機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
アコースティックギターにピックアップを取り付け(3本分)
短期間に似たような作業が重なってしまったため、まとめてご紹介させていただきます。

まずはいつもお世話になっております倉田設計の倉田様のGUILD D-55です。
   DSC01753.jpg
お孫さんが生まれた記念に中古で入手されたとの事ですが、新品と言っても遜色ないようなグッドコンディションでした。
   DSC01754.jpg
こう、各部に貝のインレイが入れられていると高級感がありますね。
   DSC01755.jpg
大きめのボディも相まって、音量が大きいギターです。

いつものようにエンドピンジャックを取り付けるために、ストラップピン穴を拡大していきます。
   DSC01758.jpg
今回はL.R.BaggsのElementという、サドル下に仕込むピエゾピックアップを取り付けますので、このサドルも高さ調整のために削る必要が出てきますね。
   DSC01757.jpg
これはまだ削っていない状態の写真です。

ストラップピンを取り外しました。
   DSC01760.jpg
ストラップピンを差し込むためにすり鉢状に穴が開いていますので、直径12mmの穴になるようにリーマーとドリルを使用してゆっくり拡大します。

今回取り付けるピックアップです。
   DSC01759.jpg
以前に倉田様所有の他のギターから取り外した物をご持参いただき使用しました。

サドル下にピックアップを仕込み、当初よりも弦高を下げるためにピックアップの厚さ分と、少し追加で削ってあります。
   DSC01762.jpg
サウンドホールエッジには音量調整用のダイヤルヴォリュームを貼り付けました。
   DSC01763.jpg
将来的に同社のANTHEMピックアップに交換されるかもしれませんが、その場合はサドル削り作業が必要ないので取り付けもし易いですね。

その他、ナットの溝を切り直したり、指板エッジの面取りを軽く行っています。

ピックアップ取り付け加工 5000円
サドル削り調整 3000円
ナット溝切り調整 2000円

合計10000円でした。





続きまして、GIBSONのLG-00です。
   DSC01958.jpg
このギターにはFISHMANのNEO-Dというマグネチックピックアップを御持込みいただき取り付けます。

ストラップピンはネジ止めされていますので、取り外してから徐々に穴を拡大していきます。
   DSC01959.jpg

直径12mmの穴になるまで広げて、エッジは面取りを行いました。
   DSC01960.jpg
NEO-Dピックアップは直接アンプに接続するように、ピックアップからケーブルが長めに出ています。
   DSC01961.jpg
ギター内部に据え付けるには長すぎるので、必要な長さまで切り詰めた後でエンドピンジャックへハンダ付けしました。
   DSC01962.jpg
エンドピンジャックはFISHMANの4極ジャックを使用し、マグネットとピエゾを別々に出力するなどの将来的なシステム拡張時にもスムーズに対応できるように配慮しました。
   DSC01963.jpg
サウンドホールの淵に挟んで取り付けられたピックアップ。
   DSC01966.jpg
配線は内部で動いてしまうとノイズ源になるので、突っ張らない程度にしっかり這わせて固定しています。
   DSC01965.jpg
全体的にワックスをかけて完成です。

ピックアップ取り付け 5000円
FISHMAN エンドピンジャック 2100円

合計7100円でした。




そして最後は…実は私の私物(笑)
YAMAHA LL-10Dです。

確か…私が25歳の時に千葉の楽器店で中古で売られていて…何度も通って弾いて…やっと買う決心がついた思い出のギターです。
   DSC01981.jpg
当時はマイケル・ヘッジススタイルを練習していたため、ボディヒットの傷が点在しています。
ヤマハのギターは経年でクリア塗装が白濁してしまう物が多く、このギターも購入当初から若干の白濁がありました。
   DSC01984.jpg
それからまた年数が経っているので更に白くなっちゃっていますね。

このギターにはエンドピンジャックが取り付け出来る穴が既に開いていて、それを塞ぐための大型ストラップピンが取り付けられていました。
   DSC01982.jpg
多分、前オーナーがピックアップを取り外してから手放したのだと思います。

以前にウクレレにコンタクトピエゾピックアップを取り付けましたが、思いのほか良かったので、試奏も出来るように私物に取り付けることにしました。
   DSC01985.jpg
高音部と低音部で別々に拾ってミックスする2wayスタイルです。

穴は既に必要なサイズに開いているので、ナットを締めるだけでジャックの取り付けは完了。
   DSC01986.jpg

電池を使用するプリアンプ入りピックアップに比べれば音量は劣りますが、必要十分な出力とローノイズなサウンドが得られますし、ジャック取り付け作業のみのため、加工ダメージも少ないのがポイントです。
   DSC01987.jpg
このギターは試奏も可能ですので、アコースティックギターにピックアップを取り付けたいが迷っているという方は是非当店で試してみて下さい。

2wayピエゾピックアップはジャックまで込みで9240円でご用意しております。
取り付ける際の工賃は別途必要ですが、部品のみの販売も承ります。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック