機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
ファンヒーター用の台車作成
本日はクリスマス!
そんな中で作業の息抜きと言いますか、日曜大工と言いますか、普段の仕事とは関係ない物を普段の工具や技術を使って作成しました。

この冬の寒さを乗り切るために、数日前に型落ち新古品のガスファンヒーターを購入したのですが、これまた床置きタイプのため部屋の掃除をする時にとっても不便!
重量も10kg程度あるので、マーシャルのアンプヘッドぐらいの重さがある訳です。

これは困ったとの事で、キャスター付きの台車を作る事にしました。
しかしきっと転倒防止のためにわざとキャスターが無い構造なんですよね…
   IMG_3347.jpg
ファンヒーターの台座裏側には外周の縁以外にも部分的に突起があり、重量を分散させる構造になっていました。
   IMG_3357.jpg
板にキャスター取り付けて、ただ乗せるだけだと滑って落ちる可能性もあるし…どういう仕様に仕上げようかなと考えつつホームセンターの資材コーナーで材料を調達しました。
   IMG_3349.jpg
特価で売られていた15mm厚のシナ合板とキャスター、ステンレスネジ…合計950円ほどです。

この板に台座の外周を写し取って、裏側の突起が当たる部分もザックリとマークしました。
   IMG_3350.jpg
横幅も30mmほど長かったので、切り落とすべくカットラインを書いています。

トリマーによる削り粉まみれになりながら、ファンヒーターが落とし込みになるように3mmの深さで切削。
   IMG_3351.jpg
失敗出来ない一回限りの完全フリーハンド加工です。

コーナー部分はRテンプレートを作成して、丸く切削しておきました。
   IMG_3352.jpg
足の指をぶつけたり引っかけたりするととても痛い思いしますからね。

これで終わっても良いのですがせっかくトリマーを使っているので、コロ付きヒョウタン面ビットという物で外周をデザインカットしました。
   IMG_3353.jpg
全体的に紙やすりで磨いて、バリを落として滑らかな手触りに仕上げます。
切削したエッジ部分は特に入念にペーパー掛けして丸めておきます。
   IMG_3354.jpg
最終的に1000番相当までペーパーをかけたら…裏面にキャスターを取り付けます。
   IMG_3355.jpg
タッピングネジは下穴をしっかり開けて、面取りをした上でねじ込みます。
(この辺りの作業は普段からギターでも気を付けているので当然のように行います)

最後にメイプルカラーのニスを刷毛塗りしてみました。
   IMG_3356.jpg
2回塗りしたので、結構濃い色になっちゃいましたが…これはこれで味があって良いかな。
使用する部屋の床材は白っぽいけどメイプルですし。

本体の左右には20mmずつの余裕を残し、転倒しやすい前後方向にはキャスターを外側に広げて踏ん張るために35mmずつ余裕を持たせたレイアウトにしました。
   IMG_3359.jpg

当店の看板猫であるエンツォくんも、すぐに気に入ってくれたようで一安心です。
   IMG_3358.jpg


普段はギターやエフェクター、アンプばかりなのですが実は記事になっていない仕事も沢山しています。
鉄道模型のコントローラー、こたつの電源スイッチ付きケーブル、ヘッドホン…などなど(笑)
たまにはこんな記事も良いかなと思って書いてみました。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
スポンサーサイト
Squier Vintage Vibe Series Stratocaster ’60sの改造
今回はSquier Vintage Vibe Series Stratocaster ’60sの改造です。
   IMG_3301.jpg
元々はミントグリーンのピックガードでシングルコイル×3の一般的なストラトだったのですが、黒3プライのピックガードに換え、ハムバッカーを搭載し、トグルスイッチを取り付けたりと色々と試行錯誤された形跡が見えます。
   IMG_3302.jpg
この1弦側のホーン部分にトグルスイッチを取り付けたい、
コントロールは一般的な5wayセレクターに戻す、
ハムバッカーのワイヤリングをシリーズ/パラレルに変更できるようにしたい、との事で作業を進めていきます。
   IMG_3303.jpg
ピックガードは黒3プライ素材で、SSHピックアップレイアウトになるように新しく用意します。
   IMG_3304.jpg
ボディにザグリを入れないとならないので部品類を外していきます。
   IMG_3305.jpg
キャビティ内には炭素系導電塗料が結構しっかり塗られています、やるなぁSquier!

3ピックアップに3ポジショントグルスイッチを取り付けているので、配線はセンターピックアップとハムバッカーのみで、フロントピックアップは接続されていませんでした。
   IMG_3307.jpg
ハムバッカーはセンターピックアップに対して逆位相で接続されていたので、ミックスするとフェイズアウトしてしまう状態でした。

しっかりと位置を割り出して、トグルスイッチと配線が収まるような溝を掘り込んで導電塗料を塗っておきました。
   IMG_3308.jpg
ピックガードアッセンブリも組み直して配線完了。
   IMG_3314.jpg
コントロールの並びは一般的なストラトに習っていますが、センターピックアップに効くトーンノブを押して上がるとハムバッカーがパラレル接続されてシングルコイル系サウンドに変わります。
今回はノイズ処理までは行わないので、導電塗料が塗られているとはいえ完ぺきではないので…配線はシールド線で行っておきました。

ホーン部分には3ポジションのトグルスイッチを増設。
   IMG_3318.jpg
これはGRETSCHなどでも採用されているスタンバイスイッチとして機能します。
センターポジションでは音が出ずミュートされますが、左右どちらかに倒すと音が出るのです。
これでレスポール系ギターで行われるような、マシンガンスイッチング奏法が出来る訳です。

ハムバッカー周辺の無理やり広げられたピックガードも、今回は新調したためにとても綺麗に仕上がりました。
   IMG_3316.jpg
ネックやブリッジの調整を行って、全体的にワックスがけを行ったら完成です!
   IMG_3315.jpg
キャンディアップルレッドにはミントグリーンかパールホワイトのピックガードがベストマッチと思っていましたが、意外にも黒も格好良いなぁとしみじみ眺めてしまいました。

これから沢山のステージで出番があると良いですね。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
FENDER USA American Deluxe Precision Bassの全体調整と改造
今回はFENDER USA American Deluxe Precision Bassの全体調整と改造です。
   IMG_3284.jpg
プレベのピックアップ以外に、ブリッジ側にジャズベースピックアップをふたつ並べたようなハムバッキングピックアップを搭載しています。
   IMG_3285.jpg
コントロールは手前よりマスターVol.、ピックアップバランサー、ミッドEQ、トレブル&ベースの2段積みとなっています。
   IMG_3287.jpg
つまりプリアンプが搭載されたベースということになりますね。
   IMG_3288.jpg
配線は無駄に長く詰め込まれていましたし、グラウンドの処理も甘いのですが…
今回はオーナーのご希望の沿い、このプリアンプを撤去してパッシブのプレベに仕上げます。
   IMG_3289.jpg
ひとまず全ての部品を外し、キャビティ内の塗装も削り落してノイズ処理の準備を進めます。
   IMG_3290.jpg
マスキングして導電塗料を塗ったら乾燥待ちです。
(写真ではあらかた乾いたのでマスキングテープは剥がした後ですね)
   IMG_3291.jpg
プリアンプ関連のアッセンブリを全て取り払って、パッシブのコントロールに組み直しました。
開いたままの穴はメクラ蓋で2か所塞いでいます。
   IMG_3292.jpg

フレットの減りも見受けられ、音詰まりする部分が目立っていたので、この際にフレットすり合わせも行います。
   IMG_3293.jpg
大幅に削るほどの減り具合ではないので、フレット高さに「低くなった!」という違和感は感じないぐらいの仕上がりになるでしょう。
同時に指板やフレットエッジも面取りを行います。
   IMG_3295.jpg
諸々の作業を行って、弦を張って微調整を進めます。
元々から無駄に高かったナットも、適正な高さに溝と外形を調整しています。
   IMG_3300.jpg
指板エッジも丸く柔らかな握り心地になりました。
  IMG_3299.jpg

リアピックアップは配線しないにしても載せておく方が、穴は目立たないとは思うのですが「取り外しちゃって!」というご希望によりこのような状態。
このキャビティを隠せるようにフィンガーランプなどを作成して取り付けると見栄えは良いと思うので、今後作る事になるかもしれませんね。
   IMG_3297.jpg

その他に、ペグの紛失したネジを取り付けたり、錆びて使えなくなったネジ類を部分的に交換しつつ…
全体的にワックスがけを行って納品となりました。
   IMG_3296.jpg
機能を絞って割り切った仕様に変更した事で、やはり音の素直さというか、ミッドの押し出し感のあるサウンドはさすがプレベだという感じに仕上がったと思います。
ネックの調整がとても素直に効くのでコンディションを今後も保ちやすそうだなという印象を持ったベースでした。

・全体調整&ノイズ処理 19000円
・フレットすり合わせ 10000円
・Vol,&Tone pot @1000 2個 2000円
・Tone Cap. 800円
・Mono Jack 400円
・各部ネジセット 800円

合計33000円(税抜き)でした。

お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp