機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
SPECTER NS-4のメンテナンス
過去にもSPECTER NS-4のメンテナンスという記事を書いているのですが、かなり以前の記事でしたし、今回はまた別の作業なので、新たに書き直す事にしました。
   DSC01625.jpg
ネジの錆や汚れ、傷など使用感は溢れておりますが、まだまだしっかり使っていけるコンディションに持って行けそうです。
   DSC01628.jpg
指板にも汚れやフレットのくすみが見受けられますが、フレットの減りは少ない状態でした。

ブラスナットは、錆が浮いて本来の艶が無い状態になっていましたが、これは磨く事で本来の艶を取り戻せます。
   DSC01630.jpg

ブリッジサドルも埃まみれでしたが、ネジはかろうじて固着はしていませんでした。
   DSC01627.jpg
固着していたら取り外すのは大変だし、イモネジの交換も必要になるので、それを避けられたのは幸いでした。

コントロールパネルを開けてみると…
   DSC01632.jpg
ジャックには盛大にガリが発生しており、クリーニングでも回復しなかったので潔く新品交換する事になりました。
   DSC01633.jpg
こちらが交換後。
同じswitchcraft製のジャックに交換しているので、よくよく見ないと違いが判りにくいですね。

そしてブリッジサドルは磨いて汚れを落としつつ、ネジには念のためグリスアップを行って固着を防止します。
   DSC01634.jpg
この写真はまだその作業前の、取り外してそのままの状態です。

こちらが磨いて組み付けて弦まで張った状態です。
   DSC01703.jpg
塗装の浮きは残ってしまいますが、艶は戻ったと思います。

ピックアップの取り付けネジは錆で回すのも大変な状態になっていましたが、何とか無事に取り外しまして、新品に交換しました。
   DSC01700.jpg

指板に堆積した汚れも磨き落としてオレンジオイルで保湿しました。
   DSC01704.jpg
通常は1回塗るだけでしっとりするのですが、このベースはあっという間にオイルが染み込んでしまいましたが、まだ乾燥状態でしたので2度塗りしました。

ブラスナットも磨いて真鍮の金色が輝いています。
   DSC01731.jpg
フラッシュの関係で銀色っぽく写ってしまっていますね。

ボディは汚れを落としてから全体にワックスをかけて、見違えるように艶を取り戻しました。
   DSC01701.jpg
弦高も低めに設定しても問題無い状態でしたので、演奏性も上がっています。

基本調整 5000円(全体的なクリーニングを含む)
ダイレクトマウントジャック交換 1500円
スイッチクラフト ダイレクトマウントジャック 2100円
ダダリオ EXL165(45-105弦) 2100円
ピックアップマウントスクリュー 525円
JIM DUNLOP ストラップロックピン(黒) 2625円
アーニーボール ナイロンストラップ 1050円

合計14900円でした。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック