機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
SQUIER JAGMASTERの調整
やっと記事にする事が出来ますが、今回は熊本でStudio GREAMをオープンする以前の準備中にお問い合わせをいただいていたお客様のギター調整です。

SQUIERのJAGMASTERというギターで、ジャガーのようなオフセットコンターボディにストラト系のアッセンブリが載ったモデルですね。
   預かり時全体1
部分的にゴールドパーツに交換され、PRSのコンビパーツのような雰囲気もありますが、オーナーはこの組み合わせが好みでは無いらしく、基本的にはニッケルカラーに戻したいとの事でした。

内部を見ていきます。
   純正コントロール
ポット下に貼られたアルミ箔でグラウンドを接続している状態で、ナットが緩んだら音が出ないなどのトラブルが起きそうな状態でした。
不良では無く、純正ではこんな感じは普通にあります。

セレクタースイッチ部分。
   純正セレクター
グラウンドの束ね方も…ちょっとね…

サーフグリーンに見えて、実は水色(sonic blue?)が日焼けしたカラーでした。
   色焼け具合

このギターに、定番の全体調整&ノイズ処理を行いたい!という依頼内容でしたので、早速作業開始します。

まずは導電塗料を塗る前に下地研磨とマスキング。
   マスキング

導電塗料の塗布後。
   導電塗料塗布後
部分的にはみ出しているように見えますが、勿論マスキングテープ上で止まっています。

ボリュームポット、トーンポット、ジャックも交換するため、ピックガードの穴径を拡大しました。
   ポット穴拡大加工
リーマーで広げると穴がすり鉢状になるため、Studio GREAMではボール盤とドリルを使って正確に拡大加工をしています。

ピックアップはセラミックマグネットを使用したシングルコイルですが、コストダウンのためかワックス含浸がされていません。
   ピックアップシールディング
ハイミッドにピークがありつつもパワフルなサウンドキャラクターでしたが、ハイゲインサウンドで使うとハウリングが怖いですね…
ノイズ対策とコイルの共振防止として、銅箔テープとアセテートテープをきつめのテンションをかけながら巻いておきました。

ピックガードアッセンブリはこのような状態に仕上がりました。
   ピックガードAssy

選別したCTS製ポットと、BELDEN配線材、OFC単線のグラウンド線…Studio GREAMでは定番の組み合わせです。
   コントロール

セレクタースイッチもCRL製に交換し、ピックアップのグラウンド用ラグ端子も取り付けました。
   セレクターSW

アームは使わないという事で、トレモロスプリングをお持ち込みいただき全部で5本張りました。
   トレモロスプリング追加

指板やフレットのエッジを丸める前の状態です。
   指板エッジ施工前2
フレットの角が立っていますね。


そして不覚にもブリッジをばらしたり、指板のエッジを加工したりした写真が見当たらず…公開は出来ませんが(過去の作業を見ていただいている方はご存知であろう)作業を行っています。


ここで一度納品したのですが、チューニングがどうにもよろしく無いという事ですぐにペグの交換を行う事になりました。
   DSC08550.jpg
純正のペグはFキータイプというのか、斜め対角で固定されたもので、遊びが大きく精度が高いとは言えない状態でした。
   DSC08551.jpg

このペグを、GOTOHのクルーソンタイプペグ(マグナムロック付き)をお持ち込みいただき交換する事になりました。
   DSC08553.jpg
部品持ち込みの場合は、細かい寸法はお客様自身で測定していただき手配をしていただく訳ですが、それを取り付ける際に木材加工が伴う場合もありますので判断が難しい部分ではありますね。

このペグの場合、開いているポスト穴が付属ブッシュ径よりも小さく、表側から穴の段付き加工を行う必要がありました。
   DSC08554.jpg

そしてブッシュの圧入を行います。
   DSC08555.jpg
元々付いていたブッシュはプラスチック製で、しっかりと打ち込まれてもいなかったので、ブッシュの径は変わりましたがGOTOHブッシュの方がポストをしっかりと支えてくれますね。

そしてペグを取り付けた状態です。
   DSC08556.jpg

ヘッド裏側ですが、ポスト穴間隔がクルーソン用の間隔よりも僅かに広かったためにネジ止めが微妙な状態でした。
(クルーソンタイプは隣り合った2つのペグケースを1本のネジで止めているエコ構造です)

そこでワッシャを用意して2つのペグケースを押さえられるように加工しました。
   DSC08557.jpg
ガタつきも無く、思いのほかしっかりと固定されています。

(ちなみに元々のペグ取り付けネジ穴は使わないので、全て穴埋め加工を行っています)

ピンボケしてしまいましたが、ワッシャで固定している部分のアップです。
   DSC08558.jpg

全体的に磨き上げて弦を張って、微調整して納品となりました。
   DSC08568.jpg


将来的にピックアップ交換なども行う事になると思いますが、その際はまたアップしようと思います。


全体調整・ノイズ処理 12000円
VOL. POT(Studio GREAM選別品) 1050円
TONE POT(Studio GREAM選別品) 1050円
Mil. Spec Jack 1260円
ダダリオ EXL-120弦 600円

ペグ交換工賃(穴径加工・取り付け穴位置変更含む) 6500円

合計22460円でした。




以前に上記のような作業を行ってきたJAGMASTERですが、「ゲインを上げたアンプで弾くとハウリングし易くて困る!」との事でピックアップの交換に着手することになりました。

今回使用するのはピックアップビルダーとして有名なBill LawrenceさんがやっているWILDE USAというメーカーのシングルコイルセットです。
   DSC09718.jpg

一般的なシングルコイルピックアップよりも背が高いので、取り付けに際してボディ加工が必要なギターもありそうな感じですが、今回のJAGMASTERに関しては無加工で交換が可能でした。
   DSC09719.jpg

配線は各ポジションに合わせて長さが揃えられているので、切る必要なく奇麗に纏められました。
   DSC09720.jpg

ポジションに合わせてポールピース間隔を細かく調整してあったり、内部のノイズシールドも完璧だったりと素晴らしい作りのピックアップですね。
   DSC09723.jpg
サウンドは、シングルコイルのテイストは十分に持ったまま、ローミッドも太く元気なサウンドという印象です。
かといってハムバッカーのサウンドでも無いし、P-90とも異なる…
古典に縛られず、今考えられるピックアップの正常進化を追い求めたらこうなるのかな、と思いました。

値段もディマジオやダンカンの2/3ほどとリーズナブルです。
ヴィンテージの枯れ枯れトーンが好きな人には合わないかもしれませんが、ジューシーでパワフルでありつつボリューム変化のサウンドバリエーションが広い、とても良いピックアップだと思いました。

WILDE USA、要チェックです!!

POP☆Gヨネザワ自己満足ブログ
↑上記リンクで、国内輸入取扱元の感想も確認できますので、併せてご覧ください!




お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
ありがとうございます!
お世話になりました。
ノイズ対策効果バッチリ、フレット処理も手に優しい。
お願いして良かったです!
また、PU交換の件は優柔不断でご迷惑おかけしました。
今後ともよろしくお願いします!
2012/06/16(土) 21:29:20 | URL | どぐら #7hUuapJ2 [ 編集 ]
Re: ありがとうございます!
こちらこそ お世話になりました。
どうしてもコストダウンされた部分はありますから、そこを改善してあげるだけでも印象は変わりますよね。
PU交換はまたお気軽にご相談下さいませ。

またよろしくお願いいたします。
2012/06/26(火) 10:35:26 | URL | Studio GREAM #- [ 編集 ]
wildeだぜ~♪
懸案のPU交換、ありがとうございました。
GREAMさんとこでのサウンドチェックですでに感激
しましたが、自分のsuper champ XDでも試した
ので報告します。
まず、ノイズの無さ。GREAMさんでのノイズ処理とも
相まってまさにノイズフリーですね。
音はワイドレンジ。ミドル強めですが、上も下も出てる。
良質なピックアップの中には上級者でないと弾きこなせ
ない製品もあると思うのですが、こいつは僕みたいな
下手っぴが弾いてもすんごく気持ちいい音が出ます。
優等生すぎる音かも、とも思いましたが、歪ませると
バッチリ“ロック”な音します。しっかりアンプのキャラを
伝えてくれます。あまりに気持ち良くて、ペダルを一切
使わなかったのですが、たぶんエフェクトのりもいいん
じゃないでしょうか。
ボリューム絞ってもセコい音にならずリッチな響き、
トーンを絞ってもコモり過ぎず“使える”音です。全PU
(センターもハーフトーンも)気持ちいいですね。
中華製安物ギターでこんなだから、もっといいギターなら
・・・GREAMさん、試してみてください(笑)!
2012/10/08(月) 00:04:57 | URL | どぐら #4bA2RifU [ 編集 ]
Re: wildeだぜ~♪
色々と回り道もしましたが、やっとGOODな状態になりましたね。
個人的にWILDEピックアップを購入しようか結構悩んでます。

ヴィンテージサウンドではありませんが、とっても使いやすい気持ち良いサウンドですね。

またお気軽にご相談下さいませ。

2012/10/08(月) 20:06:53 | URL | Studio GREAM #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック