機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
Sonic Research ST-200
ギターやベースのメンテナンスをやっている上でチューナーは必須アイテムです。
最終的には耳で合わせるのですが、それまでの労力を軽減してくれます。

巷に出回っているチューナーって本当はメーカーはもっと正確に作れるんですよ。
でも正確すぎて購入者から「チューニングが合わない!」とクレームが付いたことが以前にあったそうで…
わざと精度を落として製造しているそうです。

まぁ正確と言われるチューナーで±1セントぐらいの誤差です。
有名なピーターソンのストロボストンプで±0.1セントですから比べると遙かに正確に感じますね。
でも値段が実売40000円前後ぐらいで…高い!


Studio GREAMでは調整時にKORGのDT-7(±1セント)を使用していましたが、メーターは合っているのに音は揺れている、そんな状態に悩まされていました。
つまりチューナーの誤差の範囲を聞いている訳で、それが気持ち悪かったのです。

そんな中、Sonic Research ST-200を見つけました。
これの誤差精度は±0.02セント!!

日本にはまだ代理店が無いようで個人輸入のみみたいです。


まずはこの動画を御覧下さい。


驚くべきはこの反応速度だと思います。
ST-200の表示としては
音程が低いと反時計回りに動きます。
音程が高いと時計回り。
基準ピッチと離れるほど回転スピードが速くなります。

実はStudio GREAMでも実際に購入して使ってみましたが、今までのDT-7は売っちゃおうと思います(笑)
それぐらい凄い!
音が揺れずにちゃんと合います。


で、送料や輸入関税が勿体ないと思い、まとめて数台購入したので少しは在庫あります。

購入希望の方がありましたらお早めに問い合わせ下さいませ。
輸入関税や通関手数料、送料を均した結果、
\19,500でお出ししようと考えています。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom GUITARS & EFFECTS,Repair
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
うわ
これ、スゴイな
僕の楽器(バイオリン)やとチューナーでピッチ確認しながら練習したりするけど
そん時でも反応待たなくてええねんもんね
しかも見やすい、これは代理店取ったもん勝ちちゃうか?
2009/09/17(木) 22:32:52 | URL | まるさん #JUGsyThY [ 編集 ]
まるさんさん〈
実はこれにマイクが付いたアコースティック向けチューナーもあるんです。
それはアウトプットジャックはないですが、スタンドもあって良さそうです。
ただ、ずっと在庫切れしてるみたいでいくらで買えるやら…
つたない英語で代理店交渉してみようかな(笑)
まるさんさんも宜しければおひとついかがでしょうか?
2009/09/18(金) 19:20:21 | URL | Moo #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック