機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
BOSS SD-1のモディファイ
前回、サイケペイントが施されたFERNANDES FGZギターの調整依頼をいただいたお客様より、今回はBOSS SD-1のモディファイ依頼をいただきました。

Made in Japan期の物で、使用感はありますがまだまだ現役です。
長い年月使用できるBOSS製品の頑丈さは素晴らしいと思います。
   DSC08906.jpg

オリジナルのままだとミッドは出ているが、ちょっとウォーム過ぎるので、もう少し抜けを良くしてメインドライブとして使えるようにしたい。

という希望でしたので、回路定数を変更しつつ、電源の昇圧化を行う事になりました。


中身は至って普通ですが、一部の電解コンデンサの容量抜けと、今にも切れそうな配線もあったので、改造の際にそれらも手直しを行います。
   DSC08908.jpg

回路図を見ながら交換する部品を取り外していきます。
   DSC08910.jpg
基板上は電子スイッチ回路とIN/OUTバッファ部分以外は撤去されています…
思いのほかかなりの量を取り外しておりました…

そして部品を実装。
   DSC08912.jpg
コンプレッションを少し減らしつつ、トーンフィルターを開けています。
これにより低音も高音も出るようになり、かけっぱなしのメインドライブにも、ブースターとしても使用できるペダルになりました。

ケース内部のスイッチ右側には昇圧基板を搭載。
   DSC08913.jpg
DC9Vの入力からDC18Vを生成して回路に送っています。
昇圧する事で音の芯が出てクリアで張りのあるサウンドになりますので、音の抜け具合に差が出ます。

取り外した部品だけでも結構な量ですね…
   DSC08915.jpg

Studio GREAMのステッカーを貼って完成!
   DSC08916.jpg

アダプターは昔の規格でしたので、内部回路を変更して現行のPSA規格にしてあります。
   DSC08917.jpg
念のためインスタントレタリングでPSAの文字を入れましたが…
保護塗装などは行っていないのでそのうち剥がれてしまうかも。

アダプターの使用は間違えないようにして下さい。

基板回路変更 5500円
昇圧基板作成&組み込み 4500円

合計10000円(税別)でした。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
ありがとうございました\(^o^)/
若い頃は歪はこれしか使っていなかった、思い出深いSD-1が蘇り、もう一花咲かせてあげれます。真空管アンプとの相性が抜群で、今日のスタジオが楽しみです♪
2012/07/30(月) 17:01:55 | URL | SANPEI #- [ 編集 ]
Re: ありがとうございました\(^o^)/
こちらこそ、そんな思い出深い一品を改造させていただきありがとうございました。
部品を交換して音出し、微調整…
自分のSD-1も同様にいじってしまおうかと思えるサウンドになったと思います。

ノーマルのSD-1とは異なるサウンドなのは否めませんが、これからも足元で頑張ってくれればリペアマン冥利に尽きますね。

またよろしくお願い致します。
2012/07/30(月) 18:15:02 | URL | Studio GREAM #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック