機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
GIBSON J-200&J-45にピックアップを取り付け
今回は熊本県は玉名にあります有限会社 倉田設計の倉田耕次様より、GIBSON J-200&J-45にピックアップを取り付け作業の依頼をいただきました。

HPを拝見致しますと、素敵な建物のデザインを手がけていらっしゃるようですので、是非覗いてみて下さいね。


まずはJ-200から見ていきましょう。
   DSC09979.jpg
写真を撮影した時は弦を外してしまっていましたが、実はサドル下に問題があるとの事…
   DSC09980.jpg
溝の中が白いですね。

実はコピー用紙が挟まれていました。
   DSC09981.jpg
サドル高さを上げるためには、このようなシムを入れる場合もあるでしょうが…
出来ればサドルを作り直ししたいですね、このような場合は。

しかし今回取り付けるピックアップにはこのサドル下にピエゾピックアップが入りますので、十分な高さが確保出来るでしょうし、不揃いなサドル頂点も整形する事が出来ると判断しました。

中古で入手されたとの事ですが、元々からこのようなL.R.Baggsのi-BEAMというピックアップが搭載されていました。
   DSC09982.jpg
ピックアップ交換のために取り外した状態ですね。

そしてこちらが今回搭載するL.R.BaggsのANTHEMピックアップユニット。
   DSC09983.jpg
アンダーサドルピエゾとコンデンサマイクのブレンドにより、より生音に近いサウンドを出力できるピックアップです。


ジャックの穴などは開いているので作業は比較的スムーズに進みます。

アンダーサドルピエゾピックアップをセット。
   DSC09984.jpg
既にこの裏側(ボディ内部)にはコンデンサマイクも貼り付け済みです。

ジャックへの配線やピックアップ、バッテリースナップなどの配線は全てこのコントロールユニット(プリアンプ)にワンタッチで接続出来るようになっております。
   DSC09985.jpg

サウンドホール淵の裏側にこのユニットを貼り付けるのですが、このJ-200にはその部分にブレイシングがあって取り付けがスムーズに出来ませんでした。
   DSC09996.jpg
写真には見えませんが、そのブレイシングを避けるようなスペーサーを現物合わせで作成して取り付けました。

こちらはコントロール部分。
   DSC09987.jpg
マイクのブレンドコントロールとマスターヴォリューム、ノッチフィルタースイッチが主に使う機能ですね。

写真が前後しますが、元々のサドルはこのような状態で、若干高めでした。
   DSC09988.jpg
サドルは牛骨で作成されていましたが、弦が乗る頂点部分はバラバラでしたので、このタイミングで整形を行います。
   DSC09990.jpg

加工後。
   DSC09991.jpg
オクターブのオフセットも削って作成して合わせ込んであります。

パッと見は大幅な変更は無いように見えますが、アンプ使用時のトーンは生々しくなりご満足いただけた様子でした。
   DSC09995.jpg
全体にワックスがけを行って完成です。


そして、上記J-200での作業とサウンドを気に入っていただけたとの事で、数日後にJ-45にも同ピックアップを取り付ける作業依頼をいただきました。
   DSC00030.jpg
シリアルは伏せますが、2012年製の新しいギターです。

このギターにはヴォリュームコントロールダイヤルが付いていました。
   DSC00033.jpg

取り外してみると、L.R.BaggsのElementという、アンダーサドルピエゾピックアップが搭載されていました。
   DSC00035.jpg

ということは同じアンダーサドルピエゾピックアップだし、サドルを削って加工する必要は無いかな?とも思ったのですが、元々の弦高が若干高かったため、結局は加工が必要になってしまいました。
   DSC00036.jpg

サウンドホール内から写真を撮ってみました。
こんな感じでブリッジプレートの下にマイクが貼り付けられています。
   DSC00042.jpg

コントロール部分はJ-200と同じですが、今回は背の高いブレイシングが無かったため、すんなりと取り付け出来ました。
   DSC00045.jpg

ワックスがけを行い、弦も交換して完成!
   DSC00046.jpg

J-200はボディが大きく響くからか、マイクの発振が早く調整には苦労しましたが…
J-45はアンプからのサウンドはとても自然なプレゼンスが出ており、マッチングも良いと感じました。
しかしまだ新しいからか、硬めのサウンドなのでこれからの弾き込みでのサウンド変化も楽しめそうな感じですね。


今回の作業はどちらも同じ価格でした。
ピックアップ取り付け 5000円
サドル削り調整 3000円

合計8000円


その他にも沢山ギターをお持ちとの事ですので、また他のギターも見せていただければ良いなぁと思います。




お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック