機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
YAMAHA ATTITUDE LIMITED II/SFGの全体調整
最近、少しずつ、本当に少しずつ客数が増えてきているのを実感しています。
今回はお世話になっている販売店からStudio GREAMを紹介されたというお客様のベースを調整します。
   DSC08173.jpg
ロックの殿堂入りも果たした、世界で活躍するスーパーベーシスト「Billy Sheehan」のシグネチャーモデルです。
   DSC08170.jpg
特徴的なアウトプットやコントロール、極太ネックグリップなど唯一無二の特徴を備え、何のアンプで弾いても特有の個性的なサウンドです。

ブリッジはヤマハのオリジナルだと思われますが、汚れが少し溜まっていたのでクリーニングします。
   DSC08171.jpg
写真はクリーニング前です。

このベースで特徴的なウーファーピックアップですが、カバーを取り外してみるとDimarzioのカスタムメイドピックアップが載っていました。
しかもピックアップ自体にはネジ止めなど一切なく、ピックアップカバーとピックアップ下のスポンジで挟みこんで固定している取り付けでした。
   DSC08175.jpg

ピックアップの両ミミ下にはネジ穴がありませんね。
ネックはボディ深くまで差し込まれ、ボルトで強力に固定されていました。
   DSC08176.jpg
塗り残しなどのムラは多少ありますが、コントロールキャビティには最初から炭素系フィラーの導電塗料が塗られていました。
テスターで測定すると低めの抵抗値は出るものの、導通とまではいきません。
   DSC08187.jpg
Studio GREAMではお馴染みの銅フィラーを使用した導電塗料を塗っていきます。
乾燥後にテスターで導通チェックを行うと1Ω以下のほぼ導通状態まで改善されました。

ウーファーピックアップのカバーも裏側に導電塗料を塗布します。
   DSC08183.jpg
このカバーが合わさるボディ側にも導電塗料を塗って接触するようにしました。
これによりウーファーピックアップをシールドしています。
元々ハムバッキング構造なのでノイズは少なめなのですが、依頼者様はノイズを気にされていたので念入りに。

オリジナルのコントロール部配線。
   DSC08178.jpg
配線の長さやハンダの量もちょっと多いかなといった印象。

一旦、全ての配線とハンダを外し、部品のクリーニング後に配線し直しました。
   DSC08184.jpg
しなやかで癖の少ないサウンドのビーメックスS配線材にKESTER44ハンダの組み合わせです。
グラウンドは1点アースとなるようにウーファーボリュームポットに集めています。

ジャック部分も見ていきましょう。
こちらは作業前。
   DSC08179.jpg
配線が余分に余っていたり、ハンダもちょっと多いなという…コントロール部と同じ印象です。

これが作業後。
   DSC08190.jpg
配線をジャックの端子にしっかり絡げて、その固定のためにハンダを少量使用しています。
導電塗料も周辺部分まで塗り足しました。

このジャック部分に取り付ける蓋ですが、裏にはアルミテープがしっかり貼られていました。
   DSC08191.jpg
しかしどこにも導通していないし、変なバリは出ているし…だったのでここも手直し!

施工後はこうなりました。
   DSC08193.jpg
バリを落として、アルミテープ表面はアルコールで汚れを落としました。
先ほどのジャック部分のふちに導電塗料を塗る事で、このアルミテープと導通する事になり、よりしっかりとシールドされます。

最後に、これまたお馴染みの指板&フレットエッジの処理です。
これがお預かり時。
   DSC08169.jpg
指板やフレットのエッジはハッキリしており、少し手に痛い印象があります。

これは作業途中で、やすりをかけて少しエッジを丸めた状態。
   DSC08182.jpg

2000番のペーパーまでかけた状態です。
   DSC08189.jpg
この後で、仕上げ用極細スチールウール、コンパウンドと順に粒子を細かくしながら磨いていきますとツルツルになります。

ナットはお預かり時に外れてしまっていたので、接着面に付着した古い接着剤を除去して改めて接着をし直します。
   DSC08194.jpg
Studio GREAMでは、ナットがしっかりくっつくまでこのようなクランプを掛けるようにしています。

弦を張って、ナット溝の調整も含め、弦高やオクターブなどを調整しました。
   DSC08212.jpg

今回は特にノイズと弦のビビリを気にされておりましたので、かなり念入りにノイズ処理や弦高調整を行いました。
エレクトリック楽器の構造上、ボリュームを上げて楽器から手を離している時には人体へのグラウンドがつながっていない状態なので若干「ジーッ…」というノイズは出てしまいます。

弦を触ればそのノイズは消える訳ですし、ボリュームを上げつつ手放し状態で弾いていないような状況はなかなか起こり得ないと思うので、その点はご理解いただければ幸いです。
それらも消すとなると内部にバッテリーとバッファを入れてローインピーダンス化、とか…違う楽器になっていきそうです。

また、何か気になられた際はお気軽にご相談いただけましたら幸いです。


しかし、結果的にとっても太いサウンドで、個人的にもいつか欲しいなと思えるベースになりました。
なかなかコンディションの良い物が出回らないので…気長に探します。


交換部品はありませんでしたので13000円のベースの全体調整・ノイズ処理という基本価格でした。


これから自身のバンドで骨太なトーンを奏でてくれると嬉しいなと思いますね。




お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック