機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
SQUIER TL62の全体調整・ノイズ処理
今回は古いSQUIER TL62(型番不明)の全体調整・ノイズ処理です。

オーナー様はこのギターを譲り受けたとの事で、使えるように仕上げてくれとお持込みいただきました。
   IMG_3900.jpg
全体的に汚れが堆積し、サビも酷かったのでクリーニングが大変なのですが、それでもトップのメッセージは消さないようにしないとならない気を使う状態でした。

そんなに元々は高価なモデルではありませんが、しかし木材はしっかりした状態でしたので、昔の材は今見ると良い物が使われているなぁと感じる事もしばしば。
   IMG_3903.jpg
ナット溝は高すぎる状態だったので、溝調整と外形整形を行って磨き上げるのですが…作業後写真を取り損ねたという…
   IMG_3904.jpg
フレット摩耗も見受けられますが、擦り合わせは今回は行わずに仕上げる事になりました。
指板のエッジは定番の面取りを行います。
   IMG_3901.jpg
ブリッジには夥しい埃が堆積し、ネジ類も固着していたので一度全てバラして磨いてから組み直します。
   IMG_3902.jpg
ピックアップは定番の不具合ではあるのですが、経年で反りが出てしまってピックアップ高さを大きく下げないと弦に当たる状態になっていましたので、この際交換する事になりました。
   IMG_3906.jpg
コントロールアッセンブリにも埃や錆びでガリが酷くて、一式交換する事になりました。
   IMG_3905.jpg
ネックポケットにはシムを挟んでありましたが、シムが無くても同じ角度になりつつ面接触するようにポケットを研磨して仕上げます。
   IMG_3908.jpg

全てバラしましたので、これから磨いて汚れを落とし、導電塗料を塗ってから組み立てを行います。
   IMG_3907.jpg

ワックス掛けと導電塗料を塗った後がこちらの状態です。
   IMG_3910.jpg
ピックアップにはWILDE USAのL48TLというツインブレードタイプをチョイス。
   IMG_3911.jpg
今は亡きビル ローレンスさんが存命だった頃に入手してストックしていたモデルで、ノイズとデッドポイントが無く中程度の出力でバランスが取り易い。
そして見た目に反してテレキャスターの王道のあの音が出ます(笑)
   IMG_3916.jpg
コントロールはテレキャスター定番のハイパスではなく、スムーステーパーとグレースバケットトーンサーキットの組み合わせでアンプのゲイン調整を手元でコントロールし易い仕様になっています。
   IMG_3917.jpg

お預かり時から比べると見違えるように綺麗になってお喜びいただきました。
今後は使用に伴ってフレットやナットの作業が出てくるかとは思いますが、それぐらいガンガン使っていただきたいですね。
   IMG_3974.jpg



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
スポンサーサイト