機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
FENDER American Vintage Series 1962JAZZMASTERの全体調整・ノイズ処理
今回はFENDER American Vintage Seriesの1962JAZZMASTERの全体調整・ノイズ処理です。
このモデルは過去に何本も入庫していますし、今回も基本的には同様の作業を行っていきます。
   IMG_3542.jpg
べっ甲柄ピックガードには保護フィルムが付着しておりましたが、今回は持ち込まれたピックガードに交換も行います。
   IMG_3543.jpg
指板やフレットエッジは少し角張っている状態ですので、定番の面取りを行います。
   IMG_3544.jpg

コントロールキャビティには真鍮をプレスしたシールドボックスがセットされていますが、これが振動する事で余計なノイズが出る原因にもなるので、ノイズ処理作業の際は導電塗料によるシールド処理に変更していきます。
   IMG_3546.jpg
段差がある部分は配線で接続してありますが、キャビティ側面はノイズに対して無防備です。
   IMG_3547.jpg
チューニングが狂いやすいという事でトレモロブリッジも交換を希望されお持込みをいただきましたが、チューニング狂いの原因はサドル部と動きとナット溝の荒れが大きな原因だったと思います。
   IMG_3545.jpg

ピックガードアッセンブリを見ていきましょう。
   IMG_3548.jpg
トーンコンデンサは交換されて試行錯誤されたようです。
   IMG_3549.jpg
マスタートーンのコンデンサは容量が大きすぎるために常に多くの高音域がグラウンドに逃げてしまっており、エッジの立ったサウンドが得られなくなっていましたので、適正な数値のコンデンサに交換していきます。

導電塗料を塗る前に、キャビティ内の塗料は削り落しておきます。
   IMG_3550.jpg
導電塗料が乾いたら、新しいピックアップの高さ調整用スポンジを両面テープで貼っておきます。
   IMG_3551.jpg
弦アースを取るために、ブリッジのアンカーを抜いて配線をしっかりと接続します。

ピックガードはアルミアノダイズドタイプに交換するのでした。
   IMG_3552.jpg
メイン配線材はBELDEN8503で、信号線とアース線を撚り合わせてノイズを低減させたり、配線間信号の飛びを避けるような取り回しを心がけています。
   IMG_3553.jpg
アッセンブリ全体像はこのようになっています。
   IMG_3554.jpg
アノダイズドピックガードはポットなどを取り付ける際に、内歯ワッシャーを使ってアルマイト層を破ってしっかりとグラウンドに接続する必要があります。

フレットエッジもStudio GREAMではお馴染みの面取りを行って、とても柔らかいグリップになっています。
   IMG_3556.jpg
トレモロはステンレス削り出しブリッジで有名なマスタリーブリッジ製です。
がっちりした作りと滑らかな動作はその値段も納得の品質だと思います。
(それでも気軽な値段じゃないですが)
   IMG_3559.jpg
ピックアップカバーもホワイトからブラックへ交換しているので、完成状態でのルックスは大きく変わりましたね。
   IMG_3555.jpg
ブリッジのぐらつきを低減させるためにポストにスペーサーを入れてアーミングで前後に動いてしまわないようにしています。
ムスタングブリッジに交換されていたので、ポストをぐらつかないように調整するとかなりチューニングも安定します。

納品後にも、サウンドの明瞭感やチューニングの安定でお喜びいただけました。
ブログ公開までかなりの時間がかかってしまいましたが、今後は沢山のステージを共にしていただければと思います。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
スポンサーサイト
FENDER 1974Precision Bass Conversionの大幅調整
今回はネックとボディが組み合わされたプレシジョンベースの全体調整です。
   IMG_3563.jpg
全体的に使い込んだような見た目になっておりますが、使用に伴って付いた傷以外にも意図的に傷や打痕を付けてありました。
ボディ側は1974年製のFENDERのようですが、ネックはもっと新しい年代のマッチングヘッド仕様の他メーカー物でした。

指板の波打ちやフレット減りも見受けられ、フレットレベルがバラついていたため今回は指板修正とフレット交換を行う事になりました。
   IMG_3565.jpg
ブリッジは以前にメンテナンスに出した際に、その工房の勧めでスパイラルサドルタイプに変更されたそうですが、お話を伺っていると純正のバレルタイプの方が良いと判断しまして、ここはオリジナルに戻す事にします。
   IMG_3564.jpg

ノイズ処理のために部品を全て取り外して、キャビティ内の塗料を除去し導電塗料を塗ります。
   IMG_3567.jpg
導電塗料とアース線を取り付けた状態はこうなります。
   IMG_3568.jpg
ブリッジもオリジナルのバレルタイプを一度全てバラして磨いて組み直してあります。
ピックガードアッセンブリもアルミシールドテープを貼ってノイズ対策を行った上で組み直してあります。
   IMG_3570.jpg
ジャックと配線は交換しましたが、ポットは問題なかったためクリーニングして再利用です。
   IMG_3569.jpg
フレット交換と共にナットも無漂白牛骨へ交換。
磨くとしっとりとした艶が出てくるので、ついつい頑張って磨いてしまいます。
   IMG_3617.jpg
フレットはダンロップ6105相当のステンレスフレットに交換し、指板のエッジも面取りしてあります。
   IMG_3618.jpg
ステンレスフレットは磨かずにいつもギラギラと輝いていて、音の立ち上がりも良いし耐久性も高いので交換時に人気のあるチョイスですね。
   IMG_3616.jpg
外観は使い込んだような迫力のあるルックスですが、徹底的に行ったノイズ処理や調整で、ライブにレコーディングに大活躍できる一本に仕上がったと思います。
   IMG_3619.jpg
納品の数日後には以下のような感想をいただけました。

まだアンプシュミレーターのようなものが入っているMTRでしか音出ししていませんが、音圧、サスティーン、ノイズなど総合的にかなりパワーアップしていて大変喜んでおります。
特に普段アンプ直の指弾きメインで曲によってピック弾きに変えているのですが、硬めの音色のため、同一の設定だとピック弾きで線が細くなるのが気になって、もうエフェクターかますしかないなと思っていたところ、ピック弾きの出音を聞いて、ピック弾きに転向しようかと思うほど気に入っています。
ただ、ピック弾き指弾きともにニュアンスがしっかり出るようになって、失敗がわかりやすくなったので、弾き手として成長しないとまずいなと思いました(笑)

今回のリペアのために以前住んでいた関西を中心に全国中のショップを色々調べて、田中さんのブログに行き着きました。
楽器が返ってきて、音を聞いて田中さんに頼んで本当に良かったなと思っています。
元々思い入れのある楽器ではありますが、震災で大変な中でも綺麗にしていただいて、この楽器を今後よりいっそう大事にしていこうと思いました。
ベースもギターも弾くので、今後なにかありましたら、またお願いします。

長文になりましたが、本当にありがとうございました。明日のライブはいい演奏します。


早速翌日にはライブに使っていただけたとの事で、嬉しく思います。
これから手放せない相棒になってくれると良いですね。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp