機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
BOSS FV-500Hの改造
今回は多くのプロミュージシャンも愛用するヴォリュームペダルである、BOSS FV-500Hのモディファイです。
   DSC00387.jpg
アルミダイキャスト製の頑丈な筺体なので、荒い扱いにもビクともしない点はさすが世界ナンバーワンのBOSS製品。
   DSC00388.jpg

今回は内部部品のブラッシュアップによる信号ロスを減らしつつ、インピーダンス切り替えスイッチを取り付けます。

全ての部品が整然と基板にマウントされた構造。
   DSC00385.jpg
このクランク式の構造だと、ポットをロックtoロックの約300度を回せないのですが、回せる範囲で抵抗値がしっかりと可変する専用のポットを特注している点はさすがの一言です。

早速内部の部品を取り外しました。
   DSC00390.jpg
今回はミニマムボリュームを撤去し、ジャックや内部配線を交換して信号のロスを極力減らす方向で作業を行います。

インピーダンスを3種類切り替え出来るようにパネル面に穴を開けていきます。
   DSC00391.jpg

ミニスイッチを取り付けました。
   DSC00396.jpg
ノーマルのハイインピーダンス250Kの他に、一般的なローインピーダンスの25K、コンパクトエフェクターの後につなぐ用途を想定した100Kの3種類を選べるようになっています。

内部配線は全てポイントtoポイントで接続。
   DSC00392.jpg
エクスプレッション機能は信号経路とは独立しているので、ミニマムボリューム機能も含めて残しています。

ジャックはがっちりとした差し込み感の物に交換し、もしもの緩み防止のためにネジロック剤を塗布して組み付けています。
   DSC00393.jpg
グラウンドは18AWGの銅線でがっちり接続。

ミニマムボリュームは前述のように、エクスプレッションペダルとしての使用時にのみ効きます。
   DSC00397.jpg
TUNER OUTはインプットジャックから単純分岐だった構造から変更し、原音にロスが起きにくいように接続を変更。
ケーブルをつながなければ、ボリュームペダル回路から切り離されるようになっています。


内部配線交換 10000円
インピーダンス切り替えスイッチ増設 4000円

合計14000円(税別)でした。

単純に可変抵抗器を挟んだ構造のため、信号の劣化は理論上は0に出来ないのですが、極力ロスを減らす方向で作業を行っています。
インピーダンス切り替えスイッチの値は、ご希望の抵抗値でお作りする事も可能です。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック