機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
FENDER JAPAN JM66-LTの全体調整と改造
今回は市場に出回っている本数も少ないであろう、FENDER JAPAN JM66-LTの全体調整と改造です。
   DSC02037.jpg
私は右利きのため、レフティの場合も通常の構え方で調整するのですが、ノブやケーブルが手に当たったり…
「ジミヘンはこんな感じで演奏していたのかなぁ」なんて思いを馳せながらギターと向き合っています(笑)

ナットは悪くないですね。溝幅が狭かったのでその修正で済みそうです。
   DSC02039.jpg
フレットや指板のエッジは…FENDER JAPANで標準的な仕上げですね。
   DSC02040.jpg
ここは面取り作業を行います。

ブリッジサドルはブラス製の物に交換されていました。
   DSC02041.jpg
イモネジが緩まないようにネジロック剤が塗られていましたが…強固に固まり過ぎていて回せない物がいくつかありました。

ピックガードを開けてみると…ピックアップやコンデンサを交換した形跡がありますね。
   DSC02043.jpg
ふたつのピックアップは位相が逆に接続されており、ミックス時にはフェイズアウトしてしまう状態になっていました。
トーンコンデンサはリード線がショートしそうな取り回しだったため、一度取り外して取り付け方法を変更します。
   DSC02044.jpg
プリセットスイッチ周辺は配線が入り組んでいますね。
   DSC02045.jpg
今回、このスイッチは出力のミュートスイッチに変更し、プリセット回路は撤去してしまう事になりました。

導電塗料を塗るために部品を撤去していきましょう。
   DSC02046.jpg
既に炭素系の塗料は塗られていますが、削り落とした後に銅系の導電塗料で塗り直していきます。

導電塗料の乾燥待ちの間にピックアップのシールディングを行います。
   DSC02047.jpg
リアピックアップはSeymour DuncanのSJM-1Bに交換されていました。
フロントは…純正ピックアップじゃなさそうですが…形番不明です。

薄く幅広く巻かれたコイルにアセテートテープで保護してから銅箔テープを巻いてグラウンドに接続。
   DSC02048.jpg
当ブログでは何度も出てくるいつのも作業ですね。

導電塗料が乾いたらアースラグを接続してピックアップを搭載。
   DSC02049.jpg
ピックアップ下には新たなスポンジを入れつつ、マウントネジにはシリコンチューブを入れてスプリング効果を得ています。

VOL.POT&TONE POTもCTS製に交換して配線引き直し。
   DSC02050.jpg
信号が通るホット側の配線は全てグラウンド線と撚り合わせて接続し、更なるノイズ低減を図っています。
   DSC02052.jpg
コンデンサのリード線には保護チューブを被せて絶縁しつつ搭載しました。

ナット溝の修正中ですね。
   DSC02061.jpg
溝幅の調整と共に、溝の奥側(ヘッド側)を透く作業も行っている写真ですね。

外形は若干整えましたが、汚れや擦り傷を消して磨いて奇麗にするのがメインですね。
   DSC02066.jpg
フレットや指板のエッジも手作業で面取りを行い、柔らかなグリップに仕上がっています。
   DSC02065.jpg
ブリッジに堆積した汚れも磨いてクリーニングしつつグリスアップして組み立て。
   DSC02064.jpg
ブリッジベースを上げるのかサドルを上げるのか…このスタイルの弦高調整はそのバランスが難しいですね。

全体的なワックス掛けも行って完成です。
   DSC02063.jpg
納品時にはその少なくなったノイズにお喜びいただけました。

これからまたフレットの消耗やペグの交換など、メンテナンスの必要が出てくるかと思いますが、長く使ってもらえると良いですね。

全体調整・ノイズ処理 15000円
CTS VOL. POT 1050円
CTS TONE POT 1050円
ERNIE BALL REGULAR SLINKY 630円

合計17730円でした。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック