機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
DEVISER ROSSETTA VESSELの全体調整
今回は市場に出回っている数も少ない、DEVISER社のROSSETTA VESSELの調整です。

県内外で精力的に活動するDyedayのGt&Vo.のtinpei氏のメインギターですね。
とても色気のあるギターと歌が特徴ですので、是非上記リンクでそのサウンドを確認してみて下さい。


   DSC01439.jpg
SOAP BARピックアップが搭載されたバージョンですね。

ボディやヘッドに入れられた黒いラインは、塗装ではなく、溝を掘って入れてあります…このひと手間がニクイ!!
   DSC01442.jpg
そしてDEVISER製品で有名なのが、この指板エッジの面取り(フィンガーボードエッジスキャロップ)です。
   DSC01441.jpg
ハンドメイドとはいえ、量産品でここまでやってくるとは恐るべし!

ブリッジも落とし込み加工が施され、ブリッジアース線のスペースも奇麗に加工されています。
   DSC01444.jpg

電装系も、カーボン系導電塗料はしっかり塗られているし、CTSポットは勿論、ピラミッド社のコンデンサなどメーカーの拘りが見える内容です。
   DSC01443.jpg
今回は部品交換も行うので、これらは一度取り外して配線をし直します。

ピックアップコイルには銅箔テープを巻いてノイズ処理を行い、ピックアップのリードワイヤーを変更してグラウンドを独立させた配線に変更。
   DSC01445.jpg

使用に伴い、フレットが減って部分的な音詰まりが発生してしまっている状態でした。
   DSC01447.jpg
ローポジションにも減りが見受けられますね。
   DSC01446.jpg

今回はフレット擦り合わせを行って音詰まりを解消しました。
   DSC01449.jpg
指板上の汚れも磨いて掃除しています。
   DSC01448.jpg

前後してボディのキャビティ内には導電塗料を塗布しておきます。
   DSC01451.jpg
セミホロゥボディは隅々まで塗る事がほぼ不可能なので、出来る限り広い範囲に塗ってつなげる事を心掛けています。
   DSC01450.jpg

かなりタイトなキャビティのため、いつものように予め大まかな配線を済ませてからボディに組み込みます。
   DSC01452.jpg
導電塗料は塗っていますが、配線は全てシールド線を使用してノイズ対策を行っています。
   DSC01453.jpg
トーンポットはプッシュロックタイプのポットに変更しました。
   DSC01454.jpg
このスイッチは前後のピックアップを直列でつなぎ、よりパワフルなサウンドへと手元で切り替えが出来るようにするために導入する事になりました。

ノブが下がっている状態では通常のP-90が2発のノーマル仕様。
   DSC01457.jpg
ノブを押して上がった状態では二つのピックアップを直列接続して疑似ハムバッカーへと変化させます。
   DSC01458.jpg
セレクタースイッチ位置に関係なく、直列サウンドが出るようになっています。

ナット溝は少し切り直した程度で、外形は大幅に削る必要もなく…このギターは細部に渡って素晴らしい仕事がしてありました。
   DSC01460.jpg

フィラー処理を施さずに極薄のラッカーが吹かれた塗装なので、木材の風合いが残ったフィニッシュは何とも渋い雰囲気が漂います。
   DSC01455.jpg
今回はリハーサルとリハーサルの間の僅かな日数での作業となり、急を要しましたが、無事に間に合ってよかったです。

全体調整・ノイズ処理 13000円
フレット擦り合わせ 10000円
PUSH/PUSH SWITCH POT 2100円
エリクサー 10-46弦 1470円

合計26570円でした。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック