機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
Classic Guitarにポジションマーク取り付け
今回はRYOUJI MATSUOKAというブランドのクラシックギターにポジションマークを搭載する作業です。
   DSC01670.jpg
クラシックギターはエレキギターやフォークギターとは異なり、指板にポジションマークが入れられていない伝統を守ったスタイルが多いです。
   DSC01671.jpg
指板サイドにもマークは入れられていませんでしたが、持ち主の方はシールを貼ってポジションを判別し易くされていました。
   DSC01672.jpg
今回は指板面に6.0mmの白蝶貝を埋め込む事になりましたので、指板のセンターラインを引いて穴あけ位置を測定していきます。
   DSC01676.jpg
ドリルで2.5mmの深さまで掘ったら、指板と同じ色合いのローズウッド材を削った粉とエポキシ接着剤を混ぜて練り合わせて充填したら、ポジションマークの接着を行います。
   DSC01677.jpg
ポジションマークは厚さ2.0mmの貝素材です。
   DSC01680.jpg
あまり大きいサイズだと視認性は良いかも知れませんが、野暮ったくなりそうだったのでちょっと控え目なサイズにしました。
接着剤が固まったら、はみ出した部分を丁寧に削って指板面と合せてから、全体的に磨いてオイルで保湿と汚れ落としをしておきます。
   DSC01683.jpg
ポジションマークはクラシックギターでは5,7,10,12,15フレットに入れる事が多いらしく、エレキ畑の私は違和感がありましたが、今回はお客様の希望に沿って10フレット位置に入れています。


そしてチューニングがすぐに狂うという事でペグを観察してみると、弦を巻きつけるポストとギアを固定しているネジが紛失しており、そのガタつきで1弦だけすぐにチューニングが狂うようでした。
   DSC01675.jpg
全体的に錆びていたり摩耗していたりしてチューニングにストレスを感じる状態だったので、新しいGOTOH製のペグに交換する事にしました。
   DSC01688.jpg
プレートの模様に若干違いがあったり、取り付けネジ位置が違ったりしますが、そこは穴埋め&開け直しなどで対応しつつ取り付け完了。
   DSC01690.jpg
チューニングも滑らかな動作でばっちり決まるようになりました。
やっぱりペグは疎かにしちゃいけませんね。


指板面ポジションマーク入れ 13000円(素材や個数によって変動します)
GOTOH クラシックギター用ペグ 3675円
ペグ交換工賃 2000円

合計18675円でした。




上記のような作業を行ったクラシックギターでしたが、今度はピックアップを取り付けたいとの事で、またご相談をいただきました。
   IMG_0133.jpg
ストラップピンもありませんが、この定番の場所にエンドピンジャックで出力できるようにします。

小さい穴から徐々に広げて12mm径まで拡大します。
   IMG_0134.jpg
エッジの面取りも忘れずに。

貼り付けタイプのピエゾピックアップをお持込みされましたのでそれを使用します…
   IMG_0137.jpg
がしかし、エンドピンジャック仕様では無かったので…

一度配線を切って、エンドピンジャックにハンダ付けをし直しました。
   IMG_0138.jpg

ボディ内側からの飛び出し量を調整してナット締め。
   IMG_0139.jpg
ピックアップはブリッジ裏側に貼りつけました。

余談ですが前回のポジションマーク取り付け時に「今は手軽にシールで貼りつけるようなインレイがありますよ」とお伝えして、参考URLをお知らせしましたら…
   IMG_0142.jpg
こんな風にデコレーションされておりました。

ヘッドフェイスは言うに及ばず、サウンドホール内まで貼られたインレイシール…
   IMG_0141.jpg
クラシックギターでこんなルックスは見た事ないですね。

ご自身のギターを楽しんでいらっしゃるので、新しい楽しみ方として良いのではないでしょうか。


ピックアップ取り付け 5000円
スイッチクラフト エンドピンジャック 2625円

合計7625円でした。




お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック