機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
FENDER JAPAN JB-62FL Modの調整と改造
熊本を拠点にフットワーク軽く活動しているデュオユニットrif×2(りふりふ)の住職氏より、FENDER JAPANのJB-62をフレットレス化したベースの大幅改造依頼をいただきました。
   DSC01290.jpg
一般的な馴染みのあるルックス、コントロールですね。
   DSC01291.jpg

ボディ裏側も傷は少なく、大事にされている事が伝わってきます。
   DSC01294.jpg
元々はフレッテッドだったものを、フレットレス化し、指板のコーティングがされた状態の中古を見つけて入手されたそうです。
   DSC01292.jpg

ナット溝が弦に合っていないなぁ…なんて思ったら、実はお預かり時にはミディアムスケールの弦が張られていまして弦長が足りませんでした(笑)
   DSC01293.jpg
勿論、最終的にはロングスケールの弦を張って調整します。

コントロールプレートを開けてみると…
   DSC01295.jpg
出た!詰め込み配線。
ポットは過去に交換されているようですね。

ハンダもイモ&貼り付けのデンジャー状態でした。
   DSC01297.jpg
ピックアップ下には真鍮プレートとクッションスポンジが備えられてグラウンドに接続されていました。
   DSC01298.jpg
真鍮板は酸化して錆も出ていたので、最終的には磨いて錆落としを行いましょう。


・3BANDイコライザ付きプリアンプを搭載
・プリアンプのバイパススイッチ
・マスターVOL.&ピックアップバランサー仕様
・バッテリーボックスはボディ裏側に設置
・弦高をもう少し下げたい

上記の要望に沿って作業を行いました。

狭いジャズベースのコントロール内に上記のような、プリアンプも含めた複雑なコントロールを納める事はかなり窮屈ですので、配線が通るスペースを確保するためにキャビティを僅かに拡大します。
   DSC01301.jpg
ボディ裏側にはバッテリーボックスのためのスペースをテンプレートを当てがって掘り込んでいきます。
   DSC01300.jpg

コントロールキャビティが僅かに拡張されたのが判りますでしょうか。
   DSC01303.jpg

目止めも兼ねて、いつもの導電塗料を塗っておきます。
   DSC01305.jpg

バッテリーボックス部分は木材の白っぽい色が見えると格好悪いので、黒で塗装しておきます。
   DSC01302.jpg

ステンレス製のバッテリ-ボックスは、落とし込み加工を施してありますので、引っ掛かるような感覚はありません。
   DSC01307.jpg
くるっと回って電池の交換が出来る簡単仕様です。
   DSC01308.jpg

そしてプリアンプはaguilarのOBP-3をチョイスしました。
   DSC01310.jpg
この配線仕分け作業が後の仕上がりを左右します。

プリアンプを搭載したコントロールプレートアッセンブリ。
   DSC01332.jpg
ミッドのフリケンシー切り替え機能も備えた多機能仕様。
配線はとても大変でしたが、あとはピックアップ、バッテリー、弦アースの配線のみの状態ですね。

それらを配線してボディに搭載しました。
   DSC01333.jpg
写真ではすぐですが、ここまで結構な時間がかかってます(笑)

指板上にはワウンド弦による細かい傷が多数見受けられましたので、指板(のエポキシコーティング)を磨いて傷を少なくしています。
   DSC01334.jpg

フレットレス化した場合に、ネックの仕込み角度がそのままだとブリッジサドルが大幅に下がってしまうもののですが…
もう下げられない状態にあったにも関わらず、弦高は高い状態でしたので、シムを作成してネック仕込み角度を変更しました。
   DSC01337.jpg
サドルも適正な上下幅が取れる状態で、お預かり時よりも低い弦高を実現しています。

コントロールノブもメタルタイプに統一してイメージの刷新を図っています。
   DSC01336.jpg
左から右の順に、
・マスターヴォリューム(プリアンプバイパススイッチ)
・ピックアップバランサー
・ミッドブースト/カット(ミッドフリケンシー切り替え)
・上:トレブル、下:ベース(ブースト/カット)

5穴のプレートに交換したことで、新たな穴などを開けること無く搭載出来ています。

バッテリーボックスはボディ裏面のこの写真のような位置に搭載。
   DSC01338.jpg

全体的にワックス掛けして完成です。
   DSC01335.jpg
ノイズ処理や指板のエッジ面取りなど、いつもの作業も当然行っていますので、ローノイズでありながら多彩なサウンドが特徴のフレットレスベースになりました。


全体調整・ノイズ処理 13000円
バッテリーボックス加工 7000円
aguilar OBP-3SK/PP 22680円
ダダリオ EXL-165 2100円
スイッチクラフト ステレオジャック 630円
5穴プレート(クローム) 2100円
スタックノブ(クローム) 1050円
メタルドームノブ(クローム) @525 3個 1575円
スイッチ付きvol.ポット 500KA-PUSH/PULL 2100円
バランサーポット 500KMN 2100円

合計54335円でした。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック