機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
ForeST Fuzzの作成
普段、Studio GREAMのリハーサルスタジオを利用してくれている方からファズペダルのオーダー依頼をいただきました。

この方からは以前にもCurly Hairの赤いバージョンのご注文をいただいておりまして、大変お世話になっております。

「普段使用しているFuzzペダルは音は良いけど、使い勝手が良くないので、同じようなサウンドでありつつ、機能拡張したオリジナルモデルが欲しい!」との事でした。
   DSC08808.jpg
打ち合わせを重ね、ブレッドボードという回路実験機で弾いてもらいながら修正を行い、回路と基板レイアウトが出来ました。

そしてブレッドボードと実際の基板だと微妙にサウンドが変わるので、実際に基板を作成してからまた試奏してもらいました。
   DSC08846.jpg
直接お会いできる場合、このようなやり取りもスムーズに進みますね。

そして部品の数値が定まったら本番の基板を作成し、ケースに実装。
   DSC08900.jpg
回路的にはBig Muffの増幅段をFuzz Faceのようなダーリントン接続に変更しつつゲインは低めに設定、それを2段つなげて増幅し、低域フィルターを開けたMuff系トーン回路、アウトプットバッファでレベル補正という流れになっています。

緑色のベースに白を流し、「森」をイメージしたカラーに塗装しました。
   DSC08902.jpg
白と緑が反応して、黄色や黄緑のように見えるカラーも現れていますね。

コントロールは一般的な3ノブ(GAIN,TONE,Vol1)なのですが、フットスイッチでトーン回路のバイパスが行えるようになっています。
トーン回路をバイパスすると音量が大きく上がりますので、バイパス時に効くボリューム(Vol.2)も設けました。

そして歪みのトーンを調整する3MODEのクリッピングスイッチも付けました。

メタルトップノブがクラシカルな雰囲気で、合っていると思います。
   DSC08903.jpg

裏蓋は渦巻くグリーンが印象的。
   DSC08905.jpg
メタリックカラーにマーブルは深みのある塗装に仕上がるので、見る角度によって色合いが変わります。

シングルコイルのストラトとジャズコーラスでサンプルを撮ってみました。



オーダーメイドペダルでしたので30000円と高額なペダルになってしまいましたが、好評ならば、もう少しシェイプアップした3ノブのタイプでリリースも検討しています。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック