機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
FENDER TELECASTERのノイズ処理
熊本に限らず、精力的に全国で活動するTHE HEATのギタリストである木村氏よりテレキャスターのノイズ処理依頼をいただきました。
   DSC09691.jpg
鮮やかなフェスタレッドでしょうか、70年代のギターではありますがとても大事に弾き込まれている印象です。

今回は演奏していると発振のような大きなノイズが出るようになって困るとの事で持ち込まれました。

お預かり後に暫くスタジオで確認しているとボリュームポットやセレクタースイッチのガリが酷く、摩耗も見られたのでこの部分での接触不良が原因ではないかと思いました。

早速、コントロールプレートを開けてみました。
   DSC09693.jpg
ポットやコンデンサ、配線など交換されていましたが、どうもハンダが上手くありません。
配線も端子穴に差し込んで山盛りのハンダで留めてありました。

コンデンサはHUMAN GEARで扱われている物が使われておりましたので、これは再利用する事にします。
   DSC09694.jpg

ボリュームポット裏側のハンダ付けが特に山盛りで、ボディに干渉するぐらいにはみ出していましたので、これは全てやり直します。
   DSC09695.jpg

今回は部品に消耗が目立っており、大きな本番も控えていたため、保険も兼ねて一式交換する事にしました。
   DSC09696.jpg
併せてノイズ処理も行うため、部品を外して導電塗料を塗り込む準備をします。

フロントピックアップはオリジナルではシングルコイルですが、このギターではあとからザグリ加工が施されて、テレキャスターカスタムのようになっています。
   DSC09697.jpg

そこに搭載されていたピックアップはSYMOUR DUNCANのANTIQUITYでした。
   DSC09698.jpg
枯れたサウンドで個人的にも好きなピックアップです。

こちらは取り外したアッセンブリです。
   DSC09699.jpg

導電塗料を塗って乾燥させて…
   DSC09701.jpg
各キャビティはアースラグでしっかりと接続して、ボリュームポット裏側に確実に配線します。
   DSC09702.jpg
コントロールキャビティにもアースラグを接続。
   DSC09703.jpg
プレートと導電塗料の接触などの不安定な要素に頼らず、積極的で確実な接続を行う事が、長期的な安心につながりますね。

部品を交換したアッセンブリにピックアップなどの配線をハンダ付けします。
   DSC09704.jpg
セレクターからボリュームポットまでの赤い配線材にはギターの年代に合わせて70年代のベルデンをチョイスしました。
単線のソリッドなサウンドに、撚り線のふくよかな倍音が付加されたようなキャラクターとなっています。
その他は、GREAMで定番のスムーステーパー化やグレースバケットトーンサーキットを採用しています。

こまめにボリュームとトーンノブを操作される方ですので、より多彩なサウンドが狙えるようになっています。

リアピックアップの高さを上げ目にしないとフロントとの音量バランスが取れませんでしたが、それでも若干はフロントが大きめになってしまいました。
   DSC09707.jpg
リア単体で鳴らす事は殆ど無いそうなので、ミックス時のサウンドが使えるキャラクターになるようなイメージでの調整にしました。

全体的にワックス掛けを行ってノイズ処理は完成です。
   DSC09706.jpg
アウトプットジャックには確実なコンタクトを得るためにステレオジャックを使用してみました。
差し込み感は少し硬くなりますが、ガリが出る可能性も減らせますので、ライブでの安定性を考えてのチョイスとさせていただきました。


また、使用に伴いフレットの減りが多く見受けられますので、なるべく早いうちにすり合わせされる事をおススメ致します。

配線交換・ノイズ処理作業 8000円
CRL 3WAY セレクタースイッチ 2100円
CTS ボリュームポット 1050円
CTS トーンポット 1050円
スイッチクラフト ステレオジャック 630円


合計12830円でした。


2012年11月3日に熊本県山鹿市にある八千代座にて活躍してくれる事を期待して納品となりました。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック