fc2ブログ
機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
ZOOM MS-50GのSCROLL SWITCHモディファイ
今回は安価なのにとてもよく出来ていて、プロミュージシャンにも利用者が多いZOOMのMS-50Gを改造します。
   IMG_5402.jpg
実売で1万円以下の価格でありながら、最大で6台のエフェクターを直列でつなぐ事が出来て、チューナーもアンプモデリングも入っているという、ひと昔前では考えられなかった多機能ペダルですね。

内部は複数の基板をリボンケーブルで接続するような組み立て性に優れた作りですし、昔のZOOMのようにプラスチック筺体ではなくしっかりとしたアルミダイキャスト筺体です。
   IMG_5404.jpg

とてもよく出来ているエフェクトなのですが、メインフットスイッチは表示されているエフェクトのON/OFF用となり、複数接続されているエフェクトのON/OFFのためにはメインスイッチの左右にあるミニスイッチを押して画面をスクロールしないとなりません。
演奏しながらこんな小さなスイッチは踏めないので「あと一歩!」という感じなのです。
上下のプリセット切り換えに関してはまだ曲間に押して切り替える余裕がある場合もあるとは思いますが。

そこで、この左右スクロールが出来るような外部フットスイッチを増設する改造を行います。
   IMG_5405.jpg
これがフットスイッチ部分の基板↑

左右とグラウンドのため2芯シールドあれば足りるので今回は3.5mmステレオミニジャックをアウトプットジャックの下側に設置しました。
   IMG_5407.jpg
「上下のプリセット切り換えスイッチも外部コントロールにしたい」等色々とご希望に沿う事は可能ですが、外部フットスイッチ自体が大きくなるのでそのサイズにしても必要かどうかを依頼者様に確認した上で仕様を決めていきます。
   IMG_5406.jpg
仕上がった状態ではノーマルと大きく変わりませんし、フットスイッチを接続しなければ全くのノーマル状態として使用可能です。
   IMG_5410.jpg
アウトプットジャックをひとつ潰して外部コントロールにする改造も他の工房などで行われていますが、私は極力機能を削らずにアップグレードしたかったのでジャックを増設する事にしました。
   IMG_5411.jpg

外部増設スイッチは左右スクロールのみの場合はこのような1590Aサイズ(ケース寸法:39×93×31mm)です。
   IMG_5412.jpg
この色付きケースはペダル本体のすぐ下に設置するという指定でしたので、外部スイッチから直接ケーブルが生えている仕様で作成しました。
   IMG_5413.jpg

通常のモディファイ依頼の場合は30cmのステレオミニケーブルを用意してボード内の任意の位置に設置出来るように作業を行います。
   024_20190630154440af7.jpg

ZOOMではマイナーチェンジでこのような外部増設スイッチを出してくれるともっと使い勝手が上がるのに惜しいなぁと思いますが…
これでとても実戦向きのエフェクターになりました。




このようなフットスイッチ作成依頼は定期的にいただくのですが、更に追加機能でのご依頼をいただきました。
   IMG_6825.jpg
いつものようにアウトプットジャックの下側辺りにジャックを増設するのですが…
   IMG_6828.jpg
今回は3つあるコントロールノブの真ん中を押すことで動作するメモリーモードも足で操作できるようにしたい、という内容でした。
   IMG_6829.jpg
配線自体はそう大変ではないのですが、部品の取り外しや配線取り回しなどで2スイッチバージョンよりも難易度は高めになりますね。
配線もスイッチのコントロール用3線とグラウンドで4端子必要になるのでジャックも4極タイプが必要になります。
スマホなどで使う用として4極の3.5mmミニジャックがあるので、それを使用する事にしました。
   IMG_6830.jpg
接続ケーブルも長すぎても邪魔なので、30cmほどの長さで用意しましたがこの辺りはご依頼いただいた際のヒアリングで適切な長さのケーブルを探してご用意する事が出来ます。

スイッチボックスは無塗装でラベル無しというご指定でしたのでこのような仕上がりですが、ランダムサンダーで研磨した跡を残す仕上げにしてみました。
   IMG_6827.jpg
両サイドは以前からある左右スクロールで、センター奥側はメモリーモード用のスイッチです。

これ以上の個数のスイッチボックスを作成する事も可能ですが、その場合は接続ケーブルやジャックをどうするかという点が問題です。
例えばLANケーブルか電話用モジュラージャックなども使えるかもしれませんね。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
スポンサーサイト