機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
FENDER CUSTOMSHOP TELECASTERの全体調整
今回はFENDER CUSTOMSHOP製TELECASTERの全体調整です。
   DSC00975.jpg
焼けた色合いが風格のある一本ですね。
ネックにびっしりと浮き出たバーズアイは見事。
   DSC00977.jpg
ネック裏にも当然びっしりです。
   DSC00978.jpg
指板やフレットのエッジも軽く丸められていました。
   DSC00976.jpg

電装系は…ちょっとお粗末。
   DSC00979.jpg
過去に部品交換など行われているようですが、ハンダ作業が汚いのが多いです…

導電塗料も以前に塗られてはいましたが、マスキングも無しで塗ったのでしょう、はみ出したり飛び出したりして、奇麗ではありませんでした。
   DSC00982.jpg

導電塗料を塗っただけで、しっかりとアースに接続されていない状態だったため、ノイズをもっと減らすべくStudio GREAMに持ち込まれました。
   DSC00984.jpg
ひとまずバラしていきましょう。

今回、ピックアップにはLINDY FRALINのBROADCASTER SETを持込みいただきまして交換していきます。
   DSC00986.jpg
フロントは金属カバーが付いているので良いですが、リアピックアップコイルには銅箔テープとアセテートテープ巻きによるノイズシールド作業を追加で行いました。
   DSC00987.jpg
マスキングを施して、よりハイシールドな導電塗料を塗っていきます。
   DSC00990.jpg
塗料が乾燥したら、アースラグを用いてしっかりと各キャビティを接続。
   DSC00991.jpg

セレクタースイッチにはガリが目立っていたので交換しつつ、サウンドを少しトレブリーに振ったら面白いだろうなと思い、配線はBELDEN8503をメインに使用しました。
   DSC00992.jpg
セレクタースイッチは5wayタイプを採用し、下記のようにより多くのサウンドヴァリエーションが得られるようになっています。
1:フロント
2:フロント/リア(パラレル)
3:リア
4:リア(ストラト的トーンキャンセル)
5:フロント+リア(シリーズ)

ピックガード裏側にもアルミシールドテープを貼って、フロントピックアップをしっかりとシールドしています。
   DSC00994.jpg

そしてバラして気付いたのが、ネックジョイント穴の不具合。
以前に補修した形跡はありますが、埋め木は空回りするし、ネック材も割れてしまってしました。
   DSC00988.jpg
取りあえずタイトボンドを隙間に注入し、クランプをかけて接着を試みました。
   DSC00989.jpg
ネックを取り付けたところ、ネジも効くしひとまず大丈夫だとは思いますが、そのうちしっかりとした補修が必要になるかもしれませんね。
経過を観察したいと思います。

指板のエッジも面取りし直して、柔らかいグリップになりました。
   DSC00993.jpg

ナット溝切りも定番ですね、外形の整形は殆ど行わず、磨き上げた程度に留めています。
   DSC00998.jpg
全体的にワックス掛けを行って完成です。
   DSC00995.jpg


全体調整・ノイズ処理 14000円
5wayセレクタースイッチ 2100円
スイッチクラフト MONOジャック 420円
エリクサー 09-46弦 1470円

合計17990円でした。




お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック