機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
DigiTech BADMONKEYのトゥルーバイパス化
海外のフォーラムでは、KLONのCENTAURと比較されたりと人気のオーバードライブであるDigiTech BADMONKEYのトゥルーバイパス化です。
   DSC02067.jpg
5~6000円程度で入手できるペダルですが、これはもっと評価されても良いのではないでしょうか。
ミッドに寄ったチューブスクリーマー系サウンドが基本ですが、2BANDイコライザのおかげで幅広い音作りが可能です。

内部は全ての部品が基板に搭載された作りで、生産効率の高いデザイン。
   DSC02089.jpg
両面基板ですが、基板のスペース的には片面でも大丈夫な規模ですね。
表面実装部品に加え、スルーホール部品も使用したレイアウトなので、回路を追いかけるのも大変です。
   DSC02090.jpg

今回はこのペダルのバイパス時にバッファを通ったサウンドが嫌いとの事でトゥルーバイパス化を行う事になりました。
   DSC02091.jpg
機械式スイッチを内蔵する訳ですが、このスタイルのケースで表にスイッチが飛び出すのは格好良いとは思えず…
オリジナルのタクトスイッチ用の穴と反対側に穴を開けてスイッチを取り付けました。
   DSC02092.jpg
蓋の裏側の出っ張りなども削って、機械式スイッチとタクトスイッチの両方が同時に切り替わるように調整しています。
スイッチが当たる基板位置は幸いにも回路が無いので、奇麗に削って逃がしておきました。

ジャックを取り外して、端子が基板に当たるので裏返しに取り付けて配線を行いました。
   DSC02093.jpg
仕組み的には、IN/OUTジャック間に機械式スイッチによるループを組んで、BADMONKEYの基板ごとバイパスするようになっています。
その切り替えと同時に基板回路のON/OFFをオリジナルのタクトスイッチで同時に切り替えてエフェクトをかけています。
(何の事やらという場合はスルーで問題無い話です)

LED変更以外に見た目には殆ど変化もなく、機械式スイッチでのトゥルーバイパス化を行いました。
   DSC02094.jpg
スイッチを切り替えた時のカチンッ!というクリック音は機械式スイッチ特有ですね。


今回は基板やケースの加工が必要だったので、部品込み8500円(税別)での作業となりました。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
僕のペダルが
初ブログ掲載でちょっと嬉しいですww

MOD後はご機嫌で満足ですよ~ありがとうございます~
2013/05/02(木) 20:50:14 | URL | miya #- [ 編集 ]
Re: 僕のペダルが
今回もご依頼いただきありがとうございました。
前回のMAVERICKの時に写真が全然撮れてませんでしたので、記事には今回のご依頼でとなりました。
また今後ともよろしくお願い致します。
2013/05/11(土) 14:25:59 | URL | Studio GREAM #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック