機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
YAMAHA FG-402の調整とピックアップ取り付け
いつもお世話になっております有限会社 倉田設計の倉田耕次様より、YAMAHA FG-402へピックアップ取り付け作業のご依頼をいただきました。
   DSC01513.jpg
かなりの年数が経ったギターではありますが、結構奇麗なコンディションでした。

全ての板は合板で作られていましたが、この杢目は圧巻ですね。
   DSC01514.jpg
昔はこんな材も廉価グレードに使用出来ていたと思うと、今は何と材が枯渇しているのだろうと悲しくなります。
   DSC01516.jpg
ボディサイドも素晴らしい見た目です。

このストラップピン部分にエンドピンジャックを取り付けるために加工を施します。
   DSC01517.jpg
差し込んであるだけでしたので慎重に取り外して、穴径を12mmまで拡大していきました。
   DSC01520.jpg

ピックアップはL.R.Baggs社のiBEAM ACTIVEをお持込みいただきました。
   DSC01523.jpg
サドル裏側位置に貼りたかったのですが、ブレイシングに干渉して取り付けが出来ない形状でしたので、少しずらして音を聴きつつ、最終的にブリッジピンの後ろ位置に取り付けています。

6弦側のサウンドホール淵にはヴォリュームも取り付けました。
   DSC01526.jpg
エンドピンジャックの取り付けを行ったので、見た目が少し変わりましたね。
   DSC01529.jpg

そして、このFG-402はエッジ部分に部分的なフレット浮きも発生していましたが、音詰まり症状までは無いまでもエッジが手に当たり痛い状態でした。
   DSC01518.jpg
指板とフレットエッジを丸めた結果、かなり快適な握り心地になりました。
   DSC01524.jpg

そして弦高も少々高めだったので、サドルを削って下げていく事にします。
   DSC01519.jpg

サドル底面を、平面が出たガラス板の上で削って調整し、ブリッジピンからサドルに向かう弦溝も切り直しておきました。
   DSC01525.jpg

トップまで合板のボディというと、「安物」「音が硬い」「音が悪い」と敬遠されがちなギターですが、そういう先入観を捨てて一本のギターとして向き合うと意外にも自己主張もあり音量も大きく、良いギターだなと思いました。
スペックや値段だけで決めつけず、その楽器の本質的なサウンドがどうなのか?という目でまずは弾いて見るとより楽しい楽器ライフがおくれそうだなと実感させてくれた一本でした。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック