機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
Suhr STANDARD/Candy Apple Redのフレットすり合わせ、他
今回は関東でエフェクターの祭典「エフェス」を主催する屋代様のギターのフレットすり合わせを行いました。
旧屋号の時も含め、様々なお客様をご紹介いただいたり、ギターの調整依頼をいただいたりと大変お世話になっております。

そのSuhrギターのお預かり時。
   DSC09339.jpg
鮮やかなキャンディアップルレッドが目を惹く一本ですね。

   DSC09342.jpg
中古で入手されたそうですが、既にリアピックアップは交換されていました。

ご自身でブリッジをいじった結果、納得のいく調整が出来なかったとの事でご依頼をいただきました。
   DSC09345.jpg
サドルが斜めに傾いたりとバラバラな状態になっています。

内部の配線なども交換され、コントロールも通常のストラトだとセンターピックアップのTONEとなる部分は「リアピックアップにフロントをパラレルでミックスする回路」に変更されています。
   DSC09347.jpg
比較的奇麗な取り回しですが、端子穴に配線を差し込んでハンダで止めていたりと気になる部分もありました。
   DSC09349.jpg
ジャックの端子にはハンダで配線が貼ってありましたので、これも一度外して修正します。


今回、リアピックアップをDimarzioのSDS-1に交換する事になったのですが、(お預かり時に予想していた事ではありますが)ピックアップの背が高くて奇麗に収まりませんでした。
   画像 001
なので、持ち主の許可を得て、2.5mmだけキャビティを掘り足しました。
「今後、フロントにP-90サウンドのシングルコイルを搭載したくなるかもしれない」との思いから全てのポジションで同様に掘り足しました。

保護テープをはがし始めてから気付き、慌てて写真撮影↑

キャビティを掘ると、その部分の木材が剥き出しになりますので、導電塗料を塗って目止めとノイズ対策を行います。
   DSC09352.jpg

配線や部品などは踏襲しましたが、端子へのハンダ付けなどはしっかり絡げてハンダをする方式に変更してあります。
   DSC09354.jpg

そして今回の作業で一番のポイントであるフレットすり合わせです。

お預かり時ですが、部分的に減りが見られました。
   DSC09344.jpg
激しく減っている訳ではないので、そんなに大きく削る必要は無さそうです。
   DSC09356.jpg

コンパウンドラディアスフィンガーボードという、指板のRが徐々に変わる指板でしたので、サンディングブロックは使えません。
   DSC09357.jpg
平らなサンディングブロックを用いて、Rを計測しながら滑らかなRになるようにすり合わせを行います。

これはオレンジオイルまで塗った状態です↑

指板とフレットのエッジも丸める追加加工を行っておりますので、握った感じがより柔らかくなりました。
   DSC09358.jpg

そして今回使用する弦はARKAYのCustom Rock Formulaです。
   DSC06340.jpg
シングルコイルのギターには是非試してほしい!と思うStudio GREAMイチオシの弦です。
1&2弦は2本入りですし、メッキ精度が素晴らしく、コーティングはされていないのになかなか錆びません。

Studio GREAMでは10-46ゲージのみでしたら在庫して販売しております。


そのARKAY弦を張ってサドルも調整しましたので、奇麗な弧を描く状態になりました。
   DSC09360.jpg

ピックアップの交換を行うと見た目も変わって、また別の楽器のように見えますね。
   画像 002

今後もマイナーチェンジを繰り返しながら、オーナーと共に多彩なサウンドを紡いでいってくれればと思います。
   DSC09363.jpg


フレットすり合わせ 10000円
指板エッジ処理 4000円
ピックアップ交換(1個) 3000円
ピックアップキャビティザグリ(3か所分) 8000円
ARKAY弦(E250) 1050円

合計26050円でした。

屋代様は東京インテリア家具 幕張店にお勤めですので、家具のご用命の際は是非彼にお問い合わせ下さい。
親切丁寧で落ち着きのある対応をされる方です。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック