機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
FENDER USA AMERICAN VINTAGE 1957STRATOCASTERの調整
熊本にお店を出す以前からご愛顧いただいているTRANSONIC NOIZのフロントマンKI-KUNよりストラトキャスターの調整をご依頼いただきました。
   DSC08475.jpg
2001年製のシンラッカー(RELIC)モデルなのですが、彼と共に沢山のステージで闘ってきたギターです。

ソニックブルーの塗装は焼けて緑色になり、タバコのヤニで部分的に茶色っぽくも変色しています。
   DSC08478.jpg

・シングルコイルのためノイズが多いのでStudio GREAMで定番のノイズ処理をしたい。
・メインは他ギターになったけど、これも使えるようにセットアップしておきたいので、ヤニの付着した汚い感じを無くしたい。
・フロントピックアップを任意に足せるブレンダー回路を搭載したい。

上記のような希望に沿って調整を行っていきます。


ブリッジサドルはGRAPHTECH社のstringsaverに交換されていました。
   DSC08480.jpg
このサドルは確かに弦は切れにくくなるのですが、柔らかい素材のため弦によって擦り減っていくので定期的に研磨をした方が良いという印象があります。
サウンド的にはローミッドが出る(高音域の痛い感じが減る)のでブライトなギターにはマッチングが良いと思います。

開けてみるとやはりノイズ処理は行われていません。
   DSC08483.jpg
しかし、元はこんな鮮やかな水色だったのですね。

ノーマル状態のピックガードアッセンブリ。
   DSC08488.jpg
ピックアップはLINDY FRALINのREAL54に交換されていますね。
このピックアップ、本当に素晴らしい!でも難しい!ちゃんと弾かないとミスタッチもはっきり出ちゃう。
様々なトーンを出せるピックアップですが、これで良いサウンドを出せる方はちゃんと弾ける方でしょうね。
チェック時にも気合入れて弾かされます(笑)

ジャックのハンダは元々でしょうか、ちょっとお粗末ですが配線はやり直しますので遠慮なく外します。
   DSC08481.jpg

そしてアッセンブリの組み直し後。
   DSC08489.jpg
アルミテープをピックガード裏に貼り、配線も交換しました。

ヴォリュームポットには擦り減って引っ掛かりが出ていたので、選別したCTS製に交換をしました。
   画像
黄色い配線はLENZのヴィンテージ配線(1960年代)です。
スムーステーパー化、グレースバケットトーンサーキット、ブレンダー配線と、見た目はそのままに現代的な機能が盛り沢山です。

ブリッジも一度バラして磨きます。
   DSC08507.jpg
フラッシュが強すぎて白が飛んでしまっていました…

左が擦り減って弦の跡が付いた状態で、右はそれを磨いて滑らかに修正した状態です。
   DSC08510.jpg

導電塗料を塗る前に塗装を荒らして足付けするのですが、可能な場合は木材を削らないギリギリで塗装を削り落したりもします。
   DSC08511.jpg
木材が露出していますが、細心の注意を払って塗装のみ削り、最終的には紙やすりで表面を整えます。


ここから塗装表面の汚れを落としていきます。
   DSC08512.jpg
最初はコンパウンドだけで済むだろうと思っていたのですが、敵は手強くて、結局表面の黄変したクリア層を薄く研磨する事にしました。
水研ぎをして、3000番のコンパウンドから9500番まで順にかけていきます。
経理のGさんも出動しての二人がかりでひたすら磨きます。

ワックスまでかけた状態がこちら。
   DSC08513.jpg
光の当たり具合で余計に緑色に写ってしまいましたが、反射の艶が出るぐらいヤニ汚れによるくすみは改善されました。

そして導電塗料を塗っていきます。
   DSC08514.jpg

ブリッジも組み直して調整。
   DSC08531.jpg
クロームメッキパーツは磨くと輝くので気持ち良いです。

最終的に仕上がりはこの状態。
   DSC08533.jpg
今まで以上にミッドの艶やかなサウンド、ベルトーンが出るようになり、ますますチャレンジングなギターになりましたが、スタジオでのサウンドチェックから暫く戻って来れなかったぐらい、弾いていて楽しく気持ち良かったです。

コントロールはVOL.、TONE、BLENDとなりました。
BLENDノブは全開時は3シングルコイルの一般的ストラトキャスターですが、
ノブを絞っていくとリアピックアップにフロントピックアップが直列で足されていき、ハムバッカーのようなファットなトーンになります。
この効果は実際に試さないと伝わりにくいですね…
Studio GREAMにはこの回路を搭載したギターをご用意しておりますので、サウンド変化を確認していただく事が可能です。


全体調整・ノイズ処理 12000円
ラッカー塗装アップチャージ 1000円

CTS製VOL. POT(Studio GREAM選別品) 1050円
Elixer Super Light 1400円

合計15450円

お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック