で持ち込まれましたが、ここにWILKINSON by GOTOHのVS100を搭載したいとの事。
   IMG_2967.jpg
実は元々のスタッド間ピッチよりもVS100は0.4mmだけ外側に広いのです…
そんな僅かだと既に穴があいている状態ではドリルのセンターが出ませんので一度この穴を埋めてから正しい位置に開口する事になります。

更にブリッジのアームハウジングがボディと干渉するために、右側いっぱいに置いても切削前はブリッジのセンターがボディセンターと合いません。
(ブリッジがボディのセンターに対して左側に寄っています)
干渉しないようにボディ側の切削も行う事になります。
   IMG_2968.jpg

埋め木をして新たに開け直したスタッドアンカー穴。
より大きなサイズのドリルで開口するため、埋めた木材もすぐにゴミとなります。
   IMG_2970.jpg
↑まだこの状態ではボディ切削は行っていません。

アームハウジングと干渉する部分の切削やスタッドアンカー打ち込みは完了。
   IMG_2976.jpg
この後で裏側からトレモロのイナーシャブロックが干渉する部分の切削を行います。

そして今回最も大変だったのはこのLSRローラーナットへの換装でした。
いつものように溝加工して高さ調整すれば良いよね、と取りかかったら…
ナット溝底面はFENDERみたいにRが付いているし(ローラーナットの底面はフラット形状)、更にトラスロッドナットがナット側に飛び出している構造!!
   IMG_2978.jpg
ひとまずナット溝幅の加工を行い、底面に関してはナットを収めるために必要な深さを得る事に留めて2~5弦間はフラットになる程度に切削しました。
削るだけロッドナットが露出していくのです。

そしてこの状態でもローラーナットを取り付けねばならないので、ローラーナットの底部をヤスリで慎重に切削して逃げを作りました。
   IMG_2977.jpg
無事に取り付け出来てナット高さも合わせられました。
指板RとナットRが異なるので1&6弦は気持ち高めですが、これはフレット交換や指板R変更が必要になるので今回は致し方ない。
   IMG_2981.jpg
ネック幅よりもナット幅の方が広かったので、ナットの側面も少し削って収めています。
   IMG_2982.jpg

そんなこんなでやっと弦を張ってブリッジのフローティング調整も済ませました。
   IMG_2980.jpg
オイルフィニッシュのような風合いのギターですので、ワックスはかけすぎないようにしつつ、磨いて完成です。
   IMG_2979.jpg
サスティナー基板のミニトグルスイッチ切り替え動作が甘い症状が出ており、サスティナーが正常動作しない事が稀にあるので今後はその部分の修理でお預かりさせていただくかもしれませんが、ひとまず納品となりました。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp