機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
FENDER 1966MUSICMASTER2の全体調整
以前にもFENDER CUSTOMSHOP SHOWMASTERの全体調整・ノイズ処理ORNETTS GM-7Rの全体調整でお世話になりましたお客様より、ヴィンテージのMUSICMASTER IIの全体調整依頼をいただきました。

ピックアップ1つなのにピッキングやボリューム操作で多彩なサウンドが出せる素晴らしいギターでした。
   DSC00912.jpg
経年によって刻まれたクラックと日焼けは貫禄充分です。

このように使われて付いた傷はレリックには無い説得力があると思います。
   DSC00915.jpg

ヴィンテージギターではありますが、使えない事には意味がない!との事で、前回と同様のノイズ処理や調整を行う事になりまして…
   DSC00917.jpg
ひとまず部品を外していきます。

トーンポットは交換されていましたが、それ以外はオリジナルのようですね。
   DSC00916.jpg

フレットはミディアムジャンボにリフレットされていました。
   DSC00913.jpg
消耗部は交換してコンディションを保ちつつ使っていくのが楽器の本来かとは思いますが、コレクター目線では嫌われる、難しい部分です。

ネックエンドのスタンプや、ポットデイトなどから1966年製のMUSICMASTER IIですね。
   DSC00922.jpg
ピックアップのリード線は、ピックガードにマスキングテープのようなもので貼られていましたが…
   DSC00918.jpg
経年で粘着力が落ちてしまって剥がれてしまっていました。

キャビティ内には真鍮板が敷かれていました。
   DSC00919.jpg
ボディはMUSTANGと共用で、ブリッジとピックアップを変えることでモデルを変える製造手法になっています。

で、いつものようにマスキングを施して…
   DSC00924.jpg
導電塗料を塗りました。
   DSC00929.jpg

その間にピックアップのノイズ処理も行っておきましょう。
   DSC00926.jpg
グレーボビンと呼ばれるピックアップです。

アセテートテープを巻いた上から銅箔テープを巻いて…グラウンドに接続。
   DSC00928.jpg
何度もこのブログで目にする状態ですね。

ピックアップの製造も1966年なので、オリジナルピックアップで間違いないでしょう。
   DSC00927.jpg

ピックガード裏側にはアルミシールドを施して、組み付けます。
   DSC00930.jpg
ポットとジャック、コンデンサは交換しています。
   DSC00931.jpg
スムーステーパーヴォリューム&グレースバケットトーンを搭載しつつも、配線材は60年代のヴィンテージクロスワイヤーで組んでみました。

指板エッジは使用によって元々丸くなっていましたが、追加で面取りを施してあります。
   DSC00933.jpg
ブリッジサドルのネジが飛び出して手に当たってしまう点や、スケールの短さによるテンションの緩さもあり、ネック仕込み角度を僅かに付けてサドル高さを上げました。
   DSC00935.jpg
弦のテンション感も適度になり、張りのあるサウンドになりました。

組み上がったそのサウンドは…
「エレキギターってノイズ出るんですか?私のMUSICMASTERはノイズが全く感じないぐらい静かなんで」的な話をしてしまいそうなぐらいノイズレスでありながら、艶やかで表情豊かなサウンドになりました。
   DSC00932.jpg
全体が激しく鳴ってて、ビリビリ震える凄いギターでした。


全体調整・ノイズ処理 14000円
VOL.POT 1050円
TONE POT 1050円
モノラルジャック 420円
エリクサー弦10-46 持込み

合計16520円でした。

ドライブするチューブアンプにプラグインすれば、それだけで気持ち良いサウンドが出てくれて、時間を忘れて弾いてしまう恐ろしいギターでした(笑)


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック