機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
MARTIN HD-28Vのメンテナンス
今回は凄く軽いフットワークで精力的に優しい歌声を届けている女性シンガーBethさんのギター調整です。
   DSC01722.jpg
MARTINの定番ドレッドノート、D-28のヴィンテージスタイルであるHD-28Vです。

様々なリペアをしつつ使用されてきたそうですが、今回はどうも音が抜けないし、その他に悪い所があればメンテナンスをよろしく!という事でお預かりいたしました。
   DSC01724.jpg
マーチンギターに起きやすいトラブルではありますが、ネック起き症状が軽く出ていました。
弦の引っ張るテンションにより、ボディとジョイントする14フレット位置からネックが起き上がり、指板が折れ曲がったような状態になる症状です。

弦高は上がるし、スケールは短くなるのでフレット音痴になるしであまり歓迎された変化ではありません。
まだ軽度なので今回は触りませんが、症状が進むとネックリセットという話になります。


エンドピンジャック部分も内部のナットが緩み、グラグラになってしまっていましたので、ここは締め付け直しておきます。
   DSC01725.jpg
ネック起きの影響もあるでしょうが、弦高が若干高めだったのでサドルの整形で弦高を少しだけ下げる事にしました。
   DSC01726.jpg
これは削る前のマスキング状態ですね。
ここから少しずつ削っては測定してを繰り返して目標高さに合わせていきます。

そして…ネック起きがあるという事は…ブリッジ剥がれが併発している可能性もありまして…
   DSC01728.jpg
薄いメモ用紙が入るぐらいはブリッジの後ろ側が剥がれてしまっていました。

隙間にタイトボンドを注入してから専用のクランプで締め付け圧を調整しつつ接着を行いました。
   DSC01729.jpg
クランプされている姿ってどの個所でも痛々しく見えてしまいますが…しっかり直るためにやむなしですね。

二日ほどそのままの状態で待機してクランプを外しましたら…何とか無事に着いたみたいですね。
   DSC01734.jpg
エンドピンジャックも内側のナット位置を調整し、しっかりと締め直しました。
   DSC01732.jpg
ナット溝が荒れていて、響きが逃げている症状に感じましたので、溝を切り直して透いたところ見事に復活!
   DSC01735.jpg
若干の角張りがあった外形も整えて艶が出るように磨きました。

弦を交換して、全体的にワックス掛けを行って完成です。
   DSC01736.jpg

最後に、そのBethさんの演奏をご紹介します。

優しい歌声と、ゆるーいMCのギャップが個人的に好きです。

ブリッジ剥がれ補修 6000円
サドル削り調整 3000円
ナット成型・溝切り直し 2000円
マーチン ライトゲージ弦 630円

合計11630円でした。


お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック