機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
GIBSON Custom Shop HC58LP R8 VOSの配線交換
今回はレスポールの配線交換です。
   DSC00366.jpg
ヒストリックコレクションの58LPはプレーントップが多い中で、時々はこのようなフレイムトップの物も作られています。
リアピックアップのカバーは元々付いていませんでした。

バックのマホガニーも「美味しそう!」と思ってしまうぐらい素晴らしい色合い。
   DSC00367.jpg
トグルスイッチ部分のカバーにはメタルプレートが付いていました。

ヘッドを見ると、ゴールドのグローバーペグが付いています。
   DSC00365.jpg
ニッケルカラーの中でゴールドのペグというのも不思議な感じです。

Jimmy Pageスタイルそのままのような仕様になっていますが、認定書にはそのようには書かれていないし…
このギターを購入されてすぐに、Studio GREAMに持ち込まれて配線交換を行う事になりました。

元々からトーンポットにはPUSH/PULLスイッチが付いており、それぞれのピックアップのシリーズ/パラレルが切り替え出来るように配線されていました。
   DSC00369.jpg
スイッチポットのアップ。
   DSC00372.jpg
ハンダはちょっと多めかな、という印象。

今回は4つのポット全てをPUSH/PULLのスイッチポットにして多彩なサウンドヴァリエーションを得たいというご希望でした。
いわゆるJimmy Pageスタイルのワイヤリングを行っていきます。

アッセンブリを取り出して、使う部品と交換する部品に分けていきます。
   DSC00374.jpg
ハンダは一度全て外してクリーニングを行います。

例えばジャック部分ではこのような作業を行います。
   DSC00375.jpg
このてんこ盛りのハンダを外して…

   DSC00376.jpg
配線を端子の穴に絡げた上で、固定のために最小限のハンダ付け。

ピックアップセレクターへの配線はひょろひょろの細い線を使用してあったので…
   DSC00378.jpg
BELDENのシールド線に交換。
   DSC00379.jpg
アウトプットジャックまでシールドしながら、継ぎ目無しで確実につなぎます。

セレクタースイッチをボディに取り付けたところです。
   DSC00382.jpg

今回は配線が複雑なので、アッセンブリの殆どは先に組み立てておいてからギターへインストールするようにしました。
   DSC00380.jpg
このような作業ジグを使って、位置関係を見ながら配線の長さなどを揃えて組み立てておきます。

ギターにインストールする際はピックアップの配線とブリッジアースの配線だけで終わります。
   DSC00381.jpg
こうすることで、ギターに傷を付ける可能性を減らせます。

更に、ラッカー塗装にハンダのフラックスが飛ぶと塗装が荒れてしまうので、養生を行った上で作業します。
   DSC00383.jpg
パチンコ屋の広告で申し訳ない。

最後にワックス掛けを行って完成。
   DSC00384.jpg

今回の改造でコントロールは以下のようになりました。

F.Vol:フロントピックアップのシリーズ/パラレル
R.Vol:リアピックアップのシリーズ/パラレル
F.Tone:フロントとリアピックアップのシリーズ接続
R.Tone:リアピックアップのフェイズチェンジ

極太でありながら歌うようなサウンドを奏でる、素晴らしいレスポールだなぁと思いながら、完成後の動作チェックにいつの間にか時間が経っていたのは、弾いていて気持ち良かったからです。

あぁ、良いレスポールが欲しくなってしまいました(笑)


配線交換作業 7000円
PUSH/PULLスイッチポット500KA 2100円 2ケ

合計11200円でした。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック