機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
トゥルーバイパスは万能か!?
昨今は「トゥルーバイパス」を売りにした機材が増えましたね。

「トゥルーバイパスだから音痩せしません」
みたいに言われてます。




本当に痩せない?




盲目的に信じちゃいませんか?

結局は使い方だと思いますがね。

一般的に言われるトゥルーバイパスって

インプットジャック
↓(配線材)
スイッチ
↓(配線材)
アウトプットジャック

というふうに接点やケーブルを通過します。

この接点を通過する事で確実にハイ落ちして「ヌルい」音になります。

嘘だと思うならアンプ直と比べてみて下さい。
確実にヌルくなってます。
トゥルーバイパスでも音痩せする訳ですね。


ではなぜトゥルーバイパスがもてはやされるようになったのでしょうか?

ボスに代表されるようなバッファ入りエフェクターをつなぐだけで音が変わる(痩せる)事が「バッファ=悪い物」になっている気がします。

バッファって本来は音質変化を極力起こさずにインピーダンス変換を行う凄いヤツなんですよ♪

しかし、ボスはコスト的には仕方ないと思います。
あの値段であのハイクオリティです。
メーカーではコストの縛りが大きいのであの価格で出すなら仕方ないかなと。

ボスエフェクターが仮に3万円ぐらいで売られるなら内部部品ももっと良い物を採用して本領発揮するはずですね。
そしたらうちみたいな弱小エンジニアは苦しむことになるでしょう。


さてそんな訳で、音痩せを減らすライブ向きセッティングとしてMooGが推奨したいのは、

ギター
↓(3m以内の高品質シールド)
バッファ

エフェクター類

アンプ

ってつなぎ方です。

バッファを通過するまでのハイインピーダンス部分には痩せの少ない良いシールドを使いましょう。

Studio GREAMのループシステムにだけ組み込んでる、スーパーバッファをトーン機能を追加して単体エフェクターとして発売しちゃおうか考えている今日この頃です。


バッファも使い方次第で「良い仕事してますねぇ〜」って思いますよ。





お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom GUITARS & EFFECTS,Repair
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック