機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
FENDER JAPAN TL-62Bの全体調整
今回はバインディング付きの62スタイルテレキャスター、いわゆるTL-62Bの全体調整です。
カスタムテレキャスターと呼ばれていたのに、後々出てきたフロントハムバッカーで2V2T仕様のギターがテレキャスターカスタムになり…そちらへフルモデルチェンジする流れで製造が終了した歴史を持つモデルです。
(このギターはその復刻モデルです)

ピックガードはお預かり時には黒3プライに交換されていました。
   IMG_3990.jpg
今回は、ブラック主体のルックス変更も行う事になったので、この牛骨ナットも交換する事になりました。
   IMG_3994.jpg
フレットや指板のエッジはフェンダージャパン定番の角張りエッジなので、面取りを行っていきます。
   IMG_3993.jpg
コントロールプレートですが、トグルスイッチとヴォリュームのみという仕様をご希望でしたので、プレートも新たに作成します。
   IMG_3991.jpg
内部はノイズ処理などは一切行われていなかったので、導電塗料を塗ったり、配線をし直す事でノイズはかなり減らせるかと思います。
   IMG_3995.jpg
リアピックアップは交換されていましたが、このピックアップの配線はかなり危険。
   IMG_3996.jpg
裸線が露出しすぎてショートしそうな状態でした。

そんなこんなで導電塗料を塗って、ピックアップを取り付けました。
   IMG_4008.jpg
WILDE USAのL-200TN&Lという、50年代の歯切れの良いトレブリーなテレサウンドを狙ったノイズレスピックアップです。

プレートは黒1プライのピックガード素材から切り出しました。
   IMG_4004.jpg
トグルスイッチは元々のセンター位置、ヴォリュームはノブ1個分だけ後方に移動、という指示に従って開口してあります。
   IMG_4012.jpg
ナットはBLACK TUSQ XLで作成しました。
   IMG_4015.jpg
弦の滑りも良く、歯切れの良い高音域でお喜びいただけました。

フロントピックアップはカバー付きが定番のルックスですが、ブラックカラーのオープンコイルをご希望でしたのでその仕様でアメリカより取り寄せしました。
   IMG_4014.jpg
トランプ効果で円安が加速している時期で、注文のタイミングで大きく金額が変わる難しい状況でしたが、為替相場を睨みながら注文が出来たので、タイミング的にはここ最近の相場からしたら一番安価に入手出来たと感じています。

指板やフレットエッジも手作業で全て面取りを行ってありますので、とても柔らかい握り心地に仕上がっています。
   IMG_4013.jpg

全体的にワックスを掛けて完成です。
   IMG_4011.jpg
弦高はかなり低めをご希望でしたので、念入りに攻めてみました。
また、ノイズもほぼ無く安心して歯切れの良いサウンドを楽しめる仕様になりました。
今後はクロームメッキのブリッジやペグなどもブラックに交換してオールブラックを狙う事も出来ますので、その変化が楽しみですね。

納品後に感想をいただけましたので、行間調整のみで文面はそのまま掲載させていただきます。

本日受けとりました。
何と言ってもネックの操作性は劇的な向上でした!
セットアップも絶妙で、弾きやすく弦高とビビリが発生する寸前のセッティングは非常に好みです!

そしてピックアップのノイズの無さには驚きました。
音は、シングルコイルに比べれば、やはりブライトさは少し引っ込みますが、張りのある音です。
低音はかなり太いですね。
特に6弦が急激に太くなりますので音の作り込みを研究したいと思います。
歪み系のエフェクターの乗りは凄く良いです。

コントロールパネルもスイッチもブラックにしたのは正解でした。
暫く音を作り込んでいきたいと思いますが、もしかするとブリッジをスチールに交換することで高音域に変化があるかもしれませんね。
その時はブラックにして、イメチェンもいいかも知れません。
徐々にバージョンアップしていくのが楽しみです。
まだ受け取ってから時間が無いので弾き込めてませんが、ひとまず受け取りの報告と簡単なレビューです。
今後とも宜しくお願い致します!



今後もこのようなありがたいお言葉をいただけるような、丁寧な作業を心がけていきたいと思います。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
スポンサーサイト
GRASSROOTS G-FRの改造
今回はGRASSROOTSのFORESTギターの改造です。
いわゆる世間的には「魔改造」とか言われる内容になるのではなるかと。

2ハムバッカーとシンクロトレモロという構成です。
   IMG_3977.jpg

この1弦側に貼られたシールは、今回の作業で部品取り付けを希望する位置を伝えていただくためです。
   IMG_3978.jpg
この位置を意識しつつ、周囲の寸法を考えながら加工を行っていきます。

コントロールキャビティ内やピックアップキャビティには以前に導電塗料を塗ってノイズ処理を施しています。
   IMG_3979.jpg

先ほどのシールの位置の裏側は大体この辺りになりますね…
   IMG_3980.jpg
ボディトップにもバックにもデザインとしてコンターカットのようにエッジを薄くしてあるので加工として必要とするボディ厚が確保出来る部分を検討します。

位置が決まったらテンプレートを作り、躊躇せずにトリマーで削り取ります!!
   IMG_3981.jpg
削った後に木材が露出する部分には目止め塗装を行いました。

表も裏も段付き加工をする必要があったので、どの刃物でどの順番で加工していくのがベストかをしっかりシミュレートする必要がありました。
   IMG_3983.jpg

取り付けたい部品はお持込みいただいたモーメンタリースイッチです。
   IMG_3984.jpg
裏からナット止め構造ですが、表はボディからの飛び出し量を減らすために埋め込みにしたいために段付き加工をする必要があったのです。

スイッチはSPDTのモーメンタリースイッチで、LED内蔵という構造。
   IMG_3985.jpg
ボタンを押した時にはアウトプットのホットをグラウンドに接続して音を消すキルスイッチとしての動作ですが、スイッチを押した時にLEDも点灯させたい、という希望でしたのでスイッチをトリガーとして動作する回路を組んで対応しました。

電池はその回路を動かしたり、スイッチ内蔵のLEDを点灯させるために必要です。
   IMG_3988.jpg
電池ボックスの縁でスイッチ裏側の蓋を押さえるために、作成した蓋はボディに落とし込みとしました。

押す部分だけが表に出るような深さにスイッチを落とし込んで取り付けました。
   IMG_3986.jpg
押している時だけスイッチが光りますし、通常時は電池は使用していないのでかなりのロングライフが見込めると思います。
   IMG_3987.jpg

その他、フレットすり合わせやナット溝深さの調整、ブリッジのフローティング調整などを行って納品となりました。
   IMG_3989.jpg
とても気に入って使用されているので、今後も様々な改造が施されて行くかもしれませんが、その中で自分のスタイルが見えてくると良いなと思いますし、そのお手伝いが出来ると嬉しいなと感じています。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp