機材の製作や修理作業内容など、ゆっくり適時更新中。
GUYATONE FLIP TD-Xのローノイズ化モディファイ
2013年1月に突然の業務終了となったGUYATONEのディレイTD-X
真空管を搭載し、多彩なディレイ音はもとより原音のブーストや歪みを加えたり…
デジタルとアナログをミックスさせた、ハイブリッド仕様の凄い奴です。
   DSC01945.jpg
両面基板に所狭しと部品が実装されています。
   DSC01944.jpg
今回はノイズ低減のための改造を行う事になりました。
   DSC01954.jpg
二階建て基板なので、部品の背が高い物は使えず、スペース面で苦労しそうですね。
   DSC01955.jpg

さて、そんなこんなでコンデンサは殆ど交換、更に電源部分のノイズフィルタの追加搭載作業を行い完成しました。
   DSC01956.jpg
真空管のヒーターを温めるために12V電源が必要なモデルですが、Studio GREAMで作成したパワーサプライなら(極性を合わせれば)動作させる事も可能です。
ソロで音量アップと共にディレイも掛けたいという使用用途にも耐えるので、アンプのSEND/RETURNに接続しても面白そうですね。



お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ♪


Custom Instruments & Repair
Rehearsal Studio
Studio GREAM

mail to → info_gream@ybb.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック