機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
TOP GUITARS ES-335TYPEの全体調整
今回はTOP GUITARS「オーダー335タイプ完成」という記事でも紹介されていた335TYPEの全体調整・ノイズ処理です。

構造的な説明は詳しくは上記リンクを参照いただきつつ。
   IMG_3485.jpg
細かい部分、ピックガードがビリ付くとか、コントロールのワイヤリングを変更したいなどの希望を元に作業内容を決定していきます。
   IMG_3486.jpg
コントロールは手前の3つ並んだノブはマスターヴォリューム、フロントピックアップのハイカットトーン、リアピックアップのハイカットトーンです。
更に手前のチキンヘッドノブはローカットトーンになっています。
   IMG_3487.jpg
奥のトグルスイッチはピックアップセレクターとダミーノブですが、これらの機能は今回変更します。

ネックの頑丈さはこの工房のどの楽器を見ても特筆に値する部分で、凄まじい鳴りと太さを苦に感じない極太グリップは健在です。
   IMG_3488.jpg
オーナーの好みを反映したような極太Vシェイプネックは安定感抜群な握り心地でした。
   IMG_3489.jpg

今回、ピックアップを取り外してみたら、ピックアップの根元で配線を継いだようになっていましたし、新しいワイヤリングの関係上これでは不都合なので、ピックアップを一旦バラして内側から配線を交換してしまいます。
   003.jpg
配線はシールド線でノイズ対策を行いますが、ピックアップキャビティには既に塗られた導電塗料を補修するような感じで作業を行っておきます。
   IMG_3490.jpg
セミアコのアッセンブリは、いかに取り回し良く配線しておけるかが仕上がりに影響しますので、このようにポット穴などを写し取ったジグ(ベニヤ板に穴を開けただけではありますが)を作って作業します。
   019_20160327180155e14.jpg
前日には作業手順をしっかりイメージして脳内で手順を反復しつつ、ボディへの流し込みに取り掛かりましょう。
   024.jpg
元々のダミーポットはトグルスイッチ穴に拡大して、各ピックアップのシリーズ/スプリット/パラレルが切り替えできるようにしました。
   025.jpg
スイッチのデザインを揃えるために、ピックアップセレクターも新しいスイッチに交換しています。
   IMG_3493.jpg
逆の向きからももう一枚!

このギター、ナットには象牙が使用されていましたが、ナット溝の微調整と共に全体を磨き上げます。
   004_20160327180153ac8.jpg
独特の縞模様が美しいですね。
象牙や牛骨は磨くと濡れたような艶が出るのです。
   IMG_3495.jpg
磨き上げたってサウンドは変わらないのでしょうが、細かいところまで手抜きしない!という意味でも磨くようにしています。

フレットやバインディングのエッジはいつものように面取りを行っておきました。
   IMG_3494.jpg
ネックを握った時の柔らかさが明らかに異なりますよ。

元々の音の太さ、立ち上がりの早さはそのままに、よりノイズレスで多彩なサウンドヴァリエーションを誇るギターに仕上がりました。
   IMG_3492.jpg
ビリつきが指摘されていたピックガードも、当たっていた部分は削って取り付け方法を見直した事で不具合ない状態になっています。


奇しくも、オーナーの所属するバンドの解散ライブ前に納品が間に合うように進める事が出来たので、最後のライブはこの335で出れたのでしょうか、そうだとしたら良いサウンドで活躍してくれていれば良いのですが。
また新しいプロジェクトでその音が聴ける日を楽しみにしています。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
スポンサーサイト