FC2ブログ
機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
YAMAHA CPX1200のピックアップ交換
今回はYAMAHAのエレアコであるCPX-1200のピックアップシステム交換を行いました。
   IMG_5232.jpg
元々アンダーサドルピエゾピックアップとオリジナルプリアンプの組み合わせではありましたが、
「フィンガーピッキングスタイルでのボディヒットサウンドが出ないので何か方法がないか?」とご相談いただきました。

純正プリアンプにはチューナーは勿論、イコライザやエアー感を調整するコントロールなども搭載されてなかなかの高機能。
   IMG_5233.jpg
弦の音は綺麗に拾ってくれるのですが、確かにボディヒットは全然希望に満たないサウンドでしたので、今回はピックアップもプリアンプも全て交換する事になりました。

エンドピンジャックもアッセンブリで交換となりますので、取り外していきます。
   IMG_5235.jpg

ショルダー部分には単三電池×2本を収めるバッテリーボックスがありましたが、新しいシステムでは9Vバッテリーなのでこれも撤去します。
   IMG_5237.jpg
プリアンプユニットを撤去したらこの穴をどうするかが問題ですが、手が入れられるのでピックアップ取り付け作業はし易いですね。
   IMG_5236.jpg
サドル下にピエゾピックアップが敷き込んであるものだと思っていたら…
サドル一体型ピックアップだったので新しくサドルも作成する必要が出てきました。
   IMG_5238.jpg
しかしヤマハのサドルは幅が広くて…オクターブピッチは合わせ易いのですがGIBSONやMARTIN近似値サイズのラフカット素材ではちょうど良いサイズの物がなく、遥かに大きなTUSQのブランク材から削り出して作成しました。
   IMG_5251.jpg
サウンドホールの縁部分に両面テープでヴォリュームなどのコントロールパーツを取り付けて…
   IMG_5252.jpg
ピックアップやジャックなども配線して取り付け完了。
今回チョイスしたのはL.R.BaggsのiMIXという2ピックアップをブレンド出来るシステムです。
   IMG_5250.jpg
アンダーサドルピエゾで弦の音を拾い、高感度ピエゾピックアップであるiBEAMでボディヒットを拾う事が出来ます。

ボディ側に若干の切削加工は必要でしたが、バッテリーボックスは9Vタイプを取り付けました。
   IMG_5253.jpg
プリアンプにはバッテリースナップが直付けされていましたので、バッテリーボックスからの配線もバッテリースナップを使いました。
そのためハンダ付け無しで取り付け取り外し出来るようになっています。


そして問題のプリアンプを取り外した穴をそのままにしておくわけにはいきませんので…
   IMG_5249.jpg
アガチスの板材を煮て柔らかくしてから、ボディ側面の曲りに合わせて作成した木型で挟んで曲げ加工して作りました。
プレスしたまま乾燥するのを待って厚みやカド部分のRなど仕上げの成形と塗装を行い完成。

蓋の裏側にはスポンジを貼ってありますので、ボディと当たって嫌な音が出ないように配慮してあります。
   IMG_5256.jpg
ボルトナット2本で取り付けしてあるので、メンテナンスの時はドライバー1本で簡単に取り外す事が可能です。
   IMG_5257.jpg
全体的にワックスをかけて納品となりましたが、これからボディヒットの傷がどんどん増えていくのだろうなと思うと、それはそれで楽しみです。
   IMG_5255.jpg
このピックアップシステムのサウンドも気に入っていただけたようですが、更なる音作りの深化のため今後も機材のご相談をいただけると幸いです。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
スポンサーサイト
NOBRAND STRAT TYPEの改造
今回はお預かり時の全体写真を撮り忘れておりますが、オーナー曰く60年代前半のFENDERネックと、エイジド加工が施されたストラトタイプボディの組み合わせという事ですが、製造年を特定できそうな物が殆ど無いので私も詳しくは何とも言えない状態でした。
   IMG_5207.jpg
導電塗料が塗られたボディのキャビティが見えますね。
   IMG_5209.jpg
今回はこのギターのリアピックアップをハムバッカーへ換装します。

1950年代頃のオイルペーパーをワックスモールドした古い(1950年代前半頃)コンデンサが使用されていましたが、測定してみると容量抜けが甚だしく…
トーンポットにBカーブが使用されていたりと、色々なんだかなぁという状態でしたので、必要な部品は交換させていただく話になりました。
   IMG_5208.jpg
このリアシングルコイルのキャビティをザグッて…
   IMG_5210.jpg
ハムバッカーが入るサイズに加工します。
   IMG_5211.jpg
その後に露出した木肌を隠す意味も含めて導電塗料を塗り直します。
ブリッジをGOTOH製に交換する関係上、アームハウジングが干渉する部分も追加で切削を行っています。
   IMG_5212.jpg

ピックガードを切削しても良かったのですが、戻せなくなる事とコスト高になる事を鑑みてミントグリーンカラーのSSH配列で開口されたピックガードを手配して、汚し加工などを行いフィッティングしました。
   IMG_5213.jpg
ピックアップは元々搭載されていたSheptoneのstratocaster pickup(AB CUSTOMかALNICO BLUESかまでは判別できませんでした)のフロントとセンターを移植して、リアにはお持込みいただいたSeymour DuncanのTB-4を搭載。
リアとセンターのハーフポジション時には、ハムバッカーのアジャストポールピース側が生きて、かつハムキャンセル効果を得ながらシングルコイル同士のサウンドになるように配線。

ハイポジションで弦落ちすると悩まれていたので、弦間ピッチを11.2mmから10.8mmに変更すべくGOTOHの6点留めシンクロトレモロへ交換しています。
サドル高さ調整のネジは汗や埃によるサビ付きを予防するために、ステンレス製ネジに交換してセットアップ。
   IMG_5240.jpg
お預かり時には指板の端スレスレを通っていた1&6弦が内側に入ってきて演奏性が向上しました。
   IMG_5241.jpg
その他に、フレット擦り合わせやナット溝の調整、指板横のエッジ面取りなども行ってセットアップさせていただきました。
以前にフレット交換された仕上げがあまり綺麗ではなく、本心ではフレット交換を行いたい状態でしたが…ひとまず擦り合わせを行い、今後の課題としてフレット交換のご提案をさせていただきました。
   IMG_5239.jpg
しかし、ヘッド割れのダボ打ち補修やオーバーラッカーが施されていて、かつネックエンドのDATEスタンプも無かったため60年台前半のネックかどうかの確証は持てませんでしたが、とにかく目の詰まったエボニーのような黒々したローズウッド指板は素晴らしい状態でしたので、これからも演奏機会が増えると良いなと思います。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp