機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
G&L SB-2の全体調整&ノイズ処理
今回は親戚から譲り受けたというG&L SB-2の全体調整&ノイズ処理作業です。
   IMG_4637.jpg
PタイプとJタイプのピックアップ構成で、2ヴォリュームコントロール。
   IMG_4638.jpg
ノイズが多くて何とかしたい、との事で持ち込まれましたが…
導電塗料関連の作業は一切されていません。
   IMG_4640.jpg
ピックガード穴あけ無しで、マスタートーンを追加したジャズベースと同様の3ノブコントロールにしたいとの希望でしたのでスタックポットを使用する事にします。
   IMG_4641.jpg
部品は一旦すべて取り外して、キャビティ内に導電塗料を塗り込んでグラウンドワイヤを接続します。
いつも行っている内容ですね。
   IMG_4642.jpg
ピックガード裏にはアルミシールドテープを貼り込んでノイズ処理。
スタックポットは各ピックアップのヴォリュームにして、マスタートーンを追加しました。
   IMG_4648.jpg
スタックノブは上段がPタイプ、下段がJタイプPU用のヴォリュームです。
   IMG_4645.jpg

この写真は作業後ですが、ナットの外形が高くて、弦がガッツリ埋まっている状態でしたので溝調整と共に外形も整えました。
   IMG_4647.jpg

指板やフレットのエッジはこのようにちょっと角ばっていましたので…
   IMG_4639.jpg
全て手作業で面取りして、柔らかいグリップに整えてあります。
   IMG_4646.jpg

その他にネックポケットの面出しやネジ穴面取りなど、細かい事をひとつずつ確実に行って組み上げています。
   IMG_4644_1.jpg
元々は艶も無かったボディや金属パーツでしたが、全体的に磨き上げて見違える状態になり、気になっていたノイズも殆ど感じないぐらいに減少したのでお喜びいただけました。
これからガンガン弾いてもらえると良いですね。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
スポンサーサイト