機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
MXR DISTORTIONⅡの修理・改造
今回はMXR DISTORTIONⅡの修理と改造です。

突然電源が入らなくなり、バイパス音も出ないようになったと修理依頼をいただきました。
   IMG_4369.jpg
電源ケーブルは度重なる屈曲のためか被覆が破れて簡単に断線しそうな状態でヒヤヒヤ。
   IMG_4371.jpg
動作確認をしてみると、AC100Vから降圧する電源トランスの二次側から出力されておらずトランス不良と判断。
念のため、トランス以降に本来かかっているであろうDC19Vをかけてみると問題なくエフェクトがかかりました。
   IMG_4370.jpg
基板への配線は電源ラインだけで、他は全てコネクタにまとめられているので基板の取り外しは難しくないですね。
   IMG_4373.jpg
このスペースに収まる同スペックのトランスがどうにも見つけられなかったので、オーナー様に「一般的なDC9Vで使えるように変更してはどうでしょう?」と提案させていただきOKが出ました。
   IMG_4372.jpg
内部はDC15Vで動作している構造なので、基板上のトランスと電源ラインの電解コンデンサなどを撤去してから昇圧回路を組み込みます。

DCジャックはエフェクターでは定番の2.1mmのタイプをチョイス。
元々は電源ケーブルが通っていた穴にDCジャックを取り付けようとすると、ジャック本体がケースの裏蓋と干渉するのでジャック側のケースと当たる部分を削ったり、スペーサーで逃げを作ったりと色々やっています。
   IMG_4376.jpg
トランスがあった部分のスペースに昇圧回路をインストールして、19Vを基板に供給するように調整しました。
   IMG_4375.jpg
基板に供給された電圧は7815レギュレーターでDC15Vに安定化されます。
   IMG_4377.jpg
DCジャックにはブリッジダイオードを組んでおきましたのでアダプターの極性も関係無しではありますが、交流を供給するとリップルが取りきれないコンデンサ容量なのと、出力電圧が上がる分レギュレーターの負担(=発熱)が増えるので、基本的にはBOSSなどのエフェクターに使えるDC9V電源で使用されれば安心です。
   IMG_4379.jpg
ジャックやナットの緩みなどもチェックして完成となりました。
   IMG_4378.jpg
AC100Vを使うエフェクターでも内部トランスで生成している電圧や電流量によってはこのように変更する事も可能です。
真空管を使っている場合や内部で両電源になっている場合はまた違う難しさがあるので要検討ですが…

「音は気に入っているけど、正直なところ毎度電源コンセントを使うのは面倒!」というペダルも活躍の場が出来るかもしれませんね。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
スポンサーサイト
FENDER JAPAN&MEX COMPO-STの組み立て&全体調整
FENDER JAPAN STR-RK(SRS)の全体調整で、最終的に残っているのは木材だけとなった大改造を施したギターですが、その方よりFENDER MEXのネックとJAPANのボディを入手したので組み上げてほしいと部品持ち込みで依頼いただきました。

STR-RKに取り付けたピックガードと同じアルミアノダイズドをボディに載せてみたら、ポケットへの飛び出しやネジ穴が合わないなどよくある状態でしたので、フィッティングを行っていきます。
   IMG_4279.jpg
ポケット内にピックガードが飛び出していますので、その部分だけ削ります。
   IMG_4280.jpg
ネジ穴もこのように穴半分くらいズレているという個所が全体の半数程度ありましたので、一度埋めて正しい位置に再開口します。
   IMG_4281.jpg

持ち込まれたネックはゴールドカラーの金属パーツが使用されていました。
   IMG_4284.jpg
ペグは勿論、金属パーツはまた銀色に変更になるので、部品交換を行っていきます。
   IMG_4283.jpg

ピックガードアッセンブリを組み立てました。
   IMG_4290.jpg
持ち込まれたピックアップはFENDERのvintage noiselessセットです。
   IMG_4291.jpg
ワイヤリングや部品のチョイスはStudio GREAMでは定番の仕様ですね。

ボディ側にもいつものように導電塗料を塗ってアースラグで確実にグラウンドへ接続します。
   IMG_4289.jpg

ブリッジにはWilkinsonの6点留めシンクロトレモロをチョイスされました。
   IMG_4298.jpg
STR-RKでWilkinson by GOTOHのVSVGを搭載して好印象だったとの事。
(今回のはGOTOHで作っている物ではないので要注意。Wilkinsonはこういうところが紛らわしい)

ペグはGOTOHのSDS510にマグナムロック付きモデルに交換しました。
   IMG_4302.jpg
C-A-R-Dという、カーボンファイバー強化樹脂で出来たパーツを併用する事でセンターが出て軸のブレを抑えて安定したチューニングが得られます。
   IMG_4301.jpg
指板やフレットエッジも面取りを行い、定番の柔らかいグリップに仕上がっています。
   IMG_4299.jpg
ネックジョイントにはF.C.G.R.製ブラスプレートを、トレモロスプリングにはLaw Vintage製を使用しました。
   IMG_4300.jpg
(スプリングは4本にしないとフローティング状態に出来ませんでしたので、1本外しています)

ネジ類はステンレスをチョイスして、STR-RKのボディカラー違いみたいなルックスになっていますが、サウンドは面白い事にやはり違いますね。
   IMG_4297.jpg
STR-RKの方がシングルコイルのストラトサウンドでありつつ、ジューシーな感じ。
このサンバーストストラトはもう少しモダンで、キンキンしたところが少なく使いやすいサウンドです。
これから場面によって使い分けて言ってくれると良いですね。
ご依頼、いつもありがとうございます。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp