機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
YAMAHA RGXプロトタイプ?の調整
YAMAHAのストラトシェイプですが、RGXシリーズのようでもあり…ハンドペイントが施されているので型番の特定は出来ませんでした。
RGX610S/Mが近いとは思うのですが、旧製品アーカイブを見る限りはリアピックアップが斜めに取り付けられているモデルではなかったはずなのです…
アーティストモデルのプロトタイプの可能性もありそうなのですが、真相は不明です。

しかしオーナーはこのギターをとても大事にされており、直してずっと使い続けたいとの事で一大手術をすることとなりました。
   DSC08281.jpg
若かりし頃にポスターカラーでペイントをされたそうで、唯一無二の外観となっています。

1ピックアップなので、スイッチはピックアップセレクターではありません。
ボリュームポットをパス/出力オフ/ボリュームポットONの切り替えとなっています。
   DSC08284.jpg
アンプ用のような操作が硬いスイッチが取り付けられており、素早い操作は無理な状態でした。
取り付け時に無理やりに穴を広げたり、倒したりしたのでしょう…ボディが割れてしまっていました。

アウトプットジャックはこの位置にあるのですが、シールドを挿したままではプラグがぶつかってスタンドにも置けない!との事で移設を検討されておりました。
   DSC08296.jpg

コントロールキャビティ内部はこのような状態でした。
   DSC08297.jpg
ボリュームポットはスイッチポットになっており、ピックアップのタップが出来るようになっていました。

電装系の作業としては、
・このゴツいスイッチは要らないので撤去しつつ、ピックアップのコイル組み合わせを変えるミニスイッチを増設する事になりました。
・また、スイッチがあった穴位置にはアウトプットジャックを移設します。
・ボリュームポットはガリが出にくい高耐久の物に交換し、スイッチ機能は撤去します。

まずはミニスイッチのための穴あけです。
   DSC08300.jpg
ボリュームとジャックの中間位置に、という事で寸法測定の上で穴を開けました。

こちらが配線完了後です。
   DSC08301.jpg
ミニスイッチは軽い操作感で、ピックアップのコイル組み合わせをパラレル/タップ/シリーズと切り替える事が出来ます。
ジャックには金メッキ端子のノイトリック製を採用しました。
元々の穴が大きく開いていたため、ジャックの径が合うものでチョイスしています。

ジャックをボディトップに移設したため、元々のジャック穴はメクラ蓋をして塞いでおきました。
   DSC08302.jpg


次に問題が多かったネック周りです。
   DSC08283.jpg
お預かり時には指板は波打ち、フレットは擦り減り、ロッドは完全開放でも逆ぞり、とまともに音が出ない状態でした。

フレットの擦り合わせで簡易的に直す事も出来ますが、今回は指板の波打ち部分を削り、再塗装も行うフレット交換となりました。
   DSC08355.jpg
フレット交換と塗装後は上記の状態です。

波打ちは勿論解消されていますし、ロッドの余裕も若干は確保できるように修正してあります。
   DSC08361.jpg
薄く出たバーズアイメイプルが奇麗ですね。

ブリッジはサビサビでしたが、同型の比較的奇麗な物を持ち込みされて、交換する事になりました。
   DSC08360.jpg
これは交換と調整が終わった状態です。
ヤマハのフロイドローズ系ブリッジはオクターブ調整機構が搭載されていたり、弦のボールエンドを切らずにセット出来たりと、良く考えられて進化したブリッジだと思います。

   DSC08364.jpg DSC08366.jpg
完成後の裏表写真です。
ポスターカラーの上から可能な限り汚れは落とし、ワックスもかけました。
将来的にこの個性的なペイントも剥がして、リフィニッシュを行うかもしれないとの事ですので、楽しみですね。
元々の値段はどうあれ、愛着がある楽器ならメンテナンスしながら使う事はとても良いことだと思いました。

今後も大事に、でも最前線で使っていただければと思います。


フレット交換 33000円
指板修正 3000円(フレット交換時)
指板塗装 10000円(ラッカークリア)

ボリュームポット 1050円
ミニトグルスイッチ 1500円
ノイトリック製ジャック 600円
電装系交換工賃 5000円


合計54150円でした。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック