機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
KRAMER ProAxeの調整
阿蘇出身の3人で結成されたBananaMonkeyのギタリスト木村氏の愛機KRAMER ProAxeの調整依頼をいただきました。

木村氏は阿蘇市一の宮町でHair Leafという美容室を営む美容師さんでもあります。
軽快なトークと確かな技術!ヘアスタイルのご相談は是非Hair Leafまで(笑)

さて、その木村氏のギターですが、FERNANDES社のサスティナーキットが搭載されておりました。
   DSC08570.jpg

トーンノブの位置は2段構造になっており、マスタートーンとサスティナーヴォリュームとなってます。
   DSC08572.jpg

搭載はFERNANDESで行われ、ピックアップは純正VH-401では無くSeymour DuncanのSH-4がチョイスされていました。

しかしこのサスティナーを搭載すると、ピックアップ信号は常にサスティナー回路を通過するため、薄いビニールをかけたかのような音質の変化がとても気になるとの事でした。


その対策を考えるべく、まずは回路を追いかけてシグナルフローを把握します。
   DSC08574.jpg
少し前の基板が搭載されているように見えますね。
最近のは基板にトランスが載っていたような…(今回の基板はトランスが別に用意されています)

で、楽器に搭載されたままだと見にくいので取り外します。
   DSC08576.jpg

そして対策をいくつか考えて、実際にチェックします。
   DSC08577.jpg
ワニグチクリップが大活躍ですが、何が何だか判らない人が殆どですね…
(右下のバッファ基板をつないで試した後の写真だったかと思います)

そして専門的な事は割愛しますが、Studio GREAMで人気のバッファブースターBBBを元にアレンジした回路を搭載する事にしました。
   543672_143507922451662_1971498705_n.jpg
ギターのコントロールキャビティに収まるように小型にデザインしています。

ボリュームポットの裏側に基板を搭載しました。
   DSC08594.jpg
元々はタップ用だったミニトグルスイッチは、リアピックアップの配線をシリーズ/パラレルに切り替えられるように配線し直しましたが、シリーズとパラレルでは音量が大きく変わってしまいます。
そこでこのBBBのブースト量もスイッチと連動して切り替えできるようにしました。
基板上のトリマーポットでプリセットを行えますので、サウンドはシングルコイル風にしつつも音量は同じぐらいに保つ、という事も出るようになっています。

フロントのサスティナードライバー用バッファやセンターピックアップのバッファ等、追加回路が多く難儀しましたが、それらがショートしないようにスポンジで保護した上で動かないように収納しました。
   DSC08592.jpg

電源確認用のLEDはうっすらと点くぐらいで視認性が悪かったので、消費電力は更に抑えつつ、明るいLEDに変更しました。
昨今の重要テーマである節電・エコですね(笑)
   DSC08596.jpg

そして弦を変えたからかテンションバランスが崩れて尻下がりだったブリッジも調整しました。
   DSC08591.jpg
これで次のライブからより良い音質で演奏してくれるはずでしょう!!


専用BBB基板作成&搭載 18000円でした。
サスティナー搭載ギターの音質劣化でお悩みの方にはオススメの改造ですよ。




少しずつマイナーチェンジを繰り返しているこのギターですが、今回はペグを交換する事になりました。

これはノーマル状態。
   DSC09333.jpg
GOTOHのSGMというペグが使用されていますが、このリバースヘッド形状のため、1弦だけ逆巻きにセットしていました。

1音下げとレギュラーチューニングを曲間で変更する使用用途のために、ロックナットで弦をロックする訳にもいきません。
   DSC09334.jpg
そこでSGM-MGという、マグナムロック付きの同型ペグへの変更を行う事になりました。

ナットでロックせずに、ペグで弦をロックしてチューニングの狂いを減らそうという訳です。

新しく取り付けた状態がこちら。
   DSC09335.jpg
見た目には大きく変わりませんが、操作性が向上しています。

アップで見ると1弦だけ逆巻きにになっている事が確認できます。
DSC09336.jpg
今回は1弦だけ逆巻きという特殊な注文のため、楽器店には在庫はしていない組み合わせです。
しかしGOTOH製品は、こういう細かいオーダーにも対応して出荷してくれる事がありがたいですね。


GOTOH SGM-05MG 7350円
交換工賃(調整含む) 2000円

合計9350円でした。





お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
ほんとにお世話になりました!!音がびっくりするくらいハリが出てびっくりしました♪
ハリがよくなったのでエフェクターのイコライジングで苦戦する事も無くかなり気持ちよく弾けています♪またちょくちょく寄らせてもらいますねwww
2012/06/25(月) 23:52:33 | URL | BananaMonkeyの木村 #NLJharc2 [ 編集 ]
お世話になりました
サスティナーによる音質の劣化は多少は気になりますが、少なくとも当初よりは改善は出来たと思います。
アーミングアジャスターを搭載したり、ロックペグにしたり…色々と手の入ったサイボーグギターになっていきそうですが、木村さんと共に歩んでいけるよう、今後ともお手伝い出来ればと思います。
またお気軽にお立ち寄りください。
2012/06/26(火) 10:39:52 | URL | Studio GREAM #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック