機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
マーマーイケル氏のワウ
今回はワウです。
所沢が誇る凄腕ギタリスト、マーマーイケル氏のワウをModしちゃいます。
彼のバンド マーマーイケルシェンカーグループは名前に反して全然まぁまぁでは無いですよ!

で、そのマーマーさんのワウですが、
JENのCRYBABY SUPERというワウです。
もはやビンテージに足を突っ込んでいる機材ですね。
   DSC04545.jpg
   DSC04546.jpg

中身は彼自身の手で多少いじってありました。DSC04547.jpg

HALOレプリカインダクタとポット、224コンデンサが基板上の主な変更点でしょうか。
   DSC04549.jpg

配線材はウエスタンエレクトリック?の単線にしてありますね。
スイッチも交換はされていますが、オリジナル配線のままです。
   DSC04548.jpg
圧巻はこのジャックの変色具合!
年数を感じます。DSC04550.jpg

こんな状態のこのワウを下記の要望に沿っていじっていきます。
・トレブリーではなく、マイケル的なミッドブーストが気持ち良いように。
・ワウONで音が前に出てくるよう、ボリュームコントロールを追加。
・つないだだけで起こる音痩せを減らす。
・使える部品は極力再利用する。

という感じであとは好きにやっちゃって!とお任せ作業でした(笑)



作業中は写真撮り忘れです。


   <作業後>



完成した中身はこれです。DSC04761.jpg
配線は全てやり直しています。
20AWGのテフロン被覆線や銀メッキ線でひき直し、トゥルーバイパススイッチングです。
スイッチの横には何やら基板が見えますが、これはStudio GREAMのBBBというバッファブースター&電源安定化回路を組み合わせたオリジナルパーツです。
ワウ回路の後ろにBBBが常に接続されています。

基板のアップ!  DSC04762.jpg
ウェスタンエレクトリック配線材の音も取り入れたかったのですが、24AWGと細かったので2本をツイストしてワウポットまでの間で使っています。
基板上の部品はインダクタと224コンデンサ以外は全部交換してあります。
基板裏側にも部品を追加していますがそれはシークレット。

   DSC04774.jpg
ワウのペダルをかかと側に開けるとノブが現れます。
これでBBBのゲインを調整します。
これによりワウON時にレベルを上げることも可能になりますし、アウトプットインピーダンスを下げる効果も得られますね。


上記の写真を見て、「白いワウ?」と思ったら大間違いです。
塗装はし直しましたよ。
でもマイケル・シェンカーといえばあのカラーしかないでしょう??


どうだ!
   DSC04769.jpg

もういっちょ!! DSC04773.jpg

DCジャックを一般的な2.1mmセンターマイナスタイプに変更しました。
白ワッシャーを使ってここでも白黒です。DSC04767.jpg

見た目はガラッと変わりましたが、肝心のトーンはもっと変わってますよ。

ワウをかけながらコードを弾いても潰れないし、奥にも引っ込まないトーンになりました。
ケバケバせず、ギュワっ!と噛付き感のあるワウトーンです。


実物を見て、試してみたい方は
中野にあるBAR CRYBABYに行けばマーマーイケル氏と遭遇できるかもしれません。



同じ物が欲しい方にはお作りも出来ます。
ワウ持ち込みの場合は23,000円ほどで中身は総入れ替え、マイケルカラーに塗装もして納品も可能ですよ。

ステージでも目立つ個性的なワウで、ミッドブーストを効かせたソロを弾いてみませんか??





お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom GUITARS & EFFECTS,Repair
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック